シメオネの采配的中のアトレティコがコレア弾で乾不出場のベティスを撃破!《リーガエスパニョーラ》2018.10.08 01:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第8節のアトレティコ・マドリーvsベティスが7日に行われ、1-0でアトレティコが勝利した。ベティスのMF乾貴士はベンチ入りも出場機会はなかった。▽リーグ戦4試合負けのないアトレティコが、公式戦3連勝中のベティスをホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節のクラブ・ブルージュ戦を3-1で勝利したアトレティコは、その試合から先発を5人変更。ジエゴ・コスタやトーマス、ホセ・ヒメネスらに代わりフィリペ・ルイスやフアンフランに加え、カリニッチが初先発となった。

▽一方、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(CL)グループF第2節のデュドランジュ戦を完勝したベティスは、その試合から先発を8人変更。乾やウィリアム・カルバーリョ、セルヒオ・レオンらに代わりホアキンやロ・セルソ、ロレンらが先発に名を連ねた。

▽試合序盤はボールが落ち着かず、攻守が激しく入れ替わる展開が続く。そんな中5分、ベティスはグアルダードのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したロレンがボックス右手前からシュート。しかし、これはゴール左に逸れた。

▽良い入りを見せたかに思われたベティスだが、15分にアクシデント。ロドリゴ・エルナンデスとの接触プレーで左モモ裏を痛めたグアルダードが、W・カルバーリョとの交代を余儀なくされてしまう。

▽その後もボールを保持するベティスに対して、アトレティコは堅い守りからのカウンターを狙うといった構図で試合が推移。すると45分、バイタルエリア手前でFKを獲得したアトレティコは、レマルのFKをボックス内のリュカが頭で合わせたが、これは枠を外れた。

▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはアトレティコ。52分、グリーズマンのパスを受けたカリニッチがペナルティーアーク内で反転しシュート。しかし、このボールは左ポストに嫌われる。

▽先制点が遠いアトレティコは、57分にレマルを下げてコレアを投入。すると62分、コレアのスルーパスでボックス右深くまで侵攻したグリーズマンが折り返しを供給。これを走り込んだカリニッチが右足で合わせたが、GKパウ・ロペスのファインセーブに阻まれた。

▽その後、アトレティコは66分にカリニッチを下げてトーマス、74分にフアンフランを下げてサンティアゴ・アリアスを投入し、3枚の交代カードを使い切る。すると、直後に待望の先制点を奪う。

▽中盤でコレアが相手選手からボールをカットすると、ロストボールをトーマスがワンタッチで繋ぐ。これを再び受けたコレアがボックス手前まで持ち上がると、狙いすましたシュートをゴール左隅に流し込んだ。

▽先制を許したベティスは、81分に反撃。ショートコーナーの流れでボールを受けたカナレスの右クロスからマンディがゴールに迫ったが、ヘディングシュートは打てず。

▽結局、試合はそのまま1-0で終了。シメオネ采配的中で逃げ切ったアトレティコが、好調ベティスを撃破した。
コメント
関連ニュース
thumb

カペッロ氏、古巣ユベントスを酷評「優しく撫でただけで倒れ込む」

ファビオ・カペッロ氏が、ユベントスを酷評している。伊『スカイスポーツ』が伝えた。<br><br>20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、アトレティコ・マドリーと対戦したユベントス。前半は無失点で折り返したものの、後半セットプレーから2ゴールを許し、敵地で0-2と敗れている。<br><br>過去にユベントスを率いてセリエA二連覇を達成した経験を持つカペッロ氏は、チームのパフォーマンスとともに、その姿勢を酷評している。<br><br>「(今日の)ユべントスはまったく好きになれない。彼らは時間を無駄にした。普段CLを戦うユベントスではなかった」<br><br>「言わなければならないことは1つ。ペナルティエリアでボールを触れるたびに、自分からピッチに倒れていた。ほんの少し優しく撫でただけでね。(先制点の際)審判とVARが立ち上がれと言った直後に(レオナルド)ボヌッチが倒れ込むのを見ていた。完全にノーファールだ」<br><br>悲願のCL制覇へ向け、厳しい状況に追い込まれたユベントス。本拠地アリアンツ・スタジアムでのセカンドレグは、3月12日に行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーべがベスト16敗退の危機も…アッレグリ監督「0-2からの逆転は可能だ」

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコと敵地で対戦。しかし、78分にホセ・ヒメネスに決められ、アトレティコに先制点を与えてしまうと、83分にもゴディンに押し込まれて0-2で敗れた。 ベスト8進出に向けて苦しい状況となったユベントスのアッレグリ監督が試合を回想。それでも2-0からの逆転は可能だと、2ndレグにまだ可能性が残されていると主張した。 「リスクを冒した上に、枠内シュートは1本もなかった」 「アトレティコは私たちよりも、こうした試合になれている。相手はうまく試合に留まり、私たちはミスを犯した。しかし後半よりも悪くなることはないので、第2戦に向けて自信を失ってはいけない。アトレティコは相手に良いプレーをさせないことは分かっているので、勝つためには相手を上回らないといけない」 「失望はしているが、逆転できると信じる必要がある。簡単ではないし、もっと試合を動かす素晴らしいパフォーマンスが必要になる。今夜は2失点後もリスクを冒すなど、冷静さを欠いていた。しかし2-0からの逆転は可能だし、泣いても仕方がない」 2019.02.21 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地での手痛い敗戦から前を向くキエッリーニ「第2戦目に向けて早急に気持ちをリセットしたい」

ユベントスのジョルジョ・キエッリーニは、アトレティコ・マドリー戦の失点シーンを悔やみつつ、気持ちを切り替えて次戦で勝利を目指したいと強調した。<br><br>20日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でユベントスは敵地でアトレティコ・マドリーと対戦。拮抗した状況で迎えた78分にホセ・マリア・ヒメネスに得点を許すと、その5分後にはディエゴ・ゴディンに追加点を奪われて0-2でアウェーでの一戦を落とした。<br><br>試合後、キャプテンのキエッリーニはアトレティコ・マドリー戦の敗戦を受け、失点の場面で精彩を欠いてしまったことを認めたものの、ホームでのセカンドレグでは巻き返すチャンスがあると話した。<br><br>「彼らのセットプレーが非常に危険だということを理解していた。もっと失点の場面では集中しなければならなかった。ただ、これで取り乱すようなことがあってはいけない。まだチャンスはあるから落ち着く必要がある。今は早急に気持ちをリセットして、トリノでの勝利を目指したい」<br><br>また、フェデリコ・ベルナルデスキは「アトレティコのようなチームとこのスタジアムで対戦することは難しいとわかっていた。でも、この戦いは180分間あるし、ホームで巻き返すチャンスもある。トリノの試合では今日のようなミスがあってはいけない。今日は苦汁をなめたけれど、ホームのファンの前で逆転するために全力を尽くしたい」とアリアンツ・スタジアムでのセカンドレグを見据えた。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、相手サポに反撃! 「僕はCLを5度も制したが、アトレティコはゼロだ」

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、アトレティコ・マドリーのサポーターからの挑発に応戦した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ユベントスは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコと敵地で対戦し、0-2で敗戦。ベスト8進出に向けて苦しい状況となった。 この日、先発出場したC・ロナウドだが、レアル・マドリー時代からの宿敵であるアトレティコ・サポーターからは強烈なブーイングが浴びせられていた。これに対して、C・ロナウドは右手を広げて5本指を開いた後に、グーにするジェスチャーを披露していた。 試合後、C・ロナウドはミックスゾーンに登場。すると、試合中と同じようなジェスチャーしながら「僕はチャンピオンズリーグを5度制したが、アトレティコはゼロだ。2回戦に何が起きるか見てみよう」とコメントを残して立ち去った。 アトレティコ・サポーターからの激しいブーイングへの反撃と思われるが、3月13日に行われる2ndレグでチームを逆転に導けるか注目だ。 2019.02.21 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスに先勝のアトレティコ、監督シメオネがゴール直後に股間を囲って“根性”を強調

20日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、メトロポリターノでを舞台としたアトレティコ・マドリー対ユベントスは2-0でアトレティコの勝利に終わった。この試合におけるディエゴ・シメオネ監督のゴールセレブレーションが話題となっている。<br><br>試合終了の残り15分でDFホセ・ヒメネス、DFディエゴ・ゴディンのウルグアイ代表CBコンビがゴールを決め、ユベントスに先勝したアトレティコ。だが0-0の際にFWアルバロ・モラタのゴールが事前のファウルで取り消しになるなど、観客にとってもシメオネ監督にとってもフラストレーションがたまる試合だった。<br><br>そのためか、シメオネ監督がヒメネスの先制点で披露したパフォーマンスは、じつに強烈なものだった。アルゼンチン人指揮官はゴールが決まった直後、メインスタンドの方を向いて、自身の股間部分を両手で囲いながら強調した。つまりは&ldquo;睾丸の大きさ=根性&rdquo;を示したのだ。<br><br>シメオネ監督はこれまでも「選手たちの母親に感謝したい。こんなにでかいキン◯マをつけた子を産んでくれて」と語るなど、選手たちが根性を持つことの重要性を訴えてきた。今回は言葉ではなく、衝動によるジェチャーでそれを伝えたのだった。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 08:31 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース