レアル・マドリー、“ウクライナ期待の若手”GKルニン獲得でゾリャと合意! 契約期間は6年間2018.06.23 04:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは23日、ゾリャ・ルハンシク(ウクライナ)に所属するウクライナ代表GKアンドリー・ルニン(19)獲得へ合意に達したことを発表した。

▽クラブの発表によると契約期間は6年間。スペイン『マルカ』が伝えるところによると、移籍金は推定で1400万ユーロ(約18億円)になるようだ。

▽各年代別のウクライナ代表に選出され、フル代表でも19歳にしてすでに2キャップを記録している身長191㎝と長身GKルニン。シュートストップに優れ欧州で最も評価されている若手の1人だ。プロデビューを飾ってからこれまでの2シーズンでは、公式戦通算51試合に出場して20試合でクリーンシートを達成している。
コメント
関連ニュース
thumb

レアル・マドリーとバイエルン、近く会談へ ハメス語る

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)が将来に言及した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル移籍期間が失効するハメス。レアル・マドリー復帰説やプレミアリーグクラブの関心など様々な憶測が取り沙汰されているが、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が最近の発言で3500万ユーロ(約44億3000万円)の買取条項を行使する可能性をちらつかせており、どのような結末を迎えるのか不透明な状況だ。 そうしたなか、当のハメスは17日にホームで行われたブンデスリーガ第26節のマインツ戦(6-0でバイエルンが勝利)でハットトリックの活躍を披露。試合後、騒がしくなりつつある去就について問われると、次のように話したという。 「今後、クラブ同士で僕の将来について話し合う。現時点でどうなるのかなんて誰にもわからないことだけどね」 「僕はこのクラブにすごく満足していて、気分も良い。(ニコ・)コバチは偉大な監督で、一緒に多くのトロフィーを獲得していきたいね」 2019.03.18 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー、アザール無銭流失を覚悟か

イギリス『エクスプレス』はチェルシーがベルギー代表MFエデン・アザール(28)の無銭流失を覚悟していると報じた。 近年のチェルシーにおいて完全無欠のスタープレーヤーであるアザール。だが、来シーズン限りで満了となる契約に関して、チェルシーからの延長オファーを蹴り、「夢」のレアル・マドリー移籍をちらつかせる発言を続けている状況だ。 その移籍先として有力なレアル・マドリーは先日、アザールの“憧れの人”ジネディーヌ・ジダン氏が監督に電撃復帰。今夏の大型補強における目玉の1人として、アザールが取り沙汰され、移籍金7000万ポンド(約103億7000万円)を投じる模様だ。 だが、およそ1億ポンド(約148億1000万円)の売値を見込むチェルシーは今後2つの移籍市場で補強禁止処分が決定。したがって、アザールを来年1月にフリーで失ってでも、今夏に届くであろうレアル・マドリーのオファーを阻む意向だという。 2019.03.18 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ジダンが考える今夏の編成プランとは

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督がシーズン終了後の編成プランを口にした。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 昨夏にレアル・マドリーを去ったジダン監督は先日、サンティアゴ・ソラーリ氏の後任として電撃復帰。第一次政権時に重宝したコスタリカ代表GKケイロル・ナバスやブラジル代表DFマルセロ、スペイン代表MFイスコ、ウェールズ代表MFガレス・ベイルを先発復帰させ、初陣となる16日にホームで行われたリーガエスパニューラ第28節のセルタ戦を2-0の勝利で飾った。 そのジダン監督はセルタ戦後、今夏の移籍市場における動向について次のようにコメント。具体的な言及こそ避けたが、ある程度の「出入り」を明言した。 「夏に変化があるだろう。ただ、現時点でこれ以上のことは話せない」 「今、23〜25名の選手がいる。残り試合が終われば、誰が残って、誰かが去ることになるだろうね」 「とにかく、夏の我々は状況を加味しながら決断を下すことになる」 なお、レアル・マドリーは今夏の大型補強に注目が集まっており、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールやトッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンら数名が候補に挙がっている。 2019.03.18 14:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン・マドリー、デ・ヘア獲得に再度乗り出すか

ジネディーヌ・ジダン監督が復帰したレアル・マドリーは、今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)獲得を優先させるようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ジダン監督は、2017年に一度デ・ヘアの獲得オファーを出したものの失敗に終わっており、今回は再びそのオファーを出すとのことだ。 フロレンティーノ・ペレス会長は、今回のジダン監督復帰に際して、選手の獲得などの権限を与えることを条件としており、ジダン監督の望みに合わせて動くことになるはずだ。 デ・ヘアはユナイテッドと2020年までの契約を結んでおり、1年間の延長も話に上がっているとのこと。今シーズン終了後にもその契約にサインする可能性がある。 一方で、ジダン監督は指揮官復帰初戦となったセルタ戦で2-0と勝利。サンティアゴ・ソラーリ前監督が起用していたベルギー代表GKティボー・クルトワをベンチに置き、GKケイロル・ナバスを起用していた。このことからも、デ・ヘア獲得へ動き出すと見られているようだ。 2019.03.18 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

最新号はレアル・マドリ―特集!! 『週刊 超ワールドサッカー!』第11号が新発売!

超ワールドサッカーが発行する電子書籍『週刊 超ワールドサッカー!』の第11号が発売されました。 今号は先日ジネディーヌ・ジダン監督の電撃復帰が発表された『レアル・マドリー』特集! 2009年にフロレンティーノ・ペレス会長の再選して以降、およそ10年間のレアル・マドリーを振り返ります! ペレス会長の元を去った7人の指揮官、数多の選手達を年代ごとに振り返り。一つのサイクルが終えたようにみえるレアル・マドリ―の歴史を再確認できます! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2F8H1Od" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第11号<br />レアル・マドリー特集はこちらから</a><hr></div> kindle unlimited会員の方は毎週無料でご覧いただけます! また、読み放題会員でない方は、1冊250円で販売中です! みなさま、普段とは違う形で、「超ワールドサッカー」をお楽しみいただけます! 【サンプル】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190315_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2F8H1Od" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第11号<br />レアル・マドリー特集はこちらから</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190315_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2019.03.18 12:45 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース