FFP違反でルビン・カザンがUEFA主催大会に2季出場禁止2018.10.18 19:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、ロシア・プレミアリーグに所属するルビン・カザンに対し、今後2シーズンの間、同連盟主催のクラブコンペティションへの参加を禁止することを発表した。▽UEFAによれば、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に規則に違反したルビン・カザンと同連盟は、当初和解協定を結んでいたものの、クラブ側がこの協定を破棄。UEFAはあらたに調査に乗り出していた。

▽すると改めて、ルビン・カザンがFFPに違反していたことが判明。この度上記のような罰則が下った。

▽現在のレギュレーションでは、UEFAランク6位のロシア・プレミアリーグは、優勝クラブと2位のクラブがチャンピオンズリーグ(CL)本戦にストレートインする資格を得ることができ、3位のチームは予備戦3回戦からのスタートとなる。また、4位と5位はそれぞれヨーロッパリーグ(EL)の予備戦3回戦と2回戦から出場。さらに、国内カップ優勝クラブはEL本戦にストレートインできるものとなっている。

▽1958年創設のルビン・カザンはこれまでに2008年と2009年シーズンにリーグ優勝を果たしている。2012年にはロシア・カップも制覇し、近年力を付けてきたクラブだ。それまでロシア・プレミアリーグはJリーグと同じように3月~11月にかけてリーグが行われていたが、2012年からはほかのヨーロッパのリーグに合わせて8月~5月に行われるようになった。なお、今季はここまで第10節を終えた時点で5位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

CASがPSGの訴えを認める…FFP違反の再調査問題はUEFAの不手際で無効か

FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)違反問題で再調査を受けていたパリ・サンジェルマン(PSG)だったが、どうやらその調査を免れることができるようだ。イギリス『BBC』が報じた。 報道によると、UEFA(欧州サッカー連盟)がPSGのFFP違反に対して再調査を行うと通達。これに対し、PSG側は再調査が不当であるとスポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えていた。 PSGは2017年の夏の移籍市場で、バルセロナからブラジル代表FWネイマールを2億2200万ユーロ(当時約287億6000万円)で、モナコからフランス代表FWキリアン・ムバッペを1億8000万ユーロ(当時約233億1900万円)で獲得し、多額の出費があった。 この件で、UEFAがFFPに関する調査を進めたものの、2018年6月にUEFAの調査が終了し、PSGには問題がないと決着。しかし、9月になって再調査をスタートさせるとしていた。 CASは、PSGの訴えに対し再調査が行われるべきではないと結論。理由は、UEFAが再調査の申請を出すまでの期間にあり、最初の決定から10日の期限を超えていたとし、再調査が無効であるとしている。 PSGは2014年、FFP違反により罰金6000万ユーロ(当時約83億4000万円)とチャンピオンズリーグの出場選手枠を削減される処分を受けていたが、今回はUEFAの不手際をCASが認めたこととなり、事態は収束に向かうと見られている。 2019.03.20 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

8強集結 プレミア勢生還、ブンデス全滅、リーガ勢からバルサのみ《CL》

チャンピオンズリーグのベスト8進出チームが出揃った。 逆転突破が頻発した今ベスト16。トッテナムやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リバプールのイングランド勢が2008-09シーズン以来の全チーム勝ち上がりを成し遂げた。 その一方で、バイエルンやドルトムント、シャルケのドイツ勢がそれぞれイングランドチームを相手に敗退。2005-06シーズン以来13年ぶりにベスト8の舞台からドイツ勢が姿を消した。 また、進出したスペイン勢はバルセロナのみ。ベスト8に1チームしかいない状況は9年ぶりで、レアルとアトレティコのマドリー勢はともに2ndレグで逆転突破を許して16強で力尽きた。 そのほか、ポルトとアヤックスが準々決勝へ。準々決勝の組み合わせ抽選会は15日にスイスのニヨンで行われる。 ◆チャンピオンズリーグ準々決勝進出チーム アヤックス(オランダ) トッテナム(イングランド) ポルト(ポルトガル) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ユベントス(イタリア) マンチェスター・シティ(イングランド) リバプール(イングランド) バルセロナ(スペイン) 2019.03.14 08:20 Thu
twitterfacebook
thumb

CL、ELでサラへの黙祷を実施…UEFA会長「とても悲しんでいる」

欧州サッカー連盟(UEFA)は12日、1月21日に起こった飛行機事故で命を落としたエミリアーノ・サラを偲んで、今週のUEFAのコンペティションで1分間の黙祷を実施することを発表した。 サラは、今冬ナントからカーディフへと完全移籍。契約書にサインをし、一旦ナントへと帰還。チームに合流するためにカーディフへと渡ったが、その道中に飛行機が墜落。懸命の捜索も虚しく、2月7日にサラの遺体が発見され、死亡が確認された。28歳だった。 UEFAのアレクサンダー・チェフェリン会長はサラについて「UEFAの全員を代表し、家族とエミリアーノ・サラを愛する人たちに心からの哀悼の意を表します」とコメント。「私は、彼の人生が若くして残酷にも奪われたことをとても悲しんでおり、今後数日間にわたって彼の思い出に敬意を払うよう、大陸全体のサポーターに訴えます」と語った。 今週開催されるチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグでは、サラへの黙祷を実施。また、黒い腕章を付けることも可能となっている。 2019.02.12 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

CLが2021年から週末開催に? スーパーリーグ構想に対抗か

チャンピオンズリーグ(CL)の週末開催案が議論されている。スペイン『マルカ』が報じた。 『マルカ』によると、7日に行われたミーティングの中で、欧州サッカー連盟(UEFA)と欧州クラブ協会(ECA)が2021年からのCL週末開催移行案を協議。現行のミッドウィーク開催と比較して、スポーツ面、商業面の両面で発展をもたらすとして、ここ数年間に渡り議論されてきた案だ。なお、2021年というのは現在の各国TV局との放映契約が切れるタイミングであり、それまでに何らかの変更が行われる可能性は排除されている。 そして、UEFAとECAは2024年まで協力関係を築くことで合意。CL、ヨーロッパリーグ(EL)の両方で表面的及び構造的な改革を検討してくことになる。今回の案に関しては、現時点で支持するチームもあるが、全てのクラブが賛同しているわけではなく、これからの協議の中で溝を埋めていくことになりそうだ。 実際のところ、CLの週末開催案は欧州スーパーリーグ構想に反する立場としても高まりを見せている。UEFAのアレクサンダー・チェフェリン会長もミーティングの中で「欧州スーパーリーグはないだろう」と発言しており、CLの価値を守ることを強く意識した姿勢を示した。 2019.02.08 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFAがCL、ELに続いて第3の大会を開催へ…2021年が目処か

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は、新たなクラブの大会を開催する考えがあるようだ。欧州クラブ協会(ECA)のアンドレア・アニェッリ会長が明かした。 ▽現在は、世界最高峰の戦いとされるチャンピオンズリーグ、そしてヨーロッパリーグを開催しているUEFA。それに次ぐ第3の大会を検討しているようだ。 ▽ECAのアンドレア・アニェッリ会長は、「グリーンライトが与えられた」とコメント。詳細については述べていないものの、「現在のモデルは近代化を必要としている」と語り、「2021-22シーズンにはクラブ総数で96になるだろう」と構想を明かした。 ▽現在は、チャンピオンズリーグの本戦に32クラブ、ヨーロッパリーグの本戦に48クラブが参加。ここに16クラブが加わることで、96クラブがヨーロッパの大会に参加することとなる。 2018.09.11 19:10 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース