超ワールドサッカー

保有元インテルに痛快恩返し弾! パルマDFが“ロベカル弾”振り返る2018.09.16 15:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パルマは15日に敵地ジュゼッペ・メアッツァで行われたセリエA第4節のインテル戦を1-0で勝利し金星を挙げた。同試合で決勝点を決めたU-21イタリア代表DFフェデリコ・ディマルコが試合を振り返った。『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えている。▽昨季のセリエA昇格プレーオフを制して“20番目のチーム”としてセリエAを戦うパルマ。開幕3試合ではユベントス相手に1-2の善戦を見せるなど健闘を続けていたものの、セリエA復帰初勝利はお預けとなっていた。だが、格上インテルとのアウェイゲームでは粘り強い戦いで0-0の状況を継続すると、79分にディマルコのスーパーゴールが生まれ、1-0のスコアで待望の今季初白星を手にした。

▽インテルの下部組織出身で今夏スイスのシオンから買い戻された末、パルマにレンタル移籍という形でやってきた左サイドバックは古巣相手の一戦を振り返っている。

「僕たちは勝利に値したと思っている。最後までグループとしてハードに戦っていたからね」

▽また、古巣相手にセリエA初ゴールを記録したディマルコだが、そのゴールはゴール手前25メートル付近から左足アウトサイドにかけて枠の右から急速に左にカーブする、ロベルト・カルロスを彷彿とさせるような鮮烈な一撃だった。

「(ロベルト・カルロスとの)比較は少し大げさじゃないかな。僕はただゴールを決めることができて幸せなだけだよ。このゴールは来月誕生予定の娘に捧げたいと思っている」

「マッテオ・ポリターノの寄せが甘いと感じたからあのタイミングで打ちうまくいったんだ。ただ、僕の心はインテリスタだからインテル相手に決めたことを少し残念に思うよ。ただ、自分の今後に向けて重要なゴールになったと思っている」

▽最後にレンタル元のインテルへの復帰の可能性に関しては、「運命はわからないよ。いまはパルマでの戦いに集中したい。仮にインテルが僕をプレーするに値すると判断してくれれば、来年は戻ることになるけど、そうでなければ別のクラブにいると思う」と明言を避けている。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、ビッグクラブが注目するイタリア代表MFトナーリに最初のオファーを提示

▽セリエB(イタリア2部)に所属するブレシアのイタリア代表MFサンドロ・トナーリ(18)の獲得を目指しているインテルが最初のオファーを提示したようだ。イタリア『FCInterNews』をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽2000年生まれのトナーリは昨シーズンにプロデビュー。19試合に出場したセリエBでは2ゴール2アシストを記録した。長短使いこなす高精度のパスや中盤でのボール奪取能力を武器にセントラルMFやディフェンシブMFを主戦場とする同選手は“ニュー・ピルロ”と呼ばれ、チェルシーやマンチェスター・シティ、ユベントス、ローマなど国内外のビッグクラブから注目を集めている。 ▽今回の報道によれば、インテルは1500万ユーロ(約20億円)+出来高ボーナスで最初のオファーを提示したとのこと。しかし、ブレシアのマッシモ・セルティーノ会長は、トナーリの移籍金として2500万ユーロ(約32億円)を要求しており、以前にローマが提示した1200万ユーロ(約15億円)+ボーナス400万ユーロ(約5億円)のオファーを拒否していることから、同紙では今回の提示額では不十分だと予想しているようだ。 ▽なお、今回イタリア代表に初招集されたトナーリは、20日に行われるアメリカ代表との親善試合でA代表デビューを飾る予定だという。 2018.11.19 04:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レジスタとして変貌のブロゾビッチ…代理人が去就語る!

▽インテルに所属するクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチ(26)の代理人が選手の去就に言及した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽ブロゾビッチは2015年1月からインテルでプレー。放出候補として名前が挙がる時期もあったが、ルチアーノ・スパレッティ監督の下でレジスタとして変貌を遂げ、公式戦15試合2得点と主力の座を射止めている。 ▽そのブロゾビッチの代理人を務めるミロスラフ・ビカニッチ氏は、選手の将来について次のように語った。 「インテル? 彼らは彼に対して、重要かつ相応しい役割を授けた。マルセロ自身も家であるミラノでより成長を遂げたね。移籍? 世界最大級のクラブが彼を欲したとしても、6000万ユーロ(約77億2000万円)の解除金を支払わなければならない。我々とも給与面の折り合いをつけないとね。だが、今のマルセロはインテルでのリーグ制覇に完全集中している」 2018.11.17 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、フリーでベンフィカMFサルビオ獲得へ 代理人がインスタに投稿

▽インテルが、ベンフィカに所属するアルゼンチン代表MFエドゥアルド・サルビオ(28)の獲得に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽2008年にアルゼンチンのラヌースでキャリアをスタートさせたサルビオは、2010年1月にアトレティコ・マドリーに移籍。途中加入となった2009-10年シーズンはリーガエスパニョーラ13試合に出場も先発出場は5試合に留まっていた。 ▽外国人枠の関係で2011年にベンフィカにレンタル移籍をしていた同選手。2012年夏に完全移籍でベンフィカ入りを果たし、通算で253試合に出場で60ゴール54アシストを記録。今シーズンもここまで公式戦15試合で4ゴール5アシストをマークしている。 ▽ベンフィカとの現行契約は今シーズン限りまでとなっているサルビオだが、代理人を務めるオギュスタン・ヒメネス氏が14日に自身のインスタグラム(agus_jimeenez24)のストーリーでインテルのオフィスを訪れたことを公に。両者の間で何らかの話し合いが行われた可能性が高い。 ▽また、イタリア『トゥットスポルト』によれば、インテルはフィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(21)と、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(22)の獲得に動いているが、より安価で獲得できるサルビオに も関心を持っているようだ。 2018.11.15 14:26 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏インテル加入のL・マルティネス、出場減も諦めず「常に準備が整っている」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが出場機会の増加を望んでいる。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽今夏にラシン・クラブ(アルゼンチン1部)から2100万ユーロ(現在のレートで約27億円)でインテルに加入したL・マルティネス。背番号「10」を背負うなど期待されていたが、ここまでの公式戦7試合に出場に留まっている。また、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディや元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランからスタメンの座を奪うことはできず、先発出場はわずか3試合のみにとどまっている。 ▽しかし、L・マルティネスはその苦境を認めつつも現状を打破するために諦めないことを明確にした。 「僕はインテルではあまりプレーしてはいないが、常に準備が整っているように努力はしている」 「もっとプレーをしたいけど、次の試合に向けて可能な限り最善の方法で準備するために、ここでトレーニングをする。僕にとってはここにいることが夢であって、ここならいつでも楽しめる」 ▽また、L・マルティネスはアルゼンチン代表でも夢見ていることがあると語っている。 「僕は、コパ・アメリカ(優勝)はワールドカップと同じくらい夢見ている。最高のものだよ」 2018.11.13 16:59 Tue
twitterfacebook
thumb

思わぬ大敗にインテル指揮官スパレッティ「集中力が持たないし、デュエルで負けすぎ」

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティは、11日のアタランタ戦終了後、『DAZN』のインタビューに応じ、敗戦の弁を述べた。<br><br>インテルは11日、セリエA第12節で難敵アタランタとアウェイで対戦。8分に先制点を奪われると、1度は主将FWマウロ・イカルディのPKで同点に追いついたが、立て続けに得点を許し、1-4で敗れた。インテルは順位を3位に落とし、首位ユベントスとの差は9ポイントに広がった。スパレッティは格下のチームに大敗したことで苦言を呈している。<br><br>「長時間にわたって集中力を維持することができない。これは以前からの問題だ。相手に対して注意を欠き、数メートルのスペースをプレゼントしてしまう。アタランタのように調子が良く、思い切りの良いチームが相手だとすべてが難しくなる」<br><br>「イカルディのゴールで試合は良い方向へと傾いたが、デュエルで負けることが多すぎた。アタランタは勢いを維持していたのに対し、我々は試合半ばで一旦盛り返したが、両者に勝機がある中でまたパフォーマンスが下がってしまった」<br><br>またスパレッティは、アタランタの両サイドから繰り広げられる攻撃を封じることができなかったことを課題として挙げたほか、後半アディショナルタイムに退場処分を受けたMFマルセロ・ブロゾヴィッチについて言及した。<br><br>「向こうの2人のウインガーには広いスペースがあった。このスペースを上手くカバーしなければならなかった。ブロゾヴィッチ? 私はファウルを見ていないが、良いプレーができていないときは感情的になってしまうものだ。だが主審の判定は大げさに思えた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.12 18:35 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース