コロンビア代表GKオスピナが移籍を考慮? 新天地はアルゼンチンか2018.07.12 16:36 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルのコロンビア代表GKダビド・オスピナ(29)が、移籍を考慮しているようだ。コロンビア『Gol Caracol』が伝えている。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)ではコロンビア代表の守護神としてラウンド16に導いたオスピナ。2014年夏にブラジルW杯での活躍からニースからアーセナルに加入し、負傷明けのシーズン後半から正GKの座を務めたものの、翌シーズンからはチェルシーから加入したGKペトル・チェフの後塵を拝することに。2017-18シーズンは主にカップ戦で出場機会を見いだし公式戦21試合に出場した。

▽元々の出場機会の少なさに加えて、今夏にアーセナルは新守護神候補となるGKベルント・レノをレバークーゼンから獲得。2度のW杯出場経験を持つコロンビアの守護神は更なる窮地に立たされることになった。

▽そんな中、オスピナの代理人が選手の去就についてコメント。『Gol Caracol』に対し以下のように語っている。

「いくつかのクラブがダビドに興味を持っている。アーセナルでは満足のいくシーズンを送ることはできていないが、クラブを離れることは簡単ではない。2年以上契約も残っているしね。プライオリティはヨーロッパだ。しかし、我々は待つ必要がある」

▽同メディアによれば、オスピナにはアルゼンチンのボカ・ジュニアーズが関心を示しており、600万ポンド(約8億9000万円)の移籍金を用意しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ヴェンゲル、指揮官ジダンの現場復帰に進言「プレミアリーグで指揮をすべき」

元アーセナル指揮官アーセン・ヴェンゲルが、ジネディーヌ・ジダンについて語っている。<br><br>レアル・マドリーで数々のタイトルを獲得し、昨夏指揮官の座を退任したジダン。その後は無所属の状態が続いているが、ジョゼ・モウリーニョがもし更迭された場合、マンチェスター・ユナイテッドの新指揮官になるのではないかと報じられていた。<br><br>ヴェンゲルは『beIN Sports』のインタビューで、ジダンはプレミアリーグで指揮をすべきとの見解を示した。<br><br>「指導者としてトップレベルの仕事をしたいのなら、プレミアリーグでチームを率いるべきだろう。イングランドは6つのクラブがタイトル争いを展開している、厳しいリーグだ。他のリーグだと、12月にはもう優勝チームが予測できるような状況になるが、プレミアリーグについてそうはいかない」<br><br>「ただ、ジネディーヌは世界一のクラブを率いていたからね。そこから異なるチームを率いるのは複雑かもしれないが、彼はその転機にいると思う。ぜひ長期的なプロジェクトに取り組んで、チーム作りに挑戦してほしいね。きっとジネディーヌならチャンピオンズリーグで優勝できる規模のチームを率いることができるはずだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.15 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

バイリーは今冬アーセナルへ? モウリーニョが売却検討か

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、所属するコートジボワール代表DFエリック・バイリー(24)のアーセナルへの売却にオープンな姿勢でいるようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 ▽バイリーは昨夏にビジャレアルから加入。スピードと高い身体能力を生かした無理の効く守備で加入初年度から存在感を際立たせたが、今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の信頼低下により、出場機会が減少している。 ▽当然ながら、同選手の周囲には移籍の噂が渦巻いており、パリ・サンジェルマン(PSG)やトッテナムなど複数クラブからの関心が取り沙汰されている状況だ。 ▽その中の1つであるアーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、セビージャで指揮していた2015-16シーズン頃から当時ビジャレアルでプレーしていたバイリーを注視。今冬の獲得候補に挙げているという。 ▽また、モウリーニョ監督も経験豊かなセンターバックを新たに欲しており、バイリー売却資金を予算に組み込もうとしている模様。移籍金1億3500万ポンド(約193億円)とも言われるナポリDFカリドゥ・クリバリ確保のためにも、売却機を逃す気はないようだ。 2018.12.15 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

サラーやマネ、オーバメヤンらアフリカ年間最優秀選手候補10名が発表!

▽アフリカサッカー連盟(CAF)は14日、2018年の年間最優秀選手賞の候補を発表した。 ▽アフリカ出身のサッカー選手に送られる最高の賞である年間最優秀選手賞。最終候補には10名の選手が選出された。 ▽10名の中には、2017年に同賞を受賞したFWモハメド・サラー(エジプト/リバプール)やリバプールでコンビを組むMFサディオ・マネ(セネガル/リバプール)、その他、FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/アーセナル)やMFリヤド・マフレズ(アルジェリア/マンチェスター・シティ)、DFメディ・ベナティア(モロッコ/ユベントス)などが名を連ねている。 ▽また、年間最優秀若手選手には3選手が選ばれており、DFアクラフ・ハキミ(モロッコ/ドルトムント)、MFフランク・ケシエ(コートジボワール/ミラン)、MFウィルフレッド・エンディディ(ナイジェリア/レスター・シティ)が候補に。最優秀監督候補には、セネガル代表を率いたアリウ・シッセ監督やモロッコ代表のエルヴェ・ルナール監督、アフリカ王者となりクラブ・ワールドカップに出場しているエスペランスのモワンヌ・シャーバニ監督が候補となっている。 ▽最終発表は、2019年1月8日。セネガルのダカールで開催されるCAFアワード2018で発表される。 ◆年間最優秀選手 アレックス・イウォビ (ナイジェリア/アーセナル) アンドレ・オナナ (カメルーン/アヤックス) アニス・バドリ (チュニジア/エスペランス) デニス・オニャンゴ (ウガンダ/マメロディ・サンダウンズ) メディ・ベナティア (モロッコ/ユベントス) モハメド・サラー (エジプト/リバプール) ピエール=エメリク・オーバメヤン (ガボン/アーセナル) リヤド・マフレズ (アルジェリア/マンチェスター・シティ) サディオ・マネ (セネガル/リバプール) ワリド・スリマン (エジプト/アル・アハリ) ◆年間最優秀若手選手 アクラフ・ハキミ(モロッコ/ドルトムント) フランク・ケシエ(コートジボワール/ミラン) ウィルフレッド・エンディディ(ナイジェリア/レスター・シティ) ◆年間最優秀監督 アリウ・シッセ監督(セネガル代表) エルヴェ・ルナール監督(モロッコ代表) モワンヌ・シャーバニ監督(エスペランス) 2018.12.14 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

7カ月の長期離脱を乗り越えたコシエルニーが歓喜「僕のシーズンは今開幕した」

▽長期離脱から復帰を果たしたアーセナルのフランス代表DFローラン・コシエルニーが喜びをあらわにしている。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽コシエルニーは今年5月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのアトレティコ・マドリー戦でアキレス腱を痛めて手術。約6カ月の大ケガを負い、ロシア・ワールドカップ行きも逃した挙句、今シーズン前半戦も棒に振る可能性が高まっていた。 ▽そんな中、コシエルニーは11月下旬にU-23チームで実戦復帰。そしてついに13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループE最終節カラバフ戦で先発出場し、7カ月ぶりに戦線復帰を果たした。 ▽72分までプレーし、1-0での勝利に貢献したコシエルニー。試合後、離脱期間が困難なものであったと明かし、復帰に歓喜した。 「本当に難しい時期を過ごした。僕にとっても初めて大きなケガだったんだ」 「長い間ピッチから遠ざかることはとても苦しいものだ。ただ、多くの学びもあった。自分自身を見つめなおしたり、周囲の人を見ることができた。僕は幸せだし、落ち着いているよ。そしてより強くなることができた」 「フットボーラーにとってピッチに立つことができないのは苦しい。でもその時期が終わって嬉しいよ。僕のシーズンは今開幕したんだ」 2018.12.14 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「良い意味で少しばかりクレイジー」ピレス氏が古巣アーセナルを立て直す新指揮官を絶賛

元アーセナルのロベール・ピレス氏は、現在古巣を指揮するウナイ・エメリ監督を&ldquo;クレイジー&rdquo;と形容し、その手腕を称賛した。<br><br>22年間にも及ぶ長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督の後任として今夏にアーセナルに就任したエメリ監督。開幕2連敗を喫したものの、その後は公式戦22試合連続で無敗をキープするなどプレミアリーグ初挑戦ながら高い適応力を見せる。<br><br>ヴェンゲル政権終盤には崩壊寸前だった守備陣に安定をもたらし、多くの試合で勝利を手にするエメリ監督の指揮官としての能力について、ピレス氏は『iNews』に語った。<br><br>「彼は勝者で、数多くのタイトルを手にしている。セビージャでヨーロッパリーグ、パリ・サンジェルマンでリーグ・アンを制した。彼はドレッシングルームでチームにスピリットを植え付けていると思う。彼はまるで戦士のようだから、アーセナルは新たな哲学とともに今までにない顔をチームとして持つようになったと思う」<br><br>「ベンチにいるときの姿なんて少しばかりクレイジーだ。ただ良い意味でのクレイジーだ。これがアーセン・ヴェンゲルとウナイ・エメリの違いだと思う」<br><br>また、ヴェンゲル前監督時代には、最後の2シーズンでトップ4を逃すなど低調な戦いを続けたアーセナル。この成績を受け、フランス人指揮官は度々批判され、選手とのコミュニケーションも十分ではないと報じられていた。しかし、エメリ監督に代わったことで、ヴェンゲル前監督が抱えていた問題の大部分が改善されたとピレス氏は感じているようだ。<br><br>「監督は難しい仕事で、選手たちと良いコミュニケーションを取る必要がある。アーセンは比較的静かだったが、ウナイ・エメリはより感情的だ。彼は常に選手たちの助けになりたいと思っているように映る。彼らにとってコミュニケーションを頻繁にとる指揮官は物珍しいかもしれないが、良いことだと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.14 11:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース