リヒトシュタイナーのドルトムント行きは破談 「合意に至らなかった」2018.05.18 18:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今シーズン限りでユベントスを退団するスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー(34)が、噂されたドルトムント行きを否定した。同選手がスイス『Blick』で語った。

▽リヒトシュタイナーは、2011年にラツィオからユベントスに加入。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、6度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献した。

▽5日に行われたセリエA第36節のボローニャ戦後、ユベントスとの契約が今シーズン限りとなっているリヒトシュタイナーは、『スカイ・スポーツ・イタリア』で「僕の未来はイタリア国外にある。サインしていないから、まだ(行き先は)言えないけどね」と、今夏のイタリア国外への移籍を明言していた。

▽その後、リヒトシュタイナーにはドルトムント移籍で合意したとの報道が出ていたが、同選手はドルトムントとの交渉の事実を認めた一方、交渉が破談に終わったことを明かした。

「僕はボルシア・ドルトムントに行かない。僕たちは合意に至らなかった」

▽また、リヒトシュタイナーは同インタビューで中国行きに関しても否定している。

「決して中国に行くことはないだろうね。僕はお金を追い求めるつもりはないし、より心地良く生活できる場所を求めている」

「自分だけでなく妻や子供たちも幸せに暮らすためには中国は適切な場所ではないと思う。それに僕はより多くのお金を求めていないんだ」

▽今回のドルトムント行き破談を受けて、リヒトシュタイナーの新天地に関してはマルセイユやアメリカのメジャーリーグサッカーの可能性が高まっている。
コメント
関連ニュース
thumb

キエッリーニ、C・ロナウド加入で「CL制覇は夢から目標に」

ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入でヨーロッパ制覇が夢ではないと語っている。 ユベントスは近年チャンピオンズリーグ(CL)優勝を目標に掲げ、ヨーロッパ王者を目指してきたが、ここ2年間レアル・マドリーによってそれを阻まれてきた。中でも当時マドリーに所属していたC・ロナウドには、2016-17シーズンの決勝(4-1でマドリーが勝利)で2得点、2017-18シーズンの準々決勝(2戦合計スコア4-3でマドリーが勝利)で3得点を奪われるなど、苦汁を飲まされてきた。 そんなユベントスは、今シーズンそのC・ロナウドを獲得。キエッリーニは、これでCL制覇への準備が整ったと主張した。 「クリスティアーノは、何度も何度も僕らに対してゴールを奪ってきた。そして何度も僕らの夢を打ち砕いてきた。カーディフ、マドリッド、トリノでね」 「以前までチャンピオンズリーグは夢だった。けど今は、目標さ。なぜなら世界最高の選手であるクリスティアーノが加入したんだからね。彼は僕らが最後のステップに進むために必要なことだったのさ」 2019.01.16 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラがC・ロナウドの“挑戦”発言を斬る!

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの「挑戦」を否定した。イギリス『エクスプレス』が報じた。 昨夏にありとあらゆる栄冠を手にしたレアル・マドリーを去り、ユベントスに活躍の場を移したC・ロナウド。「新たな挑戦」として位置づけたユベントスでも攻撃センスを見せつけており、セリエA前半戦終了時点でチームの首位独走に貢献すると共に、個人としても得点ランキングトップの14得点をマークしている。 だが、イブラヒモビッチが思い描く「挑戦」の意味は違うという。新たな挑戦の真最中であるC・ロナウドに対して次のようにイブラ節を炸裂させ、自身が考える「挑戦」について持論を展開した。 「(ロナウドのユーベ移籍?) 彼はその移籍を『新たな挑戦』だと話した。彼の挑戦とは、常にセリエAで優勝できるクラブに移籍することを意味するみたいだ」 「じゃあ、彼は何故、数年前までセリエBにいた当時のユベントスに行かなかったんだ? セリエBにいるクラブをさらなる高みに導こうとすることこそが挑戦だ」 「そんなの馬鹿馬鹿しいね。ユベントス移籍は挑戦でも何でもない」 2019.01.15 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ディバラが去就に意味深発言

ユベントスに所属アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)が将来について言及した。 昨夏にレアル・マドリーから加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在もあってか、今シーズンのここまでセリエA2得点(17試合)にとどまるディバラ。最近の報道でレアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ(26)とのトレード案が飛び出すなど、去就が騒がしくなりつつある。 そうした中、ディバラはフランス『Canal+』のインタビューで移籍の可能性について問われると、次のようにコメントしたという。 「将来を知ることは難しい」 「選手が知っているのは今日もどこかでプレーしているということだけさ。明日のことなんてわからない」 「ユベントスはずっとプレーを希望したクラブ。快適だよ。将来はわからないけど、僕は元気にやっている」 「(フランスのチームでプレー?) 『絶対にない』とは言えないけど、今の僕のプランにないことだね」 2019.01.15 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ラムジー、遅かれ早かれユーベ移籍か ロンドンでメディカル通過

アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)にユベントス移籍の可能性が高まっている。 イタリア『トゥットスポルト』によれば、ラムジーはロンドンでユベントスの一部メディカルチェックを通過。これにより、アーセナルとの契約満了となる今シーズン終了後のユベントス入りがほぼ確定した状態だという。 次なる焦点はユベントスにいつ加入するかどうか。アーセナルは売却希望額として2000万ユーロ(約24億7000万円)を要求しているが、今冬の加入を望むユベントス側に同額を支払う意思はない模様だ。 遅かれ早かれ、今シーズン終了後のアーセナル退団が決定的なラムジー。果たして、ユベントスのユニフォームをまとう日はいつになるのか。今後も動向から目が離せない。 2019.01.14 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、イスコ差し出しディバラ獲得へ?!

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(26)と、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)のトレードが噂されている。イタリア『トゥットスポルト』の報道を基にスペイン『アス』が伝えた。 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、今年夏の移籍市場でのディバラ獲得を熱望。ユベントスは“宝石”を売却しない姿勢を貫いているが、取引の一部としてイスコが差し出されることで、その状況が変化する可能性があるという。 『トゥットスポルト』によると、ユベントスがディバラを売却する場合には移籍金1億ユーロ(約124億円)以上を要求。バイエルンやマンチェスター・シティなどからの関心も伝えられており、マドリーのオペレーションは難しくなるだろうことが推測されている。しかし、ユベントスは以前からイスコを注視しており、同選手を交渉に加えることでマドリーが有利に事を進める余地が広がるとのことだ。 指揮官がフレン・ロペテギ前監督からサンティアゴ・ソラーリ監督に交代して以来、イスコのプレー時間は激減。今冬、もしくは今年夏の退団が繰り返し囁かれている。 2019.01.13 19:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース