超ワールドサッカー

エメリ采配的中のアーセナルがレスターに逆転勝利で公式戦10連勝!《プレミアリーグ》2018.10.23 05:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第9節のアーセナルvsレスター・シティが22日に行われ、3-1でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は75分からプレーしている。▽公式戦9連勝中のアーセナルは、前節のフルアム戦からスタメンを2人変更。ウェルベックとモンレアルに代えてエジルとプレミアリーグ初スタメンのリヒトシュタイナーが先発に名を連ねた。

▽一方、前節のエバートン戦で惜敗しリーグ3連勝を逃したレスターは、その試合から出場停止のモーガンに代えてエバンスをスタメンで起用した。

▽試合開始早々、レスターが最初のチャンスを迎える。2分、エンディディのロングスルーパスに反応したイヘアナチョがボックス右から侵入。カットインからシュートを放ったが、これはホールディングのブロックに当たり枠を外れる。さらに6分にも、ペナルティアーク右でボールをうけたイヘアナチョが反転からシュートを狙ったが、これはGKレノの好セーブに防がれた。

▽反撃に出たいアーセナルだが、再び決定機を迎えたのはレスター。20分、バイタルエリア右でFKをかくとくするとマディソンがクロスを供給。これをファーサイドでフリーのマグワイアがヘディングで合わせたが、再びGKレノの好セーブに阻まれた。

▽すると31分、遂に試合が動く。レスターは中盤でのパスカットから中央でボールを受けたエンディディが左サイドのスペースへパスを供給。これをオーバーラップしたチルウェルがそのままボックス左まで持ち上がると、クロスがブロックに入ったベジェリンに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したアーセナルは、徐々にレスターゴールに迫る回数が増える。すると45分、ドリブルで持ち上がったエジルのパスをボックス右横で受けたトレイラがダイレクトクロス。これを再びゴール前で受けたエジルが左足でゴール左隅に流し込んだ。

▽迎えた後半も際にチャンスを作ったのはレスター。58分、マディソンの右CKをエンディディが頭で合わせたが、このボールはクロスバーを直撃した。

▽ピンチを凌いだアーセナルは、61分にムヒタリアンとリヒトシュタイナーを下げてオーバメヤンとグエンドウジを投入。すると63分、エジルのスルーパスをボックス右深くまでオーバーラップしたベジェリンが折り返すと、これをオーバメヤンが流し込み、勝ち越しに成功した。

▽さらにアーセナルは、66分にも右サイド持ち上がったベジェリンの横パスをペナルティアーク内のラカゼットがワンタッチでゴール前へ送ると、抜け出したエジルが飛び出したGKを引き付けてパス。最後はオーバメヤンが無人のゴールにボールを流し込んだ。

▽リードを広げられたレスターは、75分にマディソンを下げて岡崎を投入。しかし、その後も試合の主導権を握るアーセナルに防戦一方の展開となり、岡崎はノーチャンスで試合終了のホイッスル。

▽途中投入のオーバメヤンが2ゴールを挙げるなどエメリ采配的中のアーセナルが、逆転勝利で公式戦10連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンがラムジー獲得を“確信”か

▽イギリス『インデペンデント』は、アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)のバイエルン移籍を報じた。 ▽アーセナルとの契約が今シーズンで最終年のラムジー。先日に延長交渉の決裂が明らかになり、今後の去就により注目が集まっている。現在、リバプールやチェルシーのほか、イタリア方面の関心が取り沙汰されているが、現時点の行き先はドイツの様相だ。 ▽その有力な移籍先として名前が挙がるのがバイエルンだ。既に話し合いの中で長期契約での来夏加入でまとまり、バイエルンも争奪戦勝利の確信を深めているという。 ▽ラムジーは2008年夏からアーセナルでプレー。公式戦通算347試合60得点61アシストを誇り、ウナイ・エメリ体制発足の今シーズンもここまで16試合1得点4アシストをマークしている。 2018.11.16 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

週給1億4000万円よりもアーセナル…エジル、アジアからの巨額オファーを拒否していた

▽アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)の代理人が、同選手にアジアからの巨額オファーがあったことを明かした。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽昨シーズン終了後にアーセナルとの契約満了を迎える予定だったエジル。当時マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェスと共に移籍の噂が絶えず伝えられていたが、今年2月に2021年6月まで契約を延長した。なお、これによりクラブ史上最高給の週給35万ポンド(約5460万円)に改善されたことが伝えられている。 ▽そんなエジルだが、去就に揺れていた当時アジアのクラブから週給100万ポンド(約1億4000万円)の“クレイジーオファー”を受け取っていたという。しかし、それを断った上でアーセナルとの契約延長を選んだようだ。同選手の代理人が明かした。 「我々にはアジアからいくつかのとても大きなオファーがあった。狂ったようなオファーもね。ただ、メスト(・エジル)にとってお金は重要な要素ではなかったんだ」 「お金は確かに考える上で重要な一つの要素さ。ただ、人々はフットボール選手としての能力が契約交渉において、ひとつの側面にすぎないことを覚えてなくてはならない。フットボール選手の商業的インパクトは、現代では重要なものだ」 2018.11.14 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

重傷のウェルベック、2度目のオペが無事成功…復帰時期未定

▽アーセナルは12日、重傷を負ったイングランド代表FWダニー・ウェルベックの最新情報を公表した。 ▽ウェルベックは、8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節のスポルティング・リスボン戦で右足首を痛め、30分に交代。その後、ウナイ・エメリ監督の口から重傷であることや、9日に手術を受けたことが明らかになった。 ▽そして、アーセナルが発表したところによれば、ウェルベックは2度目の手術を受けて無事成功。現時点で離脱期間こそ定まっていないものの、早期復帰を目指してリハビリに励んでいくという。 ▽27歳のウェルベックは2014年夏、マンチェスター・ユナイテッドから加入。今シーズンはここまで公式戦14試合5得点をマークしている。 2018.11.13 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

支配率71%も…引き分けのアーセナル、エメリ監督「リスクを犯したが…」

アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督が、11日に行われたウォルバーハンプトン戦後のインタビューに答えた。<br><br>アーセナルは11日、プレミアリーグ第12節でウォルバーハンプトンとホームで対戦した。試合開始早々にウォルバーハンプトンのFWイバン・カバレイロに先制点を奪われて序盤から苦しい展開となる。圧倒的にボールを支配するアーセナルだが、決め手を欠いて得点を奪うことができない。試合終盤にヘンリク・ムヒタリアンが同点弾を叩き込み1-1にするも、追加点を奪うことはできなかった。ボール支配率71%を記録しながらも、勝ち点は1にとどまることとなった。<br><br>昇格組に手を焼く展開となったアーセナル指揮官のエメリは試合後のインタビューで勝ち点2を取り逃したことを悔やんだ。<br><br>「スロースタートは我々の修正すべきポイントだ。自然と改善されていくとは思うがね。同点ゴールの前にもいくつかチャンスはあった。勝つための道を探し続けていったが、今回は引き分けに終わってしまった。最後の10分はリスクも犯した。勝ちにいくことを考えたんだ。リスクをとって勝ちに行った試合だったよ。我々にも相手にもチャンスはあった」<br><br>プレミアリーグは12試合を消化して、首位マンチェスター・シティから3位チェルシーまでがいまだに負けなしとハイレベルな戦いを繰り広げている。アーセナルは首位と8ポイント差の5位。次節は25日、6位ボーンマスとアウェイで対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.12 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェルベック、今季アウトか…9日に手術

▽アーセナルに所属するイングランド代表FWダニー・ウェルベックに今シーズン終了の可能性が浮上した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ウェルベックは、8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節のスポルティング・リスボン戦に先発。だが、右足首を痛め、30分にピッチを退いた。 ▽アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、ケガの程度に注目が集まるウェルベックについて次のようにコメントした。 「重傷だ。彼は9日に手術を受けた」 「(今シーズン中の復帰?) 医者の方が私より答えてくれるよ」 ▽27歳のウェルベックは2014年夏、マンチェスター・ユナイテッドから加入。今シーズンはここまで公式戦14試合5得点をマークしている。 2018.11.12 14:05 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース