キャリック、アーセナル移籍をセスクに阻まれていたことを告白2018.10.11 16:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表MFマイケル・キャリック氏が、2004年にアーセナル移籍に迫っていたことを告白した。イギリス『メトロ』が伝えている。▽遡ること2004年、当時ウェストハムに所属していたキャリック氏は、ある日突然アーセナルからの電話が鳴り、アーセン・ヴェンゲル監督の家に招待されたという。その時のことをこう振り返っている。

「私はアーセン・ヴェンゲルの家で座っていた。身がはち切れそうだったよ。『何が起こってるんだ?! 相手はアーセナルだぞ!』ってね」

▽2004年のアーセナルと言えば、ティエリ・アンリやデニス・ベルカンプ、パトリック・ヴィエラ、ロベール・ピレスを擁し、2003-04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝を成し遂げた、通称“インビンシブルズ”として讃えられた最強のチームだった。その指揮官であるヴェンゲルと直々に話をするなど、緊張しない方が無理というもの。

「我々は1時間ほどフットボールの話をしたんだ。ヴェンゲルは週末にマンチェスター・ユナイテッドとのコミュニティ・シールドを控えていた。それなのに私に1時間も費やしてくれたんだ。彼は自分に興味があるのか? 『また会おう』ヴェンゲルはそう言って別れたんだ」

「試合の日、私は自宅でアーセナルの試合を見ていた。自分のチームになる試合をね。そこでセスク・ファブレガスというまだ17歳だった少年を見たんだ」

「ファブレガスは素晴らしい活躍を見せたけど、そこまで重要な選手になるとは思っていなかった。試合の日の夜、私は連絡を待った。待ち切れなかった」

「だが、待てど暮らせど電話は一向に来なかった。次の日、私はウェストハムの練習に行かなければならなかったから、代わりにデイビッド(代理人)が電話をしたんだ。そしたらデイビッド・デイン(当時のアーセナル副会長)からこう言われた。『すまない、監督がマイケルは必要ないと言っている。ファブレガスがいるから。本当にすまない』とね。ファブレガスはヴェンゲルの気持ちを変えてしまったんだ」

「本当に落ち込んだよ。心はすでにアーセナルにあったからね。私は気持ちの整理がつかなくなった。どうしたらいいかわからなくなっていたんだ」

▽アーセナル移籍があと一歩のところで実現しなかったキャリックはその年にアーセナルの最大のライバルであるトッテナムに加入。その2年後、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍を果たしたキャリックの活躍は言うまでもない。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーベ、CL敗退ならジズー招へいか

ジネディーヌ・ジダン氏(46)に指揮官としてユベントス復帰の可能性が飛び出した。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ジダン氏はレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、2017-18シーズンを最後に退任。長らくマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー行きの話が取り巻いているが、依然として憶測の域でしかなく、今後の動向に注目が集まっているところだ。 そのジダン氏に対して、1996〜2001年まで現役生活を過ごしたユベントスも目を光らせている様子。ユベントス首脳陣は悲願とするチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げられなかった場合、マッシミリアーノ・アッレグリ監督と袂を分かつ準備を進めているようだ。 今シーズンでアッレグリ体制5年目のユベントスは20日に敵地で行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコ・マドリーに0-2の敗戦。3月12日にホームでリターンレグを残しているが、悲願の欧州制覇どころか、ベスト8進出も難しい状況に陥っている。 その古巣の状況を“ジズー”自身も静観。レアル・マドリー時代に欧州制覇のキーマンとして共闘したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在もあり、ユベントス凱旋の機会を見守っている模様だ。 2019.02.22 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、スアレス後継者にユナイテッドの10番に関心か

バルセロナが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナ不動のセンターFWとして活躍するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今シーズンもここまで公式戦33試合で16ゴールを記録している。しかし、直近8試合では1度しかゴールネットを揺らせず。パフォーマンス低下や32歳という年齢による衰えが見え始めている。 そのため、スペイン王者は後継者獲得を目指しており、真剣にラッシュフォードに関心を寄せている模様。しかし、同選手には契約解除金が設定されておらず、ユナイテッド側が移籍金を設定することが出来るため難しい交渉となる可能性が高い。 また、ユナイテッドはラッシュフォードをチームの主軸と考えている。もしバルセロナが同選手の獲得交渉を成功させたい場合には、1億ユーロ(約125億円)以上がかかるだろうと『ムンド・デポルティボ』は推測している。 ユナイテッド下部組織出身のラッシュフォードは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。今シーズンから背番号「10」を背負い、ベルギー代表FWロメロ・ルカクとのポジション争いを制し、ここまでの公式戦32試合で10得点8アシストを記録している。 2019.02.22 14:56 Fri
twitterfacebook
thumb

クリバリ代理人「重要なステージからオファーが届いたら…」

ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の代理人が口を開いた。イギリス『メトロ』が報じた。 セリエA屈指のセンターバックとして評価を高めるクリバリ。ナポリは9000万ポンド(約129億9000万円)以上の値をつける強硬姿勢を際立たせており、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスをはじめとする有力クラブの関心を断ち切ろうとしている。 ただ、クリバリを巡ってはユナイテッド行き希望の報道も…。代理人を務めるブルーノ・サティン氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』でクリバリの去就について、「重要なステージ」からオファーが届いた場合、移籍の可能性と主張した。 「クリバリがユベントスに? 彼はナポリのクラブと街にすごく密接だ」 「だから、ユベントスに行くために彼らを裏切ることは絶対にないはずさ。でも、プロの選手であることも忘れちゃダメだ」 「選手に重要なステージでプレーするチャンスが巡ってきたら、話は聞く。彼がいくらナポリと密接な関係であってもね」 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンも鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦32試合に出場している。 2019.02.22 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォード、2025年まで契約延長か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)に長期契約延長の可能性が浮上した。イギリス『ミラー』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール暫定体制下でストライカーとして、さらなる進化を遂げたラッシュフォード。来シーズン限りで失効する契約の行方に多くの注目が集まっているが、延長間近に迫っているという。 ユナイテッドは将来を担う存在として期待を寄せるラッシュフォードに対して、新たに5年の延長オファーを提示。実現すれば、ラッシュフォードは2025年までユナイテッドでプレーすることになる。 ラッシュフォードはユナイテッド下部組織出身で、2015-16シーズンにトップチームデビュー。背番号「10」を継承した今シーズンはここまで公式戦32試合10得点8アシストを記録している。 2019.02.22 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラ「ユナイテッドファンは…最高だった」

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッド時代を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 “カリスマ”イブラヒモビッチは2016年夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からユナイテッドに加入。その当時、既に34歳の高齢だったこともあり、新天地での活躍に懐疑的な見解も少なからずあったが、加入当初に残した「ユナイテッドの神になる」発言に相応しく、初年度に公式戦46試合28得点を挙げ、ヨーロッパリーグとEFLカップ優勝に貢献した。 2018年途中にユナイテッドを退団したイブラヒモビッチは同年3月から活躍先をアメリカに。2年足らずのユナイテッド時代について問われると、次のように回想した。 「俺の挑戦だった。あの年齢でイングランドに行くことは。何年も『うまくいかない』なんて言われた場所にね。そういった意見は好きだ。それが引き金になり、俺のアドレナリンを生み出してくれるのさ。俺には新たなアンチが必要だった。3カ月後、彼ら全員が発言を撤回して、アンチ全員が俺の新しいファンになったんだ!」 「ああ、ユナイテッドファンは…最高だったね。それは俺がユナイテッドでプレーしていたからじゃない。あの場所にいたからこそ、彼らが与えてくれる感覚を知っているんだ。俺が誰かのケツを舐める必要はない。あのファンは本当にアメージングだった」 「プレミアリーグ初出場を今でも覚えている。ボーンマス戦だった。ゴールを決めた後、45分も俺の歌を歌ってくれた。俺自身、『ベストになるまで待ってくれ』という感じだったが、内心は『こいつら最高だな!』と思った」 2019.02.22 09:30 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース