サッリ到着のチェルシー、ザッパコスタはナポリへ?2018.07.14 19:14 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(26)の、ナポリ移籍の可能性が浮上している。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。

▽14日にマウリツィオ・サッリ監督就任を発表したチェルシー。長い時間をかけてようやくナポリ前監督との交渉をまとめたが、アズーリとの交渉はまだ終わっていない模様だ。

▽『デイリー・スター』は、ナポリがザッパコスタに関心を寄せていると報道。昨年の夏にトリノから加入した同選手は、手薄になっていた右サイドをカバーする人材として、リーグ戦22試合に出場。チェルシーでのデビュー戦となったチャンピオンズリーグのカラバフ戦では1ゴールを挙げた。

▽しかし、記事によればザッパコスタはサッリ新監督の構想に入っていないようで、ナポリは2000万ポンド(約29億7000万円)の移籍金で獲得を狙っている模様。なお、同選手がトリノからチェルシーに加入した際の移籍金は2300万ポンド(当時のレートで約33億円)とみられている。

コメント

関連ニュース

thumb

サッリ、プレミア新人監督史最高のスタートダッシュ!

▽今シーズンからチェルシーの指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督がプレミアリーグ初挑戦の監督として、史上最高のスタートを切った。 ▽チェルシーは11日に行われたプレミアリーグ第12節でエバートンと対戦。ゴールレスドローに終わり、連勝も「2」で止まった。 ▽ただ、サッリ監督に率いられたチェルシーは、開幕から8勝4分けで無敗をキープ。これに伴い、サッリ監督も依然として負け知らずだ。 ▽データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、開幕12戦無敗の成績はプレミアリーグ新人監督として新記録となる数字だという。 ◆サッリのプレミアリーグ成績 第1節vsハダースフィールド 3-0 ◯ 第2節vsアーセナル 3-2 ◯ 第3節vsニューカッスル 2-1 ◯ 第4節vsボーンマス 2-0 ◯ 第5節vsカーディフ 4-1 ◯ 第6節vsウェストハム 0-0 △ 第7節vsリバプール 1-1 △ 第8節vsサウサンプトン 3-0 ◯ 第9節vsマンチェスター・ユナイテッド 2-2 △ 第10節vsバーンリー 4-0 ◯ 第11節vsクリスタル・パレス 3-1 ◯ 第12節vsエバートン 0-0 △ 2018.11.12 11:55 Mon
twitterfacebook
thumb

今季プレミア、史上最高レベルの優勝争いに! シティ、リバプール、チェルシー依然無敗

▽マンチェスター・シティ、リバプール、チェルシーがイングランドリーグ史上最高レベルのタイトル争いを演じている。 ▽プレミアリーグは開幕から12節を消化。昨シーズン王者のマンチェスター・シティが10勝2分け無敗のほぼパーフェクトなスタートを切り、首位に立っている。 ▽だが、リバプール(9勝3分け無敗)とチェルシー(8勝4分け無敗)も無敗を続け、連覇を狙うシティを追走。無敗の3チームによる優勝争いは熾烈さを極めている。 ▽データを扱う『Opta(@OptaJoe)』によれば、同時期の無敗継続クラブ数は、イングランドトップリーグ史上初だという。 ◆プレミアリーグ上位※第12節終了時 (勝/分/負/勝点/得失) 1.マンチェスター・シティ 10/2/0/32pt/+31 2.リバプール 9/3/0/30pt/+18 3.チェルシー 8/4/0/28pt/+19 4.トッテナム 9/0/3/27pt/+10 5.アーセナル 7/3/2/24pt/+11 6.ボーンマス 6/2/4/20pt/+5 7.ワトフォード 6/2/4/20pt/+3 8.マンチェスター・ユナイテッド 6/2/4/20pt/-1 2018.11.12 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、後半怒涛の攻撃も実らずエバートンとゴールレス…公式戦無敗は18試合に《プレミアリーグ》

▽チェルシーは11日、プレミアリーグ第12節でホームでエバートンと対戦し、0-0で引き分けた。 ▽前節はモラタが昨年9月のストーク・シティ戦のハットトリック以来の複数得点を決めてクリスタル・パレスに快勝したチェルシー。ヨーロッパリーグでもBATEボリゾフ相手に苦しめられたもののジルーの今季初ゴールで勝利を収めグループステージ突破を決めた。開幕からの公式戦無敗を「17」としているチェルシーは、今節はスタメンをBATE戦から8選手変更。ディフェンスラインを総入れ替えし、中盤にはジョルジーニョ、カンテ、コバチッチ、前線にはウィリアン、モラタ、アザールが起用された。 ▽互いに高いテンションでスタートした試合。ファーストシュートはエバートン。2分、右サイドのクロスの流れからリシャルリソンがボックス手前左からシュート。これは相手に当たって枠を外れる。 ▽アグレッシブなエバートンは12分にはCKの流れからベルナールがボックスの外からミドルシュート。カンテがコースを切られていたため枠に飛ばすことはできなかったが、惜しいシュートだった。 ▽一方、チェルシーはエバートンのコンパクトな守りを前に得意のパスサッカーが展開できない。アザールもドリブル突破を試みるが、スペースが狭く効果的ではない。そんな中、チェルシーのチャンスは23分に訪れる。アザールのドリブル突破からゴール正面でFKを獲得。これをマルコス・アロンソが壁の外からゴール左隅を狙ったが、カーブがかかりきらず僅かに外へ逸れた。 ▽40分には再びFKからチャンス。敵陣右サイドでからウィリアンがファーサイドのマルコス・アロンソに入れると、マルコス・アロンソはこれをダイレクト・ボレー。完全に枠を捉えていたが、イングラド代表GKピックフォードがファインセーブを見せた。 ▽後半も同様にチェルシーがエバートンの守りに手を焼く展開に。60分にここまで最大の決定機が訪れるも、カウンターからのウィリアンのシュートはゴール左にわずかに逸れた。さらに61分には、アザールがボックス手前から左足でミドルシュート。無回転の強烈なシュートだったがGKピックフォードがビッグセーブ。立て続けにアザールが放ったシュートは、相手に当たってゴールに向かうも、ここでもピックフォードがかき出した。 ▽徐々にチェルシーの勢いが増していく中、65分にジョルジーニョを下げてセスクを投入。その直後、ロングボールをアザールがゴール前で収めると、マルコス・アロンソがボックス左からシュート。これはポストに嫌われてしまう。 ▽68分にウィリアンに代えてペドロを入れたチェルシーはなおも猛攻を続ける。72分にアスピリクエタからのクロスをモラタが押し込んでネットを揺らすもオフサイドの判定に。73分にはコバチッチのスルーパスからアザールがゴール前に抜け出すと、ボックス左からトゥーキックで狙ったが枠を捉えることが出来なかった。 ▽優勢のチェルシー。82分にはコバチッチを下げてバークリーを入れて3枚の交代カードを使い切る。投入直後、バークリーはミドルシュートでトライ。しかしこのシュートは大きく枠を外れた。 ▽その後もアウェイで徹底して守りを固めるエバートンの牙城を最後まで崩すことが出来ず、ゴールレスで試合終了。公式戦無敗を18試合に伸ばした。 2018.11.12 01:16 Mon
twitterfacebook
thumb

元チェルシーのバラック、アザールを絶賛 「クラブは彼にいっぱいお金をあげないと!(笑)」

元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏が、古巣チェルシーのエースであるベルギー代表MFエデン・アザールについて、『Goal』独占インタビューで語った。<br><br>世界屈指のアタッカーとして認知されているアザールは、チェルシーで不動の地位を確立。ビッグクラブからの関心は絶えず報じられており、本人も「レアル・マドリーは子どものころから夢見たクラブ」と、特に&ldquo;白い巨人&rdquo;への憧れを常々、口にしてきた。<br><br>本人は今夏にも移籍がうわさされたが、先月にはフランス『Telefoot』で「移籍するにしても残留するにしても、僕は幸せだった。決断に後悔はない」と話し、来年1月の移籍も否定した。<br><br>チェルシーとの契約は2020年6月までとなっているアザールに関して、2006-07シーズンから4シーズンにわたってブルーズでプレーしたバラック氏は「彼にもっとお金をあげないと!(笑)」とジョークを交えてコメント。『Goal』に対して、アザールをクラブにとどめる重要性を以下のように語った。<br><br>「でも、もっと重要なのは彼にビジョンを与えることだよ。彼がクラブにとっていかに重要な選手かを説くことが必要だ。そしてクラブに何を求めているかを尋ねること、彼にもう少し責任あることを与えることもね」<br><br>「チェルシーは野心があるクラブだよ。監督も選手も高いレベルで争うことができる。彼だけが何を望んでいるかの答えを出すことができる」<br><br>アザールは今シーズン、リーグ戦10試合で7ゴールを挙げるなど、得点力もアピールしている。バラック氏は、ベルギー代表アタッカーがチェルシーで真骨頂を発揮できていると感じており、その能力を手放しで称賛した。<br><br>「最高の選手たちやスーパースターがチームにいることは幸せなことだ。そのような選手がいればチームに好影響をもたらす。僕は常に、彼は驚異的な選手だと話してきた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.11 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーが“ピルロの再来”18歳トナリ獲得に乗り出す…冬には争奪戦に発展か

ブレシアに所属するサンドロ・トナリに対して、チェルシーが獲得に乗り出していることが『Goal』の取材で分かった。<br><br>2000年5月8日生まれのトナリはセリエBのブレシアに所属し、2017-18シーズンに17歳でプロデビューを果たした。プレーメーカーとして早くもビッグクラブが関心を寄せる注目株となり、現在18歳ながらイタリアでは早くも&ldquo;ピルロの再来&rdquo;と称されるなど、司令塔としての評価も高い。<br><br>そのトナリについて、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が高く評価しており、2000万ユーロ(約34億円)の契約解除金を用意して獲得に向けて動いているという。<br><br>また、同選手にはユヴェントスを始めインテル、ローマ、ナポリなども獲得に乗り出していることが伝えられている。すでに多くのビッグクラブが視線を送るという若きプレーメーカー、トナリ。冬の移籍市場で争奪戦が繰り広げられることになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.11 16:15 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース