A・サンチェス“ぼっち飯”に続く“ぼっち練習”?! どうして…?2018.07.18 17:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスがまたもチーム内で孤立している模様だ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。▽A・サンチェスは先日、自身のインスタグラムを更新した。ストーリーという機能を使い、「今日は2つのトレーニングをこなしたよ(力こぶの絵文字)」というコメント共に、セルフィ動画を上げていた。しかしそこには本人しか映っておらずほかのチームメイトは全く入っていなかった。

▽今年の冬のマーケットでアーセナルから加入した同選手は以前、1人で食事をする、いわゆる“ぼっち飯”の写真が流れ、超高額なサラリーも相まって一部チームメイトとの確執が噂された。真実は全くそうではなったが、今回の“ぼっち練習”はそれを連想させている。

▽ではどうして1人で練習していたのか。それは、現在アメリカでプレシーズンツアーを行っているユナイテッドのメンバーに帯同できなかったからだ。A・サンチェスはバルセロナに在籍していた2012年から2013年にかけて脱税した疑いがかけられ今年2月に有罪判決が決まっていた。そのため、アメリカへのビザが下りずに同選手が遠征に参加できなかったというわけだ。

▽今回も確執があったわけではなかったが、シーズン前の大事なツアーに参加できなかったA・サンチェス。チームワークを高められずピッチ上で孤立してしまうかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドに満足感も…ポグバ「マドリーでのプレーは誰にとっても夢」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、レアル・マドリーについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マドリーは今月、今シーズンのタイトル獲得が難しい状況となったことで、サンティアゴ・ソラーリ監督(42)の解任。後任として前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成した同クラブのレジェンドであるジネディーヌ・ジダン監督(46)が約9カ月ぶりに復帰した。 フランス代表として22日のユーロ2020予選グループH第1節のモルドバ代表戦を戦うポグバは、そのマドリーについて問われ、憧れを隠さず。ユナイテッドでの満足感を示しながらも、マドリーでのプレーが「夢」であることを明かした。 「常に言ってきたように、マドリーでプレーすることは誰にとっても夢だよ。世界最大クラブの一つだからね」 「監督にはジダンもいる。それはフットボールが好きな人間からすれば全員が夢見ることだ」 「今、僕はユナイテッドにいる。将来どんなことが待ち受けているかはわからないが、ユナイテッドにいて、幸せだよ」 2019.03.21 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、PSVのメキシコ代表FWロサーノ獲得に動く! 正指揮官就任間近のスールシャールが熱望

マンチェスター・ユナイテッドが、PSVに所属するメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)の獲得に強い関心を示しているようだ。イタリア『CalcioNapoli24』が伝えている。 2017年夏にパチューカからPSVに加入して以降、オランダの地で躍動を続ける逸材アタッカーは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)、今季のチャンピオンズリーグ(CL)といった大舞台でも持ち味の鋭いドリブル、テクニック、決定力を遺憾なく発揮。ヨーロッパの4大リーグのビッグクラブから関心を集めている。 そのロサーノに関してはナポリが強い関心を示していると言われているが、同クラブの地元メディア『CalcioNapoli24』はユナイテッド行きの可能性を伝えている。 同メディアによると、ユナイテッドの正指揮官就任が間近と言われているオーレ・グンナー・スールシャール監督が、クラブに対してロサーノの獲得を強く希望しているという。 そして、ユナイテッドがPSVの望む4000万ユーロ(約50億5000万円)の支払いに同意した場合、マンチェスター行きの可能性が非常に高くなると主張している。 2019.03.21 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・ヘアとクルトワの大型トレードはなしか

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)とマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)のトレードが行われる可能性はなくなったようだ。イギリス『メトロ』がイギリス『サン』の情報をもとに伝えている。 以前からマドリーが関心を寄せているデ・ヘア。同選手自身もマドリー移籍のためにユナイテッドからの契約延長の打診を断り続けているのではないかと推測されており、果てはデ・ヘアとクルトワのトレードが今夏に成立するという報道まで出ていた。 しかし、今回伝えられるところによると、クルトワはマドリー残留を希望しており、退団するとしてもパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍しか考えていないようだ。 11日にジダン監督の復帰が発表されたマドリーでは、初陣となった16日のリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦は、クルトワではなくGKケイロル・ナバスがゴールマウスを守った。だが、ジダン監督によると、それがナバスが正GKであることを意味するものではないという。 だが、クルトワがナバスとの守護神争いに敗れることになれば、移籍の可能性は一気に高まることになるだろう。 2019.03.20 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがユベントスのMFドグラス・コスタに興味…ユナイテッドと争奪戦か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ユベントスのブラジル代表MFドグラス・コスタ(28)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『Le10Sport』が報じた。 今シーズンのドグラス・コスタは、ケガに始まり、出場停止、さらには自動車事故に巻き込まれるなど様々なことに巻き込まれており、セリエAでは17試合に出場し1ゴールに終わっている。 昨夏は、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーから興味を持たれていたものの、ユベントスは売却を拒否。しかし、現在は放出候補となっている状況だ。 PSGも今夏の獲得候補にドグラス・コスタを含めているが、ユナイテッドも引き続き獲得に動いているとされ、獲得を争う形となりそうだ。 ドグラス・コスタは2017年7月に、バイエルンからの買取オプション付きのレンタル移籍で加入。レンタル料は600万ユーロ(当時約7億7000万円)で、買取額は4000万ユーロ(当時約51億7000万円)となっていた。しかし、現在はトップフォームからも遠く、3000万〜35000万ユーロ(約38億〜44億3200万円)で売却されるとみられている。 2019.03.20 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

A・サンチェス、子供の頃好きだったユナイテッドでトロフィー獲得を熱望

チリ代表FWアレクシス・サンチェスが、マンチェスター・ユナイテッドでの活躍を誓っている。クラブの公式サイトでインタビューに答えた。 昨年1月にアーセナルから加入して以降、本来の実力を発揮できず非難の的にされ続けているサンチェス。現在はヒザのケガで約1カ月の離脱を余儀なくされているが、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下で、クラブがより良い未来に向かっていることを楽しみにしているようだ。その中で同選手はトロフィーを獲得することを誓っている。 「僕のフットボールへの愛情を示し続けたい。僕ができることが何かわかっている。自分の能力に信念を持っているんだ」 「ユナイテッドはイングランドだけでなく世界中で重要なクラブだ。だから僕はサポーターたちにトロフィーを掲げる助けをしたい」 「ユナイテッドのファンには幸せであってほしいと願っているんだ。ゴールもしたいし、チームを楽しませたい。トロフィーを獲得したいんだ」 「子供の頃はユナイテッドが好きだった。誓うよ。だからここの人たちに喜んでもらいたい。勝たなくちゃね」 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース