キャリック氏、2年ものあいだうつ状態だったことを明かす…2018.10.10 14:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役時代にマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表MFマイケル・キャリック氏が、イギリス『タイムズ』のインタビューである期間、鬱状態だったことを明かしている。イギリス『BBC』が引用して伝えた。▽2006年に移籍したユナイテッドで、引退した昨季までプレーしたキャリック氏。いくつものタイトルを獲得し、2007-08シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝、2008年にはクラブ・ワールドカップ優勝などすべてを手にしてきたが、ある時期からうつ病にかかっていたことを明かした。

▽うつ病の引き金となったのは08-09シーズンのチャンピオンズリーグ決勝戦だった。前年度の優勝者ユナイテッドはバルセロナと対戦し0-2で敗北。あと一歩のところで当時歴史上初の大会2連覇には手が届かなかった。キャリック氏はその敗戦の責任は自分にあると責め、それから2年もの間、底知れない意欲低下に苛まれていたようだ。2010年の南アフリカ・ワールドカップの時をこう語っている。

「ワールドカップは夢だった。だけど実際のところ、私はそこに居たくなかった。すぐにでも家に帰りたかったんだ」

▽バルセロナ戦の1点目を、ボールを与えてしまった自分の責任だと背負うキャリック氏は当時のことを振り返った。

「あのゴールのあと、私は打ちのめされてしまった。自問自答したよ。『どうしてあんなことをしてしまったんだ』と。それからはずっと雪が降っていた。タフな1年だった。でもそれはまだ続いたんだ」

「前の年にチャンピオンズリーグを優勝していたんだ。だけどそんなの全く関係なかった。自分がひどく落ち込んでいるのがわかった。ああ、これが鬱なんだって思ったよ」

「1回限りのことじゃなかったから鬱だと感じたんだ。試合の後は気分が悪くなったり嫌な気持ちになることはあったけど、それは2日もあれば回復してた。だけどあの時はそうじゃなかった。妙な感じだったよ」

▽また、キャリック氏は自身がうつ病と戦っていたことを周りに隠していたようだ。

「鬱は自分の中だけにとどめておいた。家族でさえほとんど何も知らなかったんだ」

「これまでこのことについて話したことはなかったから、昔のチームメイトもこれを読んで初めて知ることになると思う。彼らも何も知らなかったからね」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、サンチェス&バレンシアがCLユベントス戦を欠場…

▽マンチェスター・ユナイテッドは22日、ホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でユベントスと対戦する。だが、この一戦を前に主力数人が欠場を余儀なくされる見込みだ。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が公式会見で明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽現在、CLグループHで2位(1勝1敗)に位置するユナイテッドは、23日にグループHで首位に立つユベントスとの首位攻防戦に臨む。 ▽だが、この重要な一戦を前にFWアレクシス・サンチェスやDFルイス・アントニオ・バレンシアら主力数人の欠場が濃厚なようだ。22日の公式会見に出席したモウリーニョ監督が以下のようにコメントしている。 「今朝の練習場で見た選手がユベントス戦に出場可能な選手だ。アレクシス(・サンチェス) は出場しない。隠すつもりもないよ」 「また、バレンシアは10日間トレーニングを行えていない。それはケガのせいではなく、口にとても難しい手術をしたためだ。10日もトレーニングから遠ざかっていたら、ベストのレベルまで戻すには、もう少し時間がかかるだろう」 ▽なお、22日のトレーニングには、イングランド代表DFフィル・ジョーンズや同代表MFジェシー・リンガード、ベルギー代表MFマルアン・フェライニ、スコットランド代表MFスコット・マクトミネイらも姿を現さず、欠場が濃厚とみられる。 2018.10.23 01:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスFWマンジュキッチ、左足の負傷でユナイテッド戦を欠場…

▽ユベントスに所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが、左足の負傷で23日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦を欠場するようだ。 ▽ユベントスの公式サイトによれば、マンジュキッチは22日に行われたトレーニング中に左足を負傷。なお、離脱期間については明かされていないものの、イタリア『Calciomercato.com』によると復帰までに2~3週間は要する見込みだ。 ▽現在、CLグループHで首位に立つユベントスは、ドイツ代表MFエムレ・ジャンや同代表MFサミ・ケディラ、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチなど、負傷者が続出している。 2018.10.23 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

本当なら気の毒…チェルシー戦騒動の被害者モウリーニョに処分の可能性

▽マンチェスター・ユナイテッドの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が20日に敵地で行われたプレミアリーグ第9節のチェルシー戦で起きた騒動により、ベンチ入り禁止処分のとばっちりを受ける可能性が浮上した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽モウリーニョ監督は、試合終了後間際に同点弾を浴びた直後、自陣のエリアまで飛び出してきたチェルシーコーチのマルコ・イアニ氏のガッツポーズを含む過剰なジェスチェーに激昂。両軍入り乱れる乱闘沙汰に発展したが、試合後にモウリーニョ監督がイアニ氏から直接謝罪を受けたことで示談に至っている。 ▽しかし、イングランドサッカー協会(FA)はこの一件に関して両者に非があるとして、イアニ氏だけでなく、モウリーニョ監督にも処分を検討。モウリーニョ監督は既に先のニューカッスル戦での暴言疑惑で24日に呼び出しを食らっており、ついでに今回の騒動についても問いただされる可能性があるという。 ▽あの一件に関して、モウリーニョ監督に非はあるのだろうか。見る者により意見に差異こそ出てくるが、FAから本当に処分が科されることになれば、いくら数々の騒動を起こしてきた前科持ちのモウリーニョ監督であっても、少なからずとも周囲から同情の声も挙がるだろう。 2018.10.22 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがスパイ探し! チェルシー戦の先発情報漏洩で

▽マンチェスター・ユナイテッドの指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督が先発メンバーの漏洩に苛まれていることが判明した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽対象となる試合は、20日に敵地で行われたプレミアリーグ第9節のチェルシー戦(2-2のドロー)。その試合当日の朝、人選者のモウリーニョ監督自らが何者かの手により、6試合先発のなかったスペイン代表MFフアン・マタを含むスターティングメンバーの情報がSNSで拡散されていることに気づいたという。 ▽そういった試合前のスタメン情報の漏洩は、9月29日に行われたプレミアリーグ第7節のウェストハム戦でも起こっており、今回で2度目。選手や一部スタッフしか知り得ない情報が世間に出回る現状に不信感を募らせたモウリーニョ監督は、漏洩の経路を解明すべく、遂に内部調査に動く模様だ。 ▽なお、先月に日本でも似た問題が起こったばかり。ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの欠場情報を試合前に流失させたとして、DF高橋峻希にクラブから1カ月の自宅謹慎処分が科されている。 2018.10.22 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

サッリ、チェルシー陣営にモウリーニョへのリスペクトを呼びかけ

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に敬意を表している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽チェルシーは20日、プレミアリーグ第9節のユナイテッド戦に臨み、2-2で引き分けた。1-2のビハインドで後半ATに突入したチェルシーだったが、イングランド代表MFロス・バークリーが劇的な同点弾を叩き込み勝ち点1を獲得。しかし、その際にチェルシーアシスタントコーチのマルコ・イアニ氏が敵陣営のエリアまで飛び出してモウリーニョ監督を挑発したことが物議を醸している。 ▽モウリーニョ監督が激昂したことで両軍入り乱れる騒動にも発展したが、試合後には当事者のイアニ氏が同監督に直接謝罪。モウリーニョ監督が水に流す姿勢を示したことで、この一件は一段落した。 ▽インタビューに応じたサッリ監督は、チェルシー側の人間がモウリーニョ監督に敬意を示すべきだと改めて語っている。 「そうだ。(ジョゼ・)モウリーニョはここで勝ってきた。だから私たち(チェルシー陣営)は彼をリスペクトする必要がある。クラブのためにトロフィーを獲得した全ての人物に対しても同様だ」 ▽モウリーニョ監督は、2004年から2007年と、2013年から2015年かけての2度に渡ってチェルシーを指揮。その間にプレミアリーグ3回、FAカップ1回、リーグカップ3回、コミュニティ・シールド1回の優勝を、チェルシーにもたらした。 2018.10.22 09:45 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース