シント=トロイデンの東京五輪世代DF冨安健洋がベルギーデビュー!《ジュピラー・プロ・リーグ・ELプレーオフ》2018.05.13 17:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽DF冨安健洋が所属するシント=トロイデンVVは12日、ジュピラー・プロ・リーグ・ヨーロッパリーグ(EL)出場権プレーオフ・グループB第9節でアントワープと対戦し、2-1で勝利している。冨安は93分から出場してベルギーデビューを飾っている。

▽試合はシント=トロイデンが前半に2点を先取。しかし、後半開始早々にアントワープに1点を返されて2-1とされてしまう。

▽それでもリードを守り続けるシント=トロイデンは後半アディショナルタイム3分、冨安を投入。冨安は1月に加入して以来、移籍後初出場となった。

▽試合はそのまま2-1で勝利。シント=トロイデンは現在5勝1分け3敗の勝ち点16で2位に位置。しかし、最終節を残して首位ロケレンとの勝ち点差が4となったため、グループA・首位とのプレーオフ決勝に進むことはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

遠藤航の今季2点目も、シント=トロイデンは開幕4戦連続ドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは18日、ジュピラー・プロ・リーグ第4節でベヘレンと対戦し、2-2で引き分けた。 ▽遠藤航や冨安健洋、関根貴大が所属するシント=トロイデンはここまで3試合を戦い3引き分け。今季初勝利を目指す今節は、遠藤と富安が揃って先発。関根はベンチスタートとなった。 ▽試合開始9分、シント=トロイデンは左サイドを突破されると、クロスをアンポマーにフリーで叩き込まれ早々に失点を喫してしまう。 ▽だがそれでも32分、第2節のデビュー戦でゴールを決めた男が魅せる。ボックス手前で、ベズスの縦パスを相手がクリアミスしたところを見逃さなかった遠藤は、ボール拾ってペナルティエリア中央へ侵攻。そのまま左足を振り抜いてゴール右隅にシュートを突き刺した。 ▽互角の戦いが続く後半、均衡を破ったのはシント=トロイデンだった。77分、右サイド深くまで攻め込んだボーリのクロスをデ・サールが上手く流し込んで追加点。シント=トロイデンが逆転に成功した。 ▽しかし、喜びも束の間、逆転弾からわずか2分後にジュビターナにボックスの外から豪快なミドルシュートを決められスコアは振り出しに。 ▽その後は互いに決定力を欠き、試合は2-2のまま終了。シント=トロイデンは開幕から4試合連続ドローとなった。 2018.08.19 06:06 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤と冨安がフル出場のシント=トロイデンは3戦連続ドロー、植田がベルギーデビュー《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは11日、ジュピラー・プロ・リーグ第3節でロケレンをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽シント=トロイデンのDF冨安健洋とMF遠藤航はフル出場している。MF関根貴大はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。 ▽富安が3バックの右で、初スタメンの遠藤が中盤のボランチで先発したシント=トロイデンがポゼッションを高める入りとなった一戦。23分にはロングカウンターに転じ、遠藤のラストパスから決定機が生まれた。 ▽後半もシント=トロイデンが攻勢に出る流れが続いたが、決め手を欠いていると終盤の78分に失点する。富安が背後を取られてそのままフッペルツにゴールを許してしまった。 ▽それでも84分、トライのヘディングシュートで1-1としたシント=トロイデンだったが、逆転ゴールは生まれず、3戦連続ドローに終わった。 ▽また、DF植田直通がフル出場デビューを飾ったセルクル・ブルージュは、強豪スタンダール・リエージュにゴールレスドローで終えている。そして、フル出場したFW豊川雄太のオイペンはズルテ・ワレヘムとアウェイで対戦し、0-4で惨敗している。 2018.08.12 04:55 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤のベルギーデビュー弾もシント=トロイデンは2戦連続ドロー…《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ジュピラー・プロ・リーグ第2節が5日に行われ、ゲンクvsシント=トロイデンは1-1の引き分けに終わった。 ▽シント=トロイデンのDF冨安健洋はフル出場、新加入のMF遠藤航は70分からプレーし72分に移籍後初ゴールを記録した。同じく新加入のMF関根貴大は招集外となっている。 ▽ゴールレスで折り返した後半、先手を取ったのはゲンク。68分、バイタルエリア中央手前で獲得したFKをマリノフスキーが直接ゴール右上に突き刺した。 ▽先制を許したシント=トロイデンのマーク・ブレイス監督は、70分にベシュスを下げて遠藤を投入。すると直後の72分、ボックス左から仕掛けたヨアン・ボリのラストパスをペナルティアーク中央に走り込んだ遠藤がダイレクトで合わせると、針の穴を通すようなコントロールシュートがゴール左隅に決まった。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。遠藤のベルギーデビュー弾が決まるも、シント=トロイデンの新シーズン初勝利はお預けとなった。 ▽また、同日に行われたアンデルレヒトvsオーステンデは、5-2でアンデルレヒトが勝利した。アンデルレヒトの森岡亮太はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽試合が動いたのは、ゴールレスで迎えた後半。46分、コボーの右クロスをファーサイドのサンティニが頭で叩き込み、アンデルレヒトが先制。勢いづくアンデルレヒトは、52分にもカウンターからディマタがゴールネットを揺らし、追加点。 ▽58分に1点を返されたアンデルレヒトだが、83分に獲得したPKをサンティニが決めて再びリードを広げると、86分にもサンティニが豪快なミドルシュートが突き刺し、ハットトリックを達成。 ▽89分にも、トレベルのスルーパスから相手DFの裏に抜け出したディマタが飛び出した相手GKをかわし、無人のゴールに流し込んだ。試合終了直前に失点を喫したアンデルレヒトだが、5-2でリーグ戦連勝を飾った。 2018.08.06 02:56 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航のシント=トロイデンVVへの完全移籍が完了! 「ベルギーで活躍する姿を届けられるように」

▽浦和レッズは31日、日本代表DF遠藤航(25)のベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVへの完全移籍が完了したことを発表した。 ▽湘南ベルマーレでプロキャリアをスタートさせた遠藤は、2016年に浦和レッズへ完全移籍。加入当初から主力として活躍し、2016年には明治安田生命J1リーグ・1stステージ優勝、YBCルヴァンカップ優勝、2017年にはAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。今シーズンもここまでJ1リーグで15試合2得点を記録。YBCルヴァンカップには4試合、天皇杯に1試合出場していた。 ▽遠藤は常に各年代別日本代表にも選出され、2016年にはリオデジャネイロ五輪にも出場。2015年にデビューを飾ったA代表では12試合のキャップ数を誇り、出場機会はなかったものの、先日まで行われていたロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーにも選出されていた。 ▽21日に基本合意が発表された後、現地でのメディカルチェックをパスしてシント=トロイデンVVへの完全移籍が完了した遠藤は今回の移籍に際して両クラブの公式サイトでコメントを発表している。 ◆シント=トロイデンVV 「素直に嬉しいです。海外挑戦に対する思いは昔からあったので、きっかけを作ってくれた、このクラブに感謝しています」 ◆浦和レッズ 「あらためて、2年半お世話になったクラブを離れるのは寂しいですが、引き続き暖かく見守っていただければと思います。ベルギーで活躍する姿を届けられるようにがんばります」 ▽また、遠藤の移籍手続きを完了させたシント=トロイデンVVの立石敬之CEOは、「ロシアワールドカップで本人も出場もなく帰国したことに対して悔しい想いをしたと思います。次のワールドカップの時には日本の中心選手として活躍して欲しい人材だと考えています。STVVでヨーロッパのキャリアをスタートさせますが、クラブ全体としても期待が大きい選手です。ぜひ彼の活躍を皆さんで応援してください!」と同選手への期待を口にしている。 2018.07.31 21:13 Tue
twitterfacebook
thumb

日本人対決は実現せず、冨安フル出場も植田のデビューはお預け《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ジュピラー・プロ・リーグ第1節が28日に行われ、シント=トロイデンvsセルクル・ブルージュは0-0で引き分けた。 ▽シント=トロイデンでの2シーズン目を迎えたDF冨安健洋はフル出場し、チームのクリーンシートに貢献。新加入のMF関根貴大とDF遠藤航は招集外で、セルクル・ブルージュのDF植田直通はベンチ入りも出場機会はなく、デビューはお預けとなった。 ▽また、アンデルレヒトはコルトレイクとのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝したが、構想外と伝えられるアンデルレヒトのMF森岡亮太は招集外となっている。 2018.07.29 05:01 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース