J1デビューの鈴木が劇的逆転ゴール! 川崎F、柏撃破で3試合ぶり白星! 《J1》2018.05.12 16:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第14節の柏レイソルvs川崎フロンターレが12日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、2-1で川崎Fが勝利した。▽ここまで5勝2分け6敗で9位につける柏(勝ち点17)が、6勝3敗4分けで5位に位置する川崎F(勝ち点21)をホームに迎えた。前節のジュビロ磐田戦を1-2で敗れて直近5試合で2勝3敗と不安定戦いが続く柏は、磐田戦から先発メンバーを3人変更。パク・ジョンス、手塚、瀬川に代えて小池、大谷、小泉を起用した。

▽一方、前節FC東京との多摩川クラシコを0-2で敗れて今シーズン初の連敗を喫した川崎Fは、その一戦から先発メンバーを6人変更。武岡、斎藤、大久保らに代えてエウシーニョ、家長、中村憲剛らを起用した。また、GKチョン・ソンリョンが出場停止から復帰した。

▽白星でリスタートを切りたい両者の一戦。まずゴールに迫ったのはホームの柏だ。6分、ボックス左外でクリスティアーノからボールを預かった小泉が、ボックス左手前に切れ込んで右足を振りぬく。強烈なシュートはクロスバーを叩くも、川崎Fを脅かした。

▽柏はさらに13分、小泉のチェックからボールを奪い、江坂がボックス右手前へスルーパス。リターンを受けた小泉が奈良をかわしてシュートを放つも、谷口のスライディングに阻まれる。こぼれ球を伊東がダイレクトで押し込もうとしたが、シュートは枠を外れた。

▽ここまで思うように攻め切ることができない川崎Fは22分、守田が車屋からのパスをボックス左手前で受けると、右足に持ち直して強烈なシュート。これにGK中村航輔は一歩も動くことができなかったが、シュートはわずかにゴール右外へと外れた。

▽難を逃れた柏は32分、一瞬の隙を突いて先制点。パク・ジョンスからのロングボールを受けた小池が敵陣中央右からボックス右の谷口と車屋の間にポジションをとっていた伊東にパスを送る。すると伊東が巧みなターンで二人を置き去りにし、GKチョン・ソンリョンとの一対一を制した。

▽先制に成功した柏は38分、カウンターから江坂が川崎Fディフェンスの背後へスルーパス。左サイドを駆け上がったクリスティアーノがボックス左に侵攻し、シュートを放つとボールは枠をとらえなかったが、相手を畳みかける。

▽後半に入ると1点を追う川崎Fが攻勢に出る。49分、大島のパスを受けたエウシーニョがボックス右から中央へ折り返す。走りこんだ中村憲剛がダイレクトで合わせるもGK中村航輔に阻まれた。

▽それでも川崎Fは58分、ハーフウェイライン付近で守田がボールホルダーに寄せると、セカンドボールを拾った小林が反転。ボックス手前に持ち込み、右足を思い切りよく振りぬいてゴール左上へと突き刺した。

▽追いつかれた柏は69分、勝ち越しのチャンスを迎える。ボックス右手前でキム・ボギョンがボールを受けるとドリブルを開始。ボックス中央やや右に持ち込みシュートを放つも、GKチョン・ソンリョンに弾かれる。さらに相手のクリアが弱くなると、ゴール前でキム・ボギョンが拾い、再び押し込もうとするが、GKチョン・ソンリョンの牙城を崩すことができない。

▽徐々に流れを引き寄せつつあった川崎Fにアクシデント。73分に守田が足をつってしまい、森谷をスクランブル投入する事態に見舞われる。それでも76分には車屋がボックス手前から強烈なシュートを放ち、柏を押し込み続ける。

▽逆転を狙う川崎Fは83分、ボックス左外からの長谷川のクロスは相手DFに跳ね返されるが、ボックス内で拾った家長が落とす。これを中村憲剛が右足を振りぬいてゴール左隅を捉えるもGK中村航輔に右手一本で弾かれた。

▽後半猛攻を仕掛けるもあと一歩のところでゴールが奪えない川崎Fは86分、エウシーニョに代えて鈴木を投入。するとこのJ1初出場の男が川崎Fに勝利をもたらす。後半アディショナルタイム2分、ボックス左外でキープした長谷川がファーサイドへクロスを送る。これを鈴木が頭で合わせゴール左へと押し込んだ。

▽試合終了間際に逆転に成功した川崎F。このゴールが決勝点となり、川崎Fは連敗を2でストップした。一方の柏は、連敗を喫している。
コメント
関連ニュース
thumb

いざ代表デビューへ!畠中槙之輔「日の丸を背負うのは名誉なこと」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 今回が代表初招集となった横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔。コロンビア代表戦ではチャンスは回ってこなかったが、森保一監督が「総替え」を公言したことで、ボリビア戦がデビュー戦になる可能性が高い。これについて、畠中は謙虚な姿勢で語ってくれた。 ◆畠中槙之輔(横浜F・マリノス) ――初出場に向けて 「日の丸を背負って戦うというのは自分にとって名誉なことですけど、国のためにしっかり気持ちをもって挑みたいと思います」 ――このチームで特徴を生かすイメージは 「代表のサッカーと横浜F・マリノスのサッカーは違う部分はあるんですけど、その中でもしっかり整理して周りとコミュニケーションをとりながらできれば良いかなと」 ――クラブと代表の違う部分は? 「ポジショニングの取り方が全然違うのと、出しどころの選択肢も全然違うんですけど、そこは臨機応変にできれば良いかなと思います」 ――同年代の選手が世界の選手とやり合っているのを見て 「自分もあそこの場に立ちたいと思いますし、どんどん海外の選手たちとやって自分のできることと、できないことをしっかり分かりたいというところがあるので、正直羨ましかったですね」 ――東京ヴェルディユースで一緒だった安西幸輝選手について 「あいつがやりやすいようにコントロールしてあげられればいいと思いますし、コミュニケーションの部分では一番素直に話せる相手なので、気負いせずしっかりやりたいと思います」 2019.03.25 21:46 Mon
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】金沢のDF長谷川巧が次節横浜FC戦を欠場

Jリーグは25日、明治安田生命J1リーグ第5節、J2リーグ第6節の出場停止選手を発表した。 J2リーグでは23日に行われた第5節のヴァンフォーレ甲府戦で2度の警告を受けて退場処分となったツエーゲン金沢のDF長谷川巧が1試合の出場停止となり、30日の横浜FC戦を欠場する。 また、代表ウィークに伴い中断中のJ1リーグでは既報通りサガン鳥栖のDF高橋祐治のみが出場停止となる。高橋は17日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第4節のジュビロ磐田戦で2度の警告を受け、退場処分を受けた。今回の処分により、1試合停止が決まったため、29日に敵地で行われる横浜F・マリノス戦に出場できない。処分対象の各選手は以下のとおり。 【明治安田生命J1リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF高橋祐治</span>(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ第5節 vs横浜F・マリノス(3/29) 今回の停止:1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 <span style="font-weight:700;">DF長谷川巧</span>(ツエーゲン金沢) 明治安田生命J2リーグ第6節 vs横浜FC(3/30) 今回の停止:1試合停止 2019.03.25 14:17 Mon
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、次は清武弘嗣に白羽の矢!?

セレッソ大阪に所属する元日本代表MF清武弘嗣(29)に対して、ベシクタシュの関心が急浮上した。トルコ『Sabah』が報じた。 今冬にドルトムントから日本代表MF香川真司をレンタルしたベシクタシュのフィクレット・オルマン会長は、日本のファン拡充を目指して先週に来日。日本の有力幹部との会談にて、香川を買い取る必要性と新たな日本人選手獲得のアドバイスを受けた模様だ。 そこで名前が挙がったのが清武だ。香川の完全移籍と共に、ブンデスリーガやリーガエスパニューラといった欧州でのプレー経験と人気を誇る清武の獲得を実現させることができれば、日本市場におけるベシクタシュのユニフォーム売り上げ増加も期待できるという。 その清武は2017年夏、セビージャから古巣C大阪に復帰。相次ぐケガに苦しむシーズンが続くが、今年は明治安田生命J1リーグ開幕から全4試合に先発している。今オフに日本代表FW杉本健勇ら同代表MF山口蛍らを失ったC大阪としては耳が痛い話だが、果たして…。 2019.03.24 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎F、馬渡和彰が捻挫で全治3週間

川崎フロンターレは23日、DF馬渡和彰が負傷したことを発表した。 クラブによると、馬渡は21日のトレーニング中に負傷。翌日に検査を行ったところ、右足関節捻挫で全治3週間を要する見込みだという。 今季からサンフレッチェ広島から完全移籍で川崎Fに加入した馬渡。ここまでJ1リーグ3試合、AFCチャンピオンズリーグ1試合に出場していた。 2019.03.23 20:31 Sat
twitterfacebook
thumb

A代表デビューの鈴木武蔵「悔しい」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 FW大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)不在の1トップとして先発A代表デビューを果たしたFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)。不発に終わったコロンビア代表戦を振り返り、次を見据えた。 ◆鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌) ──代表デビュー戦を振り返って 「前半、良い試合ができていただけに悔しいですね。PKで失点して負けたので」 ──自身のプレーを振り返って 「相手を外す場面があって、特に前半はクロスも来ていたので、ああいうのにうまく合わせて決め切りたかったです」 ──中島翔哉のクロスから良い場面があったが 「クロスは『チャンスがあるな』と思っていました。相手サイドバックの身長が低かったので、そこは意識してプレーしました」 ──相手最終ラインとの駆け引きも印象的だったが 「試合が始まってから相手が食いついてくるし、ラインも高かったので、奪った後に『チャンスあるな』と思っていました」 ──もう少し後ろから自身を狙ったボールが欲しかったか 「欲しかったですね。相手も僕らのビルドアップのところでハメにくる守備をしてきていたし、そこでひとつ外せればチャンスに繋がるけど、奪われてしまう場面があったので、そういうところを改善していければ、前線の動きも生きてくると思います」 「苦し紛れのパスだけじゃなく、ビルドアップでちょっと剥がしたところで駆け引きしていければ、もっとチャンスになってくると思うので、改善していきたい」 2019.03.23 01:51 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース