超ワールドサッカー

磐田、MF中村俊輔の手術を発表…6週間離脱へ2018.06.14 16:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽ジュビロ磐田は14日、MF中村俊輔が手術を受けたことを報告した。

▽中村は右足関節前方インピンジメント症候群、滑膜炎と診断され11日に出術を受けたとのこと。トレーニング合流までに6週間程度擁すると伝えられている。

▽磐田で2年目のシーズンを迎えている中村は今季はリーグ戦9試合に出場し2アシストを記録。今月24日に40歳を迎える。

▽なお、磐田は明治安田生命J1リーグが再開する7月18日に、ホームで鹿島アントラーズと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京猛攻も磐田の牙城崩せずゴールレスドロー…ACL圏浮上ならず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節のFC東京vsジュビロ磐田が、10日に味の素スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽暫定5位FC東京(勝ち点49)は1-0で勝利した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを2名変更。丹羽、小川に代えて、森重、太田を起用した。 ▽連勝中の12位磐田(勝ち点40)は3-2で勝利した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを2名変更。小川、川又に代えて、櫻内、大久保を起用した。 ▽試合は、立ち上がりから磐田が攻勢をかける。3分にはボックス手前左から大久保が、7分には松浦がボックス手前中央からシュートを放つがどちらも枠を捉えず。FC東京が凌ぐ時間が続く。 ▽14分、FC東京が反撃に出る。左サイドでボールを持った太田が中央にカットインしてボックス手前左からゴールに向かうクロスを供給。しかし、一瞬で最終ラインの裏に抜けたディエゴ・オリヴェイラが放ったヘディングシュートは枠を越えネットを揺らすことはできない。 ▽続く19分、室屋がボックス右に抜け出し、さらに内側の高萩にボールを渡す。高萩が素早くクロスを上げるとディエゴ・オリヴェイラのヘディングシュートがまたしても磐田ゴールを襲うが、これも得点を奪うには至らない。 ▽36分、FC東京が千載一遇のチャンスを手にする。ボックス内右に抜け出した室屋がDF宮崎のスライディングで倒されてPKを獲得。しかし、キッカーのディエゴ・オリヴェイラが放ったシュートは枠の左に外れ、先制点は奪えなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、立ち上がりは中盤での攻防が続きお互いになかなか決定機に迫ることができない。55分にはFC東京がショートカウンターを繰り出し、ディエゴ・オリヴェイラがボックス内でシュートを放ったがまたも枠を捉えることはできない。 ▽さらに66分にもFC東京に決定機。磐田陣内中央右でFKを得ると、キッカーの東が最終ラインの裏にクロスを供給する。するとDF森重がヘディングシュートを放ったが、これも枠の外へ。 ▽フィニッシュの部分を改善したいFC東京は、74分に高萩に代えてリンスを投入。ストライカーの枚数を増やし、勝ち点3を目指していく。 ▽すると、77分に左サイドでのFKから太田がクロスを上げ、磐田DFにブロックされたボールにリンスが反応。しかし、ボックス中央から放ったシュートはGKカミンスキーに阻まれ、ここでも決め切れない。 ▽勝利を目指すFC東京は84分に二枚替えを敢行。ディエゴ・オリヴェイラ、米本に代えて永井、矢島を起用し、攻勢をさらに強める。 ▽しかし、最後までFC東京が得点を奪い切ることができずに試合が終了。この結果、FC東京(勝ち点50)の順位は5位と変わらず。3位鹿島アントラーズ(勝ち点52)を抜くことは叶わなかった。対する磐田は連勝がストップしている。 2018.11.10 16:26 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田DFエレンが負傷離脱…トレーニング合流まで3〜4週間

▽ジュビロ磐田は4日、トルコ人DFエレンの負傷離脱を発表した。 ▽エレンは、10月30日に行われた明治安田生命J1リーグ第28節延期分の湘南ベルマーレ戦で受傷。左大腿二頭筋肉離れにより、トレーニング合流まで3〜4週間程度の見込みだ。 ▽27歳のエレンは今夏、磐田に加入。ここまでJ1リーグ4試合に出場している。 ▽磐田は現在、J1リーグ10勝10分け11敗の12位。10日に行われる次節、FC東京とのアウェイゲームに臨む。 2018.11.04 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

磐田、小川航基のJ1初弾PKで残留近づく劇的逆転勝利! 4連敗の広島は優勝が絶望的に…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節のジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島が3日にヤマハスタジアム(磐田)で行われ、3-2で磐田が勝利した。 ▽ここまで9勝10分け11敗で14位につける磐田(勝ち点37)と、17勝5分け8敗で2位に位置する広島(勝ち点56)が相対した。10月30日に行われた第28節延期分の湘南ベルマーレ戦を1-0で勝利して7戦ぶり白星を手にした磐田は、その一戦から先発メンバーを2人変更。エレンと出場停止の大久保に代えて、大南と宮崎を起用した。 ▽対して、前節の清水エスパルス戦を0-2で落として3連敗中と苦しい状況が続く広島は、その一戦から先発メンバーを2人変更。青山と工藤に代えて柏とティーラシンを先発に送り出した。 ▽磐田はJ1生き残りへ、広島はリーグ優勝に向けて負けられない一戦。試合は開始から磐田がボールを保持して攻勢に出る。しかし、チャンスはアウェイの広島が作る。10分、敵陣右サイド深い位置で和田、川辺とつなぎ、最後はティーラシンの落としを稲垣が左足でシュートするもミートしきれず、ボールはゴール左外へと外れた。 ▽残留に向けて負けられない磐田も反撃。18分、左サイドの宮崎が高弾道のクロスをゴール前に供給。これを飛び出したGK林がファンブルする。こぼれ球を川又がボックス右手前にワンタッチではたき、松浦がダイレクトで合わせたが、シュートはゴールに届かない。 ▽ヒヤリとする場面を迎えた広島だが、前半半ばを経過すると流れを引き寄せ始める。すると迎えた31分、川辺の右CKを中央の野上が頭で逸らす。これをファーサイドでフリーになっていたティーラシンがダイビングヘッドでゴールへ押し込んだ。 ▽先制点を奪われた磐田は37分、山田の縦パスをボックス手前の川又がフリック。ゴール前に転がったボールに松浦が反応するも、ギリギリのところで野上に防がれてしまい、シュートまで持ち込めない。 ▽1-0で試合を折り返すと、互いの攻防は激しさを増す。そんな中、広島に追加点のチャンス。51分、カウンターからハーフウェイライン付近中央の柏が相手最終ラインの裏へ浮き球のスルーパスを送る。ティーラシンが抜け出し、GKと一対一を迎えたが、左足のシュートはGKカミンスキーに右手一本で弾かれてしまい、点差を広げることができない。 ▽それでも広島は58分に追加点。ボックス右の和田からパスを受けた川辺がボックス右からグラウンダーのクロスを送る。中央に飛び込んだ柏は合わせることができなかったが、ファーサイドのティーラシンが中央にラストパス。ここに起点となっていた和田が左足を振り抜いてゴール右へと蹴り込んだ。 ▽残留争いを抜け出すためにも負けられない磐田は65分、右CKを獲得するとキッカーの山田が中央へクロス。これが水本に当たってゴール前にこぼれ、川又が左足で押し込んで1点差に詰め寄った。 ▽同点に追いつきたい磐田だったが72分、川又が足を負傷。プレー続行不可能となり、櫻内と途中交代する。すると80分、落としを受けた田口がボックス手前からミドルシュート。これは右に流れてしまうも、ボックス右の櫻内がダイレクトで右足を合わせ、ゴール右に押し込んだ。 ▽途中出場の櫻内の期待に応えるゴールで追いついた磐田は、この勢いのまま一気に逆転を目指す。後半アディショナルタイムには右サイドを抜け出した荒木のクロスをニアサイドで山田が合わせるが、右ポストに直撃。絶好のチャンスを逃してしまう。 ▽しかし、このまま試合終了かと思われた試合終了間際、磐田は右CKのセカンドボールに反応した高橋がベサルト・ベリーシャに倒されてPKを獲得する。緊張の中、これを小川航基が右足でゴール右隅に突き刺して試合終了。3-2で劇的勝利を収めた磐田が残留へ大きな勝ち点3を獲得した。一方、4連敗を喫した広島は、優勝がほぼ絶望てきとなった。 2018.11.03 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

川又の今季10点目で磐田がルヴァン王者湘南を下し7試合ぶり勝利!《J1》

▽台風24号の影響で延期されていた明治安田生命J1リーグ第28節、ジュビロ磐田vs湘南ベルマーレが30日にヤマハスタジアムで行われ、1-0で磐田が勝利した。 ▽暫定15位につける磐田(勝ち点34)と、13位の湘南(勝ち点36)による一戦。ここ6試合勝利がない磐田は白星を遡れば8月で、2カ月以上勝利から見放されている状態だ。天皇杯でもベガルタ仙台に敗れ、残された道は残留のみ。控え中心で臨んだ仙台戦からは大久保と小川大を除く9選手を変更して臨んだ。 ▽一方、湘南は27日に横浜F・マリノスとの決勝を制してルヴァンカップ初優勝。1994年の天皇杯以来、ふたつめタイトルを獲得した。今度は残留に向けてタスクが課される中、先発メンバーはルヴァンカップ決勝戦と全く同じ顔触れに。リーグ戦2試合ぶりの勝利を目指す。 ▽序盤は磐田が主導権を掴みかけたものの、徐々に湘南がギアを上げていく。ルヴァンカップ決勝でも横浜FMを苦しめたサイドチェンジを多用し磐田ゴールに迫る。13分に相手を揺さぶってからシュートに持ち込むと、18分の右CKの場面では大野がヘディングシュート。これは惜しくも枠に飛ばせなかった。 ▽磐田も20分にチャンスを演出。右サイドからのクロスを川又が落としたところに反応したのは山田。1人躱してシュートに持ち込んだが枠の右へ。25分過ぎには大久保が初シュート。ボックス手前左から右足で巻くように狙ったが、曲がり切らずに枠を大きく外れた。 ▽試合が動いたのは34分、ハイボールを頭で繋いだ磐田は、ボックス手前で川又が山田にバックパスを送る。川又はすぐにゴール前に走り込み、山田はワンタッチで前方へ。このボールを松浦が頭で落すと川又は左足アウトサイドで見事にサイドネットを突いて先制点を奪った。 ▽1点ビハインドの湘南は後半から秋野を代えてイ・ジョンヒョプを投入。57分には梅崎を下げて菊池がピッチへ。一方の磐田はエレンが負傷で続行不可能となり、代わりに櫻内が出場した。 ▽そんな後半は磐田がボールを保持する展開となるものの、湘南の堅い守備を前になかなかシュート場面まで進めることが出来ない。 ▽湘南は少ないチャンスから反撃。71分、ルヴァンカップMVPの杉岡のクロスから、山崎がヘディングシュート。打点の高いシュートだったが、GKの正面に飛んでしまった。 ▽試合も終盤に差し掛かる75分に、磐田は櫻内が倒されボックス右でFKを得るも、これはノーチャンス。その後、大久保を下げて松本を投入。 ▽するとこの松本が試合終盤にビッグチャンスを迎える。89分、前線でボールを奪った磐田は、松本がドリブルでボックスに侵入。GKと一対一となったが、シュートはGK秋元がファインセーブ。試合を決める2点目は奪えなかった。 ▽湘南も後半アディショナルタイムに猛攻を仕掛ける。セットプレーの際にはGK秋元までもが前線に上がりゴールを狙う。50分には菊池がシュートを放つも枠の左へ。 ▽終盤にかけて選手同士もヒートアップした試合はここで終了。今季10点目となった川又のゴールを守り切った磐田がリーグ戦7試合ぶりの勝利を手にした。 2018.10.30 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

またやった! 元磐田DFギレルメが対戦相手に暴行…

▽セリエB(ブラジル2部)のパイサンドゥSCに所属するブラジル人DFギレルメが、試合後に暴行をはたらいた。ブラジル『Portal O Dia』が報じている。 ▽ギレルメは、21日のセリエB第32節フォルタレーザ戦にフル出場。しかしチームが0-1で敗北した後、対戦相手の顔面に拳を入れる暴挙に出てしまう。レッドカードが提示されており、長期の出場停止処分が下る可能性もあるようだ。 ▽ギレルメは今年初め、パイサンドゥSCからジュビロ磐田に期限付き移籍。明治安田生命J1リーグに11試合出場していたが、5月2日に行われた第12節の横浜F・マリノス戦にて2度の警告を受けて退場が命じられると、MF喜田拓也に蹴りを入れ、相手チームスタッフにも肘打ちの暴力行為を働いた。 ▽その後、クラブからの謹慎処分に加えて、Jリーグから6試合の出場停止処分が科されたが、その数日後に磐田との契約を解除。パイサンドゥSCに復帰していた。 2018.10.23 15:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース