柏、MF澤昌克の退団を発表「J1へ戻れることを祈っています」2019.01.11 16:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
柏レイソルは11日、MF澤昌克(35)の退団が決定したことを発表した。中央学院高を卒業後、アルゼンチンへサッカー留学した澤は、2005年にペルーのスポルティング・クリスタルとプロ契約。その後も南米のクラブを渡り歩き、2008年に柏に一度加入した。澤は柏に在籍した6シーズンでJ1リーグ65試合9ゴール、J2リーグ26試合2ゴールを記録。2013年に柏を退団した後、デポルティボ・ムニシパルでプレーしていたが、2018シーズンから復帰していた。しかし、昨シーズンは出場機会を得られていない。

澤は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆澤昌克
「あけましておめでとうございます。2019年がレイソルにとって飛躍の年になり、そしてJ1へ戻れることを祈っています。このたび、2018シーズンを終えてレイソルを退団することになりました」

「5シーズンぶりにレイソルに復帰したにもかかわらず、度重なるケガで、ピッチでプレーする姿をサポーターのみなさんの前で見せることができず、本当に悔しい1年になってしまいました。もう一度自分を見つめ直して、また復帰できるように頑張りたいと思います。繰り返しになりますが、レイソルがJ1に復帰できるよう、どこに行っても応援しています。イチ、ニ、サン、、、VITORIA!」
コメント
関連ニュース
thumb

柏FWオルンガが左外側ハムストリング肉離れで全治約3週間…

柏レイソルは17日、ケニア代表FWオルンガが左外側ハムストリング肉離れにより全治約3週間と診断されたことを発表した。 発表によると、オルンガは9日に行われた明治安田生命J2リーグ第4節アルビレックス新潟戦で負傷。検査の結果、今回の離脱が判明した。 オルンガは、昨年の夏に貴州智誠(中国)から完全移籍で柏に加入。2017-18シーズンには期限付き移籍でジローナ(スペイン)に加わり、公式戦16試合3得点1アシストを記録した。昨シーズンは、J1リーグ10試合3ゴールを記録している。 2019.03.17 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

柏DFユン・ソギュン、江原FCに期限付き移籍

柏レイソルは5日、韓国代表DFユン・ソギュン(29)の期限付き移籍を発表した。移籍先は江原FC(韓国)となる。 ユン・ソギュンは2009年に全南ドラゴンズ(韓国)でプロデビュー後、QPR(イングランド)、ドンカスター、チャールトン、ブレンビー(デンマーク)でプレー。2017年から柏に加わり、昨年途中に出場機会を求めてFCソウルに期限付き移籍した。 韓国代表キャリアにおいては2012年にA代表デビュー。通算10キャップをマークしている。 2019.03.05 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

5発快勝の甲府が今季初白星! 柏&琉球連勝《J2》

明治安田生命J2リーグ第2節の5試合が2日に各地で行われた。 ヴァンフォーレ甲府は維新みらいふスタジアムでレノファ山口FCと激突。3分に相手GKの不用意さを突くプレスで先制弾のピーター・ウタカが続く4分に曽根田のスルーパスから2点目を記録する。10分に山下のゴールで1点差に詰め寄られた甲府だったが、17分にボックス左からエデル・リマが折り返したボールを曽根田が左足で沈めて3点目。迎えた後半開始2分にも曽根田のプレッシングから相手のキックミスを誘った流れからドゥドゥが4点目を決める。苦しくなった山口は71分に山下の2得点目で反撃に転じたが、86分に曽根田がトドメの一発。快勝の甲府がシーズン初白星を手にしている。 ◆明治安田生命J2リーグ第2節 ▽3/2(土) レノファ山口FC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC 大宮アルディージャ 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 FC琉球</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">柏レイソル 1</span>-0 FC町田ゼルビア アビスパ福岡 0-0 V・ファーレン長崎 ▽3/3(日) 《14:00》 横浜FC vs モンテディオ山形 水戸ホーリーホック vs 栃木SC 徳島ヴォルティス vs FC岐阜 ジェフユナイテッド千葉 vs アルビレックス新潟 ファジアーノ岡山 vs ツエーゲン金沢 《15:00》 愛媛FC vs 東京ヴェルディ 2019.03.02 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉が3年ぶりのちばぎんカップ優勝 柏相手に新戦力躍動《Jリーグプレシーズンマッチ》

第24回ちばぎんカップが17日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、ジェフユナイテッド千葉がPK戦で柏レイソルを破り、3年ぶりの優勝を成し遂げた。 9年ぶりのJ2参戦となる柏は今シーズンからネルシーニョ監督が5年ぶりに復帰。守護神を中村が務めたスタメンに最終ラインの右から小池、染谷、古賀、高木を並べ、3センターに手塚、ヒシャルジソン、小泉を置き、最前線に入ったクリスティアーノの両脇にガブリエル、瀬川を起用した。 一方、昨年J2で過去最低14位に終わった千葉は今年でフアン・エスナイデル体制3年目。佐藤を最後尾に起用した先発に最終ラインの右からゲリア、増嶋、エベルト、下平を置き、2列目に堀米、熊谷アンドリュー、矢田、茶島を並べ、2トップにアラン・ピニェイロと船山をチョイスした。 試合は16分に動く。左サイドでプレーする瀬川がバイタルエリア左でボールを受けると、ワンテンポ置いて左足を振り抜く。これが対面の増嶋に当たって相手GKの逆を突き、ゴール左下に吸い込まれ、ホームの柏が先制に成功する。 だが、千葉もすかさず反撃。19分、左CKを獲得すると、キッカーの堀米が左足でクロスを供給する。これに反応したエベルトがファーサイドからニアサイドにポジションを移しながらヘッド。千葉が試合を降り出しに戻してみせる。 後半の頭から小泉に代わり、ピッチに立ったオルンガが1stタッチで決定機。左足で放ったグラウンダーのシュートでゴールを狙うが、惜しくも左ポストの外側を叩いてしまい、柏の勝ち越しとはならない。 すると、55分、千葉のセットプレーが再び炸裂。右CKから堀米が左足でゴール前にクロスを供給する。これにゴール前で反応したアラン・ピニェイロが相手DFとの駆け引きを制して頭で合わせ、千葉が形勢を逆転する。 リードした千葉の攻勢に遭い、なかなか攻め手を見いだせない柏は60分に高木を下げて菊池、66分にガブリエルに代えて村田を投入。対する千葉は67分にアラン・ピニェイロから元セレソンのクレーベをピッチに送り込む。 その後も互いに交代カードを駆使しながらゲームを進めた試合は87分、ボックス右に侵攻した小池が右足で低い弾道のクロス。これが相手GKのファンブルを誘ったところをクリスティアーノが詰めて、柏が同点に追いついた。 結局、試合はPK戦にもつれ込み、柏6人目のキッカーを務めた古賀のシュートをGK佐藤が冷静にストップ。千葉が3年ぶりの優勝を果たした。 柏レイソル 2-2(PK5-6) ジェフユナイテッド千葉 【柏レイソル】 瀬川祐輔(前16) クリスティアーノ(後42) 【ジェフユナイテッド千葉】 エベルト(前19) アラン・ピニェイロ(後10) 2019.02.17 15:15 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース