シメオネの采配的中のアトレティコがコレア弾で乾不出場のベティスを撃破!《リーガエスパニョーラ》2018.10.08 01:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第8節のアトレティコ・マドリーvsベティスが7日に行われ、1-0でアトレティコが勝利した。ベティスのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽リーグ戦4試合負けのないアトレティコが、公式戦3連勝中のベティスをホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節のクラブ・ブルージュ戦を3-1で勝利したアトレティコは、その試合から先発を5人変更。ジエゴ・コスタやトーマス、ホセ・ヒメネスらに代わりフィリペ・ルイスやフアンフランに加え、カリニッチが初先発となった。

▽一方、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(CL)グループF第2節のデュドランジュ戦を完勝したベティスは、その試合から先発を8人変更。乾やウィリアム・カルバーリョ、セルヒオ・レオンらに代わりホアキンやロ・セルソ、ロレンらが先発に名を連ねた。

▽試合序盤はボールが落ち着かず、攻守が激しく入れ替わる展開が続く。そんな中5分、ベティスはグアルダードのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したロレンがボックス右手前からシュート。しかし、これはゴール左に逸れた。

▽良い入りを見せたかに思われたベティスだが、15分にアクシデント。ロドリゴ・エルナンデスとの接触プレーで左モモ裏を痛めたグアルダードが、W・カルバーリョとの交代を余儀なくされてしまう。

▽その後もボールを保持するベティスに対して、アトレティコは堅い守りからのカウンターを狙うといった構図で試合が推移。すると45分、バイタルエリア手前でFKを獲得したアトレティコは、レマルのFKをボックス内のリュカが頭で合わせたが、これは枠を外れた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアトレティコ。52分、グリーズマンのパスを受けたカリニッチがペナルティーアーク内で反転しシュート。しかし、このボールは左ポストに嫌われる。

▽先制点が遠いアトレティコは、57分にレマルを下げてコレアを投入。すると62分、コレアのスルーパスでボックス右深くまで侵攻したグリーズマンが折り返しを供給。これを走り込んだカリニッチが右足で合わせたが、GKパウ・ロペスのファインセーブに阻まれた。

▽その後、アトレティコは66分にカリニッチを下げてトーマス、74分にフアンフランを下げてサンティアゴ・アリアスを投入し、3枚の交代カードを使い切る。すると、直後に待望の先制点を奪う。

▽中盤でコレアが相手選手からボールをカットすると、ロストボールをトーマスがワンタッチで繋ぐ。これを再び受けたコレアがボックス手前まで持ち上がると、狙いすましたシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽先制を許したベティスは、81分に反撃。ショートコーナーの流れでボールを受けたカナレスの右クロスからマンディがゴールに迫ったが、ヘディングシュートは打てず。

▽結局、試合はそのまま1-0で終了。シメオネ采配的中で逃げ切ったアトレティコが、好調ベティスを撃破した。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、不調ビジャレアルに追いつかれ連勝ストップ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第9節、ビジャレアルvsアトレティコ・マドリーが20日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽16位のビジャレアル(勝ち点8)と4位のアトレティコ(勝ち点14)が激突。アトレティコはレアル・マドリーとの引き分けを挟んでリーグ戦4連勝中。4日後のチャンピオンズリーグのドルトムント戦も意識しての今節は、コケやサウール、グリーズマンらが先発に顔を揃えた。 ▽静かな立ち上がりとなった試合はまずはビジャレアルが仕掛けた。13分、CKの流れから、右サイドのクロスがファーに流れると待っていたのはジェラール・モレノ。ボックス左からシュートを放ったが、相手のブロックに遭ってしまった。 ▽対してアトレティコは17分、左サイドの攻撃からコケがシュートのをな初。これが相手の手に当たったとしてVARが使用されたが、主審の笛は吹かれなかった。 ▽その後は互いに大きなチャンスもなくゴールレスで後半に。アトレティコはその後半頭からロドリゴ・エルナンdスとカリニッチを下げて、レマルとコレアをピッチに送った。 ▽すると51分に試合が動く。敵陣左サイドでFKを得たアトレティコはグリーズマンがクロスを供給。これがビジャレアルDFフネス・モリの頭に当たってクロスバーを跳ね返ったところをフィリペ・ルイスが頭で押し込んで先制点を奪った。 ▽3試合連続で先制点を許してしまったビジャレアルは58分に反撃。ボックス内でパスを受けあジェラール・モレノが絶好の機会を迎えるが、GKオブラクが足でセーブ。64分にはイトゥーラを下げてバッカを投入。するとこの直後、ビジャレアルが同点に追いつく。 ▽65分、味方のスルーパスから左サイドを抜け出したバッカが中へ折り返すと、フォルナルスがシュートに持ち込む。このシュートは味方に当たって逸れてしまったものの、その先にいたガスパールがボックス右から右足アウトサイドで流し込み試合を振り出しに戻した。 ▽さらにビジャレアルは75分、トリゲロスのスルーパスでバッカがGKと一対一に。ドリブルで躱しにかかったが、GKオブラクの見事な守備でシュートを許さなかった。ビッグチャンスをフイにしたバッカ。その直後に足を負傷し、途中出場ながらエカンビとの交代を余儀なくされた。 ▽試合終盤にはアトレティコはトーマスのヘディングシュートでゴールに迫ったが、同点以降試合は動くことなく終了。1-1で勝ち点を分け合った。 2018.10.21 03:26 Sun
twitterfacebook
thumb

暴行にセクハラ、妻に夫殺害指示のトゥランにクラブが多額罰金 今後判決を待つ

▽イスタンブール・バシャクシェヒルが、所属するトルコ代表MFアルダ・トゥラン(31)に多額の罰金を科した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽トゥランは10日、ナイトクラブでトルコの有名歌手ベルカイ・シャヒン氏の妻であるエズレムさんにアプローチをかけ、喧嘩が勃発。トゥランはベルカイ氏の鼻の骨を折ったほか、同氏が搬送された病院でエズレムさんにベルカイ氏を銃で撃ち殺すよう促したと報道されている。 ▽これに関して、トゥランは“セクシャルハラスメント”“銃器不法所持”“傷害罪”の疑いで起訴。最大12年半の懲役刑が下される可能性もあると、伝えられていた。 ▽また、公的機関だけでなくこの件を重く受け止めているバシャクシェヒルもトゥランを罰することを決定。37万ユーロ(約4800万円)の罰金を科した。とはいえ、「この問題を正義の場(法廷)に移し、更なる決定と措置は保留する」、「判事が判決を命じるまで、プレーヤーはプロとしての責任を果たす」と声明を出し、裁判の判決を待った後、再び正式に処分するとしている。 2018.10.17 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

出場機会減のトーマス、1月のアトレティコ退団を考慮…アーセナルorPSGへ?

▽アトレティコ・マドリーに所属するガーナ代表MFトーマス・パルティ(25)が、来年1月の移籍を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽アトレティコの下部組織で育ち2015-16シーズンにトップチームへの昇格を果たしたトーマスは、徐々に出場機会を増やし昨シーズンには公式戦50試合5ゴールを記録。しかし、今シーズンの出場はここまで公式戦9試合、プレー時間は378分間に留まっている。 ▽ディエゴ・シメオネ監督はトーマスを高く評価しているが、今夏には同じく有望株のMFロドリゴ・エルナンデスがアトレティコに到着。押し出されるような形で、トーマスの出場時間を工面することが難しくなっている。 ▽『マルカ』によると、トーマスはベンチスタートが増えた現状に満足しておらず。来年1月に退団する可能性があるようだ。その場合、アーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)が有力な新天地候補と目されている。 2018.10.16 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネJr.が父の愛するクラブでのプレーを希望 「アトレティコでのプレーはきっと素晴らしい」

▽フィオレンティーナに所属するアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(23)がアトレティコ・マドリーでのプレーを希望している。同選手がアルゼンチン『FOX』で語った。 ▽アトレティコの指揮官ディエゴ・シメオネ監督を父親に持つシメオネは、母国屈指の名門、リーベルプレートでプロデビュー。その後、2016年にジェノアでヨーロッパでのキャリアをスタートし、昨季はフィオレンティーナでリーグ戦14ゴールの見事な活躍を披露。さらに、先月の代表ウィークにはグアテマラ代表戦でアルゼンチン代表デビューを飾り、デビューゴールまで決めてみせた。 ▽現在、多くのビッグクラブが関心を示す中、シメオネは尊敬する父が選手としてだけでなく監督としても活躍しているアトレティコでプレーすることを希望しているようだ。 「アトレティコのためにプレーすることはきっと素晴らしいと思うよ」 「僕はこれまで父から指導を受けるチャンスが一度もなかった。同時に彼はその可能性について僕に求めることは一度もなかったんだ」 ▽なお、シメオネ監督は以前に自分がアトレティコを率いる限り、息子が同クラブでプレーすることは“絶対”にないと主張しており、同クラブで親子共演が果たされる可能性は限りなく低い。 ▽その一方で、以前からアルゼンチン代表監督の有力候補に挙がっている同監督が、今後のアルビセレステの将来を担う息子を指導するチャンスはあるのかもしれない。 「父がアルゼンチン代表監督になるかって? 彼はいつでも正しい時期ではないと言っているよ。だけど、プレーヤーとしては父が代表監督になるところを見てみたいと思っている」 「個人的に多くのアルゼンチン国民は父の就任を希望しているんじゃないかな。偉大な監督だからね」 2018.10.15 15:48 Mon
twitterfacebook
thumb

中盤若手構成のアトレティコがベテランMFセスクを注視!

▽アトレティコ・マドリーが、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)を注視しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ▽チェルシーとの契約が今シーズン限りで満了となるセスク。依然として延長合意は報じられておらず、その去就に注目が集まっている。 ▽記事によると、アトレティコがマウリツィオ・サッリ新体制下でプレー機会を減少させているセスクに注視。ケガで出遅れた影響もあるとはいえ、今シーズンの出場が公式戦4試合に留まっているクリエイティブなミッドフィルダーに、ベテランとしての役割を期待しているそうだ。 ▽アトレティコからは今夏にMFガビが退団。中盤はMFロドリゴ・エルナンデス(22)、MFトーマス・パルティ(22)、サウール・ニゲス(23)、MFコケ(26)らリーガ屈指の若手構成になっており、経験豊かな選手を加えたがっている。 ▽先日、セスクは自身の去就について、「クラブからは何もないけど、僕はこの先もここにいたい」とチェルシー残留を希望したが、「クラブ次第だけど」とも発言。アトレティコに移り、FWジエゴ・コスタと再タッグを組む可能性もゼロではなさそうだ。 2018.10.14 12:55 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース