W杯初戦コロンビアの“キーマン”ハメス…酒井高徳が印象語る《キリンチャレンジカップ》2018.05.22 20:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がメディア陣の質疑に応対。ロシア・ワールドカップのグループステージ初戦で対戦するコロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)の印象や、西野朗監督が3バック採用時の対応について語った。

◆DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
──W杯グループステージ初戦の相手コロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲスについて
「今シーズンの印象は、時間を与えれば素晴らしい選手である反面、ちょっとふわっとした感じもある。でも、他の選手もすごい。前を向かせる向かせないでコロンビア側の攻め手の1つを消すことになるので、時間を与えないことが大事になってくる」

──ハメス・ロドリゲスの封じ方について
「場所が大事。入ってくるところが例えば、低い位置なら僕的にそこまで注意をする必要はないのかなと。むしろ、そっちの方が僕らにとって良いこと。そういう展開に持っていけるようなプレッシャーをかけていきたい。前回大会を見ていても、DFの前でターンができるような間合いやプレッシャーのかけ方をすると、クオリティのある前線にボールを入れられてしまう可能性がある。彼がどこに立つかによって、僕らの対応も変わってくる」

──4年前はグループステージ最終戦。今回は初戦で対戦となるが
「今回の方が厳しい。初戦だけに、向こうも大事にしてフルメンバーで挑んでくる。僕らもそう。当時と違ったメンタリティを持って戦わないといけない。どっちも120%の力で戦うことが予想できる。僕らはその準備をして、彼らもその準備をしてくると思う」

──相手の変化に対応する術について
「3バックになったら、両ワイドがより高い位置取りになって、数的不利になる局面が増えてくる。そういう場面を迎える前にプレッシャーをかけていくのか、限定してサイドに人数をかけていくのか、受け渡しの部分に関わる選手の間でのコミュニケーションが大事になってくると思う。フラットな布陣できたら、やらないといけないことが明確になってくる」

──西野朗監督が3バックを採用したらどう対応するか
「3バックのやり方にしても、監督個人で色々ある。その中でも、よりワイドの選手がどれだけ高い位置を取るのか、どれくらい絞るのか、3センターバックの開き具合だったりとか、色々なところが違ってくるので、やってみないとわからない」

コメント

関連ニュース

thumb

ついに19日初戦、日本代表主将の長谷部誠「素晴らしい状態」《ロシアW杯》

▽日本代表は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節のコロンビア代表戦に臨む。その一戦を翌日に控える中、日本代表の主将を務めるMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)が西野朗監督と共に前日会見に出席した。 ▽ついに初戦を迎える長谷部は、「自分たちに対して自信を持ってやっていける良い状態」と胸を張りつつ、前回大会のグループステージで1-4の惨敗を喫したコロンビアとの再戦について「簡単な戦いにならない」と気を引き締めた。 ◆MF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ) ──(会場の)サランスク入り後のコンディション 「選手を代表して、このたびの震災の犠牲になられた方にお悔やみを申し上げます。そして、被災された方にもお見舞い申し上げます。少しでも被害が小さくとどまるように、選手たちも祈っています」 「明日、初戦を迎えるが、監督も言うように小さなケガなどを抱えている選手もいる。でも、選手や監督、スタッフを含め、全ての力が合わさって素晴らしい状態にある」 「明日はチーム一丸となり、素晴らしい戦いをスタートが切れるように、そして、自分たちに対して自信を持ってやっていける良い状態」 ──チームは監督交代から間もない。その後の状態について。また、コロンビアの印象について 「監督が代わり、限られた時間の中でチーム作りとコンディション調整をしてきた。明日は良い状態でいけると思う。そこらへんは全く問題ない」 「コロンビアは、非常に良いチームで難しい相手。チームとして、まとまっている。(ホセ・ペケルマン)監督も長い間、指揮を執っていて、チームとしてやるべきことがはっきりしている印象。明日は簡単な戦いにならない」 ──コロンビアの欠点について 「欠点はないと思う。全てにおいて完成されたチームで隙がない。欠点があったとしても言えない(笑)」 ──4年前と比べて今回の準備への手応えは。また、4年前と今のコロンビアの違いについて 「ここまでの準備について、トレーニング環境だったり、移動だったり、様々な部分で素晴らしい環境を整えてくれて、選手として日本代表のスタッフに感謝している」 「様々な部分でコミュニケーションができたし、素晴らしい準備ができたと思っている。今のチーム状態や、コンディションの部分に関しては自信を持っている」 「コロンビアは、4年前からいる選手が成熟している。監督も代わっていないので、全ての面で成熟度が高まっていると思う。若手もどんどん出てきている」 「僕らは4年前の(ブラジルW杯の)グループ最終戦で、勝たなければならず、多少のリスクを負わなければならない状況だった。ただ、今回は初戦で、入り方や臨み方が違う」 「今回は、前回のリベンジもあると思うが、まずは明日の初戦でしっかりと自分たちのゲームプランを遂行できるようにやっていきたい」 ──動揺している選手に対して、キャプテンとしてどういう言葉をかけたか。また、“ホテル内でも動揺するような状況”というのは具体的にどのようなことか 「選手の中にも、今回の震災があった地域に住んでいる選手もいて、そういう選手は家族の安否や色々な部分で、精神的に多少のダメージを受けている。そこはチーム全体でサポートしていければいいなと思っている」 「もう1つのトラブルについてだが、夜中3時くらいにホテルの警報が誤作動で15分くらい鳴りっぱなしだったみたいで。僕は気にせずに寝てしまったんですが(笑)」 2018.06.19 02:25 Tue
twitterfacebook
thumb

いざ初戦コロンビア戦へ! 西野朗日本代表監督前日会見《ロシアW杯》

▽日本代表は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第1節のコロンビア代表戦に臨む。その一戦を翌日に控える中、日本代表を率いる西野朗監督が主将のMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)と共に前日会見に出席した。 ▽西野監督は、冒頭で18日に大阪府北部を襲った震度6弱の地震や、負傷離脱の恐れが取り沙汰されたFW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)について触れ、「自分たちからアクションを起こしていき、ゲームをコントロールしたい」と意気込んだ。 ◆西野朗監督(日本代表) ──(会場の)サランスク入り後のコンディション 「昨日の未明に大阪を中心とした震災があり、関係している選手、(被災地に)家族がいることで、精神的な影響を受けた選手がいる。彼らの心理的なところが一番気になるところ。スタッフでケアしていて、一刻も早く落ち着いた状態に戻ってもらいたい」 「ホテル内でも動揺するような状況があった。今朝は普段通りとは言えない状況だった。そこは少し気になるところ。ただ、チームは順調に現地に入った。多分、みなさんは岡崎(慎司)のことを心配していると思う」 「確かにグラウンドレベルでできなかったこともある。だが、昨日と今日のチェックを経て、メンバーリストに入っているので、心配しないでほしい」 ──“ホテル内でも動揺するような状況”というのは具体的にどのようなことか 「みなさんもご存知かと思って話したが、震災と同じ時刻に(警報器の)誤作動があった。最初はモーニングコールだと思ったが、長い間鳴り続けた。非常にデリケートな選手は毎朝見る顔と違って、寝不足の顔をしていた。昨晩はそういうトラブルがあった」 ──本田圭佑の現状について。相手のキーマンであるハメス・ロドリゲスの対応策について 「本田圭佑は欧州のリーグからメキシコのリーグに移り、その中で成長を図ってきている。代表の招集を受けたり、受けなかったりした時期もあったが、私自身は彼の技術面や精神面、今の代表に不可欠な部分を期待して招集した」 「その期待に応えて、ここ1カ月のテストマッチ3試合のうち2試合にトライしてもらって、確実に彼本来のプレーに近いところにきていると確信している」 「ハメスに関して、彼はコロンビアのシンボル。プレーメーカーであり、ポイントゲッターでもあり、抑えるのは非常に難しい。誰が彼を抑えるかではなく、グループとして、チームとして彼を見ていかないといけない」 「彼を自由にさせたり、スペースや時間を与えてしまうと、コロンビアのチームスタイルが確立されていく。マンマークで彼をピッチから追い出すことで戦える確信が持てるのであれば、それも考えたい。だが、そうもいかない選手」 「彼は縦横無尽に、ピッチに、ボールに、スペースに顔を出してくる選手なので、チーム全体で彼のポジションに合わせる中で対応していきたい」 ──コロンビア戦のゲームプランについて 「スタートからリアクションサッカーという戦いは望んでいない。自分たちからアクションを起こしていき、ゲームをコントロールしたい」 「ただ、それ以上に、コロンビアのハメスを中心とした攻撃の展開力や、フィニッシュに持ち込むリズムを止めていきたい」 「彼らのテンポに合わせてリアクションになるのは避けたい。その中でも、自分たちからアクションを起こしていけるようにしたい」 「それは守備から攻撃に関して、どれだけ勇気を出せるか。ゴールに向かえるか。それを選手に意識付けたい。常にディフェンスのポジショニングや、1人1人のハードワークを求めることだけに終始したくない」 「我々も十分にボールを確保できるし、攻撃を仕掛けられるという自信を選手に持たせたい。攻撃的なところのフォーカスさせてピッチに送り出したい。当然、リスペクトしてディフェンスに追われる時間も長いかもしれない」 「その中でも、選手たちに逆転していく展開のスイッチを入れることをしっかり意識させておきたい思う」 ──長谷部誠主将が「準備期間に限りがあった」と話したが、明日への手応えは。また、コロンビアのフィジカル面についての対応策は 「4年間準備されてきた(コロンビアの)監督と、1カ月の準備期間しかなかった私、その時間的な差を感じたら勝てない。その中でも、選手たちとコロンビアを倒すためにできる限りの準備、これは十二分とはいかないまでも十分だったという手応えがある」 「それをぶつけるだけ。その上で、選手が明日、ああいう大舞台で違った反応を起こしてくれることを信じたいし、十分に戦えるスピリットを持ってサランスクに入ってきたつもり。自信をもって明日、ピッチに送り出したいと思う」 「コロンビアのフィジカル面に関して、色々な要素がある。我々にはクイックネスや連動する力とか、ボールを伴ってプレーできる強みがある。そういう部分、日本の選手が持っている技術力、規律を持って動きながら入っていけるようなプレーをたくさん出したい」 「選手たちの本来持っているプレーが明日の大舞台で出せるのか、ネガティブな要素もたくさんあると思う。そういう精神的な、心理的なところで少なくともコロンビアより優位性を持たせてピッチに送り出したい」 2018.06.19 02:20 Tue
twitterfacebook
thumb

【編集部コラム】今大会顕著に見られる相手国対策、日本はできているのか

▽4年に1度のサッカーの祭典が開幕し、4日が経過した。ここまでグループAのロシア代表vsサウジアラビア代表からスタートし、11試合が消化。第1節も残すところ5試合となった。 ▽我らが日本代表は19日の21時に初戦を迎える。相手はコロンビア代表。4年前のブラジル・ワールドカップでも同じグループに属し、第3戦目で4-1と大敗を喫したチームだ。 ▽戦前の予想では、コロンビアの勝利が優勢。日本が勝利すること、そして勝ち点を得ることは、厳しいミッションだと言えるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆番狂わせは不可能ではない</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180618_43_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽しかし、今大会の4日目までの11試合を振り返ると、必ずしも本命が結果を残せているというわけではない。むしろ、今大会は番狂わせと言える結果がここまでも多い。 ▽例えば、大会2日目、グループBのモロッコ代表vsイラン代表のイラン、大会3日目、グループDのアルゼンチン代表vsアイスランド代表のアイスランド、大会4日目、ドイツ代表vsメキシコ代表のメキシコ、ブラジル代表vsスイス代表のスイスが挙げられる。 ▽メキシコやスイスはワールドカップでも実績があり、番狂わせとは言いにくいかもしれないが、前回王者のドイツ代表に勝利したこと、ブラジル代表に引き分けたことは、驚きと言っても良いだろう。 <span style="font-weight:700;">◆共通項は守備時の“オーガナイズ”</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180618_43_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽それ以上に驚きを与えたのは、イランとアイスランドだ。イランは直近では1998年、2006年、2014年とワールドカップに出場したが、勝利は1998年以来20年ぶりの快挙となった。 ▽一方、アイスランドは人口がワールドカップ史上最少の国であり、2年前のユーロで大舞台に初めて立ったチーム。アルゼンチン戦は、ワールドカップ初戦だった。 ▽この2カ国に共通していたのは、守備時の“オーガナイズ”だ。互いに監督が用意したプランをチームとして完遂することを90分間続けた結果が、試合結果にも表れた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180618_43_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、これはドイツに勝利したメキシコにも言える。フアン・カルロス・オソリオ監督が「我々は6カ月前からプランを準備してきた」と語った通り、ドイツの良さを消しに行くプランを遂行。アンカーの位置に入ったMFトニ・クロースにマンマークを付けることで、嫌がるクロースを中央から追い出す作戦に成功。その後は、ボール奪取から2人のセンターバックで守るが故に空いたスペースを使ったカウンターを仕掛け何度もドイツゴールを脅かし、前半のうちに先制。ドイツは後半対応したものの、今度は[5-4-1]で跳ね返し続け、メキシコはそのまま逃げ切った。 ▽イランにしても、モロッコを相手にハードワークを90分間通して行い、低いディフェンスラインから、切れ味鋭いカウンターで応戦。2列目がしっかりとボールを奪えたからこそ、カウンターが生き、終盤にFKを得ると、そこからオウンゴールで勝利した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180618_43_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アイスランドも顕著だった。FWリオネル・メッシに対しての人数の掛け方、2トップを含めてのラインの距離、そしてむやみに奪いに行かず、距離を保ちながらタイミングを見てのボール奪取。キャプテンでもあるMFアーロン・グンナルソンのコーチングも光っていた。ユーロ2016でもチームとしての戦い方に完成度の高さを見せたアイスランドだったが、ワールドカップの舞台でもそれ以上のパフォーマンスを見せたと言えるだろう。 ▽それぞれの国が、強者に対しての戦い方として、しっかりと準備してきたものを選手たちがピッチ上で体現できたことで、予想を覆す結果を残した。決して、相手が舐めていたというわけではないだろう。 <span style="font-weight:700;">◆日本はどう出るか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180618_43_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽初戦を19日に控える日本。相手は前述の通り、4年前に悔しい思いをさせられたコロンビアだ。力関係としては、前述のカード以上かも知れない。 ▽しかし、ここまでの今大会を見れば、いかにチームとして準備を行い、相手の研究を徹底して、ウィークポイントを抑えること。さらに、そこから反撃に出るプランをどう立てているかだ。 ▽西野朗監督の強化試合3試合を観る限り、ハッキリと決められていたものはないように思える。スイス代表戦、パラグアイ代表戦と結果は1勝1敗だが、チームとしての完成度は低い。西野監督も、これまでのチーム作りを見れば相手を研究して…というタイプではないだろう。 ▽一方で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は昨年12月1日の抽選会後、対戦相手3カ国の研究、分析に入っていた。そのデータがどこまで引き継がれているのかはわからないが、今の日本が相手のことをどこまで丸裸にできているのかは不明だ。大会後にでもハリルホジッチ監督のレビューを聞いてみたいものだが…。 ▽理想を求めることも大事であり、可能性を求めて戦うことも重要だ。しかし、現実を見ることは何よりも重要。相手に対してどれだけ準備をし、ピッチ上で11人が体現してこそ、自分たちのサッカーが生まれるはずだ。日本の初戦は、他国の戦いと比較するという点でも注目だ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.18 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

コラボキャンペーン開催!「ヴィクトリア」で観戦グッズを揃えて「HUB」で応援しよう!

▽スポーツ専門店「ヴィクトリア」が、British Pub「HUB」、「82」とコラボレーション!お得なコラボキャンペーンを6月14日(木)から7月31日(火)の期間限定で実施する。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>▽世界的にスポーツが盛り上がるこのシーズン、感動や興奮を多くの人たちと共有したい方のために、「ヴィクトリア」と「HUB」がコラボ。プレーする人、応援する人のどちらにとっても充実したスポーツ用品を取り揃えている「ヴィクトリア」、「年齢も職業も性別も違う人が自由に集まり、それぞれの楽しみ方で素の自分に戻れる場所」を提供している「HUB」と「82」が感動の価値を届けるため、異業種コラボが実現した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽今回のコラボキャンペーンでは、期間中に東京、千葉、埼玉、神奈川の「ヴィクトリア」、「スーパースポーツゼビオ」の対象店舗にて、観戦グッズや応援グッズはもちろんのこと、スパイクやトレーニングウェアなど実用品など、スポーツ用品を税込み1,080円以上購入された方に、同じく1都3県にある「HUB」と「82」で利用できる『ドリンク1杯無料クーポン件』がプレゼントされる。 ▽「HUB」と「82」では、期間中にスポーツパブリックビューイングを実施。「ヴィクトリア」や「スーパースポーツゼビオ」で応援グッズを購入し、ドリンク無料券をゲットして、パブリックビューイングに参加しよう! <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※クーポン券のご利用は税込み1,000円以下のドリンクに限ります。 ※日本代表戦は予約制のためご利用いただけません。 ※未成年者のみでの「HUB」「82」店舗への入店はお断りしておりますのでご了承下さい。</span><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2tfuD9q" target="_blank">>> キャンペーン詳細は <<<br />>> こちら <<</a><hr></div>【キャンペーン対象店舗】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/victoria20180618_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2018.06.18 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS的! ロシアW杯出場国ガイド】vol.32/日本代表:4年前の雪辱を…“オールジャパン”で臨む世界への挑戦!

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘がより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。ラストは、我らが日本代表を紹介する。 ◆日本代表 監督:西野朗 主将:長谷部誠 予選成績:6勝/2分け/2敗 W杯出場数:2大会連続6回目 W杯最高位:ベスト16 FIFAランク:60位 ◆オールジャパンでグループ突破なるか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_japan_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前回大会はグループステージで1勝もできずに敗退。8年ぶりのワールドカップでの勝利を目指すこととなった。アジア最終予選ではホームで行われた初戦のUAE代表戦で逆転負け。最終予選初戦で敗れると本大会出場を逃すというジンクスがありながら、その後は勝利を積み上げ、グループBを首位で通過した。 ▽2014年のブラジル・ワールドカップでアルジェリア代表を率い、ベスト16に進んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で過去最高位を目指す日本だったが、開幕2カ月前にハリルホジッチ監督を解任。コーチ陣も一新し、西野朗新監督の下、全て日本人のスタッフで構成する“オールジャパン”が完成した。 ▽しかし、西野監督就任後は短い時間でのチーム作りとなり、より厳しい戦いを強いられることに。5月30日のガーナ代表との国際親善試合、6月8日のスイス代表との国際親善試合では、似たような展開からどちらも2-0と敗戦。12日のパラグアイ代表戦でも同様の試合の入りをしたものの、逆転で勝利を収め、本大会前に新体制初勝利を挙げることとなった。 ▽システムは[4-2-3-1]と[3-4-2-1]を組み合わせたもの。過去3試合の内容を見ると、[4-2-3-1]がベースとなりそうだ。ハリルホジッチ監督時代から大きなメンバー変更はなく、[4-2-3-1]であれば起用されるメンバーの大きくは変わらない。 ▽しかし、いくつかのポジションは競争がありそうだ。例えば、守護神争い。GK川島永嗣が当確と見られていたが、ビルドアップの拙さやパフォーマンスの低さを2試合で露呈。不用意な失点にも絡み、大会直前にパフォーマンスが悪くなっている。また、ボランチにも変化がありそうだ。MF大島僚太、Mf柴崎岳といったゲームをコントロールできる選手が起用されるはず。予選を支えたMF長谷部誠、MF山口蛍という組み合わせは少なくなりそうだ。 ▽また、トップ下を採用する場合はこの椅子を争う対決も見もの。4年前にこのポジションを争ったMF本田圭佑、MF香川真司の競争が始まっている。左サイドもMF乾貴士とMF宇佐美貴史とタイプの違うドリブラーが控えている。相手の研究をどこまでできているのかで、試合中でもシステムは変えることになるだろう。 ▽急ピッチで仕上げなくてはいけなくなった日本代表。西野監督は選手を当てはめることを得意としており、特性をそれぞれ見出しているはず。どの相手にどの様なメンバーで、どのようなシステムで臨むのかに注目だ。 ◆超WS的注目プレーヤー MF大島僚太(川崎フロンターレ/日本)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_japan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽日本代表の注目プレーヤーは、中盤のゲームメーカーとしての働きが期待されるMF大島僚太を挙げたい。所属の川崎フロンターレでもボランチの位置からゲームメイクを担当。西野ジャパンにおいても重要な役割を担うこととなるはずだ。パスセンスだけでなく、ポジショニングの良さ、判断力と日本の浮沈のカギを握る大島。ケガに悩まされた天才が世界の舞台で違いを見せられるかに注目だ。 ◆登録メンバー GK 川島永嗣(メス/フランス) 東口順昭(ガンバ大阪) 中村航輔(柏レイソル) DF 遠藤航(浦和レッズ) 昌子源(鹿島アントラーズ) 長友佑都(ガラタサライ/トルコ) 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 槙野智章(浦和レッズ) 酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 植田直通(鹿島アントラーズ) MF 本田圭佑(パチューカ/メキシコ) 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 原口元気(デュッセルドルフ/ドイツ) 香川真司(ドルトムント/ドイツ) 宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) 乾貴士(エイバル/スペイン) 山口蛍(セレッソ大阪) 長谷部誠(フランクフルト/ドイツ) 大島僚太(川崎フロンターレ) FW 岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド) 武藤嘉紀(マインツ/ドイツ) 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) ◆グループステージ日程 ▽6/19 《21:00》 vsコロンビア代表 @モルドヴィア・アリーナ ▽6/24 《24:00》 vsセネガル代表 @エカテリンブルク・アリーナ ▽6/28 《23:00》 vsポーランド代表 @ヴォルゴグラード・アリーナ ★いそっぺFCロシアW杯篇~日本代表~ <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/nvuGjBbOcpE?ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> 2018.06.17 16:07 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース