テベス、リベルタ杯決勝のマドリッド開催に「奇妙な決勝戦だ」2018.12.07 15:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、マドリッド開催となったコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグについて口を開いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽元々11月24日に開催予定だった南米王者を決めるコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ・リーベル・プレートvsボカ・ジュニアーズの一戦。しかし、ボカ・ジュニアーズの選手バスがスタジアムに向かう道中で、過激なリーベル・プレートのサポーターにモノを投げつけられるなどしてバスのガラスが割られ、車内に催涙スプレーが撒かれた挙句、数名の選手が負傷する事態に。この騒動を受け、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は開催日を翌25日に延期した。

▽しかし、ボカ・ジュニアーズ側から試合をできるコンディションにないという申し立てを受けたことにより、再び再延期が決定すると、CONMEBOLは最終的に安全性や中立性等を考慮した結果、12月9日にレアル・マドリーの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウで開催することを発表した。

▽6日にスペイン代表の練習拠点であるラス・ロサスでの練習を終えたテベスは、前代未聞のマドリッド開催に「奇妙」だと語っている。

「奇妙な決勝戦だ」

「ボカとリーベルがマドリッドで試合をするなんて奇妙だよ。ただ、一選手として試合に集中することが重要だ」

▽1stレグを2-2で引き分けている両者。本来であればリーベル・プレートのホームで行われる予定だった2ndレグが中立地に。テベスはこの状況が相手にとって不利になるかと問われると以下のように否定した。

「そうは思わないね。リーベルにとってはホームでプレーするほうがプレッシャーはあったと思う。けどそれが50-50になった。リベルタドーレスの決勝戦ではホームのプレーがかえって難しいこともあるんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ゼニト、ビッグクラブ関心の“コロンビアのカンテ”を獲得

ゼニトは2月1日、ボカ・ジュニアーズに所属するコロンビア代表MFウィルマル・バリオス(25)の完全移籍での獲得を発表した。契約期間は4年半となる。 コロンビアのデポルテス・トリマでキャリアをスタートしたバリオスは、2016年にボカ・ジュニアーズに加入した。豊富な運動量と機動力、ボール奪取力を武器に“コロンビアのカンテ”とも評される守備的MFで、今シーズンはアルゼンチンリーグ6試合に出場。ボカ・ジュニアーズ通算では66試合で1ゴールを記録している。 また、代表キャリアにおいては、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では日本代表戦を含む3試合に出場。通算9キャップを記録している。 なお、バリオスに関してはレアル・マドリーやトッテナム、エバートン、ローマが関心を示していることが各紙によって報じられており、ゼニトが争奪戦を制す形となった。 2019.02.02 15:13 Sat
twitterfacebook
thumb

公式オファーは事実無根! ローマ行きが報じられたコロンビア代表MFはロシア行きか

ローマが公式にオファーを出していたと見られていたボカ・ジュニアーズのコロンビア代表MFウィルマル・バリオス(25)だったが、その事実はなかったようだ。 ローマは、元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの長期離脱の影響もあり、フランス代表MFスティーブン・エンゾンジがフル稼働を余儀なくされるなど、守備的MFの選手層に問題を抱えている状況。そんな中、ターゲットとして挙がったのがバリオスだった。 バリオスには、レアル・マドリーやトッテナム、エバートンなども関心を寄せているとされていたものの、ローマが買い取りオプション付きの半年間のレンタル移籍で公式なオファーを出したとされていた。 しかし、ボカ・ジュニアーズのスポーツディレクターを務める、ニコラ・ブルディッソ氏がアルゼンチンラジオ『Tele Radio Stereo』で告白。「我々は、ローマからバリオスへの正式なオファーを受けたことがない」と、ローマからのオファーの事実がなかったと明かした。 一方で、アルゼンチンやイタリアの複数メディアは、バリオスが1300万ユーロ(約16億2600万円)で移籍すると報道。その行き先は、ゼニト・サクトペテルブルクになるという。 ゼニトは、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)がパリ・サンジェルマンに完全移籍。その代わりとして、バリオスの獲得を目指しているという。 コロンビアのデポルテス・トリマでキャリアをスタートしたバリオスは、2016年にボカ・ジュニアーズに加入。豊富な運動量と機動力、ボール奪取力を武器に“コロンビアのカンテ”とも評される守備的MFで、ロシア・ワールドカップでも日本代表戦を含む3試合に出場していた。 2019.01.30 12:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、ボカの人気株のコロンビア代表MFバリオスに公式オファーか

ローマが今冬の移籍市場でボカ・ジュニアーズに所属するコロンビア代表MFウィルマル・バリオス(25)獲得に向けた公式オファーを掲示した模様だ。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えている。 現在、ローマでは元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの長期離脱の影響もあり、直近までフランス代表MFスティーブン・エンゾンジがフル稼働を余儀なくされるなど、守備的MFの選手層に問題を抱えている。 そして、クラブはその問題を解決すべくトッテナムやレアル・マドリー、エバートンなどが強い関心を寄せるバリオス獲得に動いているようだ。 『TyC Sports』が伝えるところによれば、ローマはバリオス獲得に向けて2400万ユーロ(約30億円)での買い取りオプション付きの半年間のレンタル移籍をボカに打診した模様だ。なお、この金額は同選手の契約解除金にあたる。 コロンビアのデポルテス・トリマでキャリアをスタートしたバリオスは、2016年にボカ・ジュニアーズに加入。豊富な運動量と機動力、ボール奪取力を武器に“コロンビアのカンテ”とも評される守備的MFだ。 昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では日本代表戦、ポーランド代表戦、ラウンド16のイングランド代表戦の3試合に出場していた。 2019.01.24 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ボカの逸材CBバレルディを獲得! スペイン2強との争奪戦制す

ドルトムントは14日、ボカ・ジュニアーズからU-20アルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は1200万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1500万ユーロ(約18億6000万円)程度になるという。また、契約期間は2024年6月30日までの5年半となる見込みだ。 187cmのセンターバックのバレルディは2018年に入ってトップチームデビュー。ここまでリーグ戦5試合に出場している。ボカ・ジュニアーズにおいて大きな実績を残せていないものの、攻守両面で高いポテンシャルを誇る逸材センターバックにはバルセロナとレアル・マドリーからの関心も伝えられていた。 スペインの2強との争奪戦を制して逸材確保に成功したドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は以下のようなコメントを残している。 「レオナルド・バレルディの移籍に関しては当初、来夏を予定していた。しかし、今回それを前倒しすることにした」 「レオナルドは非常に賢いセンターバックで強靭な守備を誇る。同時に高いビルドアップ能力でパスゲームに貢献可能だ。彼が我々のクラブを選んでいくれたことを嬉しく思うし、彼が将来的にそのタレント力で我々を助けてくれることを確信している」 2019.01.15 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカ・ジュニアーズ、パラグアイ代表DFを獲得! 今季途中まではリールからセルタにレンタル

ボカ・ジュニアーズは7日、リールからパラグアイ代表DFフニオール・アロンソ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの1年半となる。 母国のセロ・ポルテーニョでプロキャリアをスタートしたアロンソはセンターバックと左サイドバックを主戦場とする左利きのDF。2017年1月に加入したリールでは昨シーズンのリーグ戦34試合に出場し2ゴールを挙げていた。また、2013年にデビューしたパラグアイ代表ではここまで18試合に出場し1ゴールを記録している。 昨夏にはセビージャに旅立ったスペイン人DFセルジ・ゴメスの後釜としてセルタに1年間のレンタル移籍で加入し、シーズン序盤はリーグ戦9試合に出場。しかし、監督交代をキッカケに昨年10月半ば以降、出場機会はなかった。そして、リールとセルタは双方合意の下でレンタル契約を解消していた。 2019.01.08 14:03 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース