痛恨の凡ミス…ベルギー代表メンバーがまさかの発覚2018.06.02 14:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップに臨むベルギー代表。本大会の登録メンバー23名はまだ発表されていなかったが、思わぬミスでメンバーが発覚したようだ。ベルギーのテレビ局『VRT』が報じた。

▽ベルギー代表は、5月21日にベルギー代表候補メンバー28名を発表。ここから23名に絞り込まれる段階だった。

▽まだ公式発表がされていない中、選手たちが使用するマットレスがロシアに向けて発送。本大会メンバー23名分のマットレスの映像を『VRT』が放送したが、どうやらこのマットレスにメンバーの名前が書かれていたようだ。

▽この映像に写り込んだマットレスに名前がなかったのは、GKマッツ・セルス(アンデルレヒト)、DFリーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)、FWロメル・ルカクの弟であるDFジョルダン・ルカク(ラツィオ)、DFクリスチャン・カバセレ(ワトフォード)、そしてかつてはマンチェスター・ユナイテッドで日本代表MF香川真司ともプレーしたMFアドナン・ヤヌザイ(レアル・ソシエダ)の5名だった。

▽ベルギーは、6月18日にパナマ代表と初戦を戦い、その後、イングランド代表、チュニジア代表と対戦。ワールドカップ前には、エジプト代表、コスタリカ代表と親善試合で対戦する。

◆ベルギー代表候補メンバー28名
GK
マッツ・セルス(アンデルレヒト)
ティボー・クルトワ(チェルシー/イングランド)
シモン・ミニョレ(リバプール/イングランド)
コーエン・カスティールス(ヴォルフスブルク/ドイツ)

DF
リーンデル・デンドンカー(アンデルレヒト)
ローラン・シマン(ロサンゼルスFC/アメリカ)
デドリック・ボヤタ(セルティック/スコットランド)
ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ヤン・ヴェルトンゲン(トッテナム/イングランド)
トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム/イングランド)
トーマス・ヴェルメーレン(バルセロナ/スペイン)
トマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ジョルダン・ルカク(ラツィオ/イタリア)
クリスチャン・カバセレ(ワトフォード/イングランド)


MF
アクセル・ヴィツェル(天津権健/中国)
ヤニク・フェレイラ=カラスコ(大連一方/中国)
ユーリ・ティーレマンス(モナコ/フランス)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ナセル・シャドリ(WBA/イングランド)
マルアン・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ムサ・デンベレ(トッテナム/イングランド)

FW
エデン・アザール(チェルシー/イングランド)
ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ミッチー・バチュアイ(ドルトムント/ドイツ)
ドリエス・メルテンス(ナポリ/イタリア)
クリスティアン・ベンテケ(クリスタル・パレス/イングランド)
トルガン・アザール(ボルシアMG/ドイツ)
アドナン・ヤヌザイ(ソシエダ/スペイン)

コメント

関連ニュース

thumb

ベルギーvsオランダの強豪対決は1-1のドロー決着《国際親善試合》

▽国際親善試合のベルギー代表vsオランダ代表が16日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽12日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)第2戦のスイス代表戦を2-1と勝利して連勝を飾ったベルギーは、その試合から先発を5人変更。GKクルトワやカラスコ、スイス戦で負傷のヴェルメーレンらに代えてGKミニョレやシャドリ、ボヤタらが起用された。 ▽一方、13日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)第2戦のドイツ代表戦を3-0と快勝したオランダは、その試合から先発を6人変更。負傷のファン・ダイクやバベル、ワイナルドゥムらに代えてデ・フライやアケ、ストロートマンらが先発に名を連ねた。 ▽強豪同士の一戦は開始早々に動く。5分、ベルギーはボックス右深くまで切り込んだアザールがクロスからチャンスを演出。これは相手DFにクリアされたが、セカンドボールをメルテンスがボックス中央左寄りの位置からゴール右に叩き込み、先制に成功した。 ▽先制を許したオランダだが、28分に反撃。バイタルエリアでボールを受けたデパイがボックス右手前からアーリークロスを供給。ゴール前に抜け出したダンジュマは飛び出したGKミニョレを確認し、冷静にゴール左に流し込んだ。 ▽同点とされたベルギーは37分、左サイドから仕掛けたメルテンスがルカクとのパス交換でボックス中央から侵入。メルテンスは相手DFを引き付けラストパス供給すると、最後はアザールが右足を振り抜いたが、これはわずかに枠の右に外れた。 ▽迎えた後半、ベルギーは3トップを務めたルカク、アザール、メルテンスを下げてバチュアイ、トルガン・アザール、プラートを投入。対するオランダは、デ・リフトとダムフリースを下げてロサリオとハテボエルを投入。さらに61分にはファン・デ・ベークとダンジュマに代えてファン・アーンホールトとヴィルエナをピッチに送り出した。 ▽後半立ち上がりこそベルギーがぺースを掴むも、徐々に試合は膠着状態となる。ベルギーは、73分にカスターニュを下げてムニエ、83分にティーレマンスを下げてカラスコを投入した。すると86分、右サイドを持ち上がったヴィツェルのクロスをニアサイドのバチュアイが右足で合わせたが、これはGKシレッセンがセーブ。 ▽結局、最後まで両チームに追加点は生まれず。強豪同士の一戦は1-1の引き分けに終わった。 2018.10.17 05:53 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナに痛手…ヴェルメーレンが右ハムストリング負傷で全治6週間

▽バルセロナは15日、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが右ハムストリングの負傷で全治6週間と診断されたことを発表した。 ▽ヴェルメーレンは12日、ベルギー代表の一員としてUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2第3節のスイス代表戦に臨み、2-1で勝利。しかし、センターバックとして先発出場していたヴェルメーレンは73分にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 ▽今回のケガによってヴェルメーレンの復帰は12月初旬となる模様だ。したがって、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、セビージャら上位陣と対峙するリーガエスパニョーラ数試合に加え、チャンピオンズリーグ(CL)のインテルとの連戦を欠場する見込みだ。 ▽なお、バルセロナではフランスDFサミュエル・ユムティティもケガの治療に専念しており、トップチームで起用可能な本職のセンターバックはフランス人DFクレマン・ラングレと元スペイン代表DFジェラール・ピケのみと今後の過密日程を前に苦しい台所事情を強いられる。 2018.10.15 19:32 Mon
twitterfacebook
thumb

コンパニの父親が快挙! ベルギー史上初の黒人市長に

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの父親であるピエール・コンパニ氏がベルギーのブリュッセル首都圏地域に属する基礎自治体ガンショアンの市長に選出された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽コンパニは14日、自身の公式『インスタグラム(@vincentkompany)』で兄弟と共に父の当選を祝福する動画を投稿した。 「歴史的なことだ! 僕たちは父のことを心から誇りに思う。父は1975年にコンゴ民主共和国から難民としてやってきた。そして、現在父はこの地域社会で大きな信頼を得て、ベルギーで初めて黒人の市長になった。それには多くの時間を要したけど、素晴らしい進歩だ。心からおめでとうと言いたい」 ▽なお、『レキップ』が伝えるところによれば、ピエール・コンパニ氏は28.38パーセントの得票率を記録。また、今回の当選によって今後3年間ガンショアンの市政を担うことになる。 ▽ベルギー代表とマンチェスター・シティで偉大なキャプテンとしてチームを牽引し続けるコンパニだが、その並外れたリーダーシップは一難民からベルギー史上初の黒人市長に任命された偉大な父の遺伝だったようだ。 2018.10.15 17:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカク2発のベルギー、スイスに競り勝って2連勝スタート《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグA・グループ2のベルギー代表vsスイス代表が12日に行われ、2-1でベルギーが勝利した。 ▽先月行われたUNL初戦のアイスランド代表戦を3-0と快勝して白星発進としたベルギーは、アザールやルカク、アルデルヴァイレルトらがスタメンとなった。 ▽一方、同じくUNL初戦となったアイスランド戦を6-0と大勝したスイスは、シャキリやジャカ、R・ロドリゲスらがスタメンとなった。 ▽[3-4-3]を採用したベルギーは3トップの最前線にルカク、2シャドーの右にメルテンス、左にアザール、中盤は右からムニエ、ティーレマンス、ヴィツェル、カラスコと並べ、3バックの中央にコンパニが入った。 ▽そのベルギーが開始3分にティーレマンスのミドルシュートでゴールに迫ると、続く10分にはムニエの右クロスからカラスコがヘディングシュートと、スイスを脅かしていく。 ▽その後もベルギーが攻勢に出ると、20分にティーレマンスが再びミドルシュートを浴びせ、25分にはボックス左からカラスコが枠内シュートを放ったが、GKゾンマーのセーブに阻まれた。 ▽さらに33分、ルカクのミドルシュートでゴールに迫ったベルギーだったが、前半のうちにスイスのゴールをこじ開けられず0-0でハーフタイムに入った。 ▽後半もベルギーが押し気味に試合を進めると、58分に先制した。アザール、メルテンス、ムニエとつないで最後はボックス右のルカクが左足ダイレクトで蹴り込んだ。 ▽その後、61分のツバーのシュートをGKクルトワがセーブしたベルギーは、69分のジャカのミドルシュートはわずかに枠の右に外れて助かる。 ▽しかし76分、右サイドからのシャキリのFKをファーサイドのラングがヘッドで折り返し、途中出場のガブラノビッチがボレーで蹴り込み、スイスが同点に追いついた。 ▽追いつかれたベルギーは81分にCKからコンパニのヘディングシュートで勝ち越しゴールに迫ると、直後にはシャドリが左サイドを突破してルカクは流し込むだけだったが、枠の上に外してしまう。 ▽それでも84分、アザールのダイレクトヒールパスを起点に、メルテンスのラストパスを受けたボックス中央のルカクが今度は確実に決めて2-1。スイスに競り勝っている。 ▽2連勝スタートとしたベルギーは16日にオランダ代表との国際親善試合を戦い、敗れたスイスは15日にUNL3戦目のアイスランドとのアウェイ戦を戦う。 2018.10.13 06:07 Sat
twitterfacebook
thumb

「ベルギー代表を去ることになれば悲しいけど…」アザール、アンリ氏の監督業開始に太鼓判

▽ベルギー代表のMFエデン・アザールが、ティエリ・アンリ氏の監督としての成功を確信している。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽2016年8月からロベルト・マルティネス監督の下、ベルギー代表のアシスタントコーチを務めるアンリ氏。ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト4入りを果たした後、監督業開始を目指してきた中で、ボルドーの監督就任に近づいたものの、実現せず。引き続きベルギー代表のアシスタントコーチを担当しているが、現在もアストン・ビラやモナコ監督就任の可能性が取り沙汰されている。 ▽そんな中、ベルギー代表でプレーするアザールは、アンリ氏が「トップクラスの監督になる」と太鼓判を押している。 「彼は現役時代素晴らしい選手だった。監督としての経験は多くはないけど、やがて積み上げていくだろうね。ベルギー代表を去ることは、僕らにとって悲しいことだけど、彼にはきっと素晴らしい時間が訪れると思うよ」 「彼はチームを率いたいと思っている。確かに、彼ならトップクラスの監督になるだろうね」 2018.10.12 14:15 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース