超ワールドサッカー

豪華過ぎ…スペイン代表の落選組イレブン2018.11.09 09:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽他国からしてみれば、贅沢な悩み…。スペイン『マルカ』は、スペインサッカー連盟(RFEF)が8日に発表した同国代表メンバーの落選ベストイレブンを紹介した。

▽ルイス・エンリケ監督が率いるスペイン代表は、15日に行われるUEFAネーションズリーグでクロアチア代表と対戦。18日に国際親善試合として、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表と対戦する。その代表戦に向けては、ルイス・エンリケ監督との不仲説が取り巻くDFジョルディ・アルバ(バルセロナ)が初のメンバー入りを果たした。

▽これを受け、『マルカ』は今回の落選組をピックアップ。「非常に強力なイレブン」と評して、招集外の主な11名によるベストイレブンを発表した。

◆スペイン代表の落選組イレブン
GK
イケル・カシージャス(ポルト/ポルトガル)

DF
アルバロ・オドリオソラ(レアル・マドリー)
ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリー)
マルク・バルトラ(ベティス)
マルコス・アロンソ(チェルシー/イングランド)

MF
パブロ・サラビア(セビージャ)
セルヒオ・カナレス(ベティス)
セスク・ファブレガス(チェルシー/イングランド)
フアン・マタ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)

FW
パコ・アルカセル(ドルトムント/ドイツ)
ボルハ・イグレシアス(エスパニョール)

コメント

関連ニュース

thumb

惜敗のスペイン、L・エンリケ監督「敗戦に値しない。クロアチアに少し運があった」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督は、クロアチア戦の敗戦について語っている。<br><br>UEFAネーションズリーグでAリーグのグループ4に属するスペインは、15日の最終戦でクロアチアと対戦。前回対戦では6-0と大勝していたが、この試合では常に先手を取られる展開に。2度リードを奪われるも同点に追いついてきたが、後半アディショナルタイムに失点して万事休す。2-3で敗れている。<br><br>試合後、エンリケ監督は「相手に運があった」と嘆いている。<br><br>「後半の内容は勝つために十分だった。だが、クロアチアはカウンターで我々をうまく捕まえていたね。それでも、まだこの難しいグループから外れたわけではない」<br><br>「後半は大きく改善した。スペインは敗戦に値しないだろう。両チームが最後まで勝利のために必死にプレーしたが、クロアチアには少しばかり運があった」<br><br>グループ4試合を終え、勝ち点6で首位に立つスペイン。リーグB降格の可能性はないが、同4で並ぶイングランドとクロアチアの結果次第では、決勝トーナメント進出の可能性がなくなる。<br><br>提供:goal.com 2018.11.16 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスがスペイン代表を負傷離脱…レアル・マドリーにもダメージ

▽スペインサッカー連盟(RFEF)は16日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの代表離脱を発表した。 ▽セルヒオ・ラモスは、15日にザグレブで行われたUEFAネーションズリーグのクロアチア代表戦(2-3でスペイン代表が敗戦)にフル出場。だが、この試合でそけい部を痛めたため、18日にラス・パルマスで行われる国際親善試合のボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦を前にスペイン代表から離れるという。 ▽現時点で負傷程度は不明。症状が悪ければ、DFラファエル・ヴァラン、DFダニエル・カルバハル、DFマルセロ、DFヘスス・バジェホ、DFレギロンといった多数の守備陣を負傷で欠くレアル・マドリーにまた1つ悩みの種が増えることになりそうだ。 2018.11.16 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

伏兵イェドバイの2発などでクロアチアがスペインに劇的勝利! 準決勝進出の望みをつなぐ《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4、クロアチア代表vsスペイン代表が15日に行われ、3-2でクロアチアが勝利した。 ▽先月行われたUNL2戦目のイングランド代表戦を0-0と引き分けた最下位クロアチア(勝ち点1)は、リーグBへの降格が迫る中、モドリッチやラキティッチ、ブロゾビッチといった主力を先発で起用した。 ▽一方、先月行われたUNL3戦目のイングランド代表戦を2-3と敗れた首位スペイン(勝ち点6)は、この試合を勝利すれば準決勝進出となる中、セルヒオ・ラモスやブスケッツ、ルイス・エンリケ体制初招集となったジョルディ・アルバらが先発となった。 ▽[4-3-3]を採用したクロアチアはGKにロヴレン・カリニッチ、4バックに右からヴルサリコ、ロブレン、ヴィダ、イェドバイ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにモドリッチとラキティッチ、3トップに右からクラマリッチ、レビッチ、ペリシッチと並べた。 ▽一方のスペインも[4-3-3]を採用。GKにデ・ヘア、4バックに右からセルジ・ロベルト、セルヒオ・ラモス、イニゴ・マルティネス、ジョルディ・アルバ、中盤アンカーにブスケッツ、インサイドにサウールとダニ・セバージョス、3トップに右からロドリゴ、アスパス、イスコと並べた。 ▽スペインがボールを持つ展開となった一戦は6分、まずはクロアチアがゴールに迫る。ロングフィードに抜け出したペリシッチがボックス左から左ポスト直撃のシュートを浴びせた。 ▽その後は自陣に引くクロアチアに対し、スペインがポゼッションする展開となるも、互いにシュートシーンは生み出せず、時間だけが経過していく。そんな中、前半終盤の45分、モドリッチのミスパスをカットしたイスコがボックス手前中央からミドルシュート。強烈だったが、GKカリニッチにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、54分にクロアチアが先制する。セルジ・ロベルトのミスパスをペリシッチがカットすると、ボックス左でルーズボールを拾ったクラマリッチがGKとの一対一を制した。 ▽しかし56分、スペインがすかさず追いつく。アスパスのスルーパスをボックス左で受けたイスコの折り返しをダニ・セバージョスが押し込んだ。 ▽61分にロドリゴに代えてアセンシオを投入したスペインはその直後、右クロスのルーズボールをゴールエリア右のアスパスがプッシュ。しかしバーを掠めて枠を外れた。 ▽劣勢のクロアチアはラキティッチに代えてヴラシッチを投入。すると直後の左CKから勝ち越した。69分、ショートコーナーを使ってモドリッチが右足で上げたクロスをファーサイドのイェドバイが頭で押し込んだ。 ▽さらに72分、レビッチがディフェンスライン裏を取って独走。3点目のチャンスだったが、GKとの一対一をデ・ヘアのビッグセーブに阻まれてしまう。 ▽1点を追うスペインはサウールに代えてスソを投入。75分にはそのスソのスルーパスを受けたセルジ・ロベルトのシュートがGKカリニッチを強襲。ルーズボールをゴールエリア左のモラタがヘッドで押し込みにかかるも、ゴールライン前のDFにブロックされた。 ▽それでも直後、ジョルディ・アルバのクロスがボックス内のヴルサリコのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをセルヒオ・ラモスがゴール左に決めて再び試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけてもオープンな展開が続く中、追加タイム3分にドラマが待っていた。ボックス左からブレカロの放ったシュートがGKデ・ヘアを強襲すると、ルーズボールをボックス右のイェドバイが詰めた。伏兵イェドバイの2ゴールでクロアチアが劇的勝利を飾り、初白星としてリーグA首位に望みを繋いだ。 ▽一方、2連敗となったスペインは、最終戦でイングランドvsクロアチアが引き分けに終わらなければ準決勝進出は果たせない状況となった。 2018.11.16 06:48 Fri
twitterfacebook
thumb

国際プロ選手会が欧州スーパーリーグ構想に反対「スモールクラブが存続危機に」

▽国際プロサッカー選手会(FIFPro)が、欧州スーパーリーグ構想を巡り警告を発している。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽今月、暴露サイト『フットボール・リークス』のリークを基にドイツ『シュピーゲル』が進行中であることを伝えた、欧州スーパーリーグ構想。レアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルンなど、主要リーグのエリートクラブを中心とした16クラブが、2021年からの実現で合意に至ったことが報じられていた。 ▽もし現実のものとなれば、チャンピオンズリーグ(CL)が大会として成り立たなくなり、各国リーグも沈没するといったデメリットが危惧される一方で、主要クラブに莫大な利益が集まり、新たなメガコンテンツになることが予想されるなど、確実にサッカー界全体を揺るがす構想だ。 ▽これに関して、危機感を訴える立場である国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は、「欧州スーパーリーグに参加した選手をワールドカップ(W杯)など国別代表から締め出す可能性がある」とけん制。構想そのものを排除したい意思を明確に示した。 ▽また、各国のプロサッカー選手を保護する立場にあるFIFProも、「トップクラブや各コンペティションは業界全体に責任を負っていることを認識すべき」、「スモールクラブやリーグが経済的な存続危機に瀕しており、各コンペティションの競争力も薄れつつある。数百万人のファンや数千人の選手たちに影響を与える、サッカー界の存続にとっても重大な問題だ」と反対意思を表明した。 ▽その一方で、インファンティーノ会長の主張に対しては、「それでも、私たちは選手たちが母国を代表することが出来るよう、権利を守る」と、「待った」をかけている。 2018.11.14 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスに過激批判集まる…「殺戮者、チンピラ、刑務所に入れろ」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、過激な批判を受けている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽セルヒオ・ラモスは、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節ビクトリア・プルゼニ戦に先発出場。負傷者が続出しているディフェンスラインでリーダーシップを発揮し、5-0での快勝に貢献した。 ▽しかし、その試合では17分にセルヒオ・ラモスと競り合ったプルゼニFWミラン・ハヴェルが大量に出血。セルヒオ・ラモスの肘が顔面に直撃する様子がカメラに収められており、物議を醸している。 ▽『マルカ』によると、メキシコのTVやアルゼンチンのタブロイド紙といったメディアに加え、元イングランド代表FWクリス・サットン氏がかなり過激にセルヒオ・ラモスを批判。「殺戮者」、「刑務所に入れろ」、「チンピラ」といった表現で非難されている。 ▽セルヒオ・ラモスは、昨シーズンにCL決勝でリバプールと戦った際にも、相手エースFWモハメド・サラーと交錯。サラーは負傷交代を強いられた。セルヒオ・ラモスはその時も今回も「意図的でない」と主張しているが、付いてしまった悪いイメージを拭うには相応の期間を要しそうだ。 2018.11.10 18:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース