超ワールドサッカー

甲府、ホームで約2カ月ぶりの勝利!大宮は上位と勝ち点縮められず《J2》2018.09.19 21:34 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第32節のヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャが、19日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-0でホームの甲府が勝利した。

▽直近5試合で1勝2分け2敗と波に乗り切れない16位・甲府は(勝ち点39)は、土曜日の愛媛FC戦からスタメンを6人変更。ビョン・ジュンボン、山本、フェフージン、瀬戸、小塚、ジュニオール・バホスに代えて、今津、小出、小椋、佐藤、堀米、金園を起用。

▽一方、直近5試合で4勝1分とJ1自動昇格ラインを猛追する大宮(勝ち点54)は、前節のFC町田ゼルビア戦からは、茨田にかえて大山が先発に名を連ねた。

▽試合序盤は両者共に中盤でのボールの奪い合いが続く。28分、ボックス手前でフリーでボールを受けたマテウスがゴール前に走り込んだ富山にスルーパスを通す。これを富山がダイレクトでシュートを打つもGK河田の正面に。

▽なかなか決定機が作れない甲府は、35分、左サイドから小椋がボックス左に走り込んでいた堀米に浮き球でパスを送る。これを堀米がラインギリギリのところでボールに追いつきボックス中央に走り込んできた金園にクロスを供給。金園がヘディングシュートを狙うもゴール左に逸れた。

▽後半に入り、ボールを徐々に保持する時間が増えてきた甲府は69分、敵陣左サイドで佐藤が清水とのワンツーでボックス左を駆け上がりゴール前にクロスを供給。するとこのクロスが相手DFに当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれ、ホームの甲府が先制した。

▽試合が動いて以降、両者共にチャンスらしいチャンスは作れず試合終了。甲府は7月21日の第24節ロアッソ熊本戦以来のホーム白星。一方、敗れた大宮は、JI自動昇格に向けて痛すぎる1敗となった。

コメント

関連ニュース

thumb

山形、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表

▽モンテディオ山形は13日、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表。17日のホーム最終戦大分トリニータ戦以降に開催される、臨時取締役会にて正式に決定する見込みであることを伝えた。 ▽また、後任決定までの期間は、取締役、管理部担当・指定管理事業本部担当の渡邉修氏が暫定的に代表取締役社長の任にあたる。 ▽森谷氏は、2015年11月に株式会社モンテディオ山形の取締役に就任。同年12月に代表取締役社長の職に就いていた森谷氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆森谷俊雄代表取締役社長 「モンテディオ山形に熱いご声援、ご支援をいただき心から感謝申し上げます」 「クラブ代表に就任以来、J1昇格と新スタジアム構想を胸に、多くの皆様のご支援、ご協力、励ましをいただきながら、微力ではありましたが懸命に経営を担ってまいりました。特に、この2018シーズンは、クラブ創立20周年という節目、新スタジアム実現に向けた道筋をつける重要なシーズンであり、特別な思いを持って臨んだ一年でした。しかし、皆様の熱い心強い応援にもかかわらずJ1昇格を果たすことができませんでした。モンテディオ山形に期待を寄せ、最後まで諦めずに応援してくださった全ての皆様にお詫びと心からの感謝を申し上げます」 「一方、Jリーグクラブを取り巻く環境は、大きく変わりました。リーグは、各クラブが着実に成長を遂げている中で、『各地域に裾野を広げること』を重視した方針から、『クラブ間競争を促す』方針に舵が切られ、クラブ間の競争が激化しています。モンテディオ山形が将来に向かって成長を続け、J1のステージで戦い続けることができるクラブになるためには、地域に根差した経営に加え、J1仕様の戦略構想力・実行力のある経営体制を築いていくことが不可欠であると痛感しています」 「これまで2年11か月余り全力を傾注してまいりましたが、予算編成やチーム編成など来季に向けた諸準備に着手する時期を迎えるにあたり、J1昇格に向けより強固な新しい経営体制に道筋をつけるべく、今季リーグ戦終了後に社長職を退任することを決意いたしました。後任には、プロスポーツを中心に様々な形でスポーツビジネスを経験されている方を、外部から招聘すべく調整を進めており、前向きに検討いただいております。新たな風を吹き込み、情熱を持ってこれからのモンテディオ山形をリードしていただけると確信しております」 「モンテディオ山形は、木山監督のもとで、皆様と一緒に、天皇杯優勝につなぐ戦い、来季につなげる戦いを続けてまいります。どうか、モンテディオ山形に、一層のご支援、ご声援を賜りますよう、心からお願い申し上げます」 「お陰様で、就任して3シーズン、観客数、スポンサー・会員数ともに着実に伸び、その結果、黒字経営を継続するなど安定した経営を確保することができました。ひとえに、スポンサー・会員各位、スタジアムに足を運んでくださった皆様のお力添え、チーム・フロント全員の努力の賜物に他なりません。また、お会いするたびに温かい励ましの言葉をかけてくださった皆様に心から感謝申し上げます。チーム・フロント、ご協力いただいた関係各位に感謝申し上げます」 「最後に、皆様のご厚情は生涯の宝物です。皆様と一緒にモンテディオ山形を応援してまいります。ありがとうございました」 ▽今シーズンの山形は、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で14勝13分け14敗の12位。しかし、天皇杯ではベスト4に残っており、12月16日(鹿島アントラーズがベスト4入りした場合は12月5日に変更)に準決勝のベガルタ仙台戦を戦う予定となっている。 2018.11.13 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

満員のサポーターの前でJ2優勝&J1昇格へ! 松本、最終節徳島戦ホーム側チケット完売

▽松本山雅FCは12日、17日にサンプロアルウィンで行われる明治安田生命J2リーグ最終節の徳島ヴォルティス戦のホーム側チケット完売を発表した。 ▽今回完売したのは、松本サポーターの入場可能席種チケット。「現在アウェイ自由席のみ販売中ではございますが、ホームグッズの着用や応援は出来ませんのでご理解・ご協力の程お願いいたします」とクラブは呼び掛けている。 ▽今後については、現在予約中のチケットが期限内に決済されず、キャンセルが発生した場合のみ再販売される場合があるとのこと。そのほか、当日について以下のようにコメントしている。 「当日は大変な混雑が予想されます。お一人さま一席、席を詰めあって、お声掛けいただきながら熱くフェアに、応援いただきますようお願い申し上げます」 「安全・安心・全緑のスタジアムを山雅ファミリー全員で共に作り上げられますよう、ご協力の程よろしくお願いいたします」 ▽松本は現在、明治安田生命J2リーグで首位に位置。次節徳島戦に勝利すれば、無条件でJ2優勝とJ1昇格が決定する。 2018.11.12 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】倉田&パトらが次節欠場…J2ではPO目指す大宮MFマテウスが最終節出場停止

▽Jリーグは12日、明治安田生命J1リーグ第33節、J2リーグ第42節、J3リーグ第32節、第33節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、浦和レッズのMF柏木陽介、ガンバ大阪のMF倉田秋、サンフレッチェ広島のFWパトリック、V・ファーレン長崎のMF中村慶太が次節出場停止に。 ▽J2では、J1参入プレーオフ出場を目指す大宮アルディージャのMFマテウスが最終節のファジアーノ岡山戦に出場することができないなど、5名が出場停止に。 ▽J3では、藤枝MYFCのDF阿渡真也が次節出場停止に。また、セレッソ大阪U-23のDF森下怜哉は、今シーズン2度目の累積警告により2試合出場することができない。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">MF柏木陽介</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ第33節 vs湘南ベルマーレ(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF倉田秋</span>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ第33節 vsベガルタ仙台(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWパトリック</span>(サンフレッチェ広島) 明治安田生命J1リーグ第33節 vs名古屋グランパス(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF中村慶太</span>(V・ファーレン長崎) 明治安田生命J1リーグ第33節 vsガンバ大阪(11/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF栗山直樹</span>(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ第42節 vs大分トリニータ(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWバティスタ</span>(水戸ホーリーホック) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsツエーゲン金沢(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFマテウス</span>(大宮アルディージャ) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsファジアーノ岡山(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF加藤大</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsレノファ山口FC(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF宮本航汰</span>(FC岐阜) 明治安田生命J2リーグ第42節 vsアビスパ福岡(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF阿渡真也</span>(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ第32節 vs鹿児島ユナイテッドFC(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF森下怜哉</span>(セレッソ大阪U-23) 明治安田生命J3リーグ第32節 vsグルージャ盛岡(11/17) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) 明治安田生命J3リーグ第33節 vsカターレ富山(11/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) 2018.11.12 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山、長澤徹監督が今季退任…2015年から指揮

▽ファジアーノ岡山は12日、今シーズン終了後に長澤徹監督(50)が退任すると発表した。 ▽愛媛県出身の長澤監督は、1997年の現役引退後、翌年から指導者キャリアをスタート。2014年にコーチとして岡山入りし、翌2015年に監督就任を果たした。 ▽指揮2年目の2016シーズンは、クラブ史上最高位の明治安田生命J2リーグ6位でJ1昇格プレーオフへ。だが、決勝でセレッソ大阪に敗れ、初のJ1昇格を逃した。 ▽最終年の今シーズンは、J1昇格とはならず。17日にホームで行われる最終節の大宮アルディージャ戦を残して、14勝11分け16敗の14位に位置している。 2018.11.12 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

松本、悲願へ王手! 町田も望みをつなぎ優勝&自動昇格争いは4チームで最終節へ!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第41節の7試合が、11日に各地で行われた。 ▽味の素スタジアムで行われた6位・東京ヴェルディ(勝ち点67)vs22位・カマタマーレ讃岐(勝ち点31)は、1-0で東京Vが勝利した。 ▽他力ながらわずかにJ1自動昇格の可能性を残す一方で、勝ち点を落とせばJ1参入プレーオフ出場が危ぶまれる東京Vと、すでに21位以下が確定しているものの、他力ながらJ2残留の可能性を残す讃岐が激突した。 ▽3試合ぶり白星を目指す東京Vは、19分に味方が頭でフリックしたボールに反応した渡辺が胸トラップで相手最終ラインを抜け出し、GKと一対一を迎えたが、シュートはGK清水の好守に阻まれた。 ▽序盤から攻勢に出る東京Vは、27分に岐阜の佐々木渉にクロスバー直撃のミドルシュートでゴールを脅かされたが、38分に先制点。敵陣中央左から内田がファーサイドにクロスを送る。これを平が頭で落とすと、ボックス中央に待ち構えていた井林が右足ボレーでゴールへと叩き込んだ。 ▽先制点を奪われた讃岐は、後半反撃に出るものの、東京Vゴールをこじ開けることができず。87分には敵陣中央でボールを持った田中の鋭いパスをボックス内で収めた渡邉がゴールネットを揺らすが、オフサイドで認められず。1-0で東京Vが勝利し、5位浮上を決めている。 ▽栃木県グリーンスタジアムで行われた17位・栃木SC(勝ち点49)vs2位・松本山雅FC(勝ち点73)は、1-0で松本が勝利している。 ▽J2優勝とJ1自動昇格を目指す松本は、前日行われた一戦で2位・大分トリニータがツエーゲン金沢に勝利し、勝ち点75で暫定1位に立ったため、ポイントロスは許されない。一方の栃木は、すでに昇格も降格もない状態だが、7日に昨シーズンJ2昇格に導いた横山雄次監督の今シーズン限りでの退任が発表。ホームでの一戦を勝利して感謝を告げたい一戦となった。 ▽試合はJ2優勝を目指すアウェイの松本が37分、ボックス左手前でパスを受けた岩上が巧みなタッチから中央に切れ込み、右足でミドルシュートを放つが、ここはGK竹重にパンチングで防がれてしまう。 ▽一方の栃木は、エースの大黒をターゲットに攻撃を繰り出すが、最後の所で松本に阻まれてゴールが奪えない。すると松本に待望の先制点。72分、藤田のパスを受けた石原がボックス左で縦に仕掛けてクロスを送る。対峙した相手DFのブロックに阻まれたが、そのままボールは中央に転がり、最後は田中がゴールに蹴り込んだ。 ▽先手を取られた栃木は78分、ボックス左の服部のクロスに走り込んだ大黒がダイレクトで合わせたが、ボールはGK村山の正面に。ヒヤリとする場面を迎えた松本は、その後も栃木の反撃を受けるも、最後まで田中のゴールを守り切り、1-0で試合終了。首位をキープした松本がJ2優勝&J1昇格に王手をかけた。 ▽ニンジニアスタジアムで行われた18位・愛媛FC(勝ち点48)vs4位・FC町田ゼルビア(勝ち点72)は、2-0で町田が勝利した。 ▽試合はゴールレスで迎えた後半に動く。J2優勝を目指す町田は80分にドリアン・バブンスキーを投入する。すると86分、敵陣中央やや左でFKを獲得し、キッカーの平戸がボックス右にロングボールを供給。これを途中出場のドリアン・バブンスキーが折り返し、最後は中島がヘディングで押し込んだ。 ▽貴重な先制点を奪った町田はさらに90分、ハーフウェイライン付近で平戸がボールを奪うと、パスを受けたドリアン・バブンスキーが敵陣浅い位置から右足でロングシュート。綺麗なバックスピンがかかったボールは高い位置をとっていたGK岡本の頭上を越えてそのままゴールに吸い込まれた。 ▽途中出場のドリアン・バブンスキーの1ゴール1アシストの活躍で2-0と勝利した町田は、勝ち点1差で首位追走に成功している。 ▽また、この結果、J2優勝とJ1自動昇格争いは、首位・松本(勝ち点76)、2位・大分(勝ち点75)、3位・町田(勝ち点75)、4位・横浜FC(勝ち点73)の4チームに絞られた。 ▽その他、レベルファイブスタジアムで行われた7位・アビスパ福岡(勝ち点66)vs21位・ロアッソ熊本(勝ち点31)の一戦は、福岡が石津のゴールを守り切り、1-0で勝利。プレーオフ出場圏内の6位に浮上している。プレーオフ圏内は、上記の4チームに加え、5位・東京V(勝ち点70)、6位・福岡(勝ち点69)、7位・大宮アルディージャ(勝ち点68)の7チームに絞られている。 ◆明治安田生命J2リーグ第41節 ▽11/11(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 1</span>-0 カマタマーレ讃岐 レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 ロアッソ熊本 水戸ホーリーホック 1-1 FC岐阜 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> 徳島ヴォルティス 0-0 アルビレックス新潟 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> ▽11/10(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 2</span>-1 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 ツエーゲン金沢 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 モンテディオ山形 2018.11.11 17:30 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース