リヒトシュタイナーのドルトムント行きは破談 「合意に至らなかった」2018.05.18 18:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今シーズン限りでユベントスを退団するスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー(34)が、噂されたドルトムント行きを否定した。同選手がスイス『Blick』で語った。

▽リヒトシュタイナーは、2011年にラツィオからユベントスに加入。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、6度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献した。

▽5日に行われたセリエA第36節のボローニャ戦後、ユベントスとの契約が今シーズン限りとなっているリヒトシュタイナーは、『スカイ・スポーツ・イタリア』で「僕の未来はイタリア国外にある。サインしていないから、まだ(行き先は)言えないけどね」と、今夏のイタリア国外への移籍を明言していた。

▽その後、リヒトシュタイナーにはドルトムント移籍で合意したとの報道が出ていたが、同選手はドルトムントとの交渉の事実を認めた一方、交渉が破談に終わったことを明かした。

「僕はボルシア・ドルトムントに行かない。僕たちは合意に至らなかった」

▽また、リヒトシュタイナーは同インタビューで中国行きに関しても否定している。

「決して中国に行くことはないだろうね。僕はお金を追い求めるつもりはないし、より心地良く生活できる場所を求めている」

「自分だけでなく妻や子供たちも幸せに暮らすためには中国は適切な場所ではないと思う。それに僕はより多くのお金を求めていないんだ」

▽今回のドルトムント行き破談を受けて、リヒトシュタイナーの新天地に関してはマルセイユやアメリカのメジャーリーグサッカーの可能性が高まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドはセリエAデビュー戦で不発も…アッレグリが手放しで称賛

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、新加入のクリスティアーノ・ロナウドの活躍を喜んだ。<br><br>18日に行われたセリエA開幕戦でユベントスはキエーヴォと対戦。セリエAデビュー戦となったロナウドが先発で出場したこの試合、ユベントスは2-2で迎えたアディショナルタイムにフェデリコ・ベルナルデスキが決勝点を挙げて3-2で辛くも勝利した。<br><br>今夏に総額1億1200万ユーロ(約146億円)でレアル・マドリーからユベントスに加入し、大きな期待を背負うロナウドだが、この一戦では無得点に終わった。しかし、アッレグリ監督はイタリア『スカイスポーツ』で同選手のパフォーマンスに賛辞を送った。<br><br>「7日程度しか我々と一緒にトレーニングできていなかったが、ロナウドは本当に良いプレーをしていた。ディフェンスを連れ回し、ギャップに顔を出したりと良い動きも見せていた。彼は違いを作れる選手であることを見せつけたと思う」<br><br>「ゴールを奪えなかったことだけが残念だった。何本も枠内にシュートを飛ばしていたが、(ステーファノ)ソレンティーノは良いセーブを見せた。それでも一番感銘を受けていることはロナウドがすでにチームに馴染めてプレーできたことだ。勝利できて彼はとても幸せそうだった」<br><br>その他にもサミ・ケディラやマリオ・マンジュキッチ、新加入のジョアン・カンセロのプレーを称賛したアッレグリ監督だが「今日の問題は集中力が低くなってしまった点だ。簡単にこのようなことをしていてはだめだ」と反省点も口にした。<br><br>提供:goal.com 2018.08.19 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのセリエAデビュー戦スタッツ 不発も最多シュート数を記録

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがセリエAデビューを果たした。 ▽今夏、レアル・マドリーから鳴り物入りでイタリアの絶対王者ユベントスに活躍の場を移したC・ロナウド。18日に行われたセリエA開幕節のキエーボ戦に1トップとして先発した。 ▽序盤こそ相手のタイトなマークに苦しむ場面があったC・ロナウドだが、徐々に存在感。得点こそなかったが、積極性を武器にシュートを放っていくなど随所でらしさを披露した。 ▽イギリス『FourFourTwo』は試合後、『Opta』のデータをもとにC・ロナウドのセリエAデビュー戦スタッツを次のように紹介している。 ◆デビュー戦のスタッツ シュート数:8本 枠内シュート数:4本 パス数:30本 パス成功率:91.3% デュエル数:16回(勝率:31.3%) ロスト数:13回 クロス数:4本 キーパス:2本 2018.08.19 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ロナウドがデビューのユベントス、一時逆転許すもベルナルデスキのAT弾で薄氷の白星スタート《セリエA》

▽ユベントスは18日、セリエA開幕戦でキエーボとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 ▽セリエA7連覇中のユベントスは、新戦力にロナウドを迎え、スタメンで抜擢となった。その他、ミランから復帰したボヌッチ、新戦力のカンセロが先発となった。 ▽ロナウドがディバラと2トップを形成し、ドグラス・コスタとクアドラードを両サイドに配す[4-4-2]で臨んだユベントスがボールを持つ立ち上がりとなると、開始3分にあっさり先制する。右サイドからのピャニッチのFKをファーサイドのキエッリーニが頭で落としたボールを、ボックス中央のケディラが左足で蹴り込んだ。 ▽その後もユベントスが攻勢に出ると、9分には左サイドを抜け出したドグラス・コスタの折り返しにカンセロが飛び込む決定機を演出。しかし、シュートは枠を捉えきれない。さらに18分、クアドラードの横パスをボックス中央のロナウドがダイレクトでシュート。だが、わずかに枠の左に外れた。 ▽引き続きポゼッションを高めるユベントスは、30分にはクアドラードのフィードに抜け出したロナウドがボックス左からボレーシュートを浴びせれば、33分にはドグラス・コスタもボレーシュートで追加点に迫った。 ▽しかし38分、分厚い攻めを見せたキエーボに同点とされる。左サイドからのジャッケリーニのクロスをステピンスキにヘディングで合わせられたシュートでネットを揺らされた。 ▽失点後、ハーフタイムにかけてチャンスを生み出せなかったユベントスは1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、キエーボの攻勢を許したユベントスは54分にPKを献上する。ドリブルで仕掛けたジャッケリーニをボックス左でカンセロが倒してしまった。このPKをジャッケリーニに決められ、逆転を許してしまった。 ▽逆転されたのを受けてクアドラードに代えてベルナルデスキを投入したユベントスが前がかると、61分にはFKの流れからロナウドがヘディングシュートでオンターゲットを記録。さらにドグラス・コスタに代えてマンジュキッチを投入したユベントスは、66分にロナウドがミドルシュートを浴びせるもGKソレンティーノのファインセーブに阻まれた。 ▽焦りが募るユベントスは、マンジュキッチのヘディングシュートやディバラのドリブルシュートでゴールに迫ると、75分に同点に持ち込む。ベルナルデスキの右CKをニアのボヌッチがヘッドで合わせると、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽その後、ロナウドの直接FKがGKを強襲したユベントスは、85分にジャンのダイビングヘッドでゴールに近づくと、直後にはマンジュキッチのヘディングシュートがゴールラインテクノロジーによってゴールラインを割っていたと判定されるも、その前にロナウドのGKソレンティーノに対するファウルをVARによって取られてノーゴールとなる。 ▽ゴールを取り消されて苦しくなったユベントスだったが追加タイム3分、左サイドで仕掛けたアレックス・サンドロのグラウンダークロスをベルナルデスキが詰めて勝ち越しに成功。これが決勝点となってユベントスが劇的勝利。格下相手に苦戦したものの、薄氷の白星スタートとしている。 2018.08.19 03:06 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA開幕節プレビュー】ロナウド加入のユーベはキエーボと開幕戦、ラツィオvsナポリの好カードも

▽2018-19シーズンのセリエAが18日、いよいよ開幕する。ロナウドを迎えた7連覇中の王者ユベントスを中心に今季もスクデット争いが展開されることが濃厚だが、ユベントスの連覇を止めるクラブが現れるのかに注目だ。迎える第1節では開幕戦にユベントスが登場する他、ラツィオvsナポリの好カードが開催される。 ▽なお、14日にジェノバで起きた高架橋崩落事故の影響で同地に本拠地を置くサンプドリア(vsフィオレンティーナ)、ジェノア(vsミラン)の開幕戦が延期となることが発表された。 ▽まずは18日25:00キックオフの開幕戦であるキエーボvsユベントスから。王者ユベントスは悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇も見据えてロナウドを獲得した他、ミランからボヌッチが復帰。移籍が噂された主力も軒並み残留し、昨季以上の選手層を擁すこととなった。5季目を迎える智将アッレグリ監督の下、ロナウドを中心としたチームがどのような船出を切るかに注目だ。 ▽続いて18日27:30キックオフのラツィオvsナポリ。昨季はインテルとのCL出場を懸けた最終節で敗れ、惜しくも5位に終わったラツィオは、主力ではデ・フライとフェリペ・アンデルソンが移籍した。とはいえ、大ブレイクしたミリンコビッチ=サビッチが残留した上、バデリやホアキン・コレアといった実力者が加わっており、チーム力は増した印象だ。着実に実績を積み上げているS・インザーギ監督の下、ナポリ相手に好スタートを切れるか。 ▽対するナポリはスクデット争いを演じるまでにチーム力を押し上げたサッリ監督がデ・ラウレンティス会長との確執により退団し、アンチェロッティ監督が招へいされた。主力ではジョルジーニョが去ったが、クリバリやハムシクら移籍の噂された選手たちが残留しており、チーム力は維持している。人心掌握に長けたアンチェロッティ監督の下、昨季同様ユベントスの対抗馬となれるか、ラツィオとの強豪対決でアピールしたい。 ▽CL出場権を獲得し、ナインゴランやラウタロ・マルティネス、デ・フライにヴルサリコ、ケイタ・バルデといった実力者を多数加えたインテルは、サッスオーロとのアウェイ戦で開幕を迎える。2季目を迎える名将スパレッティ監督が新戦力をいかにフィットさせていくか、ユベントスの対抗馬として期待されるインテルの初陣に注目だ。 ▽昨季は3位でフィニッシュし、危なげなくCL出場権を獲得したローマは、ナインゴランとGKアリソンの両主力が流出した。それでも敏腕SDモンチ氏の下、エンゾンジやクリスタンテ、パストーレにクライファート、GKオルセンと戦力の維持に努めた。ディ・フランチェスコ体制2季目となる中、トリノを下して白星スタートとなるか。 ◆セリエA開幕節 ▽8/18(土) 《25:00》 キエーボ vs ユベントス 《27:30》 ラツィオ vs ナポリ ▽8/19(日) 《25:00》 トリノ vs ローマ 《27:30》 パルマ vs ウディネーゼ エンポリ vs カリアリ ボローニャ vs SPAL サッスオーロ vs インテル ▽8/20(月) 《27:30》 アタランタ vs フロジノーネ ▽未定 サンプドリア vs フィオレンティーナ ミラン vs ジェノア 2018.08.18 18:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA・シーズンプレビュー】ロナウド加入で沸く7連覇中ユーベの牙城を崩せるか

▽2018-19シーズンのセリエAが18日に開幕する。昨季はナポリがシーズン終盤までスクデット争いを盛り上げたものの、終わってみれば絶対王者ユベントスが盤石の強さで7連覇を達成した。新シーズンもFWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したユベントスを中心にスクデット争いが繰り広げられることが確実だが、効果的な補強を施したインテルやローマ、監督交代があったものの戦力を維持したナポリらが優勝争いを盛り上げてくれることを期待したい。 ◆ロナウド獲得にボヌッチ復帰で盤石の陣容~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_50_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セリエA7連覇中の絶対的王者であるユベントスを中心に今季もスクデット争いが行われるのは間違いない。20年以上遠ざかっている悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇も見据え、この夏は大きく動いた。レアル・マドリーから1億ユーロでロナウドを引き抜き、昨季アッレグリ監督との確執によりミランへ移籍したDFボヌッチがDFカルダーラとのトレードで復帰を果たした。また、移籍が噂されていたDFベナティアやDFアレックス・サンドロも残留し、DFカンセロを加えたディフェンスラインは昨季を上回る戦力となっている。精神的支柱だった守護神のGKブッフォンがクラブを離れたが、2チームを優に組める圧倒的な戦力を擁す中、就任5季目のアッレグリ監督がロナウドを中心にどのようなチーム作りを見せるのかに注目だ。 ◆充実の補強でユーベの対抗に~インテル~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は名将スパレッティ監督の招へいで辛くも4位に滑り込み、CL出場権獲得に成功したインテルをユベントスの対抗に推したい。昨季セリエA得点王のFWイカルディを筆頭に主力の流出がない上、ローマからMFナインゴラン、ラツィオからDFデ・フライ、ユベントスからDFアサモア、アトレティコ・マドリーからDFヴルサリコ、モナコからFWケイタ・バルデ、ラシンからFWラウタロ・マルティネスとクラブの新シーズンに懸ける本気度が窺える補強を敢行。スパレッティ監督の攻守に隙のない戦術がより浸透してくることが予想される中、イカルディと共に得点源となることが期待されるラウタロをどのように機能させられるかが見どころだ。 ◆ナインゴランとアリソン流出をモンチ・コネクションでカバー~ローマ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽インテルの次に推したいのがこの夏も敏腕SDモンチ氏の下で大きく動いたローマだ。昨季もFWサラーを引き抜かれた中、ディ・フランチェスコ新監督の下で危なげなくCL出場権を獲得した上、CLではバルセロナを破ってベスト4まで勝ち上がる大健闘を見せた。そのローマはチームの心臓であったナインゴランと守護神となったGKアリソンの流出が痛かったが、前者はセビージャの主軸MFエンゾンジとアタランタで自身の能力を再証明した元ミランMFクリスタンテで、後者はロシアW杯でスウェーデンのベスト8進出に貢献したGKオルセンで埋めにかかる。その他、FWクライファートやMFパストーレといったアクセントを付けられる攻撃陣を加え、昨季の得点力不足を補いにかかる。 ◆サッリの遺産を引き継いだアンチェロッティの手腕~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽スペクタクルなサッカーを展開しつつ、結果も出していたサッリ監督がデ・ラウレンティス会長との確執から退団し、アンチェロッティ監督を招へいしたナポリは、スクデットを争うにはやや苦しいか。主力の流出こそMFジョルジーニョとGKレイナに留まっているが、優れた戦術眼を持っていたサッリに比べ、人心掌握にこそ一日の長があるものの、明確な戦術を持たないアンチェロッティでは、昨季ほどの結果を残すのは厳しい気もするが果たして。 ◆オーナー変更などゴタゴタ続きも幾つかの希望~ミラン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は中国資本となって約240億円の補強費を費やしたミランだったが、ノルマのCL出場権獲得はならず、ファイナンシャル・フェア・プレーの問題を乗り越えて何とかヨーロッパリーグ(EL)に回ることとなった。そのミランは今季こそCL出場を狙いたいところだが、この夏に中国人オーナーからアメリカ資本に変わるなどゴタゴタが続いている。そんな中、フロントにはかつての黄金時代を築いたレオナルド氏やマルディーニ氏が入閣しており、その点においては希望が見いだせる格好だ。2季目となるガットゥーゾ監督の下、絶対的得点源のイグアインを手に入れたミランの真価が問われるシーズンとなる。 ◆戦力維持に成功~ラツィオ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_55_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は惜しくも最終節でインテルに敗れてCL出場を果たせなかったラツィオ。今季も目指すはCL出場権獲得となる。主力ではDFデ・フライとMFフェリペ・アンデルソンが移籍したが、売り出し中のMFミリンコビッチ=サビッチが残留した上、MFバデリやMFホアキン・コレアといった実力者を獲得しており、大きな戦力ダウンには陥っていない。堅実な手腕を発揮するS・インザーギ監督の下、昨季得点王のFWインモービレら攻撃陣が今季も期待通りの結果を残せば上位進出は確実だ。 ◆パルマら復帰組~昇格組~ ▽1990年代から2000年代初頭にビッグ7の一角と称されたパルマがセリエDからわずか4年で這い上がってきた。破産を受けて4部まで降格したかつての名門は、昨季のセリエBで2位となり、自動昇格を決めた。その他、セリエB優勝のエンポリが1年で、昇格プレーオフを勝ち抜いたフロジノーネが3年ぶりにそれぞれセリエAに復帰している。 2018.08.18 12:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース