昇格組のパルマ、ナポリからイタリア代表FWとU-23イタリア代表MFを獲得2018.08.15 01:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パルマは14日、ナポリからイタリア代表FWロベルト・イングレーゼ(26)とU-23イタリア代表MFアルベルト・グラッシ(23)をレンタル移籍で獲得した。

▽パルマの公式サイトによれば、イングレーゼの契約には買い取りオプションが付随しているが、グラッシには付随していない。

▽ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタル。昨シーズンはセリエAで34試合の出場し12ゴール2アシストを記録していた。

▽一方、イタリア屈指の育成組織を誇るアタランタのユース出身であるグラッシは、攻守両面で貢献できる万能型のセントラルハーフ。2014年11月にトップデビューを飾ると、2016年冬にナポリへ完全移籍。同シーズンはアタランタにレンタルされると、昨シーズンはSPALへレンタル移籍。SPALではセリエAで28試合に出場し3ゴールを記録していた。
コメント
関連ニュース
thumb

パルマ、トラブゾンスポルからスロバキア代表MFクツカを獲得!

パルマは15日、トラブゾンスポルからスロバキア代表MFユライ・クツカ(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 母国のポドブレゾヴァーでプロデビューしたクツカは、ルジョムベロクやスパルタ・プラハ、ジェノアでのプレーを経て、2015年にミランへ加入。ミランでは豊富な運動量と中盤でのユーティリティ性を武器に加入初年度から活躍すると、在籍2シーズンで公式戦67試合に出場し5ゴール6アシストを記録。 2017年7月から加入したトラブゾンシュポルでは、ここまで在籍1年半で公式戦38試合に出場し3ゴール7アシストをマークしていた。また、2008年にデビューしたスロバキア代表では、これまで63キャップを誇り、7ゴールを記録している。 2019.01.16 02:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ采配的中のミランが好調パルマとの上位対決を逆転勝利《セリエA》

▽ミランは2日、セリエA第14節でパルマをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 ▽前節ラツィオ戦を試合終了間際の失点で引き分けに持ち込まれた5位ミラン(勝ち点22)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)では格下デュドランジュに一時逆転される展開ながらも5-2と勝利し、決勝トーナメント進出に王手をかけた。そのデュドランジュ戦のスタメンから6選手を変更。クトローネやチャルハノール、バカヨコらが引き続きスタメンとなった。 ▽ジェルビーニョが2戦連発中で2連勝の6位パルマ(勝ち点20)に対し、[4-3-3]を採用したミランは、センターバックにアバーテを起用した。そのミランが立ち上がりから押し込む展開とすると8分、FKの流れからサパタがヘディングシュートでオンターゲットを記録。 ▽その後も自陣に引くパルマに対し、ミランは28分にスソが右足ミドルで枠の右隅を捉え、ゴールに迫った。しかし37分にピンチ。右サイドからのFKでフリーのガリオーロにヘディングシュートを許してしまった。だが、枠を外れて救われる。 ▽ところがゴールレスで迎えた後半開始4分、パルマに先制される。左CKからニアのイングレーゼにヘディングで流し込まれてしまった。 ▽失点を受けてJ・マウリに代えてボリーニを投入し、2トップとしたミランは55分に同点とする。スソのパスがDFにディフレクトした浮き球のルーズボールを、ボックス右のクトローネがボレーでゴール左に流し込んだ。 ▽ボリーニの投入で攻撃が活性化したミランは続く67分、左サイドからのチャルハノールのクロスボールがボックス内のバストーニのハンドを誘ってPKを獲得。これをケシエが決めて逆転に成功した。 ▽逆転後はミランが主導権を握り、パルマの反撃を許さずに2-1のまま勝利。好調パルマとの上位対決を制し、リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾っている。 2018.12.02 22:38 Sun
twitterfacebook
thumb

インモービレ1G1Aのラツィオが好調パルマに勝利《セリエA》

▽ラツィオは21日、セリエA第9節でパルマとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節は難敵フィオレンティーナをインモービレの一撃で1-0と辛勝した4位ラツィオ(勝ち点15)は、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、ルーカス・レイバといった主力がスタメンとなった。 ▽ここ5試合で4勝と好結果を出している7位パルマ(勝ち点13)に対し、ラツィオが押し込む展開で推移すると、18分にルリッチがドリブルシュートでゴールに迫った。続く19分にもインモービレが枠内シュートを浴びせたラツィオだったが、直後にイングレーゼにゴールに迫られると、引き続き膠着状態を強いられる。 ▽31分にはシュトゥラツに直接FKでゴールを脅かされたラツィオは、なかなかゴールに迫れずにいたが、41分に決定機。アチェルビのフィードに反応してボックス右に走り込んだパトリックがボレー。枠を捉えていたが、GKセペの守備範囲でセーブされてしまった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ラツィオは52分にL・アルベルトがミドルシュートでGKセペを強襲すると、54分にもミリンコビッチ=サビッチが枠内シュートを浴びせた。 ▽圧力を強めるラツィオは57分、2枚代えを敢行する。L・アルベルトとルーカス・レイバに代えてコレアとベリシャを投入した。 ▽しかし、ここから膠着状態に陥り、ゴールに迫れない状況が続く。それでも80分、ルーズボールに反応したベリシャがボックス内でガリオーロに倒されてPKを獲得する。このPKをインモービレが決めて均衡を破ったラツィオは、試合終了間際にはインモービレのスルーパスからコレアが決めて、好調パルマを撃破している。 2018.10.21 23:54 Sun
twitterfacebook
thumb

絶好調のジェノアFWピョンテク、ヴィエリ以来のセリエA開幕7連発達成

▽ジェノアは7日、セリエA第8節でパルマと対戦し1-3で敗戦した。同試合ではポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが開幕7試合連続ゴールを達成した。 ▽昨シーズン、母国のクラコヴィアでのリーグ戦21ゴールの活躍を引っ提げて今夏ジェノアに加入したピョンテク。すると、自身の公式戦デビュー戦となったコッパ・イタリア3回戦のレッチェ戦で4ゴールの圧巻デビューを飾ると、セリエ第2節のエンポリ戦からここまで6試合連発となる8ゴールを挙げている。(セリエA開幕節ミラン戦はジェノバの高架橋崩落事故の影響で延期) ▽そして、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリがインテル時代の2002-03シーズンに記録して以来のセリエA開幕7試合連続ゴールが懸かった今回の一戦では開始6分に左サイドのMFダルコ・ラゾビッチからのクロスを巧みな頭でのフリックでゴール右隅に流し込み、今季自身9点目となるゴールを挙げて難なくセリエA開幕7連発を達成した。 ▽なお、セリエA記録は1994-95シーズンに当時フィオレンティーナに在籍していた元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータの開幕11試合連続ゴールだ。 2018.10.08 13:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ミリクのドッピエッタでナポリが快勝! 今季5勝目を挙げてユーベとの大一番へ《セリエA》

▽ナポリは26日、セリエA第6節でパルマとのホーム戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節トリノ戦をインシーニェのドッピエッタなどで快勝して今季4勝目を挙げたナポリは、週末にユベントス戦を控える中、トリノ戦のスタメンから9選手を変更。インシーニェとクリバリのみ引き続きスタメンとなった。 ▽ここまで2勝1分け2敗のパルマに対し、3トップに右からファビアン・ルイス、ミリク、インシーニェと並べる[4-3-3]で臨んだナポリは、開始4分にファビアン・ルイスのパスをボックス右で受けたミリクの折り返しをインシーニェが押し込んであっさり先制する。 ▽その後もパルマを圧倒するナポリは21分にボックス左でルーズボールを拾ったジエリンスキが決定的なシュートに持ち込むも枠の上に外してしまう。さらに32分、インシーニェのコントロールシュートが右ポストを直撃し、42分のボックス左からマリオ・ルイの放ったシュートはGKの好守に阻まれ、前半を1点のリードで終えた。 ▽それでも迎えた後半開始2分、インシーニェのスルーパスを受けてボックス右に抜け出したミリクがGKとの一対一を確実に決めて加点に成功した。 ▽その後もパルマに付け入る隙を見せなかったナポリは、終盤の85分に途中出場のヴェルディのアシストからミリクがこの試合2点目を決めて勝負あり。快勝で今季5勝目を挙げ、ユベントスとの大一番に臨むこととなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.27 06:27 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース