超ワールドサッカー

昇格組のパルマ、ナポリからイタリア代表FWとU-23イタリア代表MFを獲得2018.08.15 01:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パルマは14日、ナポリからイタリア代表FWロベルト・イングレーゼ(26)とU-23イタリア代表MFアルベルト・グラッシ(23)をレンタル移籍で獲得した。

▽パルマの公式サイトによれば、イングレーゼの契約には買い取りオプションが付随しているが、グラッシには付随していない。

▽ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタル。昨シーズンはセリエAで34試合の出場し12ゴール2アシストを記録していた。

▽一方、イタリア屈指の育成組織を誇るアタランタのユース出身であるグラッシは、攻守両面で貢献できる万能型のセントラルハーフ。2014年11月にトップデビューを飾ると、2016年冬にナポリへ完全移籍。同シーズンはアタランタにレンタルされると、昨シーズンはSPALへレンタル移籍。SPALではセリエAで28試合に出場し3ゴールを記録していた。

コメント

関連ニュース

thumb

インモービレ1G1Aのラツィオが好調パルマに勝利《セリエA》

▽ラツィオは21日、セリエA第9節でパルマとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節は難敵フィオレンティーナをインモービレの一撃で1-0と辛勝した4位ラツィオ(勝ち点15)は、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、ルーカス・レイバといった主力がスタメンとなった。 ▽ここ5試合で4勝と好結果を出している7位パルマ(勝ち点13)に対し、ラツィオが押し込む展開で推移すると、18分にルリッチがドリブルシュートでゴールに迫った。続く19分にもインモービレが枠内シュートを浴びせたラツィオだったが、直後にイングレーゼにゴールに迫られると、引き続き膠着状態を強いられる。 ▽31分にはシュトゥラツに直接FKでゴールを脅かされたラツィオは、なかなかゴールに迫れずにいたが、41分に決定機。アチェルビのフィードに反応してボックス右に走り込んだパトリックがボレー。枠を捉えていたが、GKセペの守備範囲でセーブされてしまった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、ラツィオは52分にL・アルベルトがミドルシュートでGKセペを強襲すると、54分にもミリンコビッチ=サビッチが枠内シュートを浴びせた。 ▽圧力を強めるラツィオは57分、2枚代えを敢行する。L・アルベルトとルーカス・レイバに代えてコレアとベリシャを投入した。 ▽しかし、ここから膠着状態に陥り、ゴールに迫れない状況が続く。それでも80分、ルーズボールに反応したベリシャがボックス内でガリオーロに倒されてPKを獲得する。このPKをインモービレが決めて均衡を破ったラツィオは、試合終了間際にはインモービレのスルーパスからコレアが決めて、好調パルマを撃破している。 2018.10.21 23:54 Sun
twitterfacebook
thumb

絶好調のジェノアFWピョンテク、ヴィエリ以来のセリエA開幕7連発達成

▽ジェノアは7日、セリエA第8節でパルマと対戦し1-3で敗戦した。同試合ではポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが開幕7試合連続ゴールを達成した。 ▽昨シーズン、母国のクラコヴィアでのリーグ戦21ゴールの活躍を引っ提げて今夏ジェノアに加入したピョンテク。すると、自身の公式戦デビュー戦となったコッパ・イタリア3回戦のレッチェ戦で4ゴールの圧巻デビューを飾ると、セリエ第2節のエンポリ戦からここまで6試合連発となる8ゴールを挙げている。(セリエA開幕節ミラン戦はジェノバの高架橋崩落事故の影響で延期) ▽そして、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリがインテル時代の2002-03シーズンに記録して以来のセリエA開幕7試合連続ゴールが懸かった今回の一戦では開始6分に左サイドのMFダルコ・ラゾビッチからのクロスを巧みな頭でのフリックでゴール右隅に流し込み、今季自身9点目となるゴールを挙げて難なくセリエA開幕7連発を達成した。 ▽なお、セリエA記録は1994-95シーズンに当時フィオレンティーナに在籍していた元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータの開幕11試合連続ゴールだ。 2018.10.08 13:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ミリクのドッピエッタでナポリが快勝! 今季5勝目を挙げてユーベとの大一番へ《セリエA》

▽ナポリは26日、セリエA第6節でパルマとのホーム戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節トリノ戦をインシーニェのドッピエッタなどで快勝して今季4勝目を挙げたナポリは、週末にユベントス戦を控える中、トリノ戦のスタメンから9選手を変更。インシーニェとクリバリのみ引き続きスタメンとなった。 ▽ここまで2勝1分け2敗のパルマに対し、3トップに右からファビアン・ルイス、ミリク、インシーニェと並べる[4-3-3]で臨んだナポリは、開始4分にファビアン・ルイスのパスをボックス右で受けたミリクの折り返しをインシーニェが押し込んであっさり先制する。 ▽その後もパルマを圧倒するナポリは21分にボックス左でルーズボールを拾ったジエリンスキが決定的なシュートに持ち込むも枠の上に外してしまう。さらに32分、インシーニェのコントロールシュートが右ポストを直撃し、42分のボックス左からマリオ・ルイの放ったシュートはGKの好守に阻まれ、前半を1点のリードで終えた。 ▽それでも迎えた後半開始2分、インシーニェのスルーパスを受けてボックス右に抜け出したミリクがGKとの一対一を確実に決めて加点に成功した。 ▽その後もパルマに付け入る隙を見せなかったナポリは、終盤の85分に途中出場のヴェルディのアシストからミリクがこの試合2点目を決めて勝負あり。快勝で今季5勝目を挙げ、ユベントスとの大一番に臨むこととなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.27 06:27 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェルビーニョのゴールがヤバい!ピッチ80メートルを爆走する衝撃のゴール

▽パルマのコートジボワール代表FWジェルビーニョが、カリアリ戦で見せたゴールが凄すぎると話題になっている。 ▽ジェルビーニョは今夏、河北華夏からパルマに移籍。2年半ぶりのイタリア復帰を果たした。 ▽話題となっているのはセリエA第5節のカリアリ戦でのゴール。47分、攻め込まれていた展開から、自陣のボックス手前でボールを受けたジェルビーニョはそこからカウンターを発動した。チェックに来た相手を爆発的なスピードで躱し、一気に敵陣を中央突破。最終ラインを守っていたDFもそのままの勢いで抜き去り最後は、ボックス右からのシュートがポスト右を弾いて逆側のサイドネットに突き刺さった。およそ80メートルを爆走する衝撃的なゴールだった。 ▽試合後にジェルビーニョは「これが僕のベストゴールかどうかはわからない。これまで沢山ゴールを決めてきたからね」とジョークを交えつつ、「パルマの来られて幸せだ。ファンも本当に暖かい歓迎をしてくれた」と感謝の言葉も残した。また、ツイッターでもこのスーパーゴールを振り返り、「スタジアムの素晴らしい雰囲気のおかげ」と謙虚な姿勢を示している。 2018.09.23 18:47 Sun
twitterfacebook
thumb

保有元インテルに痛快恩返し弾! パルマDFが“ロベカル弾”振り返る

▽パルマは15日に敵地ジュゼッペ・メアッツァで行われたセリエA第4節のインテル戦を1-0で勝利し金星を挙げた。同試合で決勝点を決めたU-21イタリア代表DFフェデリコ・ディマルコが試合を振り返った。『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えている。 ▽昨季のセリエA昇格プレーオフを制して“20番目のチーム”としてセリエAを戦うパルマ。開幕3試合ではユベントス相手に1-2の善戦を見せるなど健闘を続けていたものの、セリエA復帰初勝利はお預けとなっていた。だが、格上インテルとのアウェイゲームでは粘り強い戦いで0-0の状況を継続すると、79分にディマルコのスーパーゴールが生まれ、1-0のスコアで待望の今季初白星を手にした。 ▽インテルの下部組織出身で今夏スイスのシオンから買い戻された末、パルマにレンタル移籍という形でやってきた左サイドバックは古巣相手の一戦を振り返っている。 「僕たちは勝利に値したと思っている。最後までグループとしてハードに戦っていたからね」 ▽また、古巣相手にセリエA初ゴールを記録したディマルコだが、そのゴールはゴール手前25メートル付近から左足アウトサイドにかけて枠の右から急速に左にカーブする、ロベルト・カルロスを彷彿とさせるような鮮烈な一撃だった。 「(ロベルト・カルロスとの)比較は少し大げさじゃないかな。僕はただゴールを決めることができて幸せなだけだよ。このゴールは来月誕生予定の娘に捧げたいと思っている」 「マッテオ・ポリターノの寄せが甘いと感じたからあのタイミングで打ちうまくいったんだ。ただ、僕の心はインテリスタだからインテル相手に決めたことを少し残念に思うよ。ただ、自分の今後に向けて重要なゴールになったと思っている」 ▽最後にレンタル元のインテルへの復帰の可能性に関しては、「運命はわからないよ。いまはパルマでの戦いに集中したい。仮にインテルが僕をプレーするに値すると判断してくれれば、来年は戻ることになるけど、そうでなければ別のクラブにいると思う」と明言を避けている。 2018.09.16 15:50 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース