痛恨の凡ミス…ベルギー代表メンバーがまさかの発覚2018.06.02 14:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップに臨むベルギー代表。本大会の登録メンバー23名はまだ発表されていなかったが、思わぬミスでメンバーが発覚したようだ。ベルギーのテレビ局『VRT』が報じた。

▽ベルギー代表は、5月21日にベルギー代表候補メンバー28名を発表。ここから23名に絞り込まれる段階だった。

▽まだ公式発表がされていない中、選手たちが使用するマットレスがロシアに向けて発送。本大会メンバー23名分のマットレスの映像を『VRT』が放送したが、どうやらこのマットレスにメンバーの名前が書かれていたようだ。

▽この映像に写り込んだマットレスに名前がなかったのは、GKマッツ・セルス(アンデルレヒト)、DFリーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)、FWロメル・ルカクの弟であるDFジョルダン・ルカク(ラツィオ)、DFクリスチャン・カバセレ(ワトフォード)、そしてかつてはマンチェスター・ユナイテッドで日本代表MF香川真司ともプレーしたMFアドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ)の5名だった。

▽ベルギーは、6月18日にパナマ代表と初戦を戦い、その後、イングランド代表、チュニジア代表と対戦。ワールドカップ前には、エジプト代表、コスタリカ代表と親善試合で対戦する。

◆ベルギー代表候補メンバー28名
GK
マッツ・セルス(アンデルレヒト)
ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
シモン・ミニョレ(リバプール/イングランド)
コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

DF
リーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)
ローラン・シマン(ロサンゼルスFC/アメリカ)
デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)
ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ/スペイン)
トマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア)
クリスチャン・カバセレ(ワトフォード/イングランド)


MF
アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
ヤニク・フェレイラ=カラスコ(大連一方/中国)
ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ナセル・シャドリ(WBA/イングランド)
マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)

FW
エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ミッチー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ)
ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア)
クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド)
トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)
アドナン・ヤヌザイ(ソシエダ/スペイン)

コメント

関連ニュース

thumb

25歳ルカク、2年後に代表引退へ ユーロが集大成か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(25)が2020年に代表から退く意向を口にした。 ▽ルカクは、16歳の若さでジュピラー・プロ・リーグの史上最年少得点王を受賞。2010年のベルギー代表デビュー以降、通算75試合40得点を誇り、3位入賞を果たした先のロシア・ワールドカップ(W杯)でも6試合4得点と活躍した。 ▽2022年のカタールW杯でもさらなる活躍が期待されるルカク。だが、『Business Insider』のインタビューで今後の代表キャリアについて問われると、2020年に行われるユーロ後の代表引退プランを明かした。 「ユーロを最後に(ベルギー代表を)やめようと思っている。僕らのような国は、あらゆるビッグトーナメントで準決勝まで進まなければならない。そして、それ以上が求められてくる」 2018.08.17 08:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バチュアイ、初挑戦リーガ開幕に向け意気込む! 「グーグル翻訳で会話してる」

▽今夏にチェルシーからバレンシアにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)が、新天地での意気込みを語っている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽バチュアイは2017-18シーズンの冬にもレンタルでドルトムントに加わり、ブンデスリーガ10試合で7得点をマーク。7月まで行われていたロシア・ワールドカップではベルギー代表として出場し、3試合1得点を記録した。 ▽今夏には、出場機会を求めて移籍を望んでいることが伝えられており、10日にバレンシア加入が発表。同クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得してることも、プラスに働いていたようだ。以下のように語っている。 「僕に(バレンシア以外の)他の選択肢があったのは事実だ。でも、(マルセリーノ・ガルシア・トラル)監督と話して、気持ちが固まったんだ」 「(ゴール数の)目標を設定する前に、確かな印象を残すことを切望しているよ。“23”のシャツが着たいね。もし空いていればだけど」 「(チームでの会話には)携帯のグーグル翻訳を活用しているよ。でも、クラブは先生を付けてくれる計画でいる思うし、チームメートだって助けてくれるに違いない」 「僕はここの野望に納得させられた。チャンピオンズリーグに参加するのが楽しみだよ。マルセリーノとの会話が本当に重要な要因だった」 ▽スペイン語の問題解決のためにグーグル翻訳を利用しつつ、初挑戦となったリーガエスパニョーラの開幕に向けて準備を進めるバチュアイ。スペイン代表FWロドリゴ・モレノと競争が勃発することも伝えられているが、ポジションを確保することはできるのだろうか。 2018.08.13 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕戦敗北のレスター、ピュエル解任論高まる…後任候補にアンリ氏、R・マルティネス監督

▽日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティのクロード・ピュエル監督(56)に、解任論が噴出している。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽レスターは、10日に行われたプレミアリーグ開幕戦で、マンチェスター・ユナイテッドに1-2の敗北を喫した。岡崎が欠場となったレスターは開始2分にPKを献上してリードを奪われると、83分にもDFルーク・ショーの上がりを許して失点。92分にFWジェイミー・ヴァーディが一矢報いたものの、シーズンの出端を挫かれる結果となった。 ▽これを受け、『ミラー』はピュエル監督解任の可能性を報道。レスターは昨シーズンも同監督の下でリーグ終盤の7試合を1勝1分け5敗でフィニッシュしており、その時から監督交代が囁かれていた。ユナイテッド戦の敗北により、拍車がかかったとのことだ。 ▽後任としては、ロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を3位に導いたロベルト・マルティネス監督、同国のアシスタントコーチを務めたティエリ・アンリ氏の名前が挙げられている。インターナショナルウィークまでにレスターには2試合が残されており、その間にピュエル監督が結果を残すことが出来なければ、解任に踏み切る可能性が高いようだ。 2018.08.12 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

漢シメオネ、愛弟子クルトワにエモーショナルなメッセージ「よく覚えている」

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、ライバルクラブに移籍したかつての愛弟子に対して、リスペクトを忘れないと語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽シメオネ監督は、2011年12月にアトレティコの監督に就任。当時チェルシーからレンタルされていたベルギー代表GKティボー・クルトワが加入した、数ヶ月後の到着となった。すると、シメオネ監督は、クルトワを中心に堅守を築き上げ、2011-12シーズンのヨーロッパリーグ(EL)や2013-14シーズンのリーガエスパニョーラなど、同選手がチェルシーに復帰する2014年夏までに4つのタイトルを獲得。アトレティコを、バルセロナやレアル・マドリーに匹敵するクラブにまで押し上げた。 ▽その後もアトレティコが実力を維持する中、袂を分かったクルトワもチェルシーで活躍。2016-17シーズンにはプレミアリーグ1位の16試合クリーンシートを達成し、リーグ優勝に大きく貢献した。 ▽そして今夏、クルトワのレアル・マドリー移籍が発表。最大のライバルである同クラブへの加入は、躍進を見続けたアトレティコサポーターにとって、快いものではないかもしれない。しかし、共に成功を掴んできたシメオネ監督は、以下のように理解を示している。 「彼(ティボー・クルトワ)は私たちのためにプレーしていたし、とても良くやっていた」 「彼には彼の考えがあり、私たちは皆を尊重しなければならない」 「自分たちのために良い働きをしてくれた人々のことは、よく覚えているよ」 「それに変わりはない。ライバルでさえね」 2018.08.12 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

サッリ、クルトワ代理人爆弾発言を意に介さずも「モチベーションの高い選手のみ求める」

▽チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、揺れる去就について守護神に直接問う意向を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽レアル・マドリー移籍の報道が過熱している、チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)。先日には、同選手の代理人であるクリストフ・ヘンロタイ氏が「チェルシーはマドリーのオファーを受け入れるべき」、「今夏に移籍金を貰って出て行くか、来夏に無料で出て行くかだ」と発言し、話題を呼んでいた。 ▽クルトワとの残契約年数が1年となっているチェルシーは、マドリーからの3100万ポンド(約45億円)のオファーを拒否したとみられており、再交渉の可能性も伝えられていなかった。しかし、「マドリー移籍が最善だとクラブに伝えてきた」と語るヘンロタイ氏が、移籍希望を代弁したことで、騒動がぶり返した形だ。 ▽これを受けて、今シーズンからチェルシーで采配を振るうサッリ監督は、渦中の当人が直接語る内容が重要だと主張している。 「代理人が言っていることには興味がない。クルトワの話が聞きたいんだ。彼が(代理人と)同じことを言うか、月曜日に知りたい」 「私はモチベーションの高い選手のみを求めている」 ▽また、サッリ監督はクルトワ同様マドリー移籍が噂されたベルギー代表MFエデン・アザール(27)についても言及。アザールに関しては心配していないことを明かした。 「彼とも月曜日に話すだろうが、悪いというよりむしろ良い結果になると思う」 ▽昨シーズンのプレミアリーグを5位で終え、一流選手にとっての活躍の場であるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したチェルシー。5日のコミュニティ・シールドでもマンチェスター・シティに敗北し、早速今シーズン最初のタイトルを逃したが、ロシア・ワールドカップ(W杯)で3位に入賞したベルギーのエースと守護神を、繋ぎ留めておくことはできるのだろうか。 2018.08.06 13:40 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース