ジェノアが今季2度目の監督交代! ユリッチ解任で元イタリア代表監督のプランデッリ招へい2018.12.08 00:02 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは7日、イバン・ユリッチ監督(43)の解任を発表。また、後任として1月までアル・ナスルを率いていたチェーザレ・プランデッリ氏(61)を招へいしたことを伝えている。

▽10月に成績不振で解任されたダビデ・バッラルディーニ前監督の後任として、ジェノア指揮官に復帰したユリッチ監督。巻き返しが期待されたものの、就任後は公式戦8試合で3分け5敗とチームを立て直すことができず。6日に行われたコッパ・イタリア4回戦でも、セリエC(イタリア3部)に所属するヴィルトゥスにPK戦の末に敗戦を喫していた。

▽後任としてジェノア指揮官に就任したプランデッリ氏は、パルマやローマ、フィオレンティーナなどセリエAクラブで監督を務めると、2010年7月からはイタリア代表を指揮。2014年のブラジル・ワールドカップで指揮を執っていた。その後はガラタサライ、バレンシア、アル・ナスルの監督を務めていたが、1月にアル・ナスルの監督を解任されフリーとなっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ジェノアDFスポッリ、セリエBのクロトーネにレンタル移籍

セリエBのクロトーネは17日、ジェノアのアルゼンチン人DFニコラス・スポッリ(35)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 カターニャで主力として活躍後、ローマやカルピ、キエーボでプレーしたセンターバックのスポッリは、2017年夏にジェノアに加入。昨季は21試合に出場して準主力としてプレーしていたものの、今季は7試合の出場に留まり、第8節以降出場機会がない状況だった。 移籍先のクロトーネは現在、18試合を終えたセリエBで18位に沈んでいる。 2019.01.18 01:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ピョンテク、ミランへ! 伊紙報道

ジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)がミランと合意に至ったようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ここ最近ミラン移籍が取り沙汰されていたピョンテク。今回の記事によると、ミランとピョンテクは個人間合意に至り、あとは5年契約にサインするだけとなったようだ。今季いっぱいは買い取りオプション付きレンタルという形でミランに合流し、来シーズンに同クラブがオプションを行使すれば、正式にロッソネロの一員となる。 ミランでは、レンタル期間中の今季は週給3万5000ユーロ(約434万円)、完全移籍した場合は4万ユーロ(約496万円)になるようだ。これは現在ジェノアから受け取っている給与の4倍にあたる額となっている。 また、ミランが買い取りオプションを行使する際に支払う移籍金は4000万ユーロ(約49億6000万円)となる見込みだが、ジェノア側は保証金として、そのうちの1000万ユーロを先に支払うことを要求しているようだ。 今季ブレイクを果たしたピョンテクは、リーグ戦では第19節を終えた時点で13得点。ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドの14得点に次ぐゴール数で、多くのビッグクラブが関心を寄せていた。 2019.01.17 20:03 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、75億円の“レヴァンドフスキ2世”を獲得へ? セリエA得点王争いでC・ロナウドと接戦中

レアル・マドリーが、ジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクを注視しているようだ。スペイン『アス』が報じた。<br><br>現在23歳のピョンテクは、昨年の夏に母国クラブのクラコヴィアからジェノアに移籍。当時、欧州トップレベルとしては無名の存在だったものの、セリエAデビューからの7試合で9得点を記録するなどブレークしている。今季ここまで、公式戦21試合で19ゴールをマークしており、セリエAではユベントスのクリスティアーノ・ロナウドが記録する14ゴールに次ぐ13ゴールを挙げている。<br><br>そのピョンテクをレアル・マドリーが注目しているようだ。セリエAの中断中にジェノアはスペイン遠征を行っており、14日にドイツ3部のヴュルツブルガー・キッカーズと対戦。レアル・マドリーは、この試合にスカウトを派遣したとのことだ。<br><br>なお、ピョンテクには以前にミランとの関連が伝えられており、現在はナポリも関心を示しているとのこと。仮にレアル・マドリーが獲得に動く場合、争奪戦が激しくなることが予想され、オペレーションに必要な移籍金は6000万ユーロ(約75億円)にのぼるとみられている。そのプレースタイルもあって、&ldquo;レヴァンドフスキ2世&rdquo;とも称されるピョンテクだが、今後の去就に注目だ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.13 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

得点力不足マドリー、今季ブレイクのジェノアFWをレンタルで獲得か

レアル・マドリーが、ジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の獲得に動き出すようだ。スペイン『アス』が、ラジオ番組『オンダ・マドリッド』の情報をもとに伝えている。 マドリーのリーガエスパニューラにおける総得点数は、第18節終了時点で「26」。トップの宿敵バルセロナが50得点でほぼダブルスコアを付けられており、リーガでも5番目の得点数となっている。そんな中、今回伝えられるところによれば、マドリーは今冬の移籍市場でピョンテクのレンタルでの獲得を考慮しているようだ。 183cmの本格派ストライカーのピョンテクは、パワフルかつ正確な右足とヘディング技術を武器にボックス内で抜群の存在感を放つ生粋の点取り屋だ。ポーランド国内では“レヴァンドフスキの後継者”としてにわかに注目が集まっている。 そんなピョンテクは、昨夏にポーランドのKSクラコヴィアから400万ユーロ(約5億円)でジェノアに加入すると、セリエAでは19試合に出場し、開幕から7試合連続ゴールを含む、13ゴールを記録。瞬く間にビッグクラブが注目する存在になっている。 2019.01.08 15:03 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマに敗れたジェノアの指揮官プランデッリ、終盤の判定に不満「詐欺に遭った気分」

ジェノアの指揮官チェーザレ・プランデッリは、16日のローマ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、判定に不満を示した。<br><br>16日、セリエA第16節ローマ対ジェノアがスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で逆転勝利を収めた。昨年リーグ戦3位のローマは現在6位と大きく出遅れており、試合前にはジェームズ・パロッタ会長に対し、抗議の横断幕が数多く掲げられた。そんな中で行われたジェノア戦での勝利にローマ陣営はひとまず安堵したようだが、ジェノア指揮官は不満を隠さなかった。試合終盤、FWゴラン・パンデフがMFアレッサンドロ・フロレンツィに押されたように見えたシーンについて、PKが与えられるべきだったと主張した。<br><br>「ローマは心理的に追い込まれていたので、このチャンスを生かしたかった。だが詐欺に遭ったような気分だ。我々の技術的なミスも多かったが、判定ミスもあった。なぜVARで見直さなかったのか理解できない。あれはPKだった。手だけでなく、足も使ったファウルだった」<br><br>またパンデフ自身もペナルティエリア内でファウルがあったと主張。主審に訴えていたことを明かした。<br><br>「明らかにPKだった。僕もVARを見るように要請した。だが僕らが間違いを犯すように、彼らも大きなミスを犯した。本当に残念だ。僕らは敗北に値していなかったと思う。ポイントを持ち帰れるはずだった。主審は『自分の目ではっきり見た』と言って、VARを使用しようとしなかった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 17:39 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース