実戦復帰のナスリ、復調に自信「フットボールは自転車に乗るようなもの」2019.01.11 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムに所属する元フランス代表MFサミル・ナスリが復帰の喜びを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。ナスリは、昨年12月31日にウェストハムに加入。2017年夏に加入したアンタルヤシュポル時代にドーピングによる18カ月間の出場停止処分を受けて契約解消となり、それ以降は無所属の期間が続いていた。しかし、マンチェスター・シティ時代の恩師でもあるウェストハム指揮官、マヌエル・ペジェグリーニ監督と4年ぶりの再会を果たし、処分期間終了の今年1月1日からトップリーグのクラブに参加できることとなった。

5日のFAカップ3回戦バーミンガム戦(2-0でウェストハム勝利)で実戦復帰も果たしたナスリは、以下のように一連の騒動を振り返っている。

「(規制されている)物質を全く摂取していなかったから、まだがっかりしているよ」

「ビタミン剤は適量丁度だったけど、それが多すぎた。2日間摂取できるものを1日で摂取した。僕は病気だったしそれを後悔している。医師の処方を受けたけど、まだ受け入れられない」

「そうして僕はキャリアの中で1年間を失った。ある時点では4年間の出場停止も議論されていたよ。多くのことが頭を過って、僕のキャリアは終わったんだと思ったよ。だから今回の2度目のチャンスに恵まれて幸せだ」

「あの経験はキャリアの中で最悪だった。この世界で最悪な気分だったよ」

「僕は自信家だし、フットボールは自転車に乗るようなものだ。一度やり方が分かればいつだってできる」

「唯一のすべきことは体力を取り戻すことだね。でも、僕は自分自身に何かを証明したいという考え方をしているし、戻ってきたということを証明したい」
コメント
関連ニュース
thumb

アイルランド→イングランド、サウスゲイト監督が“二重国籍”という難問を語る「正しいと感じてはいない」

正しい答えが見つかることはないだろう。イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、難しい問題に関しての心境を語った。イギリス『BBC』が報じた。 イングランドサッカー連盟(FA)は13日、ユーロ2020予選に向けた招集メンバー25名を発表した。 FWハリー・ケイン(トッテナム)やFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)などの主力が順当に選出される中、MFデクラン・ライス(ウェストハム)を初招集。しかし、この招集が難しい問題だと語った。 ライスは、イギリスのロンドン出身。チェルシーやウェストハムの下部組織で育ち、2017年からトップチームデビューを果たしていた。 イングランド出身であるライスだが、祖父母がアイルランドのコーク出身だったため、ユース年代から代表チームはアイルランド代表としてプレー。アイルランド代表としても国際親善試合に出場し、世代別では高く評価されていたものの、2018年末にイングランド代表を選択することを宣言していた。 サウスゲイト監督は、この二重国籍問題に関して、「若い選手にとっては難しい決断」であるとコメントした。 「もし、皆さんが二重国籍であれば、1つ以上の国に対して親近感を感じるだろう」 クリスタル・パレスで活躍するFWウィルフリード・ザハは、イングランド代表として国際親善試合で2試合に出場。しかし、その後、生まれ故郷であるコートジボワール代表を選択している。 「我々は、できる限り、倫理的にその問題を考えている」 「彼らが他の国の資格があるのに、このチームに召集さいた選手が2、3人いる。しかし、我々は、その決断が正しい瞬間であるとは感じていなかった」 イングランド代表は、22日にチェコ代表と、25日にモンテネグロ代表と対戦する。ライスがこの2試合に出場することがあれば、アイルランド代表としての出場資格は完全になくなる。 2019.03.14 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがアグエロのPK弾でウェストハムを下し公式戦7連勝を飾る!《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは27日、プレミアリーグ第28節でウェストハムとホームで対戦し、1-0で勝利した。 3日前に行われたEFLカップ決勝のチェルシー戦をPK戦の末に勝利し、大会連覇を達成したシティは、その一戦から先発を5人変更。スターリングやベルナルド・シウバ、フェルナンジーニョらに代えてザネやマフレズ、ギュンドアンらが先発に名を連ねた。 一方、古巣対決となるペジェグリーニ監督の率いるウェストハムは、同じく古巣対決となるナスリやキャロル、フェリペ・アンデルソンを先発で起用した。 試合は立ち上がりから地力に勝るシティがボールを保持すると4分、マフレズのスルーパスでボックス右深くに抜け出したデ・ブライネの折り返しをゴール前に走り込んだシルバが合わせたが、これは左ポストを直撃した。 良い入りで試合の主導権を握ったシティは、26分にもボックス左まで侵入したシルバの折り返しからアグエロがシュート。これはゴール左に外れたが、アグエロはブロックに入ったオグボンナの腕に当たったと主審に抗議。しかし、主審の判定は変わらずノーハンドとなった。 、 さらに32分にも、デ・ブライネの右CKをニアサイドのオタメンディが右足で合わせたが、これはゴール右に外れ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ウェストハムはナスリを下げてランシーニを投入。すると50分、アントニオのパスを受けたランシーニがボックス左まで侵入。クロスを上げると、ファーサイドでフリーのキャロルがすべり込みながら右足でボレーシュートを放ったが、これはGKエデルソンのファインセーブに阻まれた。 ピンチを凌いだシティは、55分にマフレズを下げてスターリングを投入。さらに57分には、ザネを下げてベルナルド・シウバをピッチに送り出した。すると58分、右サイドからカットインしたベルナルド・シウバがボックス内でフェリペ・アンデルソンに倒されPKを獲得。このPKをアグエロが右隅に決め、待望の先制点を奪った。 先制を許したウェストハムは、63分にベン・ジョンソンを下げて古巣対決となるサバレタを投入。シティサポーターはスタンディングオベーションでサバレタを迎えた。 先制点で攻勢を強めたシティは70分、ボックス右深くまで持ち込んだベルナルド・シウバのマイナスの折り返しからボックス手前のダニーロがダイレクトシュートを放ったが、これはGKファビアンスキが好セーブ。さらに77分には、デ・ブルイネのロングパスを右サイドで受けたベルナルド・シウバがボックス右まで持ち込みラストパス。しかし、走り込んだスターリングのシュートはゴール左に外れた。 その後も何度かウェストハムゴールに迫ったシティだが、最後まで追加点は奪えず。試合はアグエロのPK弾で勝利したシティが、公式戦7連勝を飾った。 2019.02.28 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ直接対決を前にシティ前任者に謝罪「申し訳ない」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、前任者に謝罪している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 シティは27日、プレミアリーグ第28節でウェストハムと対戦。ウェストハムで采配を振るうマヌエル・ペジェグリーニ監督は2013年夏から2016年夏までシティの指揮官を務めており、2016-17シーズンからシティで指揮を執るグアルディオラ監督にとっては前任者との顔合わせとなる。 リスペクトし合っている両者だが、その関係には少々のわだかまりが残っているかもしれない。というのも、ペジェグリーニ体制最終年の2015-16シーズン、シティは新シーズンからグアルディオラ監督が就任することを2月1日というかなり早いタイミングで発表。その年に好調を保っていたシティは発表直後に3連敗を喫するなど、残っていたプレミアリーグ15試合で6勝しか出来ず、2位から4位に後退することとなった。 ペジェグリーニ監督は後に「早期発表は私の決断だった」と責任の在処が自身だと説明しつつ、「私ではなく選手にとって発表後は仕事がとても難しかった」ともコメント。早計な決断を下してしまったことを後悔していた。 そして、そのペジェグリーニ監督と敵として相まみえるグアルディオラ監督は、ウェストハム戦前日会見で当時のことを謝罪。自身にも2015-16シーズン終盤の失速の責任があると考えているようだ。 「(早期の就任発表という)決断は全体で下したと思う」 「誰もが正直にやったと思うが、マヌエル(・ペジェグリーニ)がどう返事したかだけが分からない。起こってしまったことには申し訳なく思う。けど、彼がここに居た時に問題を起こすことは意図していなかった」 「私はミュンヘンに居て、ロッカールームで何が起こったのか、何が(成績急落の)原因だったのか分からない」 「誰も把握出来ていないと思うけど、もしあれが原因だったなら申し訳なく思うし謝罪する」 2019.02.27 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、今夏217億投入へ?! ヤングスター3選手をリストアップか

マンチェスター・シティが今夏に大金を投じる可能性があるようだ。イギリス『サン』の情報をもとに同『HITC』が伝えている。 シティは、ホーム・グロウンプレイヤーを増やすことに力を入れており、新たな才能を確保するべく国内全体にスカウトを派遣。そこでイングランド王者は、ウェストハムのアイルランド代表MFデクラン・ライス(20)、クリスタル・パレスのU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)、レスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェル(21)の3選手をリストアップしているという。 ライスに関しては、以前から探しているブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の長期的な後継者と考えている模様。そして、そのライスが推定されている7000万ポンド(約101億円)の移籍金に加え、ワン=ビサカとチルウェルもそれぞれ4000万ポンド(約58億円)が必要になると見込まれている。全て獲得に漕ぎ着けた場合には、1億5000万ポンド(約217億円)もの大金が投じられる計算だ。 また、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は若手起用に定評があることから、ワン=ビサカとイングランド代表入りを表明したライスが招集される日は近いと国内では予想されているようだ。 2019.02.20 14:41 Wed
twitterfacebook
thumb

FA、ハマーズ戦で審判団批判のクロップ監督を処分!

イングランドサッカー協会(FA)は13日、先日のウェストハム戦後に審判団の判定に対して批判的なコメントを行ったリバプールのユルゲン・クロップ監督に処分を科すことを発表した。 クロップ監督が率いるリバプールは、今月4日のプレミアリーグ第25節でウェストハムと対戦し、1-1で引き分けた。試合の中で22分にFWサディオ・マネが先制点を記録した場面ではMFジェームズ・ミルナーに明らかなオフサイドがあったとして、物議を醸した一戦となった。 しかし、試合後にクロップ監督は逆にケビン・フレンド主審を含む審判団を批判。「五分五分の状態では常に相手のFKになった」、「審判がハーフタイムにオフサイドに気付いてから、奇妙なシチュエーションを見ることになった」などと語り、むしろリバプールに不利な判定があったことを主張していた。 なお、FAはクロップ監督に対する今回の処分に関して以下のような声明を発表している。 「今回の処分に関しては彼(クロップ)が2019年2月4日に行われたリバプールとウェストハムのリーグ戦後のインタビューで発したコメントに対するものであり、FA規則のE3(1)の『マッチレフェリーに対する健全性を疑う行為および暗黙のバイアスを疑う』という違反に該当する」 なお、クロップ監督には2月18日夕方まで異議申し立てを行う権利が与えられるが、仮に処分が確定した場合は罰金あるいはベンチ入り禁止処分が科される見込みだ。 2019.02.14 03:42 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース