来季CL出場のホッフェンハイム、大迫同僚MFビッテンコートを獲得!2018.05.16 00:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは14日、ケルンからドイツ人MFレオナルド・ビッテンコート(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。

▽かつてブンデスリーガで活躍したブラジル人FWフランクリン・ビッテンコート氏を父親に持つビッテンコートは、コットブス、ドルトムント、ハノーファーを経て2015年にケルンへ完全移籍。主戦場の左ウイングや2列目でのプレーを得意とするアタッカーは、今シーズンのリーグ戦22試合に出場し5ゴール3アシストを記録していた。

▽しかし、今季を最下位で終えたケルンとの間で結ばれた2部降格時の契約オプションを行使する形で800万ユーロ(約10億4000万円)といわれる移籍金でホッフェンハイムに完全移籍することになった。

▽ビッテンコートはホッフェンハイム移籍に際して以下のようなコメントを残している。

「ホッフェンハイムは数年前から非常に素晴らしい成長を見せているクラブだ。同時に何人かのプレーヤーをドイツ代表に送り出し、多くの野心的な若手プレーヤーの存在も僕に刺激を与えてくれたんだ」

「ユリアン・ナーゲルスマンの仕事ぶりにも感銘を覚えている。僕は彼との仕事を通じて多くの利益を得られると思っているし、今後も成長し続けられることを確信しているよ」

「ブンデスリーガやヨーロッパのコンペティションでプレーすることが自分にとって重要なことだった。僕はそのチャンスをホッフェンハイムで得ることができた。このクラブで自分が重要なパズルのピースになれることを確信しているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ホッフェンハイムが昨季躍進の立役者・クロアチア代表FWクラマリッチと契約延長

▽ホッフェンハイムは17日、クロアチア代表FWアンドレイ・クラマリッチ(27)との契約延長を発表した。2022年6月30日までの2年間の延長となった。 ▽クラマリッチは、2015年1月にリエカからレスター・シティへと移籍。しかし、レスターでは思うような出場機会が得られず、2016年1月にホッフェンハイムへとレンタル移籍。同年7月に完全移籍で加入していた。 ▽ホッフェンハイムでは、公式戦93試合に出場し36ゴール21アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガで34試合に出場し13ゴール8アシストを記録。チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献していた。 ▽また、クロアチア代表としても世代別の代表を経験し、A代表で38試合に出場し10ゴールを記録。ロシア・ワールドカップにもメンバーに選ばれ、決勝までの全7試合に出場。準々決勝のロシア代表戦で1ゴールを記録していた。 2018.08.17 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、チェコ代表DFカデラベクと2023年まで契約延長

▽ホッフェンハイムは10日、チェコ代表DFパベル・カデラベク(26)との契約延長を発表した。新契約は2年間で、契約期間は2023年6月30日まで延長された。 ▽カデラベクは、スパルタ・プラハの下部組織出身で、2015年7月にホッフェンハイムへ加入。在籍3シーズンでブンデスリーガ79試合に出場している。2017-18シーズンはブンデスリーガで28試合に出場し、2ゴール3アシストを記録していた。また、2014年にデビューしたチェコ代表としても32キャップを記録している。 ▽新契約にサインしたカデラベクは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「信頼を示してくれたクラブに感謝している。僕はホッフェンハイムでのプレーに満足しているよ。だから2023年までの新たな契約にサインしたんだ。これからもホッフェンハイムでの挑戦にワクワクしているよ」 2018.08.11 02:36 Sat
twitterfacebook
thumb

クラブ史上初となるCLに臨むホッフェンハイム、新主将にドイツ人DFフォクトを任命

▽ホッフェンハイムは4日、ドイツ人DFケビン・フォクト(26)の主将就任を発表した。 ▽ボーフムの下部組織で育ったフォクトは194cmの長身のサイドバック。2016年の夏にケルンからホッフェンハイムに加入。昨シーズンは、リーグ戦31試合を含む公式戦40試合に出場していた。 ▽ホッフェンハイムは、昨シーズンまで元ポーランド代表MFオイゲン・ポランスキがキャプテンを務めていたが、同選手は昨季リーグ戦9試合の出場にとどまっており、フォクトがほとんどの試合でゲームキャプテンを務めていた。 ▽昨シーズンの副キャプテンから正式にキャプテンに昇格したフォクトは、公式サイトで「クラブからの信頼の大きさを感じるよ。僕たちにとってこれから刺激的な仕事が待ち構えている」とコメントしている。 2018.08.05 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがヤング・ボーイズのガーナ代表DFヌフを獲得

▽ホッフェンハイムは25日、ヤング・ボーイズのガーナ代表DFカシム・ヌフ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間で、移籍金は700万ユーロ(約9億1000万円)とのことだ。 ▽190cmの屈強なセンターバックであるヌフは、2016年8月にマジョルカからヤング・ボーイズへレンタル移籍。翌年に完全移籍へ切り替わり、2017-18シーズンはスイス・スーパーリーグで32試合に出場して2ゴール2アシストを記録し、ヤング・ボーイズのリーグ優勝に貢献していた。 ▽ホッフェンハイムへの移籍についてヌフは次のように語っている。 「最初から求められているということを感じていたからね、少し待ちきれない気持ちもあったし、ドイツで挑戦したいという気持ちを持っていたんだ。成立した今は、ブンデスやチャンピオンズリーグでの挑戦を、この若いチームのなかで行っていくことがとにかく楽しみだね」 2018.07.25 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、昨季ホッフェンハイムへレンタルのニャブリの復帰を発表!

▽バイエルンは2日、昨季ホッフェンハイムへレンタル移籍していたドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ(22)の復帰を発表した。背番号は22を着用する。 ▽シュツットガルトの下部組織出身のニャブリは、2011年7月にアーセナルの下部組織に加入。2013年7月にトップチームに昇格するも、2015年2月にWBAにレンタル移籍していた。ニャブリは2016年に行われたリオ・デジャネイロ五輪で6ゴールと活躍し得点王に輝くと、2016年8月にブレーメンへと移籍。ブンデスリーガでは27試合に出場し11ゴール2アシストを記録していた。 ▽この活躍が認められ、ニャブリは昨夏にバイエルンへ3年契約で加入。しかし、移籍直後に出場機会と実戦経験を求めた同選手は、すぐにホッフェンハイムへレンタル移籍。昨季はケガで出遅れるもブンデスリーガ22試合に出場し10ゴール7アシストをマークしていた。 ▽復帰会見に臨んだニャブリは、「僕の目標はシンプルだ。チームにより多くのタイトルをもたらすことだ」と意気込みを語った。 2018.07.03 00:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース