超ワールドサッカー

バルセロナはリーガだから勝てない?ピケがCLとの違い指摘「スペインでは…」2018.10.08 13:23 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バルセロナDFジェラール・ピケは、スペインと欧州の舞台での違いについて語っている。

7日に行われたリーガエスパニョーラ第8節で、バレンシアと対戦したバルセロナ。リーグ戦で3試合勝ち星から遠ざかる中、この試合でも開始2分でCKからトーマス・ヴェルメーレン、ピケがクリアしきれなかったボールをガライに押し込まれて失点する苦しい立ち上がりに。前半のうちにリオネル・メッシが同点弾を挙げて追いついたものの、逆転ゴールは奪えず。1-1で引き分けに終わっている。

3日のチャンピオンズリーグ・トッテナム戦は4-2で勝利したものの、これでリーグ戦直近4試合は3分1敗となったバルセロナ。ピケはリーガとCLの違いについて語っている。

「トッテナムのスタイルは、ウェンブリーで僕らの助けになった。アルトゥールや僕らのMFはボールを持てたからね」

「スペインでは、僕らと対戦するすべてのチームがタイトにくる。4人ずつの2ラインを相手エリアで崩すのは困難だ。スペースを開けるためにパスを使うが、いつでもそうできるわけではないね」

リーグ戦4試合勝利なしのバルセロナは、同日に勝利したセビージャにかわされ首位陥落。代表ウィークでの中断明けには、そのセビージャと首位攻防戦を迎える。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース