クロアチア代表が32名から24名に絞られる…国内組やナポリMFログが選外《ロシアW杯》2018.05.21 22:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽クロアチアサッカー協会(HNS)は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けたクロアチア代表候補メンバーを32名から24名に絞ったことを発表した。

▽ズラトコ・ダリッチ監督は、14日に32名を予備登録。今回はそこから、GKカルロ・レティカ(ハイドゥク・スプリト)、DFボルナ・ソサ(ディナモ・ザグレブ)、DFゾラン・ニジッチ(ハイドゥク・スプリト)、DFボルナ・バリシッチ(オシエク)、MFマリオ・パシャリッチ(スパルタク・モスクワ)、MFマルコ・ログ(ナポリ)、FWドゥイエ・チョップ(スタンダール・リエージュ)、FWイヴァン・サンティニ(カーン)の8名を選外とした。

▽なお、MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(レアル・マドリー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)、FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)、FWイバン・ペリシッチ(インテル)など主力は順当に選出されている。

▽クロアチアは、グループDに入っており、アルゼンチン代表、アイスランド代表、ナイジェリア代表と対戦する。今回発表されたクロアチア代表候補メンバーは以下のとおり。

◆クロアチア代表候補メンバー24名
GK
ダニエル・スバシッチ(モナコ/フランス)
ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー)
ドミニク・リヴァコビッチ(ディナモ・ザグレブ)
カルロ・レティカ(ハイドゥク・スプリト)

DF
ベドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
ドイエ・チャレタ=ツァル(ザルツブルク/オーストリア)
ヨシプ・ピバリッチ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
ドマゴイ・ヴィダ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
マテイ・ミトロビッチ(ベシクタシュ/トルコ)
デヤン・ロブレン(リバプール/イングランド)
シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリー/スペイン)
イバン・ストリニッチ(サンプドリア/イタリア)
ティン・イェドバイ(レバークーゼン/ドイツ)
ボルナ・ソサ(ディナモ・ザグレブ)
ゾラン・ニジッチ(ハイドゥク・スプリト)
ボルナ・バリシッチ(オシエク)

MF
フィリップ・ブラダリッチ(リエカ)
マルセロ・ブロゾビッチ(インテル/イタリア)
ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
イバン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
マテオ・コバチッチ(レアル・マドリー/スペイン)
ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/スペイン)
マリオ・パシャリッチ(スパルタク・モスクワ/ロシア)
マルコ・ログ(ナポリ/イタリア)

FW
マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/イタリア)
イバン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
ニコラ・カリニッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
マルコ・ピアツァ(シャルケ/ドイツ)
アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
アンテ・レビッチ(フランクフルト/ドイツ)
ドゥイエ・チョップ(スタンダール・リエージュ/ベルギー)
イヴァン・サンティニ(カーン/フランス)

コメント

関連ニュース

thumb

チョルルカ「モドリッチとラキティッチは最高の中盤コンビ」

▽ロコモティフ・モスクワに所属するクロアチア代表DFベドラン・チョルルカが代表の心臓部を司る中盤の黄金コンビを手放しで絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽2大会連続5回目のワールドカップ出場となるクロアチア代表。躍進が期待されるロシア大会のグループステージ2試合をいずれも勝利で飾り、1998年フランス大会以来20年ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。 ▽そのクロアチア代表において、存在感を際立たせているのがレアル・マドリーのMFルカ・モドリッチと、バルセロナのMFイバン・ラキティッチだ。彼らの活躍ぶりに同僚のチョルルカも次のように舌を巻いた。 「彼らは普段、最も大きなクラブでプレーしていて、今大会もクロアチア代表のために最高級のパフォーマンスを披露してくれている」 「僕がクロアチア人だからかもしれないけど、彼らは今大会における最高の中盤だと思う。可能な限り、僕らを高みに導いてほしいね」 2018.06.24 08:20 Sun
twitterfacebook
thumb

スペイン紙絶賛! 「世界がモドリッチにひれ伏す」

▽スペイン『マルカ』が、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチを改めて賞賛している。 ▽ロシア大会で3度目のワールドカップ(W杯)参戦となっているモドリッチ。チームの最重要人物として母国を本大会まで導くと、初戦のナイジェリア代表戦でPKを決めて勝利に大きく貢献し、第2節の大一番アルゼンチン代表戦でもミドルシュートを沈めて3-0での快勝の立役者となり、2試合連続で大会選出のMOMに輝いた。 ▽既に決勝トーナメント進出を決めているクロアチアの核であるモドリッチ。マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに得点数で劣るとしても、極上のプレーを続けているモドリッチがバロンドール候補者になることは間違いないだろう、と『マルカ』は推している。 ▽32歳となり、4年後のW杯参戦は難しい年齢に差し掛かっているモドリッチ。“現代最高のMF”は、ロシアW杯で母国にどのような景色を見せるのだろうか。 2018.06.23 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

コバチッチが移籍希望を表明 「最善策はマドリー退団」

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)が移籍希望を表明した。 ▽若くして次世代の創造者として名を馳せたコバチッチは、ディナモ・ザグレブ、インテルを経て、2015年夏からレアル・マドリーでプレー。しかし、熾烈なポジション争いを強いられ、確固たる地位を築くに至っていない。 ▽現在、クロアチア代表の一員としてロシア・ワールドカップに参戦中のコバチッチ。スペイン『マルカ』で自身の将来について、次のようにコメントしたという。 「もっとプレーしたい。最善策はマドリーを離れることだ」 「フットボールとピッチにいることを愛している」 「別のチームで先発の機会が欲しい」 「プレーできなければ、僕は幸せじゃない」 2018.06.23 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディが暴走? アルゼンチン敗戦でまさかの「いいね」

▽インテルに所属するFWマウロ・イカルディが、アルゼンチンファンの怒りを買っている。イタリア『プレミアム・スポルト』などが伝えた。 ▽21日に行われたロシア・ワールドカップでアルゼンチンはクロアチアに0-3で敗れた。最終的に落選したとはいえ、アルゼンチン代表候補のイカルディは落胆していても不思議ではない。 ▽しかし、そうではなかったようだ。インテルでチームメートのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチは、アルゼンチン戦直前の集合写真を自身のインスタグラムに掲載した。この投稿にイカルディがひっそりと「いいね!」をクリックしていたことが明らかになっている。 ▽2017/18シーズンのセリエAで29得点を挙げ、ラツィオのチーロ・インモービレと並んでトップスコアラーになったイカルディ。自身を外した代表にはいまも不満があるのかもしれない。 2018.06.23 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サンパオリ、敗者の弁「結果は私の責任」

▽アルゼンチン代表のホルヘ・サンパオリ監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節のクロアチア代表戦について語った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽今大会初戦となったアイスランド代表戦を1-1のドローで終えたアルゼンチン。ナイジェリア代表に勝利したクロアチア戦で勝利を目指したが、0-3と完敗。グループステージ敗退の危機に立たされている。 ▽GKウィリー・カバジェロのミスなどもあり、惨敗となったアルゼンチン。サンパオリ監督は敗戦の責任は「私にある」とコメント。また、ここまで輝けていないFWリオネル・メッシについては「チームが理想的な状態ではない」とコメントした。 「この試合のプランを立てなくてはいけなかった。もし、私が別のプランを立てていたら、結果ははるかに良くなっいたかかもしれない。ミスをしたカバジェロに責任を負わせることは、本来すべきことではない」 「私はアルゼンチン代表の現実は、レオ(・メッシ)の輝きを失わせている。チームは彼にとって理想的な状態ではないので、メッシは制限されている。監督として、この事態に対処する必要がある。そして、私はそれを受け入れなければならない」 「不名誉かどうかは分からないが、間違いなく痛みを感じている。私は長い時間監督として経験しているが、自分の国のジャージを身につけていると、その痛みははるかに大きい。最後の試合では、我々は戦わなくてはいけない。我々の全てを出す以外の選択肢を持っていない。アルゼンチン国民にとって、我々は期待しているレベルではなかった。そこには痛みがある」 「ファンに許しを求めたい。特に、大変な努力をして現地まで旅をして北人、そしてアルゼンチンで見守っている人にだ。この結果は、私の責任だ。できる限りのことをしたと思っている。ただ、彼らが望むものを与える方法を見るけることができなかった」 2018.06.22 12:45 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース