超ワールドサッカー

アーセナルの若手DFビエリクが3部チャールトンヘレンタル2018.08.16 20:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーグ1(イングランド3部)のチャールトンは16日、アーセナルに所属するU-21ポーランド代表DFクリスティアン・ビエリク(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン一杯となる。

▽ビエリクは、2015年1月にレギア・ワルシャワから完全移籍でアーセナルに加入。2017年1月からはバーミンガム、2018年1月からはウォルソールへレンタル移籍していた。

▽2017-18シーズンは、ウォルソールでの出番はなく、アーセナルU-23としてプレミアリーグ2で4試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲル氏、アーセナル指揮官退任後の生活一変に「喪失感に苛まれた」

元アーセナル指揮官のアーセン・ヴェンゲル氏は、クラブから退団後に喪失感に苛まれたと明かした。<br><br>昨シーズン終了後、22年間にもわたり長期政権を築いてきたアーセナルから退任したヴェンゲル氏。現場復帰への意欲をのぞかせ、ミランやバイエルン・ミュンヘン行きが噂される同指揮官だが、依然として無所属の状態が続く。<br><br>そんな中、ヴェンゲル氏は『beINスポーツ』で20数年ぶりにフットボールから離れた生活を送っていることについてのコメントを残した。「自由な時間が大いにあることなどこれまでになかったから、少しばかり喪失感があった」<br><br>「これまでは常に解決しなくてはならない問題を抱えていて、解決したと思ったらまたすぐに別の問題がやって来た。人生において次の試合が常に1つのターゲットだった。だから今の生活はとても難しいが、私にとってのチャレンジだ。ただ、今のところまだ引退する気分ではない。まだ戦っていける」<br><br>ヴェンゲル氏は先日、イギリス『スカイスポーツ』のインタビューで、2019年の早い段階から現場復帰を目指すと話した。<br><br>提供:goal.com 2018.11.17 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールがエメリの手腕に太鼓判!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが恩師を称賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽その恩師とは、今シーズンからアーセナルの指揮を執るウナイ・エメリ監督だ。エメリ監督は2016年夏から昨シーズンまでPSGを指揮。昨夏にPSG入りしたネイマールとは1年間、共闘した。 ▽ネイマールはアーセナルで現在公式戦16試合無敗を続けるエメリ監督について次のように語った。 「アーセナルは本当に良いフットボールをしている。素晴らしい結果を残しているね。彼は本当に偉大な監督。それは誰もがわかっていることだ」 「僕自身も彼と一緒に仕事できて幸せだった。彼は本当に努力家。それに、僕らを指導すると共に、自分自身もフットボールを勉強していたぐらいだ」 「きっと彼なら、イングランドでも重要で大きなクラブであるアーセナルに良いものをもたらしてくれる。彼の幸運を祈るよ」 2018.11.17 09:40 Sat
twitterfacebook
thumb

早期順応のトレイラ、2人のチームメートのサポートに感謝

▽アーセナルに所属するウルグアイ代表MFルーカス・トレイラが、クラブとイングランドに早い段階で適応できた理由のひとつに2人のチームメートの存在を挙げた。同選手がクラブ公式サイトで語った。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)での好パフォーマンスを引っ提げて今夏サンプドリアからアーセナルに加入したトレイラ。コンディション調整とウナイ・エメリ監督の戦術への適応からシーズン序盤こそ途中出場が目立ったものの、現在は攻守両面で質と量を約束する万能型MFとしてチームの主力を担っている。 ▽トレイラは初挑戦の選手にとって適応が難しいプレミアリーグにおいて自身が早い段階で適応できた理由に関して、ロッカールームで隣り合うフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット、元ドイツ代表MFメスト・エジルのサポートが大きかったと明かした。 「僕がここに来たとき、ロッカールームはラカゼットとエジルの間だったんだ。それは想像したことも夢見たこともないものだったよ」 「22歳でそんな特権を得られるなんて光栄なことだし、自分が今どこにいるのか理解することに苦労しているよ。同時にそれを楽しんでいるけどね」 「メストとラカは本当に素晴らしいプレーヤーであり、人間なんだ。彼らはチームが求めるクオリティをもたらしてくるんだ。同時に彼らはゲームのテンポを作ってくれる」 「ラカは素晴らしいゴールペースを見せているし、メストは正真正銘のトッププレーヤーだ。彼にボールを預ければ、失うことはほとんどない。彼はシンプルなプレーを重視しているし、クオリティが高く、いつも僕たちを落ち着かせてくれるんだ。僕は中盤だから彼にパスを出すと落ち着けるんだ」 2018.11.16 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサGMがO・デンベレの素行に言及

▽バルセロナのゼネラルマネージャー(GM)を務めるペップ・セグラ氏が、所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(21)の放出を否定している。イギリス『メトロ』が、スペインのラジオ『SER』での発言を引用して報じた。 ▽遅刻や素行不良が囁かれ、来年1月の移籍が噂されたO・デンベレ。『メトロ』の情報によれば、移籍金8500万ポンド(約123億円)以上でのリバプール、アーセナル行きも取り沙汰されているようだ。 ▽しかし、先日にはO・デンベレの代理人が遅刻や素行不良、移籍を全面否定。さらに、バルセロナ側の大きな決定権を持つセグラGMも「問題ない」と語った。また、セグラGMとジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が代理人と話し合いO・デンベレを残留させるよう決定した、とする報道についても触れている。 「(ウスマーヌ・)デンベレに問題はない」 「私たちは話し合ったし、昨日も丁度3人の別の代理人たちと会ってきた。だが、(様々な噂が立つが)それは正常なことであり、私の仕事の一部だ。自然なことなんだよ」 「デンベレは非常に若く、今直面しているバルサに適応するための努力のようなものはしてこなかった。私たちは、それが彼にとってハードなことだと認識しているし、彼本人もそう思っている。出来るだけ早く状況が変わるように努力しているよ」 ▽今シーズンここまで公式戦15試合6ゴール2アシストを記録しているO・デンベレ。現時点でも上々の成績だが、有無を言わさない更なる活躍で周囲の喧騒を振り払いたいところか。 2018.11.16 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ジルー、同性愛カミングアウトの難しさに理解「多くの課題が残っている」

▽チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、サッカー界で同性愛をカミングアウトすることの難しさを語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の一員としてトロフィーを掲げたジルー。サッカー選手として最高峰のタイトルを得た同選手だが、現在はさらに達成が困難な仕事に頭を悩ませているようだ。 ▽サッカー界は近年、プレミアリーグがLGBTの人々への支援を表明するなど、あらゆる差別に対する取り組みを実施。2014年に元ドイツ代表MFトーマス・ヒッツルスペルガー氏が同性愛者であることをカミングアウトしたこともあり、多少は風向きも変わってきている。 ▽しかし、ジルーは選手目線からこの問題に取り組む難しさを述べた。 「(ヒッツルスペルガーの例は)とても感動的だったよ。フットボール界でホモセクシャルだと公表することは不可能なんだ、と呟いていた時のことだった」 「部屋が変わると、沢山のテストステロン(男性ホルモン)があって、集団生活で、シャワーは共同。やりにくいけどそうなんだ」 「僕には、その痛みや男たち(サッカー選手)がカミングアウトすることの難しさが分かる。1人で何年も取り組んでいたことの、本当の結果が出るんだ」 「ゲイコミュニティ支援のためにアーセナルが“レインボウ・レース”の着用を頼んできた時も、僕はやったよ。この問題に関して、サッカー界にはまだ多くの課題が残っている」 2018.11.16 16:15 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース