エメリ采配的中のアーセナルがレスターに逆転勝利で公式戦10連勝!《プレミアリーグ》2018.10.23 05:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第9節のアーセナルvsレスター・シティが22日に行われ、3-1でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は75分からプレーしている。▽公式戦9連勝中のアーセナルは、前節のフルアム戦からスタメンを2人変更。ウェルベックとモンレアルに代えてエジルとプレミアリーグ初スタメンのリヒトシュタイナーが先発に名を連ねた。

▽一方、前節のエバートン戦で惜敗しリーグ3連勝を逃したレスターは、その試合から出場停止のモーガンに代えてエバンスをスタメンで起用した。

▽試合開始早々、レスターが最初のチャンスを迎える。2分、エンディディのロングスルーパスに反応したイヘアナチョがボックス右から侵入。カットインからシュートを放ったが、これはホールディングのブロックに当たり枠を外れる。さらに6分にも、ペナルティアーク右でボールをうけたイヘアナチョが反転からシュートを狙ったが、これはGKレノの好セーブに防がれた。

▽反撃に出たいアーセナルだが、再び決定機を迎えたのはレスター。20分、バイタルエリア右でFKをかくとくするとマディソンがクロスを供給。これをファーサイドでフリーのマグワイアがヘディングで合わせたが、再びGKレノの好セーブに阻まれた。

▽すると31分、遂に試合が動く。レスターは中盤でのパスカットから中央でボールを受けたエンディディが左サイドのスペースへパスを供給。これをオーバーラップしたチルウェルがそのままボックス左まで持ち上がると、クロスがブロックに入ったベジェリンに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したアーセナルは、徐々にレスターゴールに迫る回数が増える。すると45分、ドリブルで持ち上がったエジルのパスをボックス右横で受けたトレイラがダイレクトクロス。これを再びゴール前で受けたエジルが左足でゴール左隅に流し込んだ。

▽迎えた後半も際にチャンスを作ったのはレスター。58分、マディソンの右CKをエンディディが頭で合わせたが、このボールはクロスバーを直撃した。

▽ピンチを凌いだアーセナルは、61分にムヒタリアンとリヒトシュタイナーを下げてオーバメヤンとグエンドウジを投入。すると63分、エジルのスルーパスをボックス右深くまでオーバーラップしたベジェリンが折り返すと、これをオーバメヤンが流し込み、勝ち越しに成功した。

▽さらにアーセナルは、66分にも右サイド持ち上がったベジェリンの横パスをペナルティアーク内のラカゼットがワンタッチでゴール前へ送ると、抜け出したエジルが飛び出したGKを引き付けてパス。最後はオーバメヤンが無人のゴールにボールを流し込んだ。

▽リードを広げられたレスターは、75分にマディソンを下げて岡崎を投入。しかし、その後も試合の主導権を握るアーセナルに防戦一方の展開となり、岡崎はノーチャンスで試合終了のホイッスル。

▽途中投入のオーバメヤンが2ゴールを挙げるなどエメリ采配的中のアーセナルが、逆転勝利で公式戦10連勝を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーレジェンド・チェフ、引退後はスタンフォード・ブリッジ帰還か

アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフは、引退後はチェルシーに戻るのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 先日15日に、今シーズン限りで現役から身を引くことを発表したチェフ。今年でプロ20年目という節目での決断に、かつてチェルシーで師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ氏は「フットボール界の大きな損失」と表現した。 そのチェルシーでは、2004年にスタッド・レンヌから加入し2015年までプレー。公式戦出場は494試合を数え、チャンピオンズリーグ(CL)1度、プレミアリーグ4度を含む15度の戴冠を経験。個人としても、欧州最優秀GK賞を4度、プレミアリーグ・ゴールデングローブを4度獲得している。 そしてブルーズは、クラブのレジェンドを迎え入れる準備をしているようだ。アンバサダーやGKコーチなどのポジションを用意しており、チェフ自身もすでに将来的な監督業を見据えて、ライセンス取得に取り掛かっているという。 2019.01.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル退団目前のミスリンタート氏、原因はクラブとの軋轢か

イギリス『メトロ』は、アーセナルでリクルート部門のチーフを務めるスヴェン・ミスリンタート氏の退団は、クラブとの軋轢にあると報じている。 2017年11月にアーセナルのリクルート部門チーフに就任したミスリンタート氏。以前はドルトムントで10年間スカウトを任せられ、MF香川真司やFWロベルト・レヴァンドフスキ、DFマッツ・フンメルスらを含む多くの有能な若手を発掘し、ドルトムントの黄金期を作り上げた。 その卓越した先見力から、“ダイアモンド・アイ”と呼ばれ、一昨年に就任したアーセナルでも、MFルーカス・トレイラやMFマッテオ・グエンドウジ、さらにはドルトムントのツテを使って、FWピエール=エメリク・オーバメヤンや、DFソクラティス・パパスタソブーロスの獲得を成功させた。 ドイツ人敏腕スカウトはアーセナルでも順調にその能力を発揮していたかのように見られていたが、昨年9月に、イヴァン・ガジディス元最高経営責任者(CEO)がミランに移籍したことをきっかけに状況が一変。ミスリンタート氏と同じように、リクルート部門で腕を奮っていたラウール・サンレヒ氏が、フットボールに関する全権を握るようになったことで、方針の異なる両者の間に不和が生じ始めたという。 自身のヨーロッパ中に張り巡らされた選手や代理人とのコネクションを使って移籍を成功させるやり方を信条としているミスリンタート氏に対し、サンレヒ氏は統計やデータ、戦略に基づく、いわゆる“マネーボール”的なアプローチを好んでいるようだ。 ミスリンタート氏はまた、アーセナルが直面している財政難にも懸念を持っているという。クラブは今冬に、バルセロナからMFデニス・スアレス、バイエルンからMFハメス・ロドリゲスをレンタルで獲得しようとしているようだ。 アーセナル退団が目前に迫っているミスリンタート氏には、バイエルンが触手を伸ばしているという。 2019.01.16 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か

アーセナルが、バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。<br><br>ハメスは2017年の夏にレアル・マドリーから買い取りオプション付きの2年間レンタルでバイエルン入り。しかし、ニコ・コバチ監督が新たに就任した今シーズンは、負傷の影響もあってリーグ戦の先発出場が5試合にとどまっている。<br><br>そのハメス・ロドリゲスをアーセナルが注視しているようだ。アーセナルでは、チームを指揮するウナイ・エメリ監督がMFメスト・エジルを重要な戦力と考えておらず、直近のウェスト・ハム戦など、今季メンバー外とする試合もある状況だ。その代わりの選手として、ハメスに興味を持っているという。<br><br>報道によれば、バイエルンは&ldquo;レンタル料&rdquo;としてアーセナルに300万ポンド(約4億2000万円)を求めており、同クラブがこの料金を支払えば放出を認める意向だという。<br><br>なおバイエルンは、レアル・マドリーに対して1300万ユーロ(約16億1000万円)のレンタル料金を支払っており、今季終了時に4200万ユーロ(約52億円)を支払うことで完全移籍させるオプションを有していると伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 15:47 Wed
twitterfacebook
thumb

敏腕スカウトのミスリンタート氏がアーセナル退団へ…オーバやパパスタソプーロス獲得に尽力

アーセナルでリクルート部門のチーフを務めるスヴェン・ミスリンタート氏が退団に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 母国のドイツでは"ダイアモンド・アイ"と呼ばれるほど、若手発掘に定評のあるミスリンタート氏。ドルトムントで10年間スカウティングを務めていた頃は、FWロベルト・レヴァンドフスキやFWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWウスマーヌ・デンベレ、DFマッツ・フンメルスなど、その後にチームの中心選手として活躍を残すことになる有望な若手を先見の明で探し当てた。MF香川真司をドルトムントに連れて来たのもこの男だった。 アーセナルは2017年11月に、スカウトとしては異例の移籍金200万ユーロを払って同氏を引き抜き、そのツテを使ってオーバメヤンやムヒタリアン、DFソクラティス・パパスタソプーロスを獲得。オーバメヤンはリーグ戦はここまでで14ゴールを挙げ、得点ランクトップに位置している。 ミスリンタート氏は、アーセナルではここ数カ月、クラブのビジネス、フットボール、契約、データを管理するエグゼクティブチームの役員も任されており、同クラブで大きな影響力を持っていた。 2019.01.16 15:43 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルGKチェフが引退を表明「目標としていたものを全て獲得した」

アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフ(36)は15日、今シーズン限りでの引退を表明した。自身ツイッターアカウント(@PetrCech)を通じて発表している。 今シーズンもアーセナルでの公式戦12試合に出場しているチェフは、今年でプロ20年目。通算では、プレミアリーグ443試合に出場している。また、アーセナル以前の2004年から2015年にかけて所属していたチェルシーでは、チャンピオンズリーグ(CL)1度、プレミア4度を含む15度の戴冠を経験。個人としても、欧州最優秀GK賞を4度、プレミアリーグ・ゴールデングローブを4度獲得している。 また、チェコ代表としても同国史上最多の124試合に出場。ユーロ2004でのベスト4進出など多くの歓喜を味わった。また、ゴールキーパーながら7度のチェコ最優秀選手賞を受賞している。 チェフは15日、自身のツイッターを更新。以下のメッセージを掲載している。 「今シーズンが僕のプロフェッショナルプレーヤーとしての20シーズン目だ。そして最初にプロとして契約を結んでから20年目になる。今シーズン限りでの引退を発表するには適切な時だと感じたんだ」 「プレミアリーグでの15年間のプレーを通して、可能な個人賞を全て獲得して、目標としていたものを全て獲得したように感じる」 「今シーズンにももう1つトロフィーを獲得できるよう、僕はアーセナルでハードワークを続ける。それから、ピッチの外での人生を送るのを楽しみにしているんだ」 2019.01.15 20:50 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース