アイルランド代表のオニール監督、ロイ・キーンコーチらが辞任2018.11.21 20:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アイルランドサッカー協会(FAI)は、アイルランド代表のマーティン・オニール監督(66)が辞任したことを発表した。また、アシスタントマネージャーのロイ・キーン氏やGKコーチのシーマス・マクドナ氏、アシスタントコーチのスティーブ・グッピー氏らも退任する。

▽オニール監督は、ウィコムやノリッジ、レスター・シティ、セルティック、アストン・ビラ、サンダーランドとクラブチームで指揮。2013年11月にアイルランド代表の監督に就任した。

▽2016年のユーロにチームを導くと、スウェーデン、ベルギー、イタリアと同居したグループステージを突破。ラウンド16では準優勝のフランスに敗れていたが、チームとして史上最高の結果を残した。

▽また、ロシア・ワールドカップ予選でもグループステージを勝ち上がり、プレーオフに進出。しかし、デンマーク代表に敗れ出場はならなかった。

▽今年から始まったUEFAネーションズリーグでは、リーグBのグループ4を戦い、デンマーク、ウェールズとのグループで最下位。リーグCへの降格が決まっていた。オニール監督はアイルランド代表として通算55試合を指揮。19勝20分け16敗の結果を残していた。なお、在籍5年間で65人の選手を起用し、28人が代表デビューを果たしている。

▽FAIのドナル・コンウェイ会長は、オニール監督らコーチングスタッフへの感謝を述べている。

「FAIを代表し、この5年間アイルランドに協力してくれたマーティン、ロイ、マネジメントチームに感謝する」

「マーティンは、アイルランドのサッカーにとって最高であった」

▽なお、後任監督に関してはすみやかに決定するとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ロビー・キーンが現役引退を正式発表! 「フットボール狂いの男の子の願いは全て超えた」

▽トッテナムなどプレミアリーグ複数クラブで活躍した元アイルランド代表FWロビー・キーン(38)が、現役引退を発表した。アイルランド公共放送局『RTE』が28日に報じている。 ▽1997年にウォルバーハンプトンでプロデビューを飾ったロビー・キーンは、コベントリ・シティでプレーしたのち、2000年7月にインテルへと移籍。しかし、イタリアのサッカーに馴染めず、2001年1月にリーズへレンタル移籍する。同年7月には完全移籍でリーズに加入すると、日韓ワールドカップ(W杯)で活躍を見せ2002年7月にはトッテナムへと移籍した。 ▽トッテナムで6シーズンに渡ってプレーした後は、2008-09シーズンにリバプールに移籍したが、1年でトッテナムに復帰。さらに、2010年にはセルティック、2011年にはウェストハムにローンで加入し、2011年夏からの5年間はMLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーに身を移した。2017年1月からはフリーの期間が続いたが、昨年夏から今年夏まではインド・スーパーリーグ(ISL)のアトレティコ・デ・コルカタに所属していた。 ▽キャリアの中で11のクラブを渡り歩いたロビー・キーンは、公式戦通算で737試合295ゴールを記録。また、アイルランド代表としても146試合で68ゴールの成績を残し、最多出場記録、最多得点記録を保持している。 ▽21年間の現役生活に別れを告げたロビー・キーンは、以下のようにコメントしている。『RTE』が伝えた。 ◆FWロビー・キーン 「クルムリン・ユナイテッドからミラノ、ロンドン、ロサンゼルスにいたるまでの世界中に、僕のサッカー生活が連れて行ってくれるとは想像も出来なかった」 「ダブリンで育ったフットボール狂いの男の子の願いは全て超えたよ」 「イングランドでプロとしてのキャリアを始めるために家を出たのが、前世の頃のようだ。僕は希望に満たされたストリート・フットボーラーで、大きな野望と成功への決意を抱いていた」 「僕が必要としていたのは、1つのチャンスだけだったんだ」 ▽なお、アイルランドサッカー協会(FAI)はロビー・キーンが現役引退を表明する以前の25日、アシスタントコーチとして招へいしたことを発表していた。 2018.11.28 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

アイルランド代表にミック・マッカーシー氏が再任! アシスタントコーチにロビー・キーン氏

▽アイルランドサッカー協会(FAI)は25日、ミック・マッカーシー氏(59)が代表監督に就任したことを発表した。契約期間はユーロ2020までの2年間となる。 ▽20日にマーティン・オニール監督の辞任を発表したFAIは、その舵取りを元アイルランド代表のマッカーシー氏(写真右)に託した。同氏は1996年から2002年にかけて同代表を率いており、2002年の日韓ワールドカップではベスト16に導いた。 ▽クラブレベルでは、サンダーランドとウォルバーハンプトンをプレミアリーグに昇格させた実績を持っており、直近では2012年から昨シーズンまでイプスウィッチ・タウンで指揮を執っていた。 ▽FAIはまた、テリー・コナー氏(写真左)とロビー・キーン氏がアシスタントコーチに就くことも発表。コナー氏はマッカーシー氏の下、ウルブスやイプスウィッチでアシスタントコーチとして10年間サポートした経験を持つ。ロビー・キーン氏はアイルランド代表の最多得点記録を持つ同国のレジェンドだ。 ▽16年ぶりの就任に際し、マッカーシー氏は「光栄であり、ユーロ2020に導く機会を与えてくれたことを喜んでいる」とコメント。「新しい挑戦であるが、個々のことはよくわかっていると」自信ものぞかせた。 ▽なお、FAIはU-21代表チームにステファン・ケニー氏(47)が就任することも併せて発表している。 2018.11.26 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表監督のアラダイス氏が、次期アイルランド代表監督に名乗り

▽元イングランド代表監督のサム・アラダイス氏(64)が、アイルランド代表監督に名乗りを挙げたようだ。アイルランド版『サン』が伝えている。 ▽アイルランドサッカー協(FAI)は20日に、マーティン・オニール監督(66)の辞任を発表した。同監督は2013年11月にアイルランド代表監督に就任し、2016年のユーロでは史上最高のベスト16に導いた。しかし、ロシア・ワールドカップ出場を逃すと、UEFAネーションズリーグではリーグBからリーグCへ降格。その責任を負い辞任に至った。 ▽そして今回、新たなアイルランド代表監督の座を狙っているのがアラダイス氏だ。同氏は1991年にアイルランドのリムリック・タウンで指導者を始め、以降はニューカッスルやウェストハム、サンダーランドを歴任。2016年にはイングランド代表と2年契約を結んだが、イギリス『デイリー・テレグラフ』の囮取材によって、ロイ・ホジソン前イングランド監督やそのアシスタントマネージャーのギャリー・ネビル氏を批判していたことや、国際サッカー連盟(FIFA)やイングランドサッカー協会(FA)が禁じている選手の第三者保有に関与していたことが明るみになり、就任から2か月後に契約を解消していた。 ▽その後はクリスタル・パレスやエバートンの監督を務め、今年5月にエバートンを辞任して以降はフリーの状態が続いている。 ▽また、アラダイス氏のほかにも、1996年から2002年にかけてアイルランド代表を率いたミック・マッカーシー氏や、同国のレジェンドで、指導者としてはインドのアトレティコ・デ・コルカタでプレイングマネージャーを務めた経験を持つロビー・キーン氏も立候補しているという。 2018.11.24 01:41 Sat
twitterfacebook
thumb

北アイルランド代表DFエバンス、直接対決を前にアイルランド代表MFへの悪戯を回想

▽レスター・シティに所属する北アイルランド代表DFジョニー・エバンスが、バーンリーに所属するアイルランド代表MFロビー・ブレイディに仕掛けた悪戯を回想している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽北アイルランドは16日、国際親善試合アイルランド戦に臨む。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織時代の後輩であるブレイディとの対戦を前に、エバンスは同選手とのあるエピソードを回想している。 「僕は彼らと何年間に渡って沢山プレーしたし、昔から知っているんだ」 「マンチェスター空港までロビー・ブレイディと一緒にタクシーで行ったんだ。道中で彼を拾ったよ」 「そして、彼に料金を支払わせたよ」 「僕ら(北アイルランド代表とアイルランド代表)は選手として少し自分たちを少し誇示するけど、それは全て良いスピリットで行われるものになると思う。競争力のある試合になるだろうけど、それは正しい方法でだ」 2018.11.13 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル&ラムジー欠くウェールズ、敵地でアイルランドに勝利し暫定首位に《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ4、アイルランド代表vsウェールズ代表が16日に行われ、0-1でウェールズが勝利した。 ▽3日前に行われたUNL2戦目のデンマーク代表戦を0-0で引き分けて1分け1敗となったアイルランドは、デンマーク戦のスタメンから2選手を変更。ヘンドリックやマクレーン、アーターといった主力が引き続きスタメンとなった一方、ロングはベンチスタートとなった。 ▽一方、先月行われたUNLの2戦を1勝1敗としたウェールズは、5日前に行われた国際親善試合のスペイン代表戦を1-4と大敗した。その試合のスタメンから5選手を変更。ラムジーが負傷欠場となり、ベイルも引き続き欠場となった。 ▽ウェールズにポゼッションを譲る展開としたアイルランドは9分、ハイプレスをかけて敵陣でボールを奪い、クリスティーがシュートに持ち込んだが、GKヘネシーの好守に阻まれる。 ▽その後もカウンターを狙うアイルランドは37分、右CKからダフィーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの守備範囲に飛び、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半もウェールズがボールを持つ中、アイルランドは56分にオブライエンに代えてロングを投入する。 ▽しかし58分、ウェールズが均衡を破った。ボックス手前右で得たFKをリバプールが保有権を持つウィルソンが直接ゴール左に強烈なシュートを叩き込んだ。 ▽失点を受けて前がかるアイルランドは66分、ヘンドリックが枠内シュートを浴びせるもGKにセーブされる。終盤にかけてもアイルランドが攻勢に出たが、ウェールズが逃げ切り。デンマークを交わして暫定首位に立っている。 2018.10.17 06:09 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース