来季CL出場のホッフェンハイム、大迫同僚MFビッテンコートを獲得!2018.05.16 00:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは14日、ケルンからドイツ人MFレオナルド・ビッテンコート(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。

▽かつてブンデスリーガで活躍したブラジル人FWフランクリン・ビッテンコート氏を父親に持つビッテンコートは、コットブス、ドルトムント、ハノーファーを経て2015年にケルンへ完全移籍。主戦場の左ウイングや2列目でのプレーを得意とするアタッカーは、今シーズンのリーグ戦22試合に出場し5ゴール3アシストを記録していた。

▽しかし、今季を最下位で終えたケルンとの間で結ばれた2部降格時の契約オプションを行使する形で800万ユーロ(約10億4000万円)といわれる移籍金でホッフェンハイムに完全移籍することになった。

▽ビッテンコートはホッフェンハイム移籍に際して以下のようなコメントを残している。

「ホッフェンハイムは数年前から非常に素晴らしい成長を見せているクラブだ。同時に何人かのプレーヤーをドイツ代表に送り出し、多くの野心的な若手プレーヤーの存在も僕に刺激を与えてくれたんだ」

「ユリアン・ナーゲルスマンの仕事ぶりにも感銘を覚えている。僕は彼との仕事を通じて多くの利益を得られると思っているし、今後も成長し続けられることを確信しているよ」

「ブンデスリーガやヨーロッパのコンペティションでプレーすることが自分にとって重要なことだった。僕はそのチャンスをホッフェンハイムで得ることができた。このクラブで自分が重要なパズルのピースになれることを確信しているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ホッフェンハイムがPSVのオランダ代表SBブレネトを獲得

▽ホッフェンハイムは24日、PSVのオランダ代表DFジョシュア・ブレネット(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなっている。 ▽PSVでプロデビューを飾ったブレネットは左サイドバックを本職とし、右サイドバックでもプレー可能なDF。PSVでは公式戦150試合に出場して4ゴール11アシストを記録している。2017-18シーズンはエールディビジで32試合に出場1ゴール5アシストをマークし、チームのリーグ優勝に貢献した。 ▽オランダ代表としては2016年11月にデビューしている。 2018.05.25 05:46 Fri
twitterfacebook
thumb

マックス・マイヤーの新天地はホッフェンハイム! プレミア勢との争奪戦制し加入と報道

▽今季限りでシャルケとの契約が終了するドイツ代表MFマックス・マイヤー(22)がホフェンハイムにフリーで加入することが決定的となった。ドイツ『Sportbuzzer』が伝えている。 ▽2013年にトップチームデビューを果たしたマイヤーは、デビュー2年目となった2013-14シーズンから主力に定着。卓越した攻撃センスと高精度の両足のキックを武器に左右のウイングや攻撃的MFとして4シーズンに渡って活躍。さらに、ドメニコ・テデスコ新監督の就任に伴い、今季はアンカーやインサイドハーフにコンバートを果たし新境地も開いていた。 ▽しかし、今後のステップアップを図るマイヤーはクラブからの再三に渡る契約延長オファーを固辞し、先日には今季限りでの退団が発表されていた。新天地に関してはアーセナルやリバプール、トッテナムなどプレミアリーグ勢が有力と見られていたが、母国のライバルチームという意外な移籍先を選んだ。 ▽なお、ホッフェンハイムは今季のブンデスリーガをバイエルン、シャルケに次ぐ3位で終えており、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ・ストレートインを果たしている。 2018.05.21 02:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、アルジェリア代表FWベルフォディル獲得! 今季はブレーメンにレンタル

▽ホッフェンハイムは15日、スタンダール・リエージュからアルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディル(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽ホッフェンハイムへの加入が決定したベルフォディルはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語っている。 「この野心的なクラブでさらに成長できるチャンスを得られたことをとても嬉しく思っているよ。クラブがより多くの成功を収めるために自分が持てるすべての力を捧げるつもりだ」 ▽リヨンでプロキャリアをスタートしたベルフォディルは、その後イタリアに活躍の場を移してパルマやインテル、リヴォルノでプレー。2016年にはベルギーの名門スタンダール・リエージュに完全移籍を果たし、今シーズンは1年間のレンタルでブレーメンに加入。 ▽今季は公式戦29試合で6ゴールと目立った数字は残せなかったものの、190cmを超える長身と懐深いボールキープを生かしたポストプレーといった多彩なプレーの引き出しが評価されて来シーズンにチャンピオンズリーグに出場するホッフェンハイムへとステップアップを果たすことになった。 2018.05.16 01:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムが逆転で3位浮上! 敗れたドルトムントも辛くも4位フィニッシュでCL出場決定《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ最終節、ホッフェンハイムvsドルトムントが12日に行われ、3-1でホッフェンハイムが勝利した。ドルトムントのMF香川真司は76分から出場している。 ▽前節シュツットガルト戦を落とし、10試合ぶりの敗戦を喫して5位レバークーゼンに勝ち点で並ばれた4位ホッフェンハイム(勝ち点52)は、得失点差で3上回っているため勝利すれば2季連続でのCL出場権獲得が濃厚な中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、前節マインツ戦を落とした3位ドルトムント(勝ち点55)は、引き分け以上でCL出場権獲得となる。仮に敗れても2点差を付けられなければホッフェンハイムに上回られることはない中、前節を欠場した香川がベンチ入りを果たした。 ▽ホッフェンハイムと同じ[3-4-3]で臨んだドルトムントは、3バックの中央にアカンジ、右にピシュチェク、左にシュメルツァーを配置。3トップには右からロイス、シュールレ、サンチョと並べた。 ▽そのドルトムントが仕掛け、ホッフェンハイムがカウンターを狙う展開で推移する中、ドルトムントは15分にラファエウ・ゲレイロがミドルシュートで牽制。そして18分には決定機が訪れる。シャヒンのスルーパスをボックス左で受けたラファエウ・ゲレイロがシュート。しかし、GKバウマンにセーブされた。 ▽対するホッフェンハイムの反撃は20分。クラマリッチがミドルシュートでゴールを脅かすと、26分に先制した。GKビュルキのキックミスを突いてボックス手前左のクラマリッチがシュートを蹴り込んだ。 ▽ミスから痛い失点を喫したドルトムントは33分に同点のチャンス。ショートカウンターに転じ、ロイスのスルーパスを受けたシュールレが独走。GKと一対一となったが、シュートを枠の右に外してしまう。ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽後半はホッフェンハイムが良い流れで試合を進めていたが、58分にドルトムントが追いつく。ラファエウ・ゲレイロとのパス交換でロイスがボックス左に侵入し、巧みなトラップからシュートを流し込んだ。 ▽しかし63分、3トップの連係で中央を突破したホッフェンハイムが勝ち越す。ウートがバイタルエリア中央でボールを受けてクラマリッチへ。クラマリッチのスルーパスをボックス中央で受けたサライがチップキックシュートでGKとの一対一を制した。さらに73分、FKの流れからカデラベクがボレーで蹴り込み、ホッフェンハイムが3-1と一気に突き放した。 ▽2点差を付けられ、このままではホッフェンハイムに順位で逆転されてしまうドルトムントはシュールレに代えて香川を最前線に投入。しかし、チャンスを作れず時間が経過。暗雲が垂れ込めたが、他会場のレバークーゼンがハノーファーに1点を返されたことで3-1となり、4位の座が安泰に。 ▽これを受けてドルトムントは終了間際にGKビュルキに代えて今季限りで引退するGKヴァイデンフェラーを投入。直後にタイムアップを迎え、ホッフェンハイムとドルトムントが揃って来季のCL出場を決めている。 2018.05.13 00:41 Sun
twitterfacebook
thumb

CL出場を目指すホッフェンハイムに痛恨…負傷交代ニャブリのシーズンが終了

▽ホッフェンハイムのドイツ代表FWセルジュ・ニャブリの今シーズンが終了してしまった。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽昨夏ブレーメンからバイエルンへと完全移籍したニャブリ。そのまま、ホッフェンハイムへと1年間のレンタル移籍を果たしていた。 ▽シーズン序盤はあまり出場機会が与えられていなかったが、第12節以降はポジションを確保。シーズン終盤にかけてはゴールを量産し、ここまで22試合で10ゴールを挙げる活躍を見せていた。 ▽しかし、27日に行われたブンデスリーガ第32節のハノーファー戦で負傷交代。28日に検査を受けた結果、右足内転筋を断裂したと診断。今シーズンが終了するとともに、ホッフェンハイムでのキャリアも終えることとなった。 ▽今シーズン好調を維持し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すホッフェンハイムにとっては痛手となるだろう。 2018.04.29 11:55 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース