サッリ到着のチェルシー、ザッパコスタはナポリへ?2018.07.14 19:14 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(26)の、ナポリ移籍の可能性が浮上している。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。

▽14日にマウリツィオ・サッリ監督就任を発表したチェルシー。長い時間をかけてようやくナポリ前監督との交渉をまとめたが、アズーリとの交渉はまだ終わっていない模様だ。

▽『デイリー・スター』は、ナポリがザッパコスタに関心を寄せていると報道。昨年の夏にトリノから加入した同選手は、手薄になっていた右サイドをカバーする人材として、リーグ戦22試合に出場。チェルシーでのデビュー戦となったチャンピオンズリーグのカラバフ戦では1ゴールを挙げた。

▽しかし、記事によればザッパコスタはサッリ新監督の構想に入っていないようで、ナポリは2000万ポンド(約29億7000万円)の移籍金で獲得を狙っている模様。なお、同選手がトリノからチェルシーに加入した際の移籍金は2300万ポンド(当時のレートで約33億円)とみられている。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーと伊代表DFルガーニが合意…移籍金は65億円か

チェルシーが、ユベントスに所属するイタリア代表DFダニエレ・ルガーニと個人合意に達したようだ。トリノを拠点とするイタリア地元紙『トゥットスポルト』が報じた。<br><br>アントニオ・コンテ前監督を解任してマウリツィオ・サッリ体制となったチェルシー。サッリ監督就任直後にナポリから教え子のMFジョルジーニョを獲得したが、同監督は再び自身の哲学を理解している選手を引き入れる構えだ。<br><br>報道によれば、チェルシーはユベントスに所属する23歳のセンターバック、ルガーニと個人合意に達した。エンポリ時代にサッリ監督と共闘した同選手は、週給7万7000ポンド(約1120万円)で合意したという。<br><br>残すはクラブ間合意となっているが、チェルシーとユベントスは4000万ユーロ(約52億円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)の移籍金で合意するものとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 19:58 Sat
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、チェルシーの若手コートジボワール代表MFボガを獲得

▽サッスオーロは21日、チェルシーのコートジボワール代表MFジェレミー・ボガ(21)を獲得したことを発表した。契約年数は明らかになっていないが、契約にはチェルシーの買い戻しオプションが付随する。 ▽チェルシーの下部組織出身のボガ。2013-14シーズンには飛び級で参加したU-21チームでU-21プレミアリーグ優勝。14-15シーズンにはU-19チームでUEFAユースカップ優勝を経験している。 ▽しかし、トップチームでの出場機会はほとんどなく、17-18シーズンの開幕節バーンリー戦で後半に途中出場したのが最初で最後だった。このシーズンはそれ以降、バーミンガムへレンタル。これまでにはグラナダやスタッド・レンヌにレンタルした経歴がある。 ▽フランス生まれではあるが、代表はルーツを持つコートジボワール。U-16やU-19のフランス代表経験はあるものの、昨年6月のアフリカネイションズカップのギニア代表戦でデビューしたため、コートジボワール代表の選手となった。 2018.07.21 18:17 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーがクルトワ後釜にハート獲得か!

▽チェルシーが、ベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)の後釜として元イングランド代表GKジョー・ハート(31)の獲得を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が国内メディアのレポートを引用して伝えている。 ▽絶対的守護神クルトワをレアル・マドリーに引き抜かれる可能性が高いチェルシーは、その代役としてこれまでレスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルや、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフの復帰の噂が立っている。 ▽その一方で、クラブはより安価なうえに所属するシティで実質構想外となっているハートの獲得を考慮している模様だ。そして、チェルシーはハート獲得に500万ポンド(約7億3000万円)のオファーをすでに準備しているようだ。 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「タイトルを取るためにはアザールが必要」セスクが“最重要選手”のチェルシー残留を切望

チェルシーのMFセスク・ファブレガスは、退団が濃厚とされるエデン・アザールの残留を強く望んだ。<br><br>2012年にリールからチェルシーへと加入したアザールは以降、チームの主力として2度のプレミアリーグ優勝と昨シーズンのFAカップ制覇に貢献。今夏のワールドカップでも3位になったベルギー代表の主将としてプレーした同選手だが、レアル・マドリーに移籍するのではないかと頻繁に報じられている。<br><br>アザールの去就に関してさまざまな憶測が流れる中、チェルシーのオーストラリア遠征に参加するセスクは「彼は僕たちのチームのベストプレーヤーだ」とエースとしてタイトル獲得に貢献した同選手を称えた。<br><br>「僕たちはトップクラブで、タイトルを勝ち取りたいと考えている。それを実現するには最高の選手が必要で、エデンはその一人だ。彼はみんなが一緒にプレーしたいと思っている選手で、特に僕は強くそう考えている。僕たちにとって彼は一番重要な選手だ。ファン、クラブ、選手、誰もが彼を愛し、必要としている。彼自身もそれを知っているはずだ」<br><br>セスク自身は2011年にアーセナルを離れ、バルセロナへと移籍したが、わずか3年でスペインを後にし、再びプレミアリーグでプレーを続ける。スペインとイングランドの両方を知る同選手は、友人のアザールに同様の道を進んでほしくはないと考えているようだ。はたしてセスクの願いは届くのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ガチ中のガチ!バルサ、ウィリアンに80億超え3度目のオファー

▽バルセロナが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)に3度目のオファーを申し込んだようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ウィリアンに熱視線を送るバルセロナが最初のオファーを出したのは3カ月前のこと。5000万ポンド(約74億3000万円)のオファーを提示したがチェルシーは門前払い。さらに今月半ばには、今度は5300万ポンド(約78億8000万円)の移籍金を用意したが、これも拒否されていた模様だ。 ▽だがバルセロナは諦めていない。『スカイ・スポーツ』によれば、三度目の正直となる今回は、5500万ポンド(約80億円)の小切手を片手にブラジル代表アタッカーの獲得を三度試みるようだ。 ▽ウィリアンは2013年にロシアのアンジ・マハチカラからチェルシーに移籍。同クラブではこれまで公式戦236試合に出場し44ゴール39アシストを記録。2度のリーグ制覇や昨シーズンのFAカップ優勝に貢献した。 ▽なお、ウィリアンにはかつての師であるマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も獲得を望んでいるようだ。 2018.07.21 16:10 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース