超ワールドサッカー

グアルディオラ、将来的なイタリア行きに関心?2018.10.15 21:57 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が将来的なイタリア行きに関心を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。

▽古巣バルセロナで監督キャリアをスタートして以降、これまでバイエルン、シティと国外のビッグクラブを率いてきたグアルディオラ監督。シティとの現行契約は2021年までとなっているが、新天地は現役時代にプレーした経験を持つイタリアなのかもしれない。

▽先週末にイタリアで行われた『フェスティバル・デッロ・スポルト』というイベントに出席したアルディオラ監督は同会場で行われた囲み取材の中でイタリア行きに含みを見せた。

「私にイタリア行きの可能性はないって? なぜそう思うんだ。私がバルセロナを指揮した後、誰がドイツのミュンヘンに行くと想像できただろう」

「ドイツ語の取得という難しい挑戦を経て、今ではすべてが可能だ。これまでスペイン、ドイツ、イングランドで指揮を執ってきた。その中でなぜイタリアでは監督することができないんだ? 自分の将来に関してはまだわからないが、少なくともここの食べ物をすごく気に入っている」

▽また、グアルディオラ監督は現役時代にプレーしたブレシアとローマでの充実した日々が今でもイタリアをホームのように感じさせていると語っている。

「私はイタリアを心から愛しているし、チャンスがあれば頻繁にこの国を訪れている。ここにはたくさんの友人がいるし、カタルーニャ人やスペイン人はここの人々とすごく似ているんだ。そこには素晴らしい生活、太陽の光があり、私たちはそういったものを愛しているんだ」

▽街の雰囲気やチームの志向するプレースタイルを考えれば、古巣ローマあたりが最適な新天地と思われるが、グアルディオラ監督がセリエAを舞台に指揮を執る姿は将来見られるのか。

コメント

関連ニュース

thumb

メンディ、左ヒザ負傷で手術…復帰は早くても来年か

▽マンチェスター・シティは14日、フランス代表DFバンジャマン・メンディが、同日左ヒザを手術したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、メンディはバルセロナのクガート医師の診察を受けた結果、手術が必要であることが判明し、今回の手術に至ったとのこと。また、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、半月板損傷のようで、最低でも今年いっぱいは戦列を離れることになるようだ。 ▽2017年7月にモナコからシティに加入したメンディ。今シーズンはここまで公式戦11試合に出場して5アシストを記録している。 2018.11.15 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョが世界最高…マラドーナ「ティキ・タカはグアルディオラのものではない」

▽元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の方が、ジョゼップ・グアルディオラ監督よりも優れていると感じているようだ。『YAHOO! SPORT』が伝えている。 ▽現在のプレミアリーグでは、グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティが首位であるのに対し、モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッドは8位に甘んじている。 ▽これまで数々のタイトルを獲得してきた名将である両者だが、マラドーナ氏はモウリーニョ監督の方が優れているという持論を展開した。 「私にとってモウがベストだ」 「私でもペップにヨハン・クライフが与えたようなアドバンテージを与えることが出来る。ティキ・タカはグアルディオラのモノではない。クライフが生み出したものだ」 「現在ペップは世界中からどんな選手でも集めることが出来る。そうなればティキ・タカは簡単になる」 「もし再び監督になるとしたら、私は多くのことを学ぶ必要がある。マンチェスターに行ってモウリーニョに色々訪ねるだろう。彼が最高の監督であることは間違いないからね」 2018.11.14 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービーの歓喜の裏で…YouTuberがシティファンによる人種差別被害に

▽マンチェスター・シティのファンによる、ダービー後の差別的発言が問題になっている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽シティは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・ユナイテッドをホームに迎え、3-1で完勝。マンチェスターの街に暮らすサッカーファンの明暗は、次のダービーが来るまでくっきりと分かれることとなった。 ▽しかし、そんな中でも喜び方を間違えてしまったシティのファンが居たようだ。オンラインプラットフォーム『チーキー・スポーツ』で活躍するYouTuberのジョエル・ボヤ氏が、試合後にスタジアム周辺でビデオ撮影を行っていたところ、あるシティのファンが登場。黒人男性である同氏に向けて、「お前のアフリカの家族に金を送ってやるよ」と、差別的発言を投げかけた。 ▽この一連の様子を捉えた動画を、ボヤ氏自身がSNS上に投稿。「完璧な人間は居ないが、美しいフットボールの試合や世間の中でこういったことは看過できない」と非難し、「この問題はクラブの適切な部門に報告させてもらう。完全な調査が行われるだろう」と、男性に対する処分を求めている。 2018.11.14 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

“ジャンケン”の代償は21日間の職務停止…コインを忘れた主審が処分

▽ジャンケンの代償は、21日間の職務停止だった。FA(イングランドサッカー協会)は、デイビッド・マクナマラ主審に対し処分を下した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽事件は10月26日に行われた、マンチェスター・シティvsレディングのFA女子スーパーリーグの一戦で起こった。 ▽試合前の恒例行事であるコイントス。エンドとボールを選択するものだが、通常は主審のコイントスで決定される。 ▽イングランド女子代表でもキャプテンを務める、シティのステフ・ホートンも参加したコイントスだったが、マクナマラ主審が失態。大事なコインを忘れてしまったのだ。 ▽困ったマクナマラ主審は、両キャプテンに「ロック、ペーパー、シザーズ」、いわゆるジャンケンを行わせた。このことが問題となった。 ▽FAのスポークスマンは「FAはデイビッド・マクナマラ主審に21日間の職務停止処分を下す。11月26日から適用される。試合の最大の利益を決める行動をしなかった事を認めたためだ」とコメント。コイントスを行えなかったことで処分が下された。 [※写真はイメージです] 2018.11.14 12:52 Wed
twitterfacebook
thumb

インスが古巣を斬る! 「まるでシティにビビっているような…」

▽マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表MFのポール・インス氏がマンチェスター・ダービーの感想を口にした。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ユナイテッドは11日、プレミアリーグ第12節でマンチェスター・シティと対戦。上位浮上のためにも負けられない一戦だったが、宿敵を相手に立ち上がりから完成度の違いを見せつけられ、1-3の敗北を喫した。 ▽ポール・インス氏は、古巣ユナイテッドを問答無用にぶった斬った。 「彼らはまるでマンチェスター・シティにビビっているようだった。それはあってはならないことだ」 「(モウリーニョの先発メンバー?) デ・ヘア以外、ワールドクラスの選手はいなかったね。マン・シティの方が良い買い物をしている」 「モウリーニョは、たただ金使いが荒いだけさ」 2018.11.13 10:45 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース