【アンケート結果】「ここからが勝負!」 ユーザーのサウジ戦希望スタメン結果2019.01.21 13:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
超WS有料版で実施した「日本代表スタメンアンケート(サウジアラビア代表戦)」の結果を発表します。

グループステージ3連勝で首位突破した森保ジャパン。21日から一発勝負の戦いに臨む。その決勝トーナメント1回戦の相手はサウジアラビア代表。その一戦に向けたユーザーの票は、現状のほぼベストメンバーに集中。負傷欠場が続くFW大迫勇也の先発復帰を待望視する声が多く集まった。

日本代表はひと足先に勝ち上がったベトナム代表の待つ準々決勝に駒を進められるか。サウジアラビア代表戦は20時にキックオフを迎える。

◆超WSユーザー希望のサウジアラビア戦スタメン
GK
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)

MF
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)
堂安律(フローニンヘン/オランダ)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
乾貴士(ベティス/スペイン)

FW
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)

◆代表に一言!(皆様の声※一部)
・ガチメンで!

・クオリティの違いを見せつけろ

・ここからが勝負!

・次から一発勝負! 油断は禁物

・必ず先制点がほしい試合。勝ってくれ!

・ここからが正念場! 総力戦で

・目指すは勝利のみ!
コメント
関連ニュース
thumb

ロシアW杯以来の再戦へ…森保ジャパン、強豪コロンビア戦に向け最終調整《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は21日、翌22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190321_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>今回の南米勢との連戦で、準優勝に終わったアジアカップからのリスタートを図る森保ジャパン。南米の強豪との一戦を明日に控える中、トレーニングは前日に引き続き冒頭15分のみの公開に。選手たちは練習開始予定時刻の10分前からピッチに登場し、それぞれがショートパスやストレッチなどでウォーミングアップ。定刻になると、森保一監督を中心に輪を作りミーティングを行い、この日もフィールド組とGK組に分かれて練習を開始させた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190321_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>フィールド組はグラウンドを1周半後、ストレッチ。その後、2つのグループに分かれて8vs2のロンドをやっていたところで、メディア陣への冒頭15分の公開練習を終了。選手たちは最終調整に移った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190321_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の再戦となる一戦。森保一監督は、「アジア杯と新戦力をミックスして戦う」と先発メンバーの方向性を明言している。コロンビア戦は22日(金)の19時20分にキックオフを迎える。 2019.03.21 19:31 Thu
twitterfacebook
thumb

森保一監督、コロンビア戦先発の方向性を明言「アジア杯と新戦力をミックスして戦う」《キリンチャレンジカップ》

日本代表を率いる森保一監督が22日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦の前日会見に出席した。 森保一監督体制初の公式戦となった1月のアジアカップで準優勝に終わった森保ジャパン。再出発となる最初の相手は、FIFAランキング12位に位置する南米の強豪・コロンビア。ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の再戦だ。 この一戦に向けて森保監督は、アジアカップの主力と新たに加わった選手たちを交えて戦うことを明言した。 ◆森保一監督(日本代表) 「みなさんこんにちは。今日は前日会見ということで、お集まり頂きありがとうございます。アジアカップからメンバーを入れ替えて、新たにキリンチャレンジカップを戦いますが、まずは日本代表としてチームとしての目的は変わりません。明日の一戦に向けて最善の準備をして、勝利を目指してチーム一丸となって戦いたいと思っています」 「その中で、内容的にこれまで招集していなかった選手も含めてチームとして経験値を上げて、日本代表の選手層を厚くする。底上げをするということをやっていければと思います」 ──明日の先発の考え方 「チームとしてはアジアカップで7戦を戦い、ウズベキスタン戦はほとんど選手を変えて戦いました。基本的に明日のメンバーはアジアカップで主力として戦った選手と、新たに加わった選手たちを交えながらメンバー編成をして戦いたいと思います」 「すみません。全部決まっている訳ではないので、アバウトな答えになりますけど、いずれにしてもアジアカップで主力として戦った選手がいる訳ではないので、ミックスして戦うということになります」 ──キャプテンについて 「ゲームキャプテンは今日の練習を見て決めたいと思います」 ──明日の一戦はどういった意気込みで臨みたいか 「コロンビアが世界の中でも強豪だということは、ロシアW杯で日本が勝ったとはいえ、変わらないと思っています。そのコロンビアに対して、相手のことも踏まえて戦わなくてはいけないですけど、相手もW杯からチーム編成が変わって、監督も変わって戦う中、予想できないことは多々あります」 「相手が強いということを認識しつつも、大切なことは我々の力を発揮するということ、ピッチに立った選手が自分の持っている力を全て出し切って、思い切ってプレーすることです。チームとしてアグレッシブに戦うことと、試合の流れを読んで粘り強く戦うことをチームとして共有しながら戦いたいなと思います」 「選手個々には自分の持っている力をこのキリンチャレンジカップの中で、コロンビア戦の中でアピールしてもらえればと思います」 ──コロンビア戦で試したいこと 「アジアカップはもちろん、このキリンチャレンジカップにおいても日本代表として戦う上で、多くの方が応援してくださる皆さんに、ホームで勝利を届けられるように勝つことにこだわって戦ってほしいなと思っています」 「その中で、もちろんチームとしてトライすべきことはトライしていきたいと思います。選手も大幅にアジアカップから入れ替わってきている中で、ベースの部分を、昨日のトレーニングと今日のトレーニングで確認して、より戦術的なベースを選手たちに認識してもらい、今後のレベルアップに繋げていきたいと思っています」 「トライという意味では、選手がそれぞれ自分の持っているものを全て出し切れるように、そして日本代表の中で存在感を発揮してもらえるように、それぞれのスペシャルな部分を出していけるようにトライしてほしいなと思っています。私自身も監督として、明日の試合で選手がトライすることやチャレンジすることをしっかりと後押しできるように今日の練習から準備したいと思います」 ──毎回、親善試合が2試合あれば全選手を起用しているが、今回もそういう方向か 「基本的にはできるだけ多くの選手をピッチに送り出して、プレーして欲しいなと思います。その中で自分が持っている特長や日本代表の中でできること、これからの伸び代を見せてもらえるようにということを今回のキリンチャレンジカップでもやっていきたいと思います」 「ただし、それは約束されているものではなく、トレーニングの中でこの代表活動の中で、そこはチャンスを与えられるべき選手にはそうしたいと思いますし、足りないと思えば違う判断になるかもしれません」 2019.03.21 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ハメス「10」、ファルカオ「9」、日本代表戦に臨むコロンビア代表の背番号が発表!《キリンチャレンジカップ2019》

コロンビアサッカー連盟(FCF)は21日、日本代表戦に向けたコロンビア代表メンバーの背番号を発表した。 2月7日に前イラン代表指揮官のカルロス・ケイロス監督招へいを発表したコロンビア代表。2012年1月から指揮してきたアルゼンチン人のホセ・ペケルマン前監督がロシア・ワールドカップ(W杯)終了後の昨年9月に退任して以降、U-20コロンビア代表のアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めていたが、今回の代表ウィークが正式な新体制の船出となる。 コロンビア代表は、22日(金)に日本代表と、26日(火)に韓国代表とアウェイで対戦。今回発表された代表メンバー23名の背番号は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆コロンビア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">アルバロ・モンテーロ</span>(デポルテス・トリマ) 12.<span style="font-weight:700;">カミーロ・バルガス</span>(デポルティーボ・カリ) 18.<span style="font-weight:700;">イバン・アルボレダ</span>(バンフィエルド/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">エリベルトン・パラシオス</span>(アトレチコ・ナシオナル) 3.<span style="font-weight:700;">ウィリアム・テシージョ</span>(レオン/メキシコ) 6.<span style="font-weight:700;">クリスティアン・ボルハ</span>(スポルティング・リスボン/ポルトガル) 13.<span style="font-weight:700;">ジェリー・ミナ</span>(エバートン/イングランド) 17.<span style="font-weight:700;">デイベル・マチャド</span>(アトレチコ・ナシオナル) 22.<span style="font-weight:700;">ヘイソン・ムリージョ</span>(バルセロナ/スペイン) 23.<span style="font-weight:700;">ダビンソン・サンチェス</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> 4.<span style="font-weight:700;">ルイス・オレフエラ</span>(クルゼイロ/ブラジル) 5.<span style="font-weight:700;">ウィルマル・バリオス</span>(ゼニト/ロシア) 8.<span style="font-weight:700;">グスタボ・クエジャール</span>(フラメンゴ/ブラジル) 10.<span style="font-weight:700;">ハメス・ロドリゲス</span>(バイエルン/ドイツ) 14.<span style="font-weight:700;">ルイス・ディアス</span>(アトレティコ・ジュニオール) 15.<span style="font-weight:700;">マテウス・ウリベ</span>(クラブ・アメリカ/メキシコ) 16.<span style="font-weight:700;">ジェフェルソン・レルマ</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.<span style="font-weight:700;">アルフレド・モレロス</span>(レンジャーズ/スコットランド) 9.<span style="font-weight:700;">ラダメル・ファルカオ</span>(モナコ/フランス) 11.<span style="font-weight:700;">ドゥバン・サパタ</span>(アタランタ/イタリア) 19.<span style="font-weight:700;">ルイス・ムリエル</span>(フィオレンティーナ/イタリア) 20.<span style="font-weight:700;">ジミ・チャラ</span>(アトレチコ・ミネイロ/ブラジル) 21.<span style="font-weight:700;">セバスティアン・ビジャ</span>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) 2019.03.21 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表として初陣を迎えるケイロス監督「フレンドリーマッチは存在しない」《キリンチャレンジカップ2019》

21日、キリンチャレンジカップ2019の日本代表戦に向けて、コロンビア代表の前日会見が日産スタジアムで行われた。 6月にコパ・アメリカを控えるコロンビア代表は、ホセ・ペケルマン監督が退任し、アジアカップまでイラン代表を率いていたカルロス・ケイロス監督が就任。就任から約1カ月半での初陣を迎えることとなる。 記者会見に出席したケイロス監督は、日本の地で日本代表と対戦することの重要性を選手に説明しているとコメント。また、コロンビア代表を強化していくとの意気込みを語りながらも、続出したケガ人を残念がった。 ◆カルロス・ケイロス監督(コロンビア代表) 「こんにちは。我々はコロンビア代表として、日本国内で日本代表と試合できることはとても嬉しい機会です。我々にとって、日本にとってもそうでしょうが、準備の試合となる。日本代表は新しいメンバーが入ってきて、自分も対戦したことはありますが、アジアカップで4回優勝していて、とてもレベルの高いチームです。そのチームのホームで試合ができることは、非常に良い経験となります」 ──就任から時間があまり経っていなく、準備の時間が短いが、監督が求めるものと選手のパフォーマンスはどれぐらい合っているか 「正直に言うと、まだ何もできていません。今の段階では、毎日色々話を聞いて、自分が勉強している段階だ。余分なことをカットしたり近道を探っている段階だ。ゼロベースである。ただ、先の目的もあるので、オーケストラに例えるとチューニングしている段階。コパ・アメリカな大きな目標に向かってのスタートとなる」 ──選手たちが監督に、日本代表に対してどのようなことを聞いてきたか 「選手にいつも言っていることは、フレンドリーマッチは建前であり、そんなものは存在しないということだ。いくらフレンドリーマッチといっても、代表のユニフォームを着ており、代表のイメージやプライドを懸けて戦っている」 「日本代表については、アジアでは結果を見ればすごい強いチームだ。ワールドカップではコロンビアが対戦してあまり良い結果ではなく、自分が戦った時もあまり良い結果を出していないので、甘くみてはいけない。それは分かっている。フレンドリーマッチだからといって甘くみてはいけない。自分が戦った時、コロンビアが戦った時に力は分かっているはずだし、日本で試合をするからだ」 ──ホセ・ペケルマン前監督がコロンビアに残したものは。これからコロンビアサッカーに植えつけたいものは 「間違いなく、前監督は世界でのコロンビアサッカーのポジションを知っていたし、位置付けもしてくれた。自分は引受人として、より良いところまでチームを持っていかなければいけない」 ──コロンビアからリアルタイムで今深夜1時40分ですがSNSでみんな監督の言葉を見ている。監督によって好むシステムがあるが、ボランチ3人か、1トップか2トップか。どのようなことを考えているか 「システムというものは、サッカーは組織的にやらなくてはいけないし、役割分担や規律が必要なのでシステムは大事だ。どんな監督もシステムを決めて、役割をみんながやってくれて、結果が出ることが望ましい」 「ただ、ここでシステムについて話すには、記者会見を2度やらなくてはいけない。日本のメディアがいるので、ここで発表することはできない。日本用とコロンビア用の記者会見とは違うシステムの話すことになる」 「システムの発表はまず選手に話すべきことなので、申し訳ない。今までの練習ではどうやるかは選手に伝えていないが、練習をやっている中で感づいている選手はいる。ただ、正式には言っていないので、発表はできない」 ──アジアカップで負けた時から日本代表はメンバーが変わっているが、今のチームの印象は。また、コロンビアとしてどう戦っていくか 「我々は過去の失敗を取り戻すとか、そういった目的で来ているわけではない。その辺りは、別として考えている。今のコロンビアのチームは変化の時期に来ている。一歩前に進まなければいけないし、その仕事のスタートの段階だ。なので、頭の中はコロンビアのことでいっぱいで、今日本のことを考える余裕もなく、そこまで考えていない」 「もちろん、日本に対してはリスペクトしているし、そういったことを選手に伝えている。しかし、自分にとっては進化のため、前進するために何をすべきかが一番のテーマです」 ──監督自身が選手をテレビで見ていたと思うが、元々のイメージと集まってからのイメージは違うか 「違います。持っていたイメージより良いものが見えた。近くで仕事をすると身近にサインとか、コンビネーションというものを感じることができる。メディアを通して見るより全然良い」 「終わる前に1つだけ言わせてもらいたい」 「コロンビアのチームとして、1週間で4人のケガ人が出てしまった。選手にとっても大きなロスだった。普通にないことであり、とても残念に思っている。ただ、我々はチームなのであまり気にしていない」 「そして、モザンビークで大変なことが起きてしまった(サイクロンが発生したことにより300人超の死者)。国際社会として我々、みんながサポートできればと思っている」 2019.03.21 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

代表選手の背番号からみるプライオリティー/六川亨の日本サッカー見聞録

コロンビア戦を2日後に控えた3月20日、JFA(日本サッカー協会)は日本代表選手23人の背番号を発表した。これまで2011年から長らく「10番」を背負った香川真司だが、9月にスタートした森保ジャパンでは招集されなかったため中島翔哉に譲り、中島が負傷辞退した1月のアジアカップでは乾貴士が背負った。 そんな森保ジャパンに香川が初招集され、中島も復帰したことで注目の集まった「背番号10」だが、すんなり香川に落ち着き、中島は「8」、乾は「14」に決まった。 中島自身も19日の練習後は「前から言っていますけど、そこまでずっと番号にはこだわっていないと。こだわっていないですし、やっぱり試合でいいプレーをすることがサッカー選手としても、日本代表の選手としても大事だと思うし、あんまり気にしてないというか、番号はただ番号というだけで、やっぱりいいプレーをしていくことが大事だと思います」と語り、香川も「番号でプレーするわけじゃない。もちろん10番は自分にとって誇りだけど、誰が決めるか分からないし、僕にもどうなるか分からないので。皆さん、楽しみに」と余裕のコメントを残した。 日本代表の背番号を決めるのは、「(日本協会に)任せています。私は関与していません」と森保監督が述べたように、JFAの仕事である。そこで今回の背番号だが、それなりの“配慮”があったようだ。 GKの3人は「1」と「12」、「23」が定番で、アジアカップで権田修一のつけていた「12」はすんなり再招集の中村航輔に落ち着いた。そして、これまで森保ジャパンに招集されてきた佐々木翔(4番)、三浦弦太(2番)、冨安健洋(16番)、柴崎岳(7番)、南野拓実(9番)、堂安律(21番)は慣れ親しんだ番号に変わりはない。 彼ら以外となると、やはり主力に近い選手が“若い番号”を与えられた印象が強い。復帰組の昌子源は、それまで室屋成が付けていた3番になり、室屋成は長らく長友佑都が背負ってきた5番を継承した。遠藤航の「6番」は同じく復帰組の山口蛍、原口元気が付けていた「8番」は中島、「11番」はロシアW杯で背負っていた復帰組の宇佐美貴史に戻り、それなりに過去の実績を忖度した選択のように感じられる。 その中で目を引いたのが23番以降の数字を背負った小林祐希の「25番」だ。JFAは国際大会の際に50~60人の選手を背番号とともにあらかじめ登録する。本来なら「22」はキャプテンでもある吉田麻也、「19」は酒井宏樹の定番だが、今回は前者を西大伍が、後者は安西幸輝が付けることになった。 それは裏返せば、彼ら2人が事前に登録されていないことにもつながるのではないだろうか。同じことは槙野智章の「20」を畠中慎之輔、大迫勇也の「15」を橋本拳人と初招集の2人が継承したことにもつながる。 それだけ「25」の小林は代表選手としてプライオリティーの高い選手(主力組は別として)と判断してもいいだろう。 そんな何気ない背番号だが、気になるのが長らくキャプテンとして日本代表を牽引してきた長谷部誠の「17」の不在だ。森保ジャパンがスタートした時は守田英正、アジアカップでは青山敏弘が継承した。今回、守田は合宿初日こそチームに合流したものの、負傷で辞退した。すでに守田で登録していたため使えなかった番号かもしれないが、そのことからも森保監督とJFAは守田に期待を抱いている表われではないだろうか。 最後に、9月に発足した森保ジャパンはコスタリカ、パナマ、ウルグアイ、ベネズエラ、キルギスとキリンチャレンジ杯で戦い、1月のアジアカップに臨んだ。そして今回は何かと因縁のあるケイロス監督率いるコロンビア、ベネズエラと対戦する。あらためて言うまでもなく南米と北中米の国々との対戦が多い。 それはヨーロッパが昨年9月からネイションズリーグを創設したため、招集が難しくなったことが影響している。そして、それは今後も続く可能性が高い。となると、今後のキリンチャレンジ杯も目玉となる招待国はウルグアイやコロンビアといった南米勢に限られるだろう。 そうしたパイプをつなぎ止めるためにも、今年6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカには参加せざるを得ない理由があるのかもしれない。ペルーが開催を返上したU-17W杯もブラジルでの開催が決定した。なんだか南米に絡め取られていくような日本と感じられてならないのは私一人だけだろうか。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.03.21 13:25 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース