A・サンチェス“ぼっち飯”に続く“ぼっち練習”?! どうして…?2018.07.18 17:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがまたもチーム内で孤立している模様だ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。▽A・サンチェスは先日、自身のインスタグラムを更新した。ストーリーという機能を使い、「今日は2つのトレーニングをこなしたよ(力こぶの絵文字)」というコメント共に、セルフィ動画を上げていた。しかしそこには本人しか映っておらずほかのチームメイトは全く入っていなかった。

▽今年の冬のマーケットでアーセナルから加入した同選手は以前、1人で食事をする、いわゆる“ぼっち飯”の写真が流れ、超高額なサラリーも相まって一部チームメイトとの確執が噂された。真実は全くそうではなったが、今回の“ぼっち練習”はそれを連想させている。

▽ではどうして1人で練習していたのか。それは、現在アメリカでプレシーズンツアーを行っているユナイテッドのメンバーに帯同できなかったからだ。A・サンチェスはバルセロナに在籍していた2012年から2013年にかけて脱税した疑いがかけられ今年2月に有罪判決が決まっていた。そのため、アメリカへのビザが下りずに同選手が遠征に参加できなかったというわけだ。

▽今回も確執があったわけではなかったが、シーズン前の大事なツアーに参加できなかったA・サンチェス。チームワークを高められずピッチ上で孤立してしまうかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループH総括】バレンシア牙城崩せずユーベとユナイテッドが突破

▽戦前の予想通り、ユベントスとマンチェスター・ユナイテッドが決勝トーナメントに進出を果たした。ユベントスはユナイテッドとのホーム戦でこそ、らしくない逆転負けを喫したが、安定した戦いを見せた。ユナイテッドは拮抗した試合が続いたものの、勝負強さを見せて勝ち上がった。2強に割って入れる存在かと思われたバレンシアだったが、補強したアタッカーがチームにフィットせず、最終節を前に敗退が決まってしまった。 ■グループH順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ユベントス[12/4/0/2/5] 2.マンチェスター・ユナイテッド[10/3/1/2/3] 3.バレンシア[8/2/2/2/0] 4.ヤング・ボーイズ[4/1/1/4/-8] ◆最後はヒヤリも順当な首位通過~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_47_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽レアル・マドリーから天敵C・ロナウドを獲得したチームは、攻守に隙のないチームに仕上がり、他3クラブを凌駕する安定した戦いを見せた。初戦のバレンシア戦こそC・ロナウドが退場するアクシデントに見舞われ、危うい展開となったが、MFピャニッチのPK2つで白星発進とすると、続くヤング・ボーイズ戦では燻っていたFWディバラがハットトリックの活躍。そして、ユナイテッドとの連戦ではチーム力の差を見せ付けてオールド・トラフォードで勝利した。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めたチームは、最終節のヤング・ボーイズ戦をまさかの敗戦で終えたものの、ユナイテッドも敗れたため首位での通過となった。 ◆低調もノルマの突破~マンチェスター・ユナイテッド~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_47_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽内容はともかく、最低限の結果を残した。懸念のモウリーニョ政権3季目を迎えたユナイテッドは、初戦のヤング・ボーイズ戦を除いてプレミアリーグ同様、厳しい戦いが続いた。ユベントスとのリターンマッチとなったアウェイ戦では見事な逆転劇を見せたが、内容では圧倒され、チーム力の差は明確だった。それでも、ノルマの決勝トーナメント進出を果たし、一先ずモウリーニョ監督の首は繋がっている状況だ。 ◆2強の牙城崩せず~バレンシア~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_47_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユベントスとユナイテッドの牙城を崩すことが期待されたが、思うようには行かなかった。とりわけユベントスに連敗したのが痛かった。マルセリーノ監督が構築した組織的な守備に、新戦力のアタッカーたちが機能すれば十分に決勝トーナメント進出を果たせるだけのポテンシャルを持ったチームだったように思うが、リーガ同様、厳しい戦いとなった。 ◆最後にユーベからCL初勝利~ヤング・ボーイズ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_47_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユナイテッドやバレンシア相手に善戦し、最後はユベントスから金星と、スイス王者は決して脆弱なチームではなかった。初めての本戦出場で確かな足跡を残し、今後につながる戦いとなったはずだ。 2018.12.14 12:01 Fri
twitterfacebook
thumb

わずか〇〇歳で…マン・Uの逸材がUEFAユースリーグの最年少記録を更新

▽マンチェスター・ユナイテッドのアカデミーに在籍するショーラ・ショアティアが、UEFAユースリーグの最年少出場記録を更新したと話題になっている。イギリス『デイリー・メール』などが伝えている。 ▽UEFAユースリーグとは、チャンピオンズリーグのU-19カテゴリにあたる大会だ。ニッキー・バット監督率いるユナイテッドはバレンシアと対戦。ここまで4勝1分けですでにグループステージ突破を決めているユナイテッドは、2-1で迎えた74分にショーラ・ショアティアが途中出場。14歳と314日でのデビューとなり、チャンピオンズリーグでGK史上最年少デビュー記録を持つベンフィカのGKミル・スヴィラールの記録を塗り替えた。 ▽ナイジェリア出身のショーラ・ショアティアはすでにイングランドのアンダー世代の代表でプレーしており、将来的にイングランド代表かナイジェリア代表かを選ぶことができる。ポジションはウインガーだ。 ▽なおこの試合では、イングランド女子代表監督を務めるフィリップ・ネビル氏の息子のハーヴェイ・ネビル(16)も途中出場から大会デビューを果たしていた。 2018.12.14 02:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバック? ユーベが冬に103億準備

▽イタリア『トゥットスポルト』は12日、ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)の復帰を模索していると報じた。 ▽ポグバは2012年夏、ユナイテッドからフリーでユベントスに加入。ダイナモとして大きな飛躍を遂げたが、2016年夏に当時の史上最高額となる移籍金1億500万ユーロ(約135億5000万円)でユナイテッドに復帰した。 ▽だが、オールド・トラフォードに復帰したポグバは、ユベントス時代のような輝きがないとして、度々批判の矢面に。さらに、最近はジョゼ・モウリーニョ監督の下で先発機会も減らしつつある。 ▽ユベントスは、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(26)に興味を示す中、来年1月にそのポグバに復帰の道も用意。移籍金8000万ユーロ(約103億2000万円)を準備しているという。 2018.12.13 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール戦控えるユナイテッド、バレンシアに敗戦で2位通過《CL》

▽マンチェスター・ユナイテッドは13日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節でバレンシアとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 ▽前節ヤング・ボーイズ戦を終了間際のフェライニ弾で辛勝して決勝トーナメント進出を決めたユナイテッド(勝ち点10)は、4日後にリバプール戦を控える中、ラッシュフォードやリンガード、エレーラがベンチスタートとなって、GKロメロやバイリー、古巣対決となるアンドレアス・ペレイラら控えメンバーが先発となった。 ▽前節ユベントスに敗れ、ヨーロッパリーグへ回ることが確定している3位バレンシア(勝ち点5)に対し、勝利した上でユベントスがヤング・ボーイズに引き分け以下に終わると逆転での首位通過となるユナイテッドは[4-3-3]を採用。3トップに右からマタ、ルカク、アンドレアス・ペレイラ、中盤センターにフェライニ、インサイドにポグバとフレッジを起用した。 ▽立ち上がりから押し込まれたユナイテッドは、17分に先制される。クロスのルーズボールを拾ったボックス右のソレールにゴール左へ蹴り込まれた。 ▽劣勢のまま失点したユナイテッドは27分、ルーズボールをボックス右で拾ったマタが枠を捉えるシュートを放つも、DFにブロックされてしまう。 ▽さらに35分、CKの流れからゴールエリア右でフリーとなっていたポグバがダイレクトで押し込みにかかったが、枠の右に外してしまった。結局、押し込まれる時間帯の多かったユナイテッドは前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からロホに代えてヤングを投入したユナイテッドだったが、開始2分に出鼻を挫かれる。ソレールのスルーパスをカットにかかったフィル・ジョーンズのスライディングでのクリアが自陣ゴールへ吸い込まれ、バレンシアに追加点を献上した。 ▽劣勢が続く2点を追うユナイテッドは、57分にフレッジに代えてラッシュフォードを投入。しかし、後方でポゼッションするバレンシア相手にボールを奪いきれない状況が続き、攻撃に移れない。 ▽攻め手のないユナイテッドは、アンドレアス・ペレイラやポグバのミドルシュートで単発な攻めを見せる中、終盤の87分に1点を返した。ヤングの左クロスをラッシュフォードが頭で押し込んだ ▽しかし、反撃はここまで。バレンシアに敗れたユナイテッドは2位での決勝トーナメント進出となった。 2018.12.13 07:24 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール戦控える中…モウリーニョ、バレンシア戦への集中求める「我々はプロフェッショナルの集団」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、最近出番のないポール・ポグバをバレンシア戦で起用する可能性があると語った。<br><br>1日のサウサンプトン戦を最後に、プレミアリーグ直近の2試合で先発から外れているポグバ。指揮官との確執が絶えず噂されるフランス代表MFだが、12日のチャンピオンズリーグ(CL)バレンシア戦ではスタートから出場することになるようだ。モウリーニョ監督が明かしている。<br><br>「良いプレーをして、試合で良いインパクトを残し、チームに良い影響を与えられる彼(ポグバ)を求めている。他の選手たちと同様、ポールがこの試合でチームに良いインパクトを与えてくれると願っているよ」<br><br>マンチェスター・Uは既にグループリーグ突破を決めており、ユベントスの結果次第では首位突破の可能性もある。週末にはプレミアリーグでのリバプール戦が控えているが、モウリーニョ監督は「順位に影響はない」としながらも、この試合に集中することを求めている。<br><br>「リバプールのことはではなく、明日の試合のことだけを考えている。普通に考えればユベントスはスイスでの一戦に勝利するから、明日の試合結果が順位に影響を与えるとは思えない。しかし、これはフットボールの試合、CLの試合だ。どんなことでも起こり得る。それに我々はマンチェスター・ユナイテッドで、プロフェッショナルの集団だ。良いプレーをすることを望んでいる」<br><br>「我々にはプレーを必要とする選手たちがいて、プレーするに相応しい選手たちがいる。数名の選手をマンチェスターに残してはきたが、ファーストチームのメンバーだけでこの試合を戦うつもりでいる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 22:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース