実戦復帰のナスリ、復調に自信「フットボールは自転車に乗るようなもの」2019.01.11 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリが復帰の喜びを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。ナスリは、昨年12月31日にウェストハムに加入。2017年夏に加入したアンタルヤシュポル時代にドーピングによる18カ月間の出場停止処分を受けて契約解消となり、それ以降は無所属の期間が続いていた。しかし、マンチェスター・シティ時代の恩師でもあるウェストハム指揮官、マヌエル・ペジェグリーニ監督と4年ぶりの再会を果たし、処分期間終了の今年1月1日からトップリーグのクラブに参加できることとなった。

5日のFAカップ3回戦バーミンガム戦(2-0でウェストハム勝利)で実戦復帰も果たしたナスリは、以下のように一連の騒動を振り返っている。

「(規制されている)物質を全く摂取していなかったから、まだがっかりしているよ」

「ビタミン剤は適量丁度だったけど、それが多すぎた。2日間摂取できるものを1日で摂取した。僕は病気だったしそれを後悔している。医師の処方を受けたけど、まだ受け入れられない」

「そうして僕はキャリアの中で1年間を失った。ある時点では4年間の出場停止も議論されていたよ。多くのことが頭を過って、僕のキャリアは終わったんだと思ったよ。だから今回の2度目のチャンスに恵まれて幸せだ」

「あの経験はキャリアの中で最悪だった。この世界で最悪な気分だったよ」

「僕は自信家だし、フットボールは自転車に乗るようなものだ。一度やり方が分かればいつだってできる」

「唯一のすべきことは体力を取り戻すことだね。でも、僕は自分自身に何かを証明したいという考え方をしているし、戻ってきたということを証明したい」
コメント
関連ニュース
thumb

約6週間離脱が続くウィルシャー…復帰は2月初め?

ウェストハムに所属する元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーの復帰の目途が立っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨年夏にアーセナルからウェストハムに加入したウィルシャーは、開幕からのプレミアリーグ4試合に出場。しかし、以前から足首に埋め込んでいたボルトの緩みによる痛みを解消するため、昨年9月半ばに手術を実施し、離脱が続いていた。 そんなウィルシャーは、昨年12月1日に行われたプレミアリーグ第14節ニューカッスル戦で戦列に復帰。1アシストを記録し、3-0での快勝に貢献していた。 しかし、これからチームにフィットしていくかに思われた矢先に再び離脱。昨年12月4日の第15節カーディフ戦でメンバー外となり、マヌエル・ペジェグリーニ監督が「足首に小さな痛みを抱えている」と説明していた。 それから約6週間。ウィルシャーは未だに復帰することができておらず、見通しも判然としていなかった。それでも、ペジェグリーニ監督が1月19日の第23節ボーンマス戦を前にウィルシャーの容体についてコメント。2月初めの復帰が期待されていることを明かした。 「足首に関して、彼は6週間に渡り安静にし続けている」 「彼は治療中で、来週にはルームランナーでランニングを始められることを願っているよ」 「2月の初めには準備が整うんじゃないかな」 2019.01.19 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

アルナウトビッチ、広州恒大と交渉スタートか

イギリス『スカイ・スポーツ』は18日、ウェストハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(29)の中国行きに向けた動きを報じた。 アルナウトビッチを巡っては先日、上海上港が移籍金3500万ポンド(約49億4000万円)で獲得に乗り出していることが明らかに。選手自身も中国行きを希望しているとみられるが、ウェストハムが10日に売却を公式声明で否定した。 だが、そのアルナウトビッチに対して、新たに広州恒大が接触。交渉をスタートさせたという。ウェストハムのマヌエル・ペジェグリーニ監督は12日に行われた前節のアーセナル戦後、アルナウトビッチについて次のようにコメントしている。 「私が『残れ』と言えば、選手はそうするだろう。私自身にクラブに対する不満はない。クラブも私にアルナウトビッチを手放すよう強制してきているわけじゃない」 「監督として、選手とクラブに最適な解決策を講じることがベストだと思っている。彼らが合意に達したのであれば、何の問題もない。私はマルコ抜きで戦う準備をするだけさ。クラブは売却を望んでいないがね」 なお、ウェストハムは19日に敵地で行われるプレミアリーグ第23節でボーンマスと対戦。渦中のアルナウトビッチは遠征メンバーから外れたものとみられる。 2019.01.19 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

チチャリート、バレンシアと個人間合意もハマーズが移籍許さず

ウェストハムに所属しているメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(30)はバレンシアと個人間合意に達しているものの、ハマーズは移籍を容認しない構えのようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2017年夏にレバークーゼンから1600万ポンド(約22億4000万円)の移籍金で加入。ところが、元マンチェスター・ユナイテッドFWは、昨季はリーグ戦28試合8ゴール、今季もここまでリーグ戦14試合で4ゴールと西ロンドンクラブへの適合に苦しんでいる。 エルナンデスはそんな状況から抜け出そうとスペイン復帰を考えているようだ。伝えられるところによると、同選手はすでにバレンシアと個人合意に達しているとのこと。 しかし、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが中国の上海上港に移籍してしまう可能性が高いことから、同時に2人のストライカーを失うことを恐れるハマーズは、エルナンデスの移籍を認めない構えであると推測されている。 また、同クラブは選手のローン移籍に消極的であり、メキシコ代表FWを手放すにしても1200万ポンド(約16億8000万円)以上の移籍金による完全移籍を望んでいるという。 2019.01.17 13:54 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア再デビューのナスリの恩返しアシストからライスが初ゴール! ハマーズがアーセナルを撃破!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、ウェストハムvsアーセナルのロンドン・ダービーが12日にオリンピックスタジアムで行われ、ホームのウェストハムが1-0で勝利した。 10位のウェストハム(勝ち点28)と、5位のアーセナル(勝ち点41)によるロンドン・ダービー。リーグ戦2試合勝利がないウェストハムはこの試合に今冬加入で直近のFAカップのバーミンガム戦でデビューを飾ったナスリを古巣戦でリーグデビューさせた。 一方、新年初戦のフルアム戦を快勝し直近のFAカップのブラックプール戦も快勝したアーセナルは、前節のフルアム戦と同じ先発を起用。前線はオーバメヤン、ラカゼット、イウォビが起用された。 立ち上がりから拮抗した展開が続く中、共にボールを保持した遅攻ではなかなか決定機を作れないが、攻守の切り替えを生かしたショートカウンターからフィニッシュに持ち込んでいく。ウェストハムはノーブル、フェリペ・アンデルソン、アーセナルはラカゼット、グエンドウジがミドルレンジからゴールを狙うが、相手守備陣を脅かすまでには至らず。 前半も半ばを過ぎても試合展開に大きな変化はなし。前半終盤にはボックス左に抜け出したコラシナツに決定機が訪れるも、ここはシュートを打たずに中への折り返しを選択したことが仇となり、相手守備のクリアに阻まれた。 ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりに動く。48分、ウェストハムのCKの二次攻撃から右サイド深くで仕掛けたF・アンデルソンが折り返す。これはジャカのクリアに遭うも、ボックス右で拾ったナスリの丁寧な落としをライスが冷静にゴール右隅に蹴り込み、19歳の守備的MFのプレミアリーグ初ゴールで先手を奪った。 早い時間帯の先制点で勢いづくウェストハムはナスリのゲームメーク、F・アンデルソンの果敢な仕掛けを軸に完全に試合の流れを掌握。アントニオやオグボンナが2点目のチャンスに絡んでいく。 一方、後半に入って劣勢が続くアーセナルは59分、ムスタフィ、ジャカを下げてトレイラ、ラムジーを同時投入。この2枚替えでシステムを[4-2-3-1]に変更した。 この交代をキッカケに盛り返したアーセナルは63分にボックス左へ抜け出したオーバメヤンに絶好機もここはシュートを枠外に外す。直後の67分にはラムジーのパスに抜け出したイウォビがボックス左角度のないところからシュートを狙うが、これはわずかに枠の右に外れた。 やや相手の勢いに押され始めたホームチームは71分に殊勲のナスリ、アルナウトビッチに代えてスノッドグラス、キャロルを同時投入。さらに中盤のハードワーカー、オビアンを最後のカードとして切り、中盤の強度を上げていく。 試合終盤にかけては攻め手を欠くアーセナルに対してウェストハムのカウンターが幾度も炸裂するが、F・アンデルソンやキャロルが最後の場面で仕留めきれない。後半アディショナルタイムには前線に上がったコシエルニーがネットを揺らすが、ここはクロスを入れたコラシナツがオフサイドとなりゴールは認められず。 結局、試合はこのままタイムアップ。今季プレミア初先発のナスリの恩返しアシストからライスのプレミア初ゴールが生まれたウェストハムがダービーを制して2019年のリーグ初白星を手にした。一方、スコア以上の内容の差で敗れたアーセナルは2019年初黒星と共にトップ4が遠のく痛恨の敗戦となった。 2019.01.12 23:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ガビゴル、労働許可証問題でウェストハム行きが破談…母国フラメンゴ行きが濃厚に

ブラジルの名門フラメンゴがインテルの元ブラジル代表FW“ガビゴル”ことガブリエウ・バルボサ(22)の獲得迫っているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 2018年のブラジルリーグ終了をもって、今冬にインテルに戻ってきたガビゴルだが、インテルは同選手の売却に向けたオペレーションを進めている模様。 『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、当初は完全移籍での獲得に動いていたウェストハムへの売却を予定したが、プレミアリーグでの労働許可証の問題で同クラブへの移籍が破談。現在はフラメンゴへのレンタル移籍が濃厚となっているようだ。 2016年夏にサントスから2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)でインテルに完全移籍したガビゴルだが、なかなかチームフィットできずセリエAで9試合の出場にとどまると、昨シーズンにレンタルで加入したベンフィカでも出場機会はほとんどなく、2018年1月からは古巣のサントスへ武者修行に出ていた。 期待を大きく下回る形で今冬に母国への復帰が決まったガビゴルだが、古巣サントスではリーグ戦35試合に出場し18ゴールをマーク。リーグ得点王を獲得するなど輝きを取り戻していた。 2019.01.09 00:35 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース