長期離脱中のナポリDFグラムは9月復帰の見通し2018.07.14 14:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリのアルジェリア代表DFファウジ・グラムの復帰が迫っているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽グラムは、昨年11月に行われたマンチェスター・シティ戦で右ヒザ前十字じん帯を断裂。その後、驚異的な回復を見せた同選手だったが、復帰が目前に迫った今年2月に今度は練習中に右膝蓋骨骨折の重傷を負い、長らく戦線から遠ざかっていた。

▽だが、今月上旬にグラムの手術が成功したことが伝えられ、ナポリの広報を務めるニコラ・ロンバルド氏もイタリア『Radio Kiss Kiss』の取材で近いうちに復帰できるだろうと語っている。

「グラム?悪くないよ。今は膝蓋骨をくっつけておくための固定物が入っているが、それが取れれば準備を始められるよ」

「彼は長い間トレーニングに参加していないけど、9月のインターナショナルブレークの後には100%になって戻って来るだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

プランデッリ氏、ナポリのアンチェロッティ招へいに感銘「天才的」C・ロナウド移籍も歓迎

元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏が19日、イタリアラジオ局『ラディオCrc』のインタビューに応じ、今夏のセリエAの動向について、自身の見解を述べた。<br><br>今夏の移籍市場では、ナポリが世界的な名将カルロ・アンチェロッティを招へいし、注目を集めた。プランデッリ氏は、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長の手腕を称えた。<br><br>「デ・ラウレンティスのアンチェロッティ招へいは、天才的だった。彼の獲得を検討できたのは、ナポリの会長だけだろう。あらゆる点において素晴らしい買い物をした。ナポリの競争力がさらに高まると私は確信しているよ」<br><br>「数年前、デ・ラウレンティスは私を呼ぶことも考えたようだが、ナポリの軌跡を見れば、彼の選択が正しかったことが分かる。アンチェロッティは彼の経験とカリスマ性、メンタリティを吹き込み、チームを強くするだろう。近年のナポリのプレーは大好きだし、私はナポリのファンだ。さらに高い場所を目指してほしい」<br><br>また今夏、FWクリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリーからユベントスへ電撃移籍をし、世界を驚かせた。近年、低迷が続いていたセリエAだが、プランデッリ氏は今後、新たなトップ選手の加入を期待している。<br><br>「C・ロナウドの移籍も信じられない。彼が加入したことで、セリエAに箔がついた。セリエAで、偉大なカンピオーネたちがプレーすることで、今後、さらに他のカンピオーネやスポンサーを呼ぶことになるだろう。だからこそイタリアにとって本当に素晴らしい移籍になった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.20 20:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ、W杯日本戦で活躍したセネガル左SBサバリ獲得に迫る

▽ナポリがボルドーに所属するセネガル代表DFユスフ・サバリ(25)の獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、今夏サイドバックの選手層拡充を目指すナポリは、主力DFカリドゥ・クリバリの代表のチームメートであり、両サイドバックでプレー可能なサバリの獲得に強い関心を示しているという。 ▽そして、ナポリとボルドーは1500万ユーロ(約20億円)での交渉成立を目指しているようだ。ただ、同選手はヒザの内側側副じん帯に問題を抱えており、新シーズンの序盤を欠場する可能性が高いため、ナポリ側は移籍金の割り引きを要求しているという。 ▽パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミー出身のサバリは、本職右サイドバックながら左サイドでもプレー可能な総合力の高いサイドの職人。2013年にPSGでトップチーム昇格を果たすも出場機会はなく、エビアン、ナントへの武者修行を経て2016年にボルドーに加入。そして、加入1年目でチームの信頼を掴んだ同選手は翌年に完全移籍で買い取られ、昨季は右サイドバックのレギュラーとしてリーグ戦35試合に出場し6アシストを記録した。 ▽また、2017年10月にデビューを果たしたセネガル代表では通算9試合に出場。ロシア・ワールドカップでは左サイドバックでグループリーグ全試合に出場し、日本戦では2ゴールを演出するなど攻守両面で印象的な活躍を披露した。 2018.07.19 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ期待の新戦力、交代の理由は「走りすぎ」

▽ナポリのイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディは、ハードワークのしすぎで交代を命じられた。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽新シーズンからナポリでプレーすることになったヴェルディは、先日ゴッツァーノとテストマッチを行った。このゲームでヴェルディは後半からピッチに立ったが、わずか35分で交代を命じられている。そのため、負傷したのではないかという疑問も出ている。 ▽だが、その心配はなかったようだ。記事によると、ヴェルディはこのテストマッチで動きすぎていたとのこと。計測しているデータを確認するスタッフがカルロ・アンチェロッティ監督に報告し、怪我のリスクを回避するために交代を命じたそうだ。 ▽初のプレシーズンから飛ばしている様子のヴェルディ。気合いは十分な上、それがオーバーペースにならないように管理するコーチ陣もいる。良いスタートを切るために良い準備ができるだろうか。 2018.07.19 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ会長、C・ロナウドから逆オファーあったこと認める「OKと言いたかったが…」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、レアル・マドリーからユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドの獲得のチャンスがあったことを認めた。<br><br>移籍金1億ユーロでユベントスからレアル・マドリーに加わったC・ロナウドだが、同選手の代理人ジョルジュ・メンデス氏はナポリにも逆オファーを出していたと報じられていた。<br><br>イタリア『キス・ナポリ』とのインタビューに応じたデ・ラウレンティス会長はその事実を認め、財政的問題を解決するための時間がなく獲得を断念したことを明かしている。<br><br>「(メンデス氏に)『クリスティアーノを獲得するか?』と言われたよ。驚いたが、すぐにでもOKと言いたかった。しかし財政的な問題があったんだ。その獲得オペレーションの総費用は、3~4億ユーロにのぼる。メンデスには2億5000万ユーロほどを工面するために時間がほしいと言わなければならなかった」<br><br>「だがメンデスは性急な男で、交渉する時間はないと悟った。クリスティアーノ獲得は、現在ユベントスで起こっているような唯一無二の効果をもたらせる。だが、よく考えないといけないことでもあるはずだ。クリスティアーノが到着すれば、いつも彼がプレーしなくてはならず、おそらくほかの選手たちとの間に問題が生じることにもなっただろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.16 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ移籍のC・ロナウド、本命はナポリだった!?

▽今夏にレアル・マドリーからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)。しかし、ユベントス移籍は希望したものではなかったのかもしれない。『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽C・ロナウドは10日、今夏のユベントス移籍が決定。移籍金1億1200万ユーロ(現在のレートで約147億円)が支払われ、年俸3000万ユーロ(約39億3000万円)の4年契約を締結したとみられる。 ▽だが、今夏にカルロ・アンチェロッティ現ナポリ監督とクラブの接触をスクープした『TV Luna』のカルロ・アルヴィノ記者によれば、C・ロナウドにとってユベントス移籍は妥協案だったという。 ▽カルロ・アルヴィノ記者は、「ナポリが移籍金を支払っていれば、クリスティアーノ・ロナウドは今ごろ、ナポリのジャージに袖を通していただろう」と語り、C・ロナウドの移籍舞台裏を激白した。 「ポルトガル人スターにとって、ユーベ行きは当初、プランBだった。代理人のジュルジュ・メンデスは、ナポリや会長のアウレリオ・デ・ラウレンティスと強い結びつきがある。だから、代理人はナポリに売り込みを図った。だが、彼らが支払いに難色を示したため、ユーベに移籍することになった」 2018.07.15 17:15 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース