鎌田のデビュー弾が決勝点! シント=トロイデンが2連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》2018.09.17 06:01 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シント=トロイデンは16日、ジュピラー・プロ・リーグ第7節でヘントとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。シント=トロイデンのDF冨安健洋はフル出場、MF鎌田大地は60分から、MF遠藤航は93分から出場、MF関根貴大とDF小池裕太は欠場している。

▽ここまで1勝4分け1敗のシント=トロイデンは、21分に先制する。しかし、51分にヘントに同点とされた中、60分にデビュー戦となる鎌田が投入された。

▽すると80分、左サイドでボールを受けた鎌田がドリブルでボックス内に侵入して右足でシュート。これがゴール右上に決まった。

▽鎌田のデビュー弾が決勝点となったシント=トロイデンが勝利。2連勝としている。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤終盤出場のニューカッスル、C・パレスにゴールレスドローで未勝利続く《プレミアリーグ》

▽ニューカッスルは22日、プレミアリーグ第6節でクリスタル・パレスとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は81分から出場している。 ▽ここまで1分け4敗と未勝利のニューカッスルが、2勝3敗のクリスタル・パレスのホームに乗り込んだ一戦。武藤は引き続きベンチスタートとなった。 ▽ホームチームのクリスタル・パレスに押し込まれる状態が続いたニューカッスルは、ゴールレスで迎えた後半からロンドンに代えてホセルを投入。しかし、その後半もペースを握れず、劣勢が続いた。 ▽そんな中81分、武藤がアヨセ・ペレスに代わって出場した。その武藤は投入直後、自陣でのボールロストからサコーに決定機を許すも、ヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かった。 ▽結局、ホセルと2トップを形成した武藤だったが、見せ場を作れずチームは辛くもドロー。勝ち点1を積み上げたが、未勝利が続いている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 01:58 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎終盤出場のレスターがハダースフィールドに逆転勝利で3戦ぶり勝利《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは22日、プレミアリーグ第6節でハダースフィールドをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。レスターのFW岡崎慎司は85分からプレーしている。 ▽前節ボーンマス戦を2-4と落とし2勝3敗となったレスターは、今節も岡崎がベンチスタートとなった。 ▽今季2分け3敗と未勝利のハダースフィールドに対し、レスターは5分に失点する。ロングスローの流れからマティアス・ヨルゲンセンンにシュートを蹴り込まれた。 ▽それでも19分、レスターが追いつく。ディフェンスライン裏を突いてヴァーディのラストパスを受けたイヘアナチョが冷静にGKとの一対一を制した。 ▽そして1-1で迎えた後半の66分、レスターが逆転する。ボックス手前中央で得たFKをマディソンが直接狙うと、ゴール左上を捉えたシュートがGKの手を弾いてネットを揺らした。 ▽そして75分、勝負を決定付ける。スルーパスに抜け出したヴァーディがボックス右に侵入し、チップキックでGKとの一対一を制した。 ▽85分には岡崎がマディソンに代わって出場。その岡崎は試合終了間際の追加タイム3分に左足ボレーでゴールに迫ったが、GKにセーブされ、直後にタイムアップ。レスターが逆転勝利で今季の戦績を3勝3敗のタイとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

サラー4戦ぶり弾などでリバプールがリーグ6連勝! 吉田不出場のセインツは2戦勝利なし…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、リバプールvsサウサンプトンが22日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽直近のリーグ戦でトッテナム、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)に競り勝って開幕6連勝を飾ったリバプール。目下、絶好調のクロップ率いるチームは連勝を伸ばすべく圧倒的な強さを誇るアンフィールドでサウサンプトンを迎え撃った。PSG戦からは先発3人を変更し、ジョー・ゴメス、ミルナー、スタリッジに代えてマティプ、移籍後初先発のシャキリ、フィルミノが起用された。 ▽サラーを最前線に置き2列目に右からマネ、シャキリ、フィルミノを並べた[4-2-3-1]の布陣で臨んだリバプールが立ち上がりから攻勢を見せる。すると10分、左CKの二次攻撃からボックス左でシャキリが強引に放った右足のシュートが相手DFに当たると、この跳ね返りをゴール前のDFホードがクリアし切れず、GKマッカーシーの懸命のリカバリーも虚しくゴールネットに吸い込まれた。 ▽幸運な形から先制に成功したリバプールはその後もストレスなく試合を優勢に進めていく。20分にはゴール前の混戦からこぼれ球に反応したサラーに絶好機もここはDFがわずかに触って枠の右へ外れる。だが、このプレー得た右CKの場面でキッカーのアーノルドがファーサイドへアウトスウィングのターンボールを入れると、DFヴェステルゴーアに競り勝ったマティプのヘディングシュートがゴール左隅に決まった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽セットプレーの流れからの2ゴールで余裕の試合展開となったリバプールはややペースダウンしたことで、ここからサウサンプトンに攻め込まれる時間が続く。それでも、最後の場面できっちり身体を張ってゴールを許さない。その後はサラーのスピードを生かしたカウンターから幾度となく決定機を作り出すと、再びセットプレーの流れから3点目を奪う。前半アディショナルタイム3分、ボックス手前の好位置でFKを得ると、キッカーのシャキリが左足を振り抜く。このシュートがクロスバーの内側を叩いてゴールライン上でバウンドすると、圧倒的なスピードでこぼれ球に反応したサラーが蹴り込み、公式戦4試合ぶりのゴールを挙げた。 ▽サラーのダメ押しのゴールで前半のうちに試合を決めたリバプールはハーフタイムでシャキリを下げてミルナーを投入。システムを通常の[4-3-3]に戻した。後半も相手の攻撃を受け止めながら危なげなく試合を運ぶホームチームだったが、55分にアクシデント発生。脇腹を痛めたファン・ダイクがプレー続行不可能となり、急遽J・ゴメスが投入された。 ▽一方、何とか一矢報いたいサウサンプトンはターゲット、ロメウを下げてベドナレク、アームストロングを同時投入。この交代で[3-4-3]にシステム変更するが、相手陣内の深い位置までボールを運べるもののフィニッシュまで持ち込めない。 ▽その後、74分にワイナルドゥムを下げてナビ・ケイタを最後の交代カードとして投入したリバプールは幾度かカウンターチャンスでサラーやマネに4点目のチャンスが訪れたが、サラーのゴールがオフサイドで取り消しになるなど、後半にゴールは生まれず。それでも、セインツの反撃を危なげなく凌ぎ切って3-0の完勝。今季の公式戦全勝を継続すると共にリーグ6連勝を飾った。一方、良いところなく敗れたサウサンプトンは2戦未勝利となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

久保フル出場のニュルンベルク、原口が今季初先発となった10人のハノーファーに勝利で今季初白星《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ニュルンベルクvsハノーファーが22日に行われ、2-0でニュルンベルクが勝利した。ニュルンベルクFW久保裕也はフル出場し、ハノーファーのFW原口元気は前半のみの出場、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ここまで共に2分け1敗スタートと勝利のないチームの対戦。開幕4試合連続スタメンとなった久保が[4-3-3]の左インサイドMFと、移籍後初スタメンとなった原口がフラットな[4-4-2]の左MFで先発となった日本人対決。開幕から3試合連続スタメンだった浅野はベンチスタートとなった。 ▽開始2分にCKからマルグリッターのヘディングシュートでゴールに迫ったニュルンベルクが攻勢をかける展開で立ち上がっていく。 ▽一方、ハノーファーは10分、フュルクルクのヘディングシュートで応戦すると、ここから盛り返していった。 ▽それでもホームチームのニュルンベルクは25分、右クロスのルーズボールをファーサイドのミシジャンがヘッドで狙うと、これはGKにセーブされるも、ルーズボールをイシャクが蹴り込んでネットを揺らした。しかし、その前にミシジャンのポジションがオフサイドと判定され、VARによってノーゴールとなった。 ▽だが27分、ミシジャンが相手のバックパスをカットしてディフェンスライン裏に抜け出すと、ボックス内に入りかけたところでアルボルノスに手をかけられて倒される。一時、主審はノーファウルと判定したが、VARの末にアルボルノスは一発退場となった。 ▽数滴優位となったニュルンベルクは直後のFKからリーボルドが直接狙うも、相手に当たったシュートは右ポストを直撃。さらに37分、スルーパスに抜け出したミシジャンがボックス右でGKと一対一となったが、エッサーに止められ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半から原口に代えてバカロルツを投入したハノーファーに対し、ニュルンベルクは58分、ボックス中央に侵入した久保がドリブルでDFを交わすも、GKを交わしかけたところでDFに寄せられてシュートを打ちきれない。 ▽72分にフュルクルクのミドルシュートがバーを直撃して助かったニュルンベルクは、76分に先制する。CKからベーレンスのヘディングシュートが左ポストを直撃し、ルーズボールをゴールエリア左のクノールがシュート。これががアントンに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽さらに直後、カウンターに転じた流れからボックス左に進入したイシャクのクロスをクノールが押し込んでニュルンベルクがリードを広げた。 ▽結局、80分のFKからアントンの放ったヘディングシュートはわずかに枠を外れ、ニュルンベルクが2-0で勝利。今季初勝利を手にしている。 2018.09.23 01:04 Sun
twitterfacebook
thumb

香川が今季初先発のドルトムント、10人になりながらも追いつきホッフェンハイムにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイムvsドルトムントが22日に行われ、1-1で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司は70分までプレーしている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場クラブ同士の一戦。前節デュッセルドルフ戦を1-2と敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCL戦となった3日前のシャフタール戦を2-2の引き分けに持ち込まれた。そのシャフタール戦のスタメンから2選手を変更。サライとノルトヴェイトに代えてツバーとビカクチッチを起用した。 ▽一方、前節フランクフルト戦を3-1と快勝して2勝1分けスタートとしたドルトムントは、4日前に行われたCLクラブ・ブルージュ戦を1-0と辛勝。そのドルトムントはブルージュ戦のスタメンから3選手を変更。ゲッツェ、ヴァイグル、サンチョに代えて香川、プリシッチ、ダフードを起用した。ブルージュ戦で途中出場し今季初出場を果たした香川は、リーグ戦初先発となった。 ▽[4-3-3]のトップ下に香川、3トップに右からプリシッチ、ヴォルフ、ロイスと並べたドルトムントが立ち上がりから押し込む展開で推移する。 ▽しかし、シュートチャンスを作れずにいると、18分にホッフェンハイムに決定機。N・シュルツの左サイドからのクロスをビッテンコートがダイレクトでプッシュ。だが、GKビュルキのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もボールを持つドルトムントに対し、手数をかけない攻撃でゴールに迫っていたホッフェンハイムが44分に先制する。ショートカウンターに出た流れから最後はルーズボールを拾ったボックス中央のジョエリントンが左足でゴール左に流し込んだ。 ▽後半開始4分にクラマリッチが決定的なシュートを浴びせたホッフェンハイムは、このプレーで得た左CKから加点しかける。ショートコーナーを使って、左クロスをビカクチッチがヘディングシュートでゴール右に流し込んだ。しかし、VARの末にショートコーナーを受けた選手がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。 ▽55分にはジョエリントンの左足ミドルが左ポストに直撃して救われたドルトムントは、直後に香川に決定機。右サイドを突破したプリシッチのクロスを左足ボレーで合わせたが、シュートを枠の左に外してしまった。 ▽60分にダフードとヴォルフに代えてデラネイとサンチョを投入したドルトムントは、サンチョが左ウイングに入り、ロイスが最前線に入った。さらに70分、香川に代えてM・フィリップを投入したドルトムントだったが、75分にロングボールに抜け出したクラマリッチをディアロが手を使って止めて一発退場となってしまう。 ▽敗色濃厚のドルトムントだったが84分、同点に追いつく。ボックス左に抜け出したロイスの折り返しをプリシッチが押し込んだ。 ▽追いつかれたホッフェンハイムは終了間際、N・シュルツの左クロスをゴールエリア右のベルフォディルが合わせたシュートは枠の上に外れ、直後にタイムアップ。10人となったドルトムントが引き分けに持ち込んでいる。 2018.09.23 00:48 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース