超ワールドサッカー

岡山FW藤本佳希、地元の愛媛に期限付き移籍2018.07.23 11:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛FCは23日、ファジアーノ岡山に所属するFW藤本佳希(24)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2019年1月31日まで。背番号は「19」に決定した。同期間中、岡山との全公式戦に出場できない。

▽愛媛県出身の藤本は、明治大学から2016年に岡山入り。加入初年度から出場機会を得てきたが、今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで出番がなかった。クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆愛媛FC
「地元である愛媛でプレーできる喜び、このタイミングでオファーをしていただいた感謝をピッチで表現していきたいと思います。愛媛の皆さん、よろしくお願いします」

◆ファジアーノ岡山
「二年半、ありがとうございました。愛媛FCで試合に出て成長できるように頑張ります。ファジアーノ岡山が今年J1に昇格できることを祈っています」

コメント

関連ニュース

thumb

山形、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表

▽モンテディオ山形は13日、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表。17日のホーム最終戦大分トリニータ戦以降に開催される、臨時取締役会にて正式に決定する見込みであることを伝えた。 ▽また、後任決定までの期間は、取締役、管理部担当・指定管理事業本部担当の渡邉修氏が暫定的に代表取締役社長の任にあたる。 ▽森谷氏は、2015年11月に株式会社モンテディオ山形の取締役に就任。同年12月に代表取締役社長の職に就いていた森谷氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆森谷俊雄代表取締役社長 「モンテディオ山形に熱いご声援、ご支援をいただき心から感謝申し上げます」 「クラブ代表に就任以来、J1昇格と新スタジアム構想を胸に、多くの皆様のご支援、ご協力、励ましをいただきながら、微力ではありましたが懸命に経営を担ってまいりました。特に、この2018シーズンは、クラブ創立20周年という節目、新スタジアム実現に向けた道筋をつける重要なシーズンであり、特別な思いを持って臨んだ一年でした。しかし、皆様の熱い心強い応援にもかかわらずJ1昇格を果たすことができませんでした。モンテディオ山形に期待を寄せ、最後まで諦めずに応援してくださった全ての皆様にお詫びと心からの感謝を申し上げます」 「一方、Jリーグクラブを取り巻く環境は、大きく変わりました。リーグは、各クラブが着実に成長を遂げている中で、『各地域に裾野を広げること』を重視した方針から、『クラブ間競争を促す』方針に舵が切られ、クラブ間の競争が激化しています。モンテディオ山形が将来に向かって成長を続け、J1のステージで戦い続けることができるクラブになるためには、地域に根差した経営に加え、J1仕様の戦略構想力・実行力のある経営体制を築いていくことが不可欠であると痛感しています」 「これまで2年11か月余り全力を傾注してまいりましたが、予算編成やチーム編成など来季に向けた諸準備に着手する時期を迎えるにあたり、J1昇格に向けより強固な新しい経営体制に道筋をつけるべく、今季リーグ戦終了後に社長職を退任することを決意いたしました。後任には、プロスポーツを中心に様々な形でスポーツビジネスを経験されている方を、外部から招聘すべく調整を進めており、前向きに検討いただいております。新たな風を吹き込み、情熱を持ってこれからのモンテディオ山形をリードしていただけると確信しております」 「モンテディオ山形は、木山監督のもとで、皆様と一緒に、天皇杯優勝につなぐ戦い、来季につなげる戦いを続けてまいります。どうか、モンテディオ山形に、一層のご支援、ご声援を賜りますよう、心からお願い申し上げます」 「お陰様で、就任して3シーズン、観客数、スポンサー・会員数ともに着実に伸び、その結果、黒字経営を継続するなど安定した経営を確保することができました。ひとえに、スポンサー・会員各位、スタジアムに足を運んでくださった皆様のお力添え、チーム・フロント全員の努力の賜物に他なりません。また、お会いするたびに温かい励ましの言葉をかけてくださった皆様に心から感謝申し上げます。チーム・フロント、ご協力いただいた関係各位に感謝申し上げます」 「最後に、皆様のご厚情は生涯の宝物です。皆様と一緒にモンテディオ山形を応援してまいります。ありがとうございました」 ▽今シーズンの山形は、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で14勝13分け14敗の12位。しかし、天皇杯ではベスト4に残っており、12月16日(鹿島アントラーズがベスト4入りした場合は12月5日に変更)に準決勝のベガルタ仙台戦を戦う予定となっている。 2018.11.13 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

早川史哉、急性白血病から復帰へ! 新潟が契約凍結を解除

▽アルビレックス新潟は12日、DF早川史哉(24)の契約凍結解除を発表した。 ▽早川は2016年4月、急性白血病を患っていることが見つかり、2017年1月に契約を凍結。だが、新潟の発表によれば、今年8月からトップチームの練習に合流、10月に対外チームとの練習試合出場を果たしており、主治医や家族との協議、本人の意思を尊重した結果、凍結解除に至ったという。 ▽復帰に向けて前進した早川は、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「いつも温かいご声援をいただきまして、誠にありがとうございます。このたび契約を再開していただけることになりました。これからも直面するだろう課題に目を背けることなく、強い覚悟を持って臨んでいきたいと思います」 「早いもので造血幹細胞移植から2年という年月が過ぎようとしています。思い返せば本当にいろいろなことがありました。退院後にリハビリをスタートできたこと、ピッチでボールを蹴れるようになったことや、アカデミーの練習に参加できるようになったこと。また、本間勲さんの引退試合では、ビッグスワンのピッチに立てたということだけでなく、勲さんと一緒にプレーできました。そして、トップチームの練習に参加できるようになったことなど、僕にとってかけがえのない時間でした。サッカー面に限らず、小児病棟訪問や学校訪問、病院内ビューイングなどの活動を通じて、多くの経験を積み、たくさんの出会いもありました」 「契約再開までの出来事は、僕一人では決して成し遂げることはできませんでした。全てアルビレックス新潟というクラブの理解やサポートがあってこそ、実現できているということです。改めてクラブに感謝申し上げます」 「そして、常に励まし、支えてくださったアルビレックス新潟サポーターの皆さんをはじめ、ご支援いただきました全ての皆様に、深く御礼申し上げます。これからも自分が大事にしている「誠実」「全力前進」という言葉を胸に、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います」 2018.11.12 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山、長澤徹監督が今季退任…2015年から指揮

▽ファジアーノ岡山は12日、今シーズン終了後に長澤徹監督(50)が退任すると発表した。 ▽愛媛県出身の長澤監督は、1997年の現役引退後、翌年から指導者キャリアをスタート。2014年にコーチとして岡山入りし、翌2015年に監督就任を果たした。 ▽指揮2年目の2016シーズンは、クラブ史上最高位の明治安田生命J2リーグ6位でJ1昇格プレーオフへ。だが、決勝でセレッソ大阪に敗れ、初のJ1昇格を逃した。 ▽最終年の今シーズンは、J1昇格とはならず。17日にホームで行われる最終節の大宮アルディージャ戦を残して、14勝11分け16敗の14位に位置している。 2018.11.12 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

山形、木山隆之監督続投を発表! 天皇杯ではJ1連破で2014年以来ベスト4!

▽モンテディオ山形は11日、木山隆之監督(46)の続投を発表した。 ▽水戸ホーリーホック、ジェフユナイテッド千葉、愛媛FCを指揮した経験を持つ木山監督は、2017年に山形の監督に就任。1年目となった昨シーズンは11位に終わり、今シーズンも現時点で14勝3分け14敗の11位に位置し、来シーズンもJ2で戦うことが決定している。しかし、天皇杯では2回戦でFC岐阜(J2)、3回戦で柏レイソル(J1)、ラウンド16でFC東京(J1)、準々決勝で川崎フロンターレ(J1)を連破。2014年以来のベスト4入りを果たしている。 ▽その天皇杯では、12月16日に行われる準決勝でベガルタ仙台(J1)とユアテックスタジアム仙台で対戦する。 2018.11.11 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京、長谷川健太監督との来季契約更新を発表!

▽FC東京は10日、長谷川健太監督(53)との契約を更新し、来シーズンも引き続き同監督がトップチームの指揮を執ることを発表した。 ▽長谷川監督は、今シーズンからFC東京を指揮。明治安田生命J1リーグ第32節終了時点では、14勝8分け10敗で勝ち点50を積み上げ5位に位置している。昨シーズンを13位で終えたチームを立て直し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を争っている最中の発表となった。 ▽長谷川監督は、清水エスパルスを経て、2013年から昨シーズンまでガンバ大阪を指揮。2014年には、国内三冠(J1リーグ、天皇杯、Jリーグカップ)を含む4つの主要タイトルを勝ち取った。 2018.11.10 18:25 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース