保有元インテルに痛快恩返し弾! パルマDFが“ロベカル弾”振り返る2018.09.16 15:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パルマは15日に敵地ジュゼッペ・メアッツァで行われたセリエA第4節のインテル戦を1-0で勝利し金星を挙げた。同試合で決勝点を決めたU-21イタリア代表DFフェデリコ・ディマルコが試合を振り返った。『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えている。▽昨季のセリエA昇格プレーオフを制して“20番目のチーム”としてセリエAを戦うパルマ。開幕3試合ではユベントス相手に1-2の善戦を見せるなど健闘を続けていたものの、セリエA復帰初勝利はお預けとなっていた。だが、格上インテルとのアウェイゲームでは粘り強い戦いで0-0の状況を継続すると、79分にディマルコのスーパーゴールが生まれ、1-0のスコアで待望の今季初白星を手にした。

▽インテルの下部組織出身で今夏スイスのシオンから買い戻された末、パルマにレンタル移籍という形でやってきた左サイドバックは古巣相手の一戦を振り返っている。

「僕たちは勝利に値したと思っている。最後までグループとしてハードに戦っていたからね」

▽また、古巣相手にセリエA初ゴールを記録したディマルコだが、そのゴールはゴール手前25メートル付近から左足アウトサイドにかけて枠の右から急速に左にカーブする、ロベルト・カルロスを彷彿とさせるような鮮烈な一撃だった。

「(ロベルト・カルロスとの)比較は少し大げさじゃないかな。僕はただゴールを決めることができて幸せなだけだよ。このゴールは来月誕生予定の娘に捧げたいと思っている」

「マッテオ・ポリターノの寄せが甘いと感じたからあのタイミングで打ちうまくいったんだ。ただ、僕の心はインテリスタだからインテル相手に決めたことを少し残念に思うよ。ただ、自分の今後に向けて重要なゴールになったと思っている」

▽最後にレンタル元のインテルへの復帰の可能性に関しては、「運命はわからないよ。いまはパルマでの戦いに集中したい。仮にインテルが僕をプレーするに値すると判断してくれれば、来年は戻ることになるけど、そうでなければ別のクラブにいると思う」と明言を避けている。
コメント
関連ニュース
thumb

ナインゴランの決勝弾でサンプに競り勝ったインテルがセリエA10戦ぶり複数得点で公式戦3連勝!《セリエA》

セリエA第24節、インテルvsサンプドリアが17日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが2-1で勝利した。 前節、パルマ相手に辛勝した3位のインテルは公式戦の連敗を「3」でストップ。しかし、今週ミッドウィークにはイカルディのキャプテン剥奪、GKハンダノビッチの新キャプテン就任、イカルディの招集メンバー入り拒否とチーム状況は混沌を極める。幸い、直近のヨーロッパリーグ(EL)のラピド・ウィーン戦ではラウタロ・マルティネスの公式戦2試合連続ゴールで1-0の先勝。 9位のサンプドリアをホームで迎え撃ったこの一戦に向けては先発5人を変更。デ・フライを除く最終ラインにシュクリアニル、ダンブロージオ、ダウベルト・エンリケ、セントラルMFにブロゾビッチ、ガリアルディーニを起用。前線はポリターノ、ナインゴラン、ペリシッチの2列目にラウタロ・マルティネスが引き続き最前線で起用された。 互いに集中した入りを見せた中、最初の決定機はインテルに訪れる。4分、ブロゾビッチの左CKをニアに飛び込んだペリシッチが頭で合わすが、これはGKアウデーロにはじき出された。 その後はGKから丁寧にショートパスを繋いで前進を図るアウェイチームに対して、インテルが前線からの積極的なプレッシングで応戦する互いの特徴が出る攻防に。 その流れの中でインテルは30分、ペナルティアーク付近でラウタロの落としに反応したナインゴランがミドルシュートも枠の左。続く36分にはペリシッチのグラウンダーのシュートをGKアウデーロの股間を抜くが、ゴールライン手前でカバーされる。 さらに前半アディショナルタイムにはセットプレーの流れからシュクリニアルが豪快ボレーでネットを揺らすが、ここはその前のプレーに関与したダンブロージオがオフサイドとなり、ゴールは認められず。 結局、ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりにサンプドリアにビッグチャンス。46分、カウンターからボックス右でスルーパスを受けたデフレルが右足を強振。だが、このシュートはGKハンダノビッチが見事な反応ではじき出す。 一方、後半も徐々に攻撃のギアを上げていくインテルは54分に最初の決定機。ボックス左で巧みな切り返しでDFを振り切ったペリシッチがグラウンダーで折り返すと、これに反応したラウタロ、ガリアルディーニが押し込みにかかるが、ここはDFとGKの身体を張った守備に阻まれた。 時間の経過と共に押し込む時間が増えるインテルは59分にガリアルディーニを下げてジョアン・マリオ、69分にはポリターノに代えてカンドレーバを続けてピッチに送り出す。72分にはブロゾビッチのスルーパスに反応したペリシッチがボックス左からダイレクトシュートを枠に飛ばすが、GKアウデーロのワンハンドセーブに遭う。だが、直後の73分にはボックス左で仕掛けたペリシッチからのグラウンダークロスをゴール前に飛び込んだダンブロージオがワンタッチで流し込み、攻勢の中で待望の先制点を奪う。 劣勢を耐えきれずに失点したサンプドリアは失点直後にサポナーラを下げてガッビアディーニを投入すると、この交代策が完璧にハマる。75分、ボックス内で粘ったリネティが潰れると、ルーズボールを奪い返したガッビアディーニが冷静にゴール右隅へ流し込み、すぐさま試合を振り出しに戻した。 先制からわずか2分で追いつかれたインテルだったが、こちらもすぐさま反発を見せる。78分、右CKの流れからボックス手前でクリアボールに反応したナインゴランが抑えの利いた右足のダイレクトシュートを放つと、これがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。 リーグ戦10試合ぶりの複数得点で再び優位に立ったインテルはここから守備を固めながらカウンターで追加点を狙う戦い方にシフト。幾度か迎えたカウンターチャンスを決め切れない中、試合最終盤には相手のパワープレーに防戦一方の展開を強いられたが、新主将のハンダノビッチを中心に何とか凌ぎ切って2-1の勝利。難敵相手に競り勝ったインテルは公式戦3連勝を飾っている。 2019.02.18 04:04 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがイカルディ獲得に本腰を入れない理由とは

レアル・マドリー寄りで知られるスペイン『マルカ』が、同クラブがインテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)獲得に本腰を入れない理由を主張した。 インテルの絶対的エースに君臨し、今シーズンもここまでの公式戦28試合で15ゴールを決めているイカルディ。当然、この実力者には移籍市場でも注目が集まっており、長らくマドリーからの関心が取り沙汰されてきた。 しかし、イカルディは現在、キャリアの重要な岐路に立たされているかもしれない。インテルは13日、同選手からキャプテンマークを剥奪すると異例の公式発表。これに反発したイカルディ側も14日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのラピド・ウィーン戦への招集を拒否し、事態は泥沼化している。 そもそも、インテルが強硬にキャプテンを退かせたのは、現行契約が2021年までとなっているイカルディに関する延長交渉が遅々として進まず、痺れを切らした為だという。そして、同選手の代理人を務め交渉を行っている人物は、妻でもあるワンダ・ナラ氏だ。 ワンダ・ナラ氏は以前からイカルディの給与アップを求めており、時には公の場で移籍を匂わす様な発言も辞さず。一方で契約延長を仄めかすこともあり、その挑発的な言動は少なくない批判を集めていた。イカルディが主将を剥奪された直後には、同選手の妹が「もしあなたにちゃんと面倒を見てくれる真面目な人が付いてくれてたら…」とワンダ・ナラ氏に対する憤りを露わにしている。 そして、『マルカ』は「レアル・マドリーがイカルディとサインしない理由はワンダ・ナラだ」というタイトルの記事をリリース。マドリーは以前からワンダ・ナラ氏が代理人であるという点を懸念しており、2018年冬の移籍市場で真剣にオファーを検討した際にも、それが理由で交渉を切り上げたことが伝えられている。 2019.02.17 18:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ルカク売却へ 後釜にディバラorイカルディ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(25)に今夏移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・スター』が報じている。 ルカクは2017年夏、エバートンからユナイテッドに加入。公式戦47試合に出場して21得点と活躍したが、今シーズンは序盤のコンディション不良で出遅れた上に、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの急速な台頭もあり、先発機を減らしている。 そのルカクを巡っては現在、ユベントスとインテルが注視。そこで、ユナイテッドは売却検討のルカクを交渉材料に、ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)か、インテルに所属する同代表FWマウロ・イカルディ(25)のいずれかの獲得を狙っているという。 ディバラとイカルディの市場価値は共に推定1億ポンド(約142億4000万円)。ルカクの市場価値を7500万ポンド(約106億8000万円)と見込むユナイテッドは、来シーズンの正式監督人事問題と平行して新たなアタッカー獲得に向け、ユベントス、インテルと既に交渉に入っている模様だ。 2019.02.17 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、シュクリニアルをトップターゲットに設定か

マンチェスター・ユナイテッドが、インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(24)を今夏のトップターゲットに設定したようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ユナイテッドにとって、センターバックは長らく課題として挙げられているポジションの1つだ。新戦力の確保を目指すユナイテッドは、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)とサンプドリアのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)をリストアップしているという。 しかし、クリバリに関してはナポリが放出を拒んでおり、コンタクトを取ったとされるもう一方のアンデルセンはトッテナムに加入する可能性が高いことから、両者の獲得は困難と判断しているようだ。 そうした中で、シュクリニアルをトップターゲットに据えているという。同選手はインテルと新契約締結に向けて交渉しているが、ユナイテッドにより長期的に動向を追われている事も把握しているという。 また、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督は補強方針について「フィットする適切な選手でなくてはならない」とコメント。最近ではDFクリス・スモーリング(29)とDFフィル・ジョーンズ(26)と契約延長したばかりであり、シュクリニアルの獲得に成功した場合はDFエリック・バイリーの立場はさらに厳しくなると『インデペンデント』は指摘している。 2019.02.16 19:37 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディ退団危機のインテル、後釜をリストアップか

インテルが、アタランタに所属するコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(27)とマンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメロ・ルカク(25)の獲得を検討しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 契約延長が難航していることを受け、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)のキャプテンを剥奪したインテル。クラブは弁明しているが、14日に行われたヨーロッパリーグ・ラウンド16の1stレグ、ラピド・ウィーン戦(1-0でインテルが勝利)で同選手が招集を拒否したと伝えられており、両者の関係はさらに悪化していることが報じられている。 今回伝えられるところによれば、インテルは新契約締結に自信を見せているがイカルディの退団に備え後釜にサパタとルカクをリストアップしているという。前者の推定移籍金は5000万ユーロ(約62億円)となっており、後者は9000万ユーロ(約112億円)となっているようだ。 今シーズンにサンプドリアから期限付き移籍でアタランタに加入しているサパタは、ハットトリックを2回記録した上、8試合連続ゴールを決める等セリエA23試合で16ゴールを記録。また、得点ランキングではユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドの19得点に次ぐ2位タイに付けている。 一方、2017年にユナイテッドに加入したルカクは、加入初年度から公式51試合で27ゴール9ゴールを記録。今シーズンもここまで公式戦32試合で9ゴール4アシストを記録しているが、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督就任以降、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの活躍で陰に隠れている 2019.02.16 15:02 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース