トルコ代表のルチェスク監督が契約を解除… 後任候補に日韓W杯でトルコを3位に導いたギュネシュ氏が浮上2019.02.12 02:29 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トルコサッカー連盟(TFF)は11日、ミルチェア・ルチェスク監督(73)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。

これまでインテルやガラタサライ、シャフタール、ゼニトなどの監督を歴任してきたルチェスク氏は、2017年8月に協会幹部との確執が報じられ双方合意の下で契約を解除したファティ・テリム監督の後任としてトルコ代表監督に就任。

就任当時はロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループIで首位クロアチア代表と勝ち点2差の3位と本大会出場の可能性を残していたが、就任後の4試合で1勝2敗1分けと失速。最終的にグループ4位で予選を終え、ロシアW杯に出場権を逃した。

また、昨年行われたUEFAネーションズリーグでは、ロシア代表とスウェーデン代表が同居するリーグBのグループ2に属したが、1勝3敗で最下位となり、リーグCに降格していた。

なお、トルコメディアによれば、後任候補には2002年日韓W杯でトルコを3位に導いたシェノール・ギュネシュ氏(66)の名が挙がっており、就任が決定すれば15年ぶりの復帰となる。しかし、同氏は現在ベシクタシュの監督を務めており、今シーズン終了まではベシクタシュを離れることは無いと伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

スウェーデンがリーグA昇格に望み、トルコはリーグCへの降格が決定《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ2のトルコ代表vsスウェーデン代表が17日に行われ、0-1でスウェーデンが勝利した。 ▽先月行われたUNL3戦目のロシア代表戦に敗れてリーグAへの昇格の可能性が潰えた2位トルコ(勝ち点3)は、敗戦すればリーグCへの降格が決まる中、チャルハノールやジェンギズ、トスンらが先発となった。 ▽一方、先月のUNL2戦目のロシア戦を引き分けた最下位スウェーデン(勝ち点1)も、敗戦すればリーグCへの降格が決まる中、リンデロフやGKオルセン、グランクヴィストらが先発となった。 ▽勝利すればリーグB残留が決まるホームのトルコが立ち上がりから攻勢に出る展開となった。敵陣でボールを動かすトルコは、ジェンギズやチャルハノールのシュートでゴールに迫っていく。 ▽徐々にスウェーデンの守備ブロックを攻めあぐねる展開を強いられていたトルコだったが、27分にチャンス。スルーパスでボックス右に侵入したマリがシュート。しかし、枠の左に外れてしまった。ハーフタイムにかけても膠着状態が続いた中、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、最初の決定機はスウェーデン。50分、ボックス左に侵入したオルソンのクロスをラーションがヘッド。決定的だったが、枠を捉えきれなかった。 ▽後半に入って攻撃への姿勢を見せるスウェーデンは56分にもラーションが際どいミドルシュートを浴びせていく。 ▽そして70分、ベリがボックス内でヨクシュルに倒されてPKを獲得。これをグランクヴィストが決めて先制した。その後もCKからヘランデルのヘディングシュートでゴールに迫ったスウェーデンが、持ち前の堅守でトルコをシャットアウト。 ▽逆転でのリーグA昇格に望みをつなげたスウェーデンは、20日にロシアとホームで対戦する。一方、敗れたトルコはリーグBへの降格が決まった。 2018.11.18 03:53 Sun
twitterfacebook
thumb

暴行にセクハラ、妻に夫殺害指示のトゥランにクラブが多額罰金 今後判決を待つ

▽イスタンブール・バシャクシェヒルが、所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に多額の罰金を科した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけ、喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を銃で撃ち殺すよう促したと報道されている。 ▽これに関して、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴。最大12年半の懲役刑が下される可能性もあると、伝えられていた。 ▽また、公的機関だけでなくこの件を重く受け止めているバシャクシェヒルもトゥランを罰することを決定。37万ユーロ(約4800万円)の罰金を科した。とはいえ、「この問題を正義の場(法廷)に移し、更なる決定と措置は保留する」、「判事が判決を命じるまで、プレーヤーはプロとしての責任を果たす」と声明を出し、裁判の判決を待った後、再び正式に処分するとしている。 2018.10.17 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ノイシュテッター&チェリシェフ弾でロシアがトルコ相手に2連勝!《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグBのグループ2、ロシア代表vsトルコ代表が14日に行われ、2-0でロシアが勝利した。 ▽前回対戦では2-1で勝利したロシアはここまで1勝1分けで首位に立つ。勝てばグループ突破がグッと近づくロシアは、スタメンにノイシュテッターやゴロビン、クジャイェフ、ジューバらが顔を揃えた。 ▽そのロシアを勝ち点「1」差で追うトルコは、前回のスウェーデン代表戦は後半アディショナルのゴールで劇的勝利。連勝を目指す今回はチャルハノールやトスン、ジェンギズ・ユンデルらが先発となった。 ▽互いに隙を与えない堅い展開を見せる試合は、トルコが先にチャンスを作った。16分、カウンターからチャルハノールが左サイドを侵攻。ゴール前の味方にクロスを送るも、DFにクリアされてしまった。 ▽その直後、ロシアもゴロビンのパスからゴールチャンスが訪れたがここは相手に軍配。さらにその後に得た右CKの場面、ファーサイドのジキヤの放ったシュートが左ポストを直撃。その跳ね返りをノイシュテッターが押し込んでロシアが先制した。 ▽前回の対戦に続いて先制点を奪われたトルコは33分にユンデルがボックスの外から強烈なシュートを放つが、GKギリェルメがファインセーブを見せる。さらに43分にも、味方のロングボールからユンデルがゴール前に飛び込むが、DFのチェックに遭いシュートできなかった。 ▽後半は互いに硬さがほぐれてきたか、よりオープンな展開に。後半開始早々からロシアが華麗なパスワークでトルコ守備陣を脅かすと、トルコも右サイドからロシアを攻略。CKの好機も訪れたが惜しくもゴールとはならなかった。 ▽56分には、トルコの相手陣内からのFKを跳ね返したロシアが、イオノフの右サイドの突破からチャンスに。そのイオノフのクロスにジューバが頭で合わせたが、惜しくも枠を捉えることができなかった。 ▽61分にはトルコのトスンがクロスの跳ね返りを狙っていったが、GKギリェルメがここでもファインセーブを見せた。 ▽ロシアは71分、クジャイェフを下げてチェリシェフを投入。この交代がすぐに功を奏す。投入から7分後の78分、GKのフィードからカウンター気味に右サイドを独走したゴロビンが、グラウンダーのクロスを供給。これに合わせたのがチェリシェフ。敵の裏を突いてフリーとなっていたチェリシェフがダイレクトでゴール右隅を突いて追加点を奪った。 ▽試合はそのまま終了。トルコ相手に2連勝を収めたロシアが勝ち点を「7」に伸ばし、グループ突破に大きく前進した。 2018.10.15 02:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーロ2024の開催地はドイツに決定、トルコとの一騎打ちを制す

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は27日、2024年のユーロ(欧州選手権)がドイツで行われることを決定した。 ▽1カ国での開催が決定していたユーロ2024にはトルコも立候補していたが、スタジアムのクオリティや交通インフラ、政治背景等、12の主要分野を各国理事が評価してドイツが上回ったとのことだ。ドイツにとっては2006年ワールドカップ以来の主要大会開催で、ユーロにおいては1988年大会以来となる。 ▽ドイツに敗れたトルコはこれでユーロ2008、2012、2016に続く4度目の招致失敗となった。 ▽なお、次回のユーロ2020はヨーロッパの13カ国で開催されることが決まっている。 2018.09.27 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アクババの2発でトルコがスウェーデンに劇的逆転勝利!《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグB・グループ2のスウェーデン代表vsトルコ代表が10日に行われ、2-3でトルコが勝利した。 ▽6日に行われた国際親善試合でオーストリア代表に完敗したスウェーデンは、その試合からテリンとヤンソン以外のスタメン9人を変更。GKオルセンやベリ、ラーション、リンデロフら多くのW杯出場メンバーがスタメンに名を連ねた。 ▽一方、7日に行われたUEFAネイションズリーグのロシア代表戦を惜敗したトルコは、その一戦からスタメンを5人変更。GKセルカン・クルントゥルやヤズジュ、オズバイラクリらに代えてGKボラトやバイラム、オズヤクプらをスタメンに起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の展開が続いたが、互いにフィニッシュ手前での精度を欠き決定機が訪れない。そんな中、最初の決定機を迎えたのはスウェーデン。29分、GKオルセンからのロングボールをテリンが頭でつなぐと、このボールに反応したベリがワンタッチで相手DFの裏に抜け出し、相手GKとの一対一を迎えたがシュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 ▽さらにスウェーデンは34分、ラーションのロングパスをボックス左に駆け上がったアウグスティンションが頭で折り返すと、ニアサイドのテリンがヘディングシュート。これは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をテリンが右足で押し込み、先制に成功した。 ▽先制点で攻勢を強めるスウェーデンは、43分にもエクダルのラストパスをボックス右で受けたベリがフリーでシュートを放ったが、これは大きく枠の上に外れた。 ▽リードするスウェーデンは、後半開始早々に追加点を奪う。49分、左サイドでハイプレスを掛けたクラーソンがチェリクのコントロールミスを誘うと、こぼれ球に反応したテリンがワンタッチで前線にパス。これを受けたクラーソンがバイタルエリア中央まで切り込み、豪快なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 ▽痛恨の追加点を許したトルコだが、すぐに反撃に転じる。51分、メフメト・トパルのサイドチェンジをボックス左で受けたチャルハノールがカットインから素早く右足を振り抜くと、わずかに相手DFにディフレクトしたボールがそのままゴール右隅に吸い込まれた。 ▽試合も終盤に差し掛かり、このまま終了かと思われた88分にスコアが動く。ボックス左手前のアクババが中央にボールを送るとオズヤクプがボックス中央のトスンへワンタッチパスを供給。これを受けたトスンもワンタッチではたくと、ボックス内に駆け上がったアクババがダイレクトシュートをゴール左に突き刺し、トルコが同点に追いつく。 ▽同点弾で勢いづくトルコは、後半アディショナルタイム2分にもセルダル・ギュレルの左クロスをアクババがバックヘッド気味に合わすと、これがそのままゴール右隅に吸い込まれ、土壇場で逆転に成功した。 ▽結局、試合はそのまま2-3で終了。アクババの劇的弾で逆転勝利したトルコが、敵地でUEFAネイションズリーグ初勝利を飾った。 ▽また、同日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグC・グループ1のスコットランド代表vsアルバニア代表は、2-0でスコットランドが勝利した。その他、リーグC・グループ4のモンテネグロ代表vsリトアニア代表は2-0でモンテネグロが勝利。セルビア代表vsルーマニア代表は、2-2のドローに終わった。 2018.09.11 06:00 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース