J1デビューの鈴木が劇的逆転ゴール! 川崎F、柏撃破で3試合ぶり白星! 《J1》2018.05.12 16:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第14節の柏レイソルvs川崎フロンターレが12日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、2-1で川崎Fが勝利した。▽ここまで5勝2分け6敗で9位につける柏(勝ち点17)が、6勝3敗4分けで5位に位置する川崎F(勝ち点21)をホームに迎えた。前節のジュビロ磐田戦を1-2で敗れて直近5試合で2勝3敗と不安定戦いが続く柏は、磐田戦から先発メンバーを3人変更。パク・ジョンス、手塚、瀬川に代えて小池、大谷、小泉を起用した。

▽一方、前節FC東京との多摩川クラシコを0-2で敗れて今シーズン初の連敗を喫した川崎Fは、その一戦から先発メンバーを6人変更。武岡、斎藤、大久保らに代えてエウシーニョ、家長、中村憲剛らを起用した。また、GKチョン・ソンリョンが出場停止から復帰した。

▽白星でリスタートを切りたい両者の一戦。まずゴールに迫ったのはホームの柏だ。6分、ボックス左外でクリスティアーノからボールを預かった小泉が、ボックス左手前に切れ込んで右足を振りぬく。強烈なシュートはクロスバーを叩くも、川崎Fを脅かした。

▽柏はさらに13分、小泉のチェックからボールを奪い、江坂がボックス右手前へスルーパス。リターンを受けた小泉が奈良をかわしてシュートを放つも、谷口のスライディングに阻まれる。こぼれ球を伊東がダイレクトで押し込もうとしたが、シュートは枠を外れた。

▽ここまで思うように攻め切ることができない川崎Fは22分、守田が車屋からのパスをボックス左手前で受けると、右足に持ち直して強烈なシュート。これにGK中村航輔は一歩も動くことができなかったが、シュートはわずかにゴール右外へと外れた。

▽難を逃れた柏は32分、一瞬の隙を突いて先制点。パク・ジョンスからのロングボールを受けた小池が敵陣中央右からボックス右の谷口と車屋の間にポジションをとっていた伊東にパスを送る。すると伊東が巧みなターンで二人を置き去りにし、GKチョン・ソンリョンとの一対一を制した。

▽先制に成功した柏は38分、カウンターから江坂が川崎Fディフェンスの背後へスルーパス。左サイドを駆け上がったクリスティアーノがボックス左に侵攻し、シュートを放つとボールは枠をとらえなかったが、相手を畳みかける。

▽後半に入ると1点を追う川崎Fが攻勢に出る。49分、大島のパスを受けたエウシーニョがボックス右から中央へ折り返す。走りこんだ中村憲剛がダイレクトで合わせるもGK中村航輔に阻まれた。

▽それでも川崎Fは58分、ハーフウェイライン付近で守田がボールホルダーに寄せると、セカンドボールを拾った小林が反転。ボックス手前に持ち込み、右足を思い切りよく振りぬいてゴール左上へと突き刺した。

▽追いつかれた柏は69分、勝ち越しのチャンスを迎える。ボックス右手前でキム・ボギョンがボールを受けるとドリブルを開始。ボックス中央やや右に持ち込みシュートを放つも、GKチョン・ソンリョンに弾かれる。さらに相手のクリアが弱くなると、ゴール前でキム・ボギョンが拾い、再び押し込もうとするが、GKチョン・ソンリョンの牙城を崩すことができない。

▽徐々に流れを引き寄せつつあった川崎Fにアクシデント。73分に守田が足をつってしまい、森谷をスクランブル投入する事態に見舞われる。それでも76分には車屋がボックス手前から強烈なシュートを放ち、柏を押し込み続ける。

▽逆転を狙う川崎Fは83分、ボックス左外からの長谷川のクロスは相手DFに跳ね返されるが、ボックス内で拾った家長が落とす。これを中村憲剛が右足を振りぬいてゴール左隅を捉えるもGK中村航輔に右手一本で弾かれた。

▽後半猛攻を仕掛けるもあと一歩のところでゴールが奪えない川崎Fは86分、エウシーニョに代えて鈴木を投入。するとこのJ1初出場の男が川崎Fに勝利をもたらす。後半アディショナルタイム2分、ボックス左外でキープした長谷川がファーサイドへクロスを送る。これを鈴木が頭で合わせゴール左へと押し込んだ。

▽試合終了間際に逆転に成功した川崎F。このゴールが決勝点となり、川崎Fは連敗を2でストップした。一方の柏は、連敗を喫している。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1クラブ通信簿】予想外の太陽王降格 1年でのJ1復帰が至上命令《柏レイソル》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第2弾は17位の柏レイソルを総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181212_reysol_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽柏にとって、今年は迷走に迷走を極めたシーズンだった。ACLプレーオフ参戦に伴った例年以上に早い始動にはじまり、主力の相次ぐ故障離脱、2度の監督交代を経て、9年ぶり3度目のJ2降格。今となれば全てが言い訳になってしまうが、そうした苦しい台所事情も今年の大不振に大きく影響したことは間違いない。 ▽シーズン開幕前を振り返れば、今年の柏は上位候補の声も多かった。前年はJ1リーグで4位に入り、今オフにDFパク・ジョンスやDF亀川諒史、MF江坂任、MF小泉慶、FW瀬川祐輔、FW山崎亮平ら即戦力級の選手を次々と獲得。今シーズンへの本気度を感じさせる見事な立ち回りで国内外の戦いに万全の準備をした。 ▽ところが、柏はファンの期待を裏切った。シーズン序盤から勝ち試合が引き分けに終わる展開が散見され、順位も徐々に下降。ACLでグループステージ敗退が決まったチームはJ1でも14節終了時点で5勝2分7敗の11位に沈み、ロシア・ワールドカップ中断期間に入る前のタイミングで下平隆宏氏の解任を決断した。 ▽だが、フロントは結果的にさらなる悪化を招いた。今シーズンからヘッドコーチを務める加藤望氏に再建を託したが、18試合で5勝1分け12敗。夏場にDF鈴木大輔やDF高木利弥、FWオルンガを新たに獲得するサポートも施したが、加藤氏に率いられたチームは今シーズン最長の4連敗を喫するなど、さらに混迷を極めた。 ▽9月以降は完全に残留争いを強いられ、負ければ即降格となる第33節のセレッソ大阪戦からコーチ兼アカデミーヘッドオブコーチの岩瀬健氏を3人目の監督として招き、その一戦を勝利で飾ったが、他会場の結果を受けて降格が決定。結果的に、誰もが予想外の降格劇を加速させてしまったという点でフロントの責任は重い。 <span style="font-weight:700;">◆MVP</span> FW瀬川祐輔(24) 明治安田生命J1リーグ25試合出場(先発16試合)/9得点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181212_reysol_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽評価し難いシーズンだが、強いてMVPを選ぶとすれば、瀬川か。シーズン序盤こそ出たり出なかったりの試合が続いたが、後半戦に入り、完全にレギュラーポジションを確保。20節の移籍後初得点を皮切りに、25節から28節まで4戦連発をマークするなど、キャリアハイの9ゴールと活躍した。チーム状況もあり、ゴールが勝利に結びつかない試合も多々あったが、そのパフォーマンスは特筆すべきものだった。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度 《B》</span>※最低E〜最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181212_reysol_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽シーズン初めの補強は各ポジションの増強という面で成功を収めたが、個々の持っている能力を発揮し切れたかといれば疑問符がつきまとう。江坂と瀬川の攻撃陣は一定の機能をなしたが、亀川や山崎は最後まで定位置を確保できず、パク・ジョンスと小泉も終盤に出場機会を失った。鈴木や高木、オルンガの夏加入組も新しい風を吹き込んだが、何にせよ、チームの状況が良ければ、もっと力を出せたかもしれない。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 《E》</span>※最低E〜最高S <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181212_reysol_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チームとして苦いシーズンとなったが、総勝ち点は「39」。18チーム制移行後のJ2自動降格チームとしては、史上最高勝ち点での降格となる。1年を通して苦戦が続いたが、史上稀にみる大混戦の煽りを受けたことも事実。前年の順位表に当てはめれば、自動降格を余儀なくされるほど勝ち点を稼いでいなかったわけではない。 ▽そうなると、やはり加藤政権の再建失敗が悔やまれる。本来の繋ぐスタイルから一時的に縦を意識したスタイルにシフトした加藤氏だったが、上述した同氏政権下の戦績が示すように、ビジョン見えずの戦いは選手の長所がかき消され、低迷をより助長させただけ。フロントへの風当たりが強まるのも無理はない。 ▽来年から柏が参戦するJ2は、年々レベルアップ。今年はヴァンフォーレ甲府やアルビレックス新潟、大宮アルディージャが軒並みに1年でのJ1復帰を逃した。柏は主力の流失を最小限にとどめ、今年露呈した問題点を精査していけるか。ネルシーニョ氏の監督復帰が噂に挙がる来年は間違いなく1年でのJ1復帰が至上命令となる。 2018.12.12 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】長崎の航海は始まったばかり…J1初挑戦で得たものを未来へ《V・ファーレン長崎》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第1弾は18位のV・ファーレン長崎を総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181211_vvaren_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで2位となり、クラブ史上初のJ1昇格を果たした長崎。チームは2017年4月に就任した高田明社長に牽引されるように、J1でものびのびとしたプレーを見せた。 ▽J1を戦うにあたり、長崎県に所縁のある選手を中心に大型補強。GK徳重健太(ヴィッセル神戸)、DF徳永悠平(FC東京)、MF中村北斗(アビスパ福岡)と国見高校出身の3選手の他、FW鈴木武蔵(アルビレックス新潟)、MF黒木聖仁(ヴァンフォーレ甲府)、MF中原彰吾(北海道コンサドーレ札幌)を補強。経験値の足りないチームを補うべく戦力を整えた。 ▽開幕戦は同じく走力を武器とする湘南ベルマーレ。3バックの一角を務めたDF田上大地がクラブのJ1初ゴールを記録したが、2-1で敗戦。第2節では隣県のサガン鳥栖との対戦となり、クラブ史上初のJ!ホームゲーム開催となったが、2点リードを追いつかれ引き分けとなった。第3節ではホームに浦和レッズを迎えるが、リードを守りきれずにドロー。その後は3連敗と、シーズン序盤からJ1の厳しさを痛感することとなった。 ▽昨シーズンまでのエースだったFWファンマがJ1で得点を奪えず、チームの攻撃力に不安を抱えることに。ここで気を吐いたのは、新加入のFW鈴木武蔵だった。2節、3節とゴールを決めてチームに勝ち点をもたらせると、第7節の清水エスパルス戦でもゴールを奪い、チームのJ1発勝利に貢献。その後は苦しい時期も続いたが、自身初のハットトリック(第26節、名古屋グランパス戦)を記録するなど、チーム最多の11得点を記録した。 ▽初勝利の勢いに乗った長崎は、持ち前の堅守を取り戻し4連勝を記録。しかし、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪と力のあるクラブの前に再び連敗。ロシア・ワールドカップ開催による中断期間を前に5勝2分け8敗で終えた。 ▽守備面の改善を求め、シドニーFCからオランダ人ヨルディ・バイス、新潟からMF磯村亮太らを獲得。しかし、なかなかチームを立て直すことはできず、第23節のC大阪戦で敗れるとついに最下位に転落し、その後一度盛り返すも、第32節の横浜F・マリノス戦で敗れたことにより17位以下が確定。1年での降格となってしまった。 <span style="font-weight:700;">◆MVP</span> FW鈴木武蔵(24) 明治安田生命J1リーグ29試合出場(先発21試合)/11得点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181211_vvaren_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽初のJ1挑戦となった長崎。結果として最下位に終わったが、チーム内のMVPを挙げるならばFW鈴木武蔵だろう。 ▽シーズン序盤は2シャドーの一角として、シーズン途中から1トップとしてもプレー。これまで所属した新潟、松本ではなかなか活かせなかった自身の能力を遺憾なく発揮した。 ▽シャドーの位置からの裏への抜け出し、前線での体を張ったプレー、スピードと強さを兼ね備える鈴木は、得点以上にチームの攻撃を牽引。FWファンマ、MF中村慶太、MF澤田崇らとのコンビも良好なものを見せた。 ▽自身にとってキャリアハイとなる11得点を記録。エースと呼ぶにはコンスタントに得点を決めてほしいところだったが、高木監督の下で輝きを取り戻すことに成功。J1でも戦える能力があることをしっかりと見せ付けた。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度 《C》</span>※最低E〜最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181211_vvaren_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽期限付き移籍、中断期間での途中加入を含め、16名の新戦力がチームに加わった。前述の通り、J1を戦うための戦力を整えること、経験のある選手を揃えることが重要視され、その中でも徳重、徳永、中村と長崎に所縁のある選手を補強した。 ▽徳重(28試合)、徳永(27試合)、黒木(21試合)、鈴木(29試合)、ヨルディ・バイス(16試合)と補強選手が主力としてプレー。結果こそ最下位だが、18チーム制になってから最多勝ち点での最下位ということを考えると、決して悪いサッカーをしていたわけではない。 ▽徳重、徳永、ヨルディ・バイスという守備陣を補強したものの、J1クラブの攻撃を抑えることはそう簡単ではないことも痛感したはず。夏に加入したFWハイロ・モリージャス(エスパニョール)が途中出場2試合に終わったことは誤算だっただろう。攻撃面にテコ入れが進んでいれば…という印象は拭えないが、チームとして機能させた高木琢也監督の手腕は評価すべきだろう。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 《C》</span>※最低E〜最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181211_vvaren_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽長崎の目標はJ1残留だった。そのことを考えれば、最下位、そして1年でのJ2降格は結果としては評価できない。 ▽しかし、18チーム制で最多となる勝ち点30での降格。シーズンが違えば残留圏で終えられる勝ち点ということを考えれば、初挑戦で見せた長崎の戦いは評価すべきだろう。 ▽初勝利まで時間がかかったこと、また連敗をなかなか止められなかったことは、チームとしての経験不足が否めない。また、局面での選手個々のクオリティには不安があり、リードを守り切れない、押し込む時間帯に押し切れない、接戦で勝ち点を拾えないという形で、勝ち点を積み上げられなかった。 ▽初のJ1挑戦で感じた差は少なくないが、下を向くべきではない。高田社長の下、クラブとしてこの先大きくなるための一歩と考えれば、J1を戦い抜いた1シーズンは決して無駄ではなかったはず。そして、何よりも他クラブに与えた影響は大きい。 ▽6年間指揮を執った高木監督が退任。来シーズンはJ2での戦いとなり、新指揮官にはU-23日本代表を率いてリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックを戦った手倉森誠監督を招へいした。 ▽高田社長を船頭とした長崎の航海はスタートしたばかり。クラブとして夢を持ち続けることは、クラブの発展、選手の慰留にも繋がるはずだ。この1年で得たかけがえのない経験値を、来シーズン以降の飛躍に繋げてもらいたい。 2018.12.12 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成はいつもどおりのプレーを心がける《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集されたFC東京のDF室屋成は、以下のように意気込みを語っている。 ◆DF室屋成 「日本代表メンバーに選出いただき、大変嬉しく思います。チームとしてアジアカップ優勝をめざすとともに、個人としてもいつもどおりのプレーを心がけチームの勝利に貢献できるように頑張ります」 2018.12.12 16:41 Wed
twitterfacebook
thumb

清水FW北川航也が口にするのは結果「結果にこだわってプレーしたい」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽フル代表としては自身初の国際大会となる清水エスパルスのFW北川航也は、結果にこだわることを誓った。 ◆FW北川航也 「日本代表に選出いただき、光栄に思います。チームメイト、スタッフ、サポーターの皆さんの支えがあって、今回も選出いただけたと思っています。日本を代表して、そしてエスパルスを代表して戦ってきます。アジアカップ優勝に貢献するとともに、個人としても結果にこだわってプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.12.12 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

柏MF伊東純也は貢献を誓う! 「勝利に貢献できるようにすべてを注ぐ」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集された柏レイソルのMF伊東純也は、以下のように意気込みを語っている。 ◆MF伊東純也 「今回はアジアカップという大きな国際大会に日本代表の一員として参加できることを嬉しく思います。厳しい戦いになると思いますが、チームの勝利に貢献できるようにすべてを注いで頑張ります」 2018.12.12 16:36 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース