クルトワ後釜確保! チェルシー、移籍金GK史上最高額103億円でケパ獲得!2018.08.09 08:25 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは8日、ビルバオからスペイン代表GKケパ・アリザバラガ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は7年間。移籍金については明かされていてないが、スペイン『マルカ』によると、ケパの契約解除金は8000万ユーロ(約103億円)であり、GK史上最高額とのこと。

▽ケパは、ビルバオの下部組織出身で、2014年7月にトップチームに昇格。ポンフェラディーナやレアル・バジャドリーへのレンタル移籍を経験し、2016年6月に復帰。昨シーズンのリーガエスパニョーラでは30試合に出場し7度のクリーンシートを達成した。昨年11月にはスペインデビューも果たしている。

▽チェルシーへの加入が決定したケパは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「大きな決断だった。キャリアにおいても、人生においてもね。これまでの歴史やチームメイト、街、プレミアリーグ、さまざま面で惹かれたんだ。チェルシーのようなクラブから信頼してもらえて、また移籍が叶って嬉しいよ」

▽また、クラブディレクターを務めるマリナ・グラノフスカイア氏は、以下のようにケパの加入を喜んだ。

「ケパのような選手をクラブに迎え入れたかった。実際に加入してくれて本当に嬉しい。これまで既にキャリアも積んでいるし、チェルシーでのさらなる活躍に期待している。長期契約はクラブの信頼の証。さらに素晴らしいキャリアが待っていると信じている」

▽ベルギー代表GKティボー・クルトワ(27)のレアル・マドリーへの移籍の噂が絶えず、今夏新たな守護神探しに奔走していたチェルシー。同日、同選手のマドリー移籍合意が発表され、チェルシーも無事に後釜を確保する形となった。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、サッリ後任にジダンとランパードを検討か

チェルシーが、マウリツィオ・サッリ監督の後任探しを加速させたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今シーズンからチェルシーの指揮を執るサッリ監督。序盤こそポゼッションスタイルで勝ち点を積み重ねたが、徐々に失速。1月に連敗を喫すると、2月10日に敵地で行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・シティ戦では、0-6と大敗し、周囲では解任の可能性が取り沙汰され始めた。 また、19日に行われたFAカップ5回戦では、マンチェスター・ユナイテッドに0-2で敗北。すると試合後、ファン・サポーターからは、サッリ監督に向けて罵声や批判が向けられた。この光景にチェルシー首脳陣は、事の大きさを理解したようだ。 今回伝えられるところによると、チェルシーはジネディーヌ・ジダン氏とチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティを率いるフランク・ランパード監督をサッリ監督の後任候補として検討しているという。ただ、シーズン途中での招へいは考えておらず、今シーズン中にサッリ監督を解任した場合は、アシスタントコーチを務めるジャンフランコ・ゾラ氏に任せる方向で考えているようだ。 ジダン氏は2016年1月から2018年夏までレアル・マドリーを指揮し、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇の偉業を達成。退任後はフリーが続いている。一方のランパード監督は今シーズンからダービー・カウンティを指揮。チャンピオンシップで現在、7位に位置しており、プレーオフ進出を目指している。 2019.02.20 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、犬猿の仲ヴェンゲルに“胸熱”ビデオレター

ジョゼ・モウリーニョ氏(56)がアーセン・ヴェンゲル氏(69)を認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 モウリーニョ氏とヴェンゲル氏は長年にわたり、プレミアリーグが誇る名監督としてテクニカルエリア内のみならず、その外での舌戦で多くの名勝負を展開してきた“犬猿の仲”。かつてモウリーニョ氏がヴェンゲル氏を「失敗のスペシャリスト」として揶揄したことも記憶に新しい。 ローレウス賞授賞式に出席したそのヴェンゲル氏は、在任期間の初期にイングランドサッカー界に革新をもたらす功績を築いたとして生涯功労賞を受賞すると、ビデオメッセージにモウリーニョ氏が登場。胸熱くなるメッセージを送った。 「いくつかのエピソードがある。だが、私は自分のことしか話さない。本当に争いを楽しませてもらったし、そこに真の尊敬があった」 「彼は1つのフットボールクラブで数多の歴史を築き上げた。インビジブルズという愛称がそれそのものさ。監督としての哲学、ほぼ完璧なチーム、アメージングだった」 「彼はフットボール史で最もベストな監督の1人だ」 両者は現在、無所属。フットボールファンとしては、またどこかのリーグで凌ぎを削り合う両者の姿を見たいところだ。 2019.02.19 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

エレーラ、チェルシー攻略法を叩き込み決勝弾! 途中出場組にも労いの言葉

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラがチェルシー撃破を誇った。イギリス『メトロ』が報じた。 ユナイテッドは18日、FAカップ5回戦でチェルシーと激突。前ラウンドのアーセナルに続くロンドン勢との対戦で、さらにアウェイでの連戦だったが、アンデル・エレーラとフランス代表MFポール・ポグバのゴールにより、ベスト8進出を果たした。 この試合でタフなハードワーカーとして最も輝きを放つ選手の1人だったアンデル・エレーラは試合後、イギリス『BBC』のインタビューで「自身の1stゴールは決定的だったか?」と問われると、次のように言及。また、途中出場組を労った。 「そうでもない。正直に言ってね。彼らはファンタスティックなチームだから、僕らは最後まで戦わなくちゃいけなかった」 「でも、僕らは彼らとの戦い方を把握していて、僕自身もより攻撃的にプレーした。彼らが僕側のサイドを軸にしてくることがわかっていたからね」 「素晴らしいゲームになったよ」 「僕はアレクシス(・サンチェス)やアンドレアス(・ペレイラ)、スコット(・マクトミネイ)にも話したい。ワールドクラスの選手であるアレクシスも戦った」 「あれこそがマンチェスター・ユナイテッドだ。僕らの求めることさ」 2019.02.19 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

サッリの使い方はもったいない? ヴェンゲル、カンテの役割を語る

アーセン・ヴェンゲル氏が、チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの役割について語った。イギリス『メトロ』が伝えている。 2015-16シーズンのレスターで守備の要として“奇跡の優勝”を成し遂げ、翌シーズンからチェルシーに移籍したカンテ。すると、新天地でもその守備能力の高さを見せ付け、個人でのプレミアリーグ連覇を果たした。世界屈指のアンカーとして、その年の国内での個人賞を総なめしている。 しかし、マウリツィオ・サッリ監督が就任した今シーズンからは状況が激変。同監督は愛弟子のMFジョルジーニョをアンカーに据え、カンテをインサイドハーフに固定している。 この配置転換に「カンテの能力に蓋をしている」として様々な解説者からも疑問の声が上がる中、チェルシーは第26節終了時点でプレミア6位。第26節マンチェスター・シティ戦では0-6の大敗を喫しており、サッリ監督の頑なな戦術はファンから大きな批判を集めている。 そんな中、カンテについて問われたヴェンゲル氏は、同選手があくまで守備で生きる選手であるとの見解を示した。 「(カンテは)驚異的だ。チームを成功させるには、犠牲になる人物、または何人かの選手たちが必要になる。喋らず、やるんだ」 「選手が前でボールをロストした時、彼(カンテ)が取り返すように動いて、適切な方法で奪い返す。エゴが小さく犠牲の精神を持っている人々は大抵違いを生む」 「ブラジルについて話そう。私が獲得した選手で、2002年(W杯)の日本で成功したブラジル代表にも似た役割を果たした選手がいた。それはジウベウト・シウバだ」 なお、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)優勝国、ブラジルの中でジウベウト・シウバ氏は2ボランチの一角として守備に専念。ロナウド氏、リバウド氏、ロナウジーニョ氏ら強力な攻撃陣を支えていた。 2019.02.19 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

FA杯敗戦でファン・サポーターから罵声…サッリ監督「こういうことは初めてだが…」

チェルシーに所属するマウリツィオ・サッリ監督が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 序盤は公式戦18試合無敗と好調だった一方、今年に入って調子を落としているチェルシーは18日、FAカップ5回戦でユナイテッドと対戦。しかし、この日も0-2と敗北を喫し、昨シーズンの王者が5回戦で敗退することに。すると、ゴール裏のサポーターからサッリに向けて罵声が浴びせられた。 試合後、サッリ監督はファン・サポーターからの批判や現在のチーム状況について言及した。 「(サポーターからの罵声をこれまで受けたことはあるか)いや、こういうことは初めてだ」 「試合結果については心配しているが、ファンについては心配していない。この状況とファンについて理解することはできる。FA杯に敗れたのだからね」 「それ(解任の噂について)は私の問題ではない。大事なのは、明日の朝から3日間でチームが改善されるために次戦の準備を始めることだ。選手たちと協力し、より多くの意志と攻撃性を見つけること。それができなかったから今日、2点目を与えてしまった」 「もちろん私にはわからないが、選手たちはついてきてくれていると思っている。チームの関係はそれほど重要ではないが、とても良い状態だと思う。プレーすることや結果を得ることは重要だ。それでも現状、私と選手たちの関係は良いものだ」 2019.02.19 11:20 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース