テベス、リベルタ杯決勝のマドリッド開催に「奇妙な決勝戦だ」2018.12.07 15:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、マドリッド開催となったコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグについて口を開いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽元々11月24日に開催予定だった南米王者を決めるコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ・リーベル・プレートvsボカ・ジュニアーズの一戦。しかし、ボカ・ジュニアーズの選手バスがスタジアムに向かう道中で、過激なリーベル・プレートのサポーターにモノを投げつけられるなどしてバスのガラスが割られ、車内に催涙スプレーが撒かれた挙句、数名の選手が負傷する事態に。この騒動を受け、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は開催日を翌25日に延期した。

▽しかし、ボカ・ジュニアーズ側から試合をできるコンディションにないという申し立てを受けたことにより、再び再延期が決定すると、CONMEBOLは最終的に安全性や中立性等を考慮した結果、12月9日にレアル・マドリーの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウで開催することを発表した。

▽6日にスペイン代表の練習拠点であるラス・ロサスでの練習を終えたテベスは、前代未聞のマドリッド開催に「奇妙」だと語っている。

「奇妙な決勝戦だ」

「ボカとリーベルがマドリッドで試合をするなんて奇妙だよ。ただ、一選手として試合に集中することが重要だ」

▽1stレグを2-2で引き分けている両者。本来であればリーベル・プレートのホームで行われる予定だった2ndレグが中立地に。テベスはこの状況が相手にとって不利になるかと問われると以下のように否定した。

「そうは思わないね。リーベルにとってはホームでプレーするほうがプレッシャーはあったと思う。けどそれが50-50になった。リベルタドーレスの決勝戦ではホームのプレーがかえって難しいこともあるんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

現役引退したブルディッソ、古巣ボカのスポーツ・ディレクターに就任

▽ボカ・ジュニアーズは18日、今年10月に現役を引退した元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソ氏(37)をスポーツ・ディレクターに任命したことを発表した。 ▽1999年10月にボカ・ジュニアーズでプロデビューを飾ったブルディッソは、インテルやローマ、ジェノアで活躍。そして、昨シーズンまでトリノでプレーしていた。アルゼンチン代表としては2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)、2010年南アフリカW杯の2大会に出場し、通算49試合に出場していた。 ▽そのブルディッソは古巣ボカのSD就任について以下のように語っている。 「特別な場所に戻ってきた特別な日だ。会長と多岐に渡る話し合いを行い、自分のサッカー観について話した。この挑戦は私にとって大きなチャンスだ。責任を持って仕事をしていきたい。このチャンスを与えてくれた会長に感謝し、今よりもクラブを良い状態にすることが目標だ」 2018.12.18 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リベルタ決勝で敗戦のボカ、国内リーグ連覇に導いたスケロット監督が辞任

▽ボカ・ジュニアーズは14日、ギジェルモ・バロス・スケロット監督(45)が辞任したことを発表した。 ▽ボカは9日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ、リーベル・プレートとのスーペル・クラシコを延長戦の死闘の末、1-3で敗戦。2戦合計スコア3-5で敗れていた。 ▽現役時代、ボカ・ジュニアーズで約10年間にわたってプレーし、15個のタイトルを獲得した同クラブのレジェンドであるスケロット監督は、2016年3月にボカの監督に就任。2016-17シーズン、2017-18シーズンと国内リーグを連覇に導いていた。13試合を消化した今季は首位のラシンと12ポイント差の6位と苦戦していた。 2018.12.15 04:55 Sat
twitterfacebook
thumb

史上初の“スーペルクラシコ”による決勝は延長戦を制したリーベル・プレートが3年ぶり4度目の南米王者に輝く!!《コパ・リベルタドーレス》

▽コパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ、リーベル・プレートvsボカ・ジュニアーズの“スーペルクラシコ”が9日に行われ、延長戦の末に3-1でリーベル・プレートが勝利している。この結果、リーベル・プレートが3年ぶり4度目の南米王者に輝いた。 ▽11月24日に開催予定だった同一戦だが、ボカ・ジュニアーズの選手バスがスタジアムに向かう道中で、過激なリーベル・プレートサポーターの襲撃に遭い中止に。この騒動を受け、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は開催日を翌日にずらすことを発表していたが、ボカ・ジュニアーズ側から試合をできるコンディションにないという申し立てを受けたことにより、CONMEBOLは開催日未定のまま再延期を発表した。 ▽そして、同29日にCONMEBOLは安全性と中立性を考慮し、インフラが整っていてアルゼンチンとも深いつながりがあるサンティアゴ・ベルナベウでの開催を発表。およそ4000人の警備員を配置された厳戒態勢の中、南米王者を決める2ndレグが行われた。 ▽1stレグをドローで終えた両雄の一戦は、立ち上がりから激しいボールの奪い合いを見せる。すると11分、ボカはセットプレーからファーストチャンスを迎える。セバスティアン・ビジャの右CKをゴール前に飛び込んだカルロス・イスキエルドが頭で合わせると、ゴールエリア左に流れたボールをパブロ・ぺレスがボレーシュート。しかし、このシュートは相手GKの正面を突いた。 ▽一進一退が続く中、ボカは30分にビッグチャンス。ペナルティーアーク左で獲得したFKをダリオ・ベネデットが直接狙うと、壁に当たったルーズボールをボックス右のパブロ・ぺレスがシュート。しかし、これはミルトン・カスコのブロックに当たり、ゴール左に逸れた。 ▽すると43分、ボカは自陣ゴール前からカウンターを発動。中央を持ち上がったナヒタン・ナンデスがセンターサークル手前から絶妙なロングスルーパスを供給すると、これで相手DFの裏に抜け出したベネデットが、ボックス中央から冷静にゴール右隅へシュートを流し込んだ。 ▽1点を追うリーベル・プレートは、後半立ち上がりからボカゴールに襲い掛かる。すると68分、エセキエル・パラシオスとのパス交換でボックス右から侵入したイグナシオ・フェルナンデスが折り返しを供給。これを中央のルーカス・プラットがダイレクトで流し込み、リーベル・プレートが試合を振り出しに戻した。 ▽後半終盤にかけてはこう着状態が続き、1-1のまま90分が終了。延長戦にもつれ込んだ。その延長戦では、同前半2分にウィルマル・バリオスに2枚目のイエローカードが提示されて10人となったボカに対して、リーベル・プレートは同後半4分に勝ち越す。 ▽敵陣で細かくパスをつなぐと、カミロ・マジャダの左クロスをボックス手前で受けたフアン・キンテーロがワントラップから左足一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽勝ち越したリーベル・プレートは、試合終了間際にもカウンターからゴンサロ・マルティネスがゴールネットを揺らし、3-1で勝利。3年ぶり4度目の南米王者に輝いたリーベル・プレートが、13日からUAEで行われるクラブ・ワールドカップへの切符を手にした。 リーベル・プレート 3-1 ボカ・ジュニアーズ 【リーベル・プレート】 プラット(後23) キンテーロ(延長後4) G・マルティネス(延長後17) 【ボカ・ジュニアーズ】 ベネデット(前43) 2018.12.10 07:10 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、ボカのU-20アルゼンチン代表CBに関心

▽レアル・マドリーがボカ・ジュニアーズに所属するU-20アルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(19)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ボカ・ジュニアーズは9日、レアル・マドリーの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウでリーベル・プレートとのコパ・リベルタドーレス決勝戦2ndレグを戦う。この一戦に向けてチームに帯同している逸材センターバックの獲得にマドリーは関心を示しているようだ。 ▽『マルカ』が伝えるところによれば、マドリーのリクルート部門で働くフニ・カラファト氏は以前からスカウト目的で幾度もボンボネーラを訪問しているという。その主要な目的はコロンビア代表MFウィルマル・バリオスと思われるが、一方でユベントスやバルセロナも関心を寄せるバレルディにも注目しているようだ。 ▽187cmの長身センターバックのバレルディは今年に入ってトップチームデビュー。ここまでリーグ戦5試合に出場している。今回のコパ・リベルタドーレス決勝でプレーする可能性は低いと思われるが、マドリーは対戦相手リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオスと共に今後も同選手の動向を見守っていくようだ。 2018.12.09 16:22 Sun
twitterfacebook
thumb

コパ・リベルタドーレス決勝は警備隊4000人の厳戒態勢

▽9日に予定されているコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグでは、およそ4000人の警備員が配置される厳戒態勢が敷かれるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽アルゼンチンの二大クラブ、リーベル・プレートとボカ・ジュニアーズによる決勝となった今年のコパ・リベルタドーレス。両クラブの対決は同国ではスーペル・クラシコと呼ばれ、世界でも指折りの激しいダービマッチとして知られている。 ▽しかし、熱すぎるゆえに両クラブのサポーターが衝突することもしばしば。今回も決勝2ndレグの試合前にボカ・ジュニアーズの選手らを乗せたバスがリーベル・プレートの過激派サポーターの襲撃を受け、数名の選手が体調不良を訴える事態となった。 ▽その後、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は2度の延期の末、選手への安全性と中立性を考慮したうえで、2ndレグをレアル・マドリーの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウでの開催を決定。再び大きな被害が出ないよう、サンティアゴ・ベルナベウの周りにはおよそ4000人もの警備隊が配置されるようだ。 ▽『レキップ』によれば、そのうち2000人が国際警察で占められているというが、これは2009-10シーズンに同スタジアムで行われたバイエルンとインテルによるチャンピオンズリーグ決勝戦に配備された1400人の警備員や、2015年11月に起こったパリ同時多発テロの5日後に行われたエル・クラシコの際の1500人の警備員を上回る数だ。 ▽さらに、国際警察のほか、民間警備隊1700人、自治体警察150人、赤十字軍から80人、救急隊70人の、延べ4000人が警備につくと伝えられている。 ▽リーベルとボカの両クラブの過激派サポーターは200人から300人が確認されているようだが、そのうち何名かはアルゼンチンに連れ戻される見込みだという。また、ボカの過激派グループのリーダーはすでに強制送還されているようだ。 2018.12.08 02:58 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース