乾が途中出場でベティスデビュー! 惜しいシュートを放つもホームでレバンテに0-3の大敗…《リーガエスパニョーラ》2018.08.18 07:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラ開幕節、ベティスvsレバンテが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのレバンテが3-0で勝利した。ベティスのMF乾貴士は66分に途中出場しデビューを飾った。▽昨季、セティエン監督の下で攻撃的なポゼッションスタイルに生まれ変わり6位フィニッシュを成し遂げたベティスは今夏の移籍市場で積極的な補強を敢行。乾貴士、カナレス、パウ・ロペス、ロブレスをフリーで獲得。さらにシドネイ、ウィリアム・カルバーリョという実力者を完全移籍で獲得した。ホームでの開幕戦に向けてはGKパウ・ロペス、 W・カルバーリョ、カナレスが先発を勝ち取り、乾はスーパーサブとしてベンチスタートとなった。

▽金曜開催をモノともしない満員のベニート・ビジャマリンでスタートしたベティスの今季開幕戦。昨季同様に[4-4-2]の布陣で堅守速攻を目指すレバンテに対して、ベティスはブデブスとロレンを2トップに配した[3-3-2-2]の布陣で後方から丁寧なビルドアップを見せる。

▽開始7分にフィルポとロレンが早速フィニッシュの場面を作ると、その後も引いたレバンテ守備陣に揺さぶりをかけてカナレスやブデブスにシュートチャンスが訪れるが、なかなか決定機を作るまでには至らない。

▽その後は互いの持ち味が発揮される拮抗した展開が続くが、38分に右サイドのコケからの斜めのパスを受けたジェイソンが簡単にDFを振り切ってボックス右ライン際から低いクロスを入れると、これをファーでフリーのロジェールがワンタッチで流し込み、アウェイのレバンテが先制点を奪う。やや緩慢な守備から失点を許したベティスは42分にゴール左ライン際で強引に仕掛けたフィルポが際どい折り返しを入れるが、これは相手GKに弾き出されてしまった。さらに前半アディショナルタイムにはグアルダードがボックス内で続けてシュートチャンスを得るが決め切れず。

▽後半もボールを保持して押し込むベティスだが、前半同様に一瞬の気の緩みから相手十八番のカウンターに屈する。54分、自分たちのCKからカウンターを浴びると、右サイドのスペースでボールを持ったホセ・モラレスに4人のDFが次々とドリブルでかわされて圧巻の突破から最後は左足のシュートを流し込まれた。

▽ホームでまさかの2点ビハインドを負ったベティスは63分にブデブスを下げてサナブリア、66分にはW・カルバーリョに代えて乾を投入する。厳しい状況でベティスデビューの乾はアンカーに下がったグアルダードの居た左のインテリオールに入ると、積極的な呼び込みや仕掛けで攻撃にアクセントを付けようと腐心する。

▽何とかゴールをこじ開けたいベティスは乾を中心に反撃を試みると、86分には中央を持ち上がった乾がボックス外から右足を振り抜くも相手DFのブロックに遭う。さらに89分にはボックス内でフィルポの強引な突破のこぼれを拾った乾が左45度の角度からファーポストを狙った絶妙なシュートを放つが、これは相手GKのビッグセーブに遭い、デビューゴールのチャンスを逸す。すると後半ラストプレーでは相手の見事なロングカウンターからホセ・モラレスにこの日2点目を決められ、万事休す。

▽途中出場でゴールに迫るなど上々のパフォーマンスを見せた乾だったが、ホームでのベティスデビュー戦は試合終了直後にブーイングが飛び交うなど、ほろ苦い0-3の敗戦となった。
コメント
関連ニュース
thumb

乾先発で古巣ベティス初対戦の一戦は痛み分けのドロー《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節、ベティスvsアラベスが17日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、1-1のドローに終わった。アラベスのMF乾貴士は先発出場し84分までプレーした。 6位のアラベス(勝ち点35)が、7位のベティス(勝ち点32)のホームに乗り込んだ一戦。 昨夏加入したベティスでポジション争いに敗れ、アジアカップ参戦後、アラベスにレンタル移籍した乾は、デビュー戦となった前節のレバンテ戦でいきなり先発デビューを飾り、決定機逸でデビューゴールこそ逃したものの、チームの5試合ぶり勝利に大きく貢献。そして、デビュー戦で信頼を勝ち取った乾は今節、引き続き先発で数週間前まで本拠地としていたエスタディオ・ベニート・ビジャマリンに乗り込んだ。 立ち上がりから圧倒的にボールを支配するベティスに対して守備を固めながら要所でハイプレスで牽制を行うアラベス。球際で激しくぶつかり合うインテンシティの高い攻防が繰り広げられる中、ベティスが先制に成功する。 15分、相手CKのカウンターから中央でプレスを剥がしたウィリアム・カルバーリョがそのまま中央をドリブル突破。ボックス左に走り込むヘセ・ロドリゲスにスルーパスを通すと、ヘセがすかさずシュート。これはGKに阻まれるも、相手のクリアが足下に転がってきたロ・セルソが冷静に無人のゴールへ流し込んだ。 幸先良く先制に成功したベティスは遅攻とカウンターを織り交ぜた攻撃からその後も追加点に迫っていく。27分にはロ・セルソのスルーパスに抜け出したヘセに絶好機も枠に飛ばしたシュートは必死の戻りを見せたDFマリパンにゴールライン上でかき出すスーパークリアで防がれる。 一方、守勢が続くアラベスだったが、先ほどスーパークリアを見せたマリパンが今度は攻撃で魅せる。28分、相手陣内で得たFKの二次攻撃からボックス右ライン際でピナが浮き球のクロスを入れると、ファーのチモ・ナバーロが頭で折り返す。これをGKより先に右足アウトで合わせたマリパンが同点ゴールとした。 早い時間帯に追いついたアラベスだが、その後はベティスの変幻自在のパスワークに翻弄されて守備の時間が続く。身体を張った守備で何とか2点目を凌ぐ中、カウンターから幾度かチャンスが訪れるも、フリーの乾がなかなかボールをもらえないなどカウンターを完結し切れず、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もベティスが押し込む展開が続く中、52分にはカナレスのCKからフェダルがヘディングシュートもGKパチェコの好守に遭う。その後もサイドでのコンビネーションプレーを起点に再三相手ゴールに迫るホームチームだが、最後の最後で崩し切れない。 何とか勝ち切りたいベティスはセルヒオ・レオン、ホアキン、ロレンと続けてフレッシュなアタッカーをピッチに送り出し、強引にゴールをこじ開けにかかる。対して前半以上に守備の時間が長いアラベスは引き分けを意識した選手交代を行い、古巣相手にサイドの守備に奔走した乾は84分にディエゴ・ロランとの交代でピッチを後にした。 両軍ともに消耗色濃い最終盤にはアラベスがカジェリ、ベティスがロレンと共に絶好の勝ち越し機を迎えたが、いずれも決め切ることはできず。白熱の上位対決は痛み分けのドローに終わった。 2019.02.18 06:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ポゼッション信奉者セティエン、堅守速攻レガネスに敗れ一線を越える「彼らは私たちみたいにプレーできない。だから下にいる」

10日のリーガ・エスパニョーラ第23節、ベティスは敵地ブタルケでのレガネス戦で0&minus;3の敗戦を喫した。この試合後、ベティスを率いるキケ・セティエン監督がレガネスのプレースタイルに対して辛辣な言葉を吐き、スペイン国内で大きな話題となっている。<br><br>レガネスの堅守に苦しんだベティスは、試合を通してシュートを2本しか放てず。対して、カウンターを中心とした攻撃を見せたレガネスは、FWユセフ・エン=ネシリのハットトリックによって勝利を手にしている。<br><br>セティエン監督は試合後会見で「私たちがひどかった。言い訳はない」と、チームのパフォーマンスが敗戦に値するものだったことを認める。しかしながら、ポゼッションフットボールの信奉者として知られる同指揮官は、マウリシオ・ペジェグリーノ監督率いるレガネスのプレースタイルが、自身にとって嫌悪の対象であることも明確にした。<br><br>アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督に「君のスタイルは好きじゃない」と言い放ったり、ホセ・ボルダラス監督率いるヘタフェについて「彼のチームをリーガ1部では見たくはない」と語ったりと、堅守速攻を実践する監督及びチームに辛く当たってきたセティエン監督だが、今回は侮辱的とも形容できるような、一線を越える発言をしている。<br><br>「レガネスは嫌味なことを素晴らしくやってのけているね。ああしたプレーはうまくいくときもいかないときもある。だから彼らは下にいるわけだが&hellip;&hellip;。もし彼らに私たちのようなプレーをしろと言ってもできやしないだろう」<br><br>セティエン監督はまた、ミッドウィークにコパ・デル・レイ準決勝バレンシア戦をこなしたことで、レガネス戦への準備期間が不足していたことも主張した。<br><br>「レガネスのように8~9人で守る相手と戦うのは難しい。それに私たちは、彼らのように試合への準備ができなかった。72時間以下の猶予で十分な準備をすることはできないよ。言い訳ではないが、それは明確だ」<br><br>「私たちは確かに悪いパフォーマンスを見せた。しかし現在の日程は金、金、金みたいなことになっているね。それは選手たちを危険な状況に追い込む。休む時間がないんだよ」<br><br>なおベティスは勝ち点32で6位、レガネスは勝ち点29で11位に位置している。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.11 23:58 Mon
twitterfacebook
thumb

セティエンから堅守速攻を否定されたレガネス…指揮官ペジェグリーノ「恥じる必要などない。私たちは胸を張るべきだ」

ベティスのキケ・セティエン監督からそのプレースタイルを皮肉られたレガネスだが、指揮官マウリシオ・ペジェグリーノ監督は自チームに恥ずべき点がないことを強調した。<br><br>10日のリーガ・エスパニョーラ第23節、レガネス対ベティス(0&minus;3)終了後、ポゼッションフットボールの信奉者として知られるセティエン監督は、堅守速攻を実践するレガネスのプレースタイルについて「レガネスのプレーはうまくいくときもいかないときもある。だから彼らは下にいるのだが&hellip;&hellip;。もし彼らに私たちのようなプレーをしろと言ってもできないだろう」などどと、否定的な発言をしていた。<br><br>セティエン監督の次に会見に出席したペジェグリーノ監督は、当然のことながら同発言についての見解を求められている。アルゼンチン人指揮官の答えは、次のようなものだった。<br><br>「このチームが、どれだけの変化を強いられながら形づくられてきたかを知っている人たちは、自分たちの状況に満足すべきだ。このクラブはリーガ2部B(実質3部)からやってきたのであり、私たちが私たちであることに大きく胸を張るべきなんだよ。自分たちを恥ずかしく思う必要などないし、その反対であるべきだろう」<br><br>「ボールが空中にあるのも、フットボールにほかならない。ボールポゼッションは大切な要素ではあるが、攻撃的なフットボールはより難しいものである。しかし理想がある一方で、自チームの選手たちが何を与えてくれるのかという側面もある。私がこれまで率いていたチームは、すべて違うスタイルを実践してきた。良いフットボールを見せるということは様々な側面から語られるべきであり、決して一面だけで決められることではないんだよ」<br><br>ガリターノ監督はまた、このベティス戦勝利への満足感を表している。<br><br>「あれだけボールを支配するチームを相手に、私たちはいくつもの素晴らしいことを成し遂げた。このまま成長し続けていければいい。思うに、チームはまだまだ歩を進められるはずだ。仕事に取り組むための謙虚さと意思の強さがあれば、成長を続けている」<br><br>なおベティスは勝ち点32で6位、レガネスは勝ち点29で11位に位置している。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.11 23:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ホアキンの直接CK弾などベティス2点先行もガメイロ躍動のバレンシアが劇的ドローに持ち込む《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準決勝1stレグ、ベティスvsバレンシアが7日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-2のドローに終わった。 共にエスパニョール、ヘタフェを延長戦の末に退けたベティスと、バレンシアによる決勝進出を懸けた準決勝初戦。ホームのベティスはホアキン、グアルダードの重鎮コンビを起用するなど、カップ戦で正GKのロブレスを除き主力を起用した。 一方、バレンシアもGKにジャウメを起用した以外、ロドリゴ・モレノやパレホ、ガライなど主力を起用した。 互いに慎重な入りを見せた中、ホームのベティスにいきなりアクシデント発生。足を痛めたバルトラがプレー続行不可能となり、ハビ・ガルシアが10分に緊急投入された。 ディフェンスリーダーの負傷離脱でややバタつくホームチームに対して、ここからバレンシアの攻勢が続いていく。28分にはボックス内でソレールのパスを受けたロドリゴがゴール右隅にシュートを飛ばすが、これはGKロブレスがビッグセーブ。さらに、この流れで得たCKからサンティ・ミナが決定的なヘディングシュートを放つが、これもロブレスの好守に遭った。 ロブレスの連続セーブでピンチを凌いだベティスは30分を過ぎてようやく試合をコントロールし始める。34分には巧みに相手を左右に揺さぶり、カナレスの右からの折り返しをゴール左のグアルダードが左足で合わすが、これはわずかに枠の右。それでも、前半終了間際の45分には右CKの場面でショートコーナーからカナレスがファーサイドへ絶妙なクロスを供給。これをゴールラインギリギリでシドネイが頭で折り返すと、最後はゴール前のロレンが頭で流し込んだ。 ベティスの1点リードで折り返した試合は、後半もバレンシアが押し込む立ち上がりに。しかし、集中した守備でこれを凌いだホームチームが意外な形から追加点を奪う。 54分、左CKの場面でキッカーのホアキンが、ニアを空けてGKもクロスへの飛び出しを強く意識したバレンシアのセットプレー守備を確認してインスウィングの鋭いボールを蹴り込む。これを必死で戻ったGKジャウメがゴールライン上で掻き出したかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールラインを割ったとの判定でゴールが認められた。 ホアキンの珍しい直接CK弾によって痛恨の2失点目を喫したバレンシアは58分にコクラン、サンティ・ミナを下げてコンドグビア、ガメイロを同時投入。 ここから一気に攻勢を強めたバレンシアは70分に1点を返す。相手陣内高い位置でのパレホのボール奪取からボックス左に抜け出したガメイロが折り返すと、これをゴール前に走り込んだチェリシェフがワンタッチで流し込んだ。 この1点でより開かれた展開となった中、このまま逃げ切りたいベティスはロレンに代えて移籍後初出場となるヘセ・ロドリゲス、負傷明けのジュニオル・フィルポを下げてフランシス・ロドリゲスを投入する。 前回ラウンドの劇的な逆転突破を自信に攻勢を続けるバレンシアは89分に絶好機。カウンターからボックス右に抜け出したガメイロからのクロスをチェリシェフが頭で合わす。だが、この決定的なヘディングシュートはクロスバーを叩く。 この決定機逸で万事休すと思われたが、この試合で抜群の存在感を示していたガメイロがチームを救う。92分、自陣からの長い縦パスを中央で受けたガメイロは左を並走するロドリゴに預けてゴール前に全力疾走。そして、ロドリゴからの絶妙な折り返しをDFシドネイ、GKロブレスよりわずかに早く触ってゴールに流し込んだ。 この直後に試合はタイムアップを迎え、直近のバルセロナ戦とは逆に0-2のビハインドから追いついたバレンシアが2つのアウェイゴールを持ち帰り、28日にメスタージャで行われる2ndレグに向けて優位な立場に立った。 2019.02.08 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスで再起誓うヘセ・ロドリゲス「太ってない、これは筋肉」

ベティスに加入したスペイン人FWヘセ・ロドリゲスが、入団会見で自身の状態を説明している。スペイン『アス』が伝えた。 ヘセは、今シーズン終了までのレンタルでパリ・サンジェルマン(PSG)からベティスに加入。PSGでスタートした今シーズンは公式戦でのプレー時間が僅か1分に留まっており、2017年にレンタルで加わっていたラス・パルマス時代に師事したキケ・セティエン監督の下で、再起を図ることとなった。 そして、ヘセは5日に行われた入団会見に登場。その中で、長期間プレーの場が与えられなかったことからフィットネスに関する質問が飛ぶと、以下のように返答している。 「僕は元気だ。PSGでキャンペーンを始めてから、しっかりと重いトーレニングをこなしてきた」 「僕の体重について多くの人がコメントしているけど、ヒザをケガして脚を鍛えていたんだ」 「僕は太ってない、これは筋肉だよ」 レアル・マドリー下部組織出身で2011年にトップチームデビューを飾ったヘセは、2016年8月にPSGへ完全移籍。しかし、タレントが揃う攻撃陣の中で出場機会を得ることができず、2016-17シーズン途中にはラス・パルマスに、昨シーズンにはストーク・シティへレンタル移籍に出されていた。 2019.02.06 15:20 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース