アーセナルの若手DFビエリクが3部チャールトンヘレンタル2018.08.16 20:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ1(イングランド3部)のチャールトンは16日、アーセナルに所属するU-21ポーランド代表DFクリスティアン・ビエリク(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン一杯となる。

▽ビエリクは、2015年1月にレギア・ワルシャワから完全移籍でアーセナルに加入。2017年1月からはバーミンガム、2018年1月からはウォルソールへレンタル移籍していた。

▽2017-18シーズンは、ウォルソールでの出番はなく、アーセナルU-23としてプレミアリーグ2で4試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴェンゲル、教え子ラムジーのイタリア行きに言及「ユーベにとって面白い補強になる」

アーセン・ヴェンゲル氏が、来シーズンにアーセナルからユベントスに加入することが決定したウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カーディフ・シティでプロデビューしたラムジーは、2008年の夏にアーセナルへ移籍した。その後、在籍11シーズンに渡って公式戦361試合に出場し62ゴール64アシストを記録。3度のFAカップ制覇に加え、3度のFAコミュニティ・シールド獲得に貢献してきた。今シーズンもここまで公式戦30試合に出場し3ゴール7アシストを記録している。 そんなラムジーは今シーズンがアーセナルとの契約最終年だったが、同クラブとの契約延長交渉は破談に。今月11日に、来シーズンからユベントスに加わることが決定した。 そうした中、ラムジーを10年間に渡って指導してきたアーセナル前監督のヴェンゲル氏は、同選手のイタリア行きについて言及。ラムジーのクオリティを称賛し、ユベントスにとって「面白い補強」になると語った。 「アーセナルにとっては損失だ。ただ、ラムジーにとっては面白い移籍になったと言える」 「彼は今後も素晴らしい選手として活躍し続けるだろう。ボールを上手く収めることができ、深い位置からワクワクさせる走りを見せる」 「現在、あれだけ中盤でオフ・ザ・ボール時に良い走りを見せる選手は、そういない。ユベントスにとっては面白い補強になるだろう」 2019.02.18 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、チェフ後釜にバーンリーのイングランド代表GKをリストアップか?

アーセナルが今シーズン限りで現役を引退する元チェコ代表GKペトル・チェフの後釜としてバーンリーのイングランド代表GKニック・ポープ(26)の獲得を検討しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 前述のようにドイツ代表GKベルント・レノのバックアップを担うチェフの引退が決定しているアーセナルでは、その後釜の確保が今夏の優先事項となっている。 そして、アーセナルが獲得に興味を示しているのが、昨季バーンリーの守護神として活躍し、イングランド代表デビューも飾ったポープだ。 2016年にチャールトンからバーンリーに加入したポープは昨シーズンのプレミアリーグで35試合に出場。だが、今季は共にイングランド代表経験のあるGKトム・ヒートン、GKジョー・ハートとのポジション争いに敗れ、ここまでリーグ戦での出場機会はない。 また、バーンリーを率いるショーン・ダイチェ監督は先日に前述の3選手のうち、1人が今季限りでチームを去る可能性を認めていた。 なお、バーンリーはポープの移籍金を1000万ポンド(約14億2000万円)前後に設定している模様だ。 2019.02.18 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、19歳グエンドウジに85億のプライスタグ! PSGを牽制へ

アーセナルが、U-21フランス代表MFマッテオ・グエンドウジ(19)に高額な値札を貼ったようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 昨夏にロリアンから加入したグエンドウジに、かつて下部組織に在籍していたパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を寄せているようだ。加入1年目の今季はここまで公式戦33試合に出場。ウナイ・エメリ監督の信頼を完全に勝ち取り、直近ではリーグ戦6試合連続でフル出場を果たしている。 今冬にMFレアンドロ・パレデスをゼニトから獲得したPSGだが、中盤のさらなる補強を目指しているようで、グエンドウジに注目しているという。しかし、アーセナルは19歳の大器を手放す気はなく、昨夏600万ポンドで獲得したグエンドウジに10倍となる6000万ポンド(約85億5000万円)の値札を付けたようだ。 今冬の移籍市場で財政難から十分な補強が行えなかったアーセナルは、夏の市場でも4000万ポンド(約57億円)程度しか補強費が用意されないことが報じられている。その雀の涙ほどしか見込めない補強費を補うため、MFメスト・エジルやDFシュコドラン・ムスタフィが放出候補に挙がる中、グエンドウジは果たして。 2019.02.17 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

エジルの愛が重い…? 巨額サラリーに頭抱えるアーセナル

アーセナルが、所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)の扱いに頭を抱えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2013年夏にレアル・マドリーからアーセナルに移って以来、多くのチャンスを演出してきたエジル。そして、昨年2月にはクラブ史上最高額の週給35万ポンド(約5000万円)という巨額サラリーで2021年6月までの新契約を締結した。 しかし、ウナイ・エメリ監督が就任した今シーズンからは状況が一変。出場はここまで公式戦18試合に留まっており、14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグのBATE戦でも登録外となった。 エメリ監督はエジルに戦力外とする意思を通達しており、今年夏に興味を示しているパリ・サンジェルマン(PSG)へのローン移籍を推奨。給与のいくらかを分割して負担することにより、財政的な圧迫を緩めようとしている。 しかし、エジル当人は頑として拒否。クラブへの愛情を度々口にしているだけでなく、ロンドンでの生活も気に入っているようで、アーセナルでの復活を目指しているとのこと。完全移籍であれば除外していないようだが、その場合の行き先もビッグクラブのみに限定しているようだ。 2019.02.17 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ&バルサに渡さない! アーセナルがデ・リフト争奪戦に名乗り

アーセナルが、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を今夏のターゲットに据えているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 名門アヤックスの下部組織で屈強な身体を鍛え上げ、今シーズンからトップチームのキャプテンも務めているデ・リフト。2018年にはDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)やFWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)らを抑えてゴールデンボーイ賞も獲得した逸材だ。 当然ながらその動向は欧州中のクラブに見守られており、アヤックスMFフレンキー・デ・ヨングの夏加入を内定させたバルセロナや、DFヴァンサン・コンパニの後継者を探すマンチェスター・シティが有力とされている。 しかし、報道によるとデ・リフトはアーセナルの熱烈なサポーターである模様。アヤックスで共に働くマルク・オーフェルマルス氏やデニス・ベルカンプ氏といった、現役時代にアーセナルで輝いた人物たちに憧れを抱いているようだ。 なお、トップ4圏外もしくはヨーロッパリーグ(EL)制覇を阻まれた場合、アーセナルの今夏の補強予算は約4000万ポンド(約57億円)。もし何らかの方法でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できれば、約1億ポンド(約142億円)の費用を引き出せるとされており、その場合の獲得候補としてウナイ・エメリ監督がデ・リフトを挙げているようだ。 2019.02.17 15:15 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース