ボーンマス主将DFフランシスが2020年まで契約延長2018.05.31 00:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボーンマスは30日、イングランド人DFシモン・フランシス(33)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。▽2011年11月にチャールトンからボーンマスに加入したセンターバックを本職とするフランシスは、これまでボーンマスで公式戦286試合に出場して3ゴール34アシストを記録。2017-18シーズンはプレミアリーグ32試合に出場し、3シーズン連続の残留に貢献していた。

▽ボーンマスとの契約を延長したフランシスは公式サイトで以下のようにコメントしている。

「新たな契約にサインしたことを嬉しく思っている。これからの2年間を楽しみにしているよ。クラブは僕が移籍して以降、常に良くなっている。これまでの7年間、僕は常にベストを尽くしてきた。成功を収めたチームの一員になれたことを誇りに思っている」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、ボーンマスDFアケ獲得に関心! スパーズと競合か

▽マンチェスター・ユナイテッドがボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(23)の獲得に乗り出したようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽今季、最終ラインの低調なパフォーマンスもあって開幕から低迷が続くユナイテッド。そのため、今冬の移籍市場でのセンターバック獲得が最重要課題となっている。 ▽『デイリー・スター』が伝えるところによれば、現在ユナイテッドはボーンマスで主力として活躍するアケに強い関心を示しているようだ。 ▽母国フェイエノールトの下部組織からチェルシーのアカデミーに加入し、後にトップデビューを飾ったアケ。同クラブでポジションを掴むことはできなかったものの、レンタル先のワトフォードやボーンマスで評価を高めると、2017年夏に2000万ポンド(約30億円)といわれる金額でボーンマスに完全移籍。 ▽180cmと上背こそないものの高い身体能力とセントラルMFや左サイドバックでもプレー可能なスピード、ボールスキルを武器に総合力の高いセンターバックとして活躍。また、4バックと3バックのいずれのシステムにも対応可能な戦術理解度も併せ持つ。 ▽現在、ユナイテッドはジョゼ・モウリーニョ監督がチェルシー時代に指導した経験を持つアケ獲得に動いているが、ボーンマス側は昨夏の獲得時の倍額にあたる4000万ポンド(約60億円)を要求する見込みだ。 ▽なお、そのアケに関しては来夏の退団が有力視されるベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの後釜を探しているトッテナムも獲得に興味を示しており、今後熾烈な争奪戦を繰り広げることになるかもしれない。 2018.10.10 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、MFスタニスラスと2021年まで契約延長

▽ボーンマスは7日、イングランド人DFジュニオール・スタニスラス(28)と2021年まで契約延長したことを発表した。 ▽ウェストハム出身のスタニスラスは2014年にバーンリーから加入。1年目は当時チャンピオンジップ(イングランド2部相当)で13試合の出場に留まり、チームのリーグ優勝にあまり貢献できなかった。それでも両ウイングや攻撃的MFをこなせるユーティリティ性を武器に、昨季は負傷で何度か離脱を強いられたものの、リーグ戦19試合で5ゴール2アシストを記録した。 ▽昨季から続くヒザのケガにより、今季は未だ出場機会はないが、契約延長に「素晴らしい気分だ」と、喜びのコメントを残している。 「ここ数年間の働きが報われてとても良い気分だ。この話が来たらすぐにでもサインしたいと思っていたよ」 「いつだってベストを尽くしたい。アシストやゴールを決めてチームの成功に貢献したい」 2018.09.07 19:54 Fri
twitterfacebook
thumb

サッリ采配的中のチェルシーが無敗対決制して開幕4連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第4節、チェルシーvsボーンマスが1日にスタンフォード・ブリッジで行われ、チェルシーが2-0で勝利した。 ▽前節、ニューカッスルとのアウェイゲームに辛勝してリーグ3連勝を飾ったチェルシー。今節は開幕2勝1分けと無敗をキープする好調のボーンマスをホームで迎え撃った。サッリ監督はこの一戦に向けて前節から先発1人を変更。ペドロに代えてウィリアンを先発起用した。 ▽新加入のレルマ、ディエゴ・リコを初先発で起用したボーンマスが[3-4-3]の布陣を採用し、前から圧力をかける勇敢な入りを見せる。開始2分にはフレイザーの右サイドからの斜めのクロスにウィルソンが飛び込むが、わずかに合わない。 ▽一方、相手のプレスをかいくぐりながらアザール、ウィリアンの突破を起点に相手ゴールに迫るチェルシーは、7分に右サイドのウィリアンがクロス性のシュートを続けて放つが、これは古巣対戦のGKベゴビッチの守備に阻まれる。 ▽前半半ばから終盤にかけてもボールを保持して押し込むチェルシー、カウンターで応戦するボーンマスという構図の下で見ごたえのある攻防が続く。共に遅攻の場面では攻めあぐねるものの、ショートカウンターではコバチッチやアザール、ジョシュア・キングが鋭い仕掛けでチャンスに絡む。この攻防の中で決定機を作り合うも、前半終了間際のマルコス・アロンソのコントロールシュートが左ポストを叩くなど、前半のうちにゴールは生まれず。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半、立ち上がりから積極的にゴールを目指すチェルシーは55分、味方の縦パスに反応したアザールがボックス左ライン際でタメてマイナスパス。これをマルコス・アロンソがダイレクトシュートで合わすが、GKベゴビッチのビッグセーブに阻まれる。一方、ボーンマスも57分には右CKからゴール前のアケに絶好機もボールを押し込めず、古巣への恩返し弾とはならず。 ▽ホームで勝ち点3がほしいチェルシーは61分にモラタを諦めてジルー、65分にはウィリアンを下げて好調なペドロを投入。この交代で攻撃のギアを上げてチャンスの数を増やしていくと、72分に待望の先制点が生まれる。マルコス・アロンソからクサビのパスを受けたペドロがジルーとのパス交換でボックス中央で受け直すと、ゴール前の密集を射抜く右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽サッリ監督の交代策が的中し先制したチェルシーだったが、直後の74分にはスルーパスに抜け出したフレイザーにボックス付近で決定機を許す。しかし、ここは相手のシュートミスに救われる。その後、互いに交代カードを切っていく中、再び試合を動かしたのはチェルシー。85分、ボックス左でマルコス・アロンソのパスを受けたアザールが角度のないところから左足のシュートをファーポストに流し込み、試合を決定付ける2点目を奪った。 ▽そして、試合終盤のアウェイチームの反撃を冷静に凌ぎ切ったチェルシーがボーンマスとの無敗対決を制して開幕4連勝を達成した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 00:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ボーンマス戦控えるチェルシー・サッリ、相手指揮官エディ・ハウは「4年前彼は私を訪ねてきた」

▽9月1日に行われるプレミアリーグ第4節でボーンマスと戦うチェルシーだが、マウリツィオ・サッリ監督とボーンマスのエディ・ハウ監督は以前から交流があったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ボーンマス戦に向けた記者会見でサッリ監督は、ハウ監督とは自身がエンポリを率いていた4年前から交流があったことを明かしている。 「4年前、エディはエンポリを訪ねて3~4日間滞在したことがあった。彼はイタリアやフランスの小さなクラブを全て見て回っていたようだ。そしてエンポリに感銘を受けていた。驚いたよ」 ▽また、2015年から指揮を執っていたナポリでも交流はあったようだ。 「昨シーズン、ナポリはボーンマスとフレンドリーマッチを行った。その時も3、4日ほど一緒にいたよ。彼のことはとてもよく知っている。彼は若くて本当に興味深い指揮官だ。いずれイングランドフットボールに記録をの残すことになるだろう」 「彼が今の立ち位置にいることに驚きはない。彼は本当にクレバーで才能に溢れている。彼は40歳だが、すでに準備ができている。私が40歳の頃とは違ってね」 ▽かつては教える立場と教わる立場だった両指揮官。今度は敵として相まみえることになったチェルシーvsボーンマスは、19歳差の指揮官対決にも注目したい。 2018.09.01 16:42 Sat
twitterfacebook
thumb

移籍金58億円男が愚行…リシャルリソン、相手への頭突きで3試合出場停止へ

▽エバートンのブラジル人MFリシャルリソンが、愚行を冒した。 ▽25日に行われたプレミアリーグ第3節、ボーンマスvsエバートンで先発出場したリシャルリソンは42分に、ボーンマスDFアダム・スミスと言い合いになった際、あろうことか頭突きを見舞い一発退場。 ▽今夏にワトフォードから推定移籍金4000万ポンド(約58億円)で加入し、開幕戦で2ゴール、第2節でも1ゴールを挙げたリシャルリソン。新天地でこの上ないスタートを切ったブラジル期待の若手だが、21歳の若気の至りが顔を出してしまったようだ。 ▽イギリス『メトロ』によれば、リシャルリソンには3試合の出場停止処分が科される見通しとのこと。一方で、処分が1試合軽減される可能性も示唆している。 2018.08.27 00:20 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース