J1デビューの鈴木が劇的逆転ゴール! 川崎F、柏撃破で3試合ぶり白星! 《J1》2018.05.12 16:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第14節の柏レイソルvs川崎フロンターレが12日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、2-1で川崎Fが勝利した。

▽ここまで5勝2分け6敗で9位につける柏(勝ち点17)が、6勝3敗4分けで5位に位置する川崎F(勝ち点21)をホームに迎えた。前節のジュビロ磐田戦を1-2で敗れて直近5試合で2勝3敗と不安定戦いが続く柏は、磐田戦から先発メンバーを3人変更。パク・ジョンス、手塚、瀬川に代えて小池、大谷、小泉を起用した。

▽一方、前節FC東京との多摩川クラシコを0-2で敗れて今シーズン初の連敗を喫した川崎Fは、その一戦から先発メンバーを6人変更。武岡、斎藤、大久保らに代えてエウシーニョ、家長、中村憲剛らを起用した。また、GKチョン・ソンリョンが出場停止から復帰した。

▽白星でリスタートを切りたい両者の一戦。まずゴールに迫ったのはホームの柏だ。6分、ボックス左外でクリスティアーノからボールを預かった小泉が、ボックス左手前に切れ込んで右足を振りぬく。強烈なシュートはクロスバーを叩くも、川崎Fを脅かした。

▽柏はさらに13分、小泉のチェックからボールを奪い、江坂がボックス右手前へスルーパス。リターンを受けた小泉が奈良をかわしてシュートを放つも、谷口のスライディングに阻まれる。こぼれ球を伊東がダイレクトで押し込もうとしたが、シュートは枠を外れた。

▽ここまで思うように攻め切ることができない川崎Fは22分、守田が車屋からのパスをボックス左手前で受けると、右足に持ち直して強烈なシュート。これにGK中村航輔は一歩も動くことができなかったが、シュートはわずかにゴール右外へと外れた。

▽難を逃れた柏は32分、一瞬の隙を突いて先制点。パク・ジョンスからのロングボールを受けた小池が敵陣中央右からボックス右の谷口と車屋の間にポジションをとっていた伊東にパスを送る。すると伊東が巧みなターンで二人を置き去りにし、GKチョン・ソンリョンとの一対一を制した。

▽先制に成功した柏は38分、カウンターから江坂が川崎Fディフェンスの背後へスルーパス。左サイドを駆け上がったクリスティアーノがボックス左に侵攻し、シュートを放つとボールは枠をとらえなかったが、相手を畳みかける。

▽後半に入ると1点を追う川崎Fが攻勢に出る。49分、大島のパスを受けたエウシーニョがボックス右から中央へ折り返す。走りこんだ中村憲剛がダイレクトで合わせるもGK中村航輔に阻まれた。

▽それでも川崎Fは58分、ハーフウェイライン付近で守田がボールホルダーに寄せると、セカンドボールを拾った小林が反転。ボックス手前に持ち込み、右足を思い切りよく振りぬいてゴール左上へと突き刺した。

▽追いつかれた柏は69分、勝ち越しのチャンスを迎える。ボックス右手前でキム・ボギョンがボールを受けるとドリブルを開始。ボックス中央やや右に持ち込みシュートを放つも、GKチョン・ソンリョンに弾かれる。さらに相手のクリアが弱くなると、ゴール前でキム・ボギョンが拾い、再び押し込もうとするが、GKチョン・ソンリョンの牙城を崩すことができない。

▽徐々に流れを引き寄せつつあった川崎Fにアクシデント。73分に守田が足をつってしまい、森谷をスクランブル投入する事態に見舞われる。それでも76分には車屋がボックス手前から強烈なシュートを放ち、柏を押し込み続ける。

▽逆転を狙う川崎Fは83分、ボックス左外からの長谷川のクロスは相手DFに跳ね返されるが、ボックス内で拾った家長が落とす。これを中村憲剛が右足を振りぬいてゴール左隅を捉えるもGK中村航輔に右手一本で弾かれた。

▽後半猛攻を仕掛けるもあと一歩のところでゴールが奪えない川崎Fは86分、エウシーニョに代えて鈴木を投入。するとこのJ1初出場の男が川崎Fに勝利をもたらす。後半アディショナルタイム2分、ボックス左外でキープした長谷川がファーサイドへクロスを送る。これを鈴木が頭で合わせゴール左へと押し込んだ。

▽試合終了間際に逆転に成功した川崎F。このゴールが決勝点となり、川崎Fは連敗を2でストップした。一方の柏は、連敗を喫している。

コメント

関連ニュース

thumb

プーマが川崎F、清水、磐田、C大阪のリミテッドユニフォームを発表

▽プーマは25日、川崎フロンターレ、清水エスパルス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪がこの夏リーグ戦で着用する、リミテッドユニフォームを発表した。 ▽リミテッドユニフォームには、2018シーズンのホーム及びアウェイユニフォームにも採用されている「LIGA(リーガ)」モデルのデザインをベースに、身頃のグラフィックにはプーマがグローバルで展開するフットボールアパレルコレクション「ftb;:NXT(フットボールネクスト)」のグラフィックをあしらっている。 ▽ピッチ上でもストリートでもスタイリッシュでありたい中高生プレーヤーを中心としたヤングジェネレーションプレーヤーのために開発された「ftblNXT」の2018年秋冬コレクションのグラフィックは、背番号からインスピレーションを得たナンバリンググラフィックが特徴的で、スパイクのFUTURE及びPUMA ONEのアッパーにも採用されている美しく玉虫色に変化するカラーシフトのプーマ キャットロゴも施されている。 ▽リミテッドユニフォームの首元から袖部分のアパレルフォームストライプは、それぞれのクラブとサポーターの力強い繋がりを表現し、身頃には「ftblNXT」コレクションのナンバリンググラフィックが共通して施されています。ベースカラーはブラックで統一されていますが、グラフィックのナンバーは各クラブで異なり、クラブ毎にメモリアルなナンバーで構成されています。 ■川崎フロンターレ 共通のブラックをベースカラーに、フロンターレ ブルーのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成しています。 「1955」 :母体クラブ創設年 「1997」 :現クラブ名決定年 「2017」 :リーグ初タイトル獲得シーズン 「12」 :サポーター 着用予定試合 :8月5日(土)、8月15日(水) ■清水エスパルス 共通のブラックをベースカラーに、エスパルス オレンジのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成しています。 「1993」 :リーグ開幕年 「10」 :リーグオリジナル10 「1996」 :カップ初タイトル獲得シーズン 「2000」 :国際初タイトル獲得シーズン 「3776」 :富士山の標高 着用予定試合 :8月11日(土)、8月19日(日)、8月25日(土)、9月21日(金) ■ジュビロ磐田 共通のブラックをベースカラーに、ジュビロ ブルーのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成しています。 「1992」 :クラブ設立年 「1997」 :リーグ初タイトル獲得シーズン 「1999」 :リーグタイトル獲得シーズン 「2002」 :リーグタイトル獲得シーズン 「12」 :サポーター 「25」 :現クラブ名決定から25周年 着用予定試合 :8月1日(水)、8月5日(日)、8月19日(日) ■セレッソ大阪 共通のブラックをベースカラーに、セレッソ ピンクのカラーコンビネーションを採用し、グラフィックは下記のナンバーで構成しています。 「1957」 :母体クラブ創設年 「1993」 :現クラブ名決定年 「2017」 :リーグカップ及び全日本サッカー選手権大会初タイトル獲得シーズン 「12」 :サポーター 着用予定試合 :8月1日(水)、8月15日(水)、8月25日(土) ▽なお、この4クラブのリミテッドユニフォームは、各クラブ及びプーマ取り扱いショップにて順次販売開始予定となってる。 2018.06.25 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

SKE48が最下位名古屋の救いの女神に? 公式マネ就任が発表!

▽名古屋グランパスは22日、名古屋を拠点に活動するアイドルグループ『SKE48』が公式応援マネージャーに就任したことを発表した。 ▽発表後、クラブを代表して小西工己代表取締役社長、主将FW佐藤寿人、選手会長のDF和泉竜司、MF長谷川アーリアジャスール、SKE48の北川綾巴、熊崎晴香、須田亜香里がクラブハウス内で行われた記者会見に出席した。 ▽小西社長は、「SKE48の皆さまのチカラと若さ、元気をいただきながら頑張りたいと思います」とコメント。また、世界選抜総選挙で2位に輝いた須田亜香里は、「私は愛知県で生まれ育って26年になりますが、学校の社会科見学や遠足で豊田スタジアムへ行かせていただいたり、家族と観戦に行ったり、本当に馴染みのあるグランパスさんと一緒に活動させていただけることがすごく嬉しいです」とエピソードを交えて語り、クラブを支えていく上での意気込みを述べた。 ▽明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で2勝3分け10敗の最下位と苦境に立たされている名古屋。16日に開催された『第10回AKB48 世界選抜総選挙』で1位に君臨した松井珠理奈、2位の須田亜香里らを擁するSKE48の力を借り、上昇気流に乗ることはできるのだろうか。 2018.06.22 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ミロシュ・デゲネク、W杯後に横浜FM退団か 移籍先はセルビアの強豪レッドスター

▽横浜F・マリノスに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)にセルビアの強豪レッドスター・ベオグラード移籍の可能性が高まっている。 ▽セルビア『KURIR』によれば、ミロシュ・デゲネクの代理人は、レッドスターと最終交渉へ。レッドスターのゼネラルマネージャーを務めるズヴェズダン・テルジッチ氏は、フランス人DFダミアン・ル・タレク(28)の後釜として、横浜FMの主力センターバックを注視ているという。 ▽レッドスターは、以前から触手を伸ばすミロシュ・デゲネクの移籍金において、横浜FMとの契約が半年間しか残っていないことから比較的安価な額での獲得に期待。オーストラリア代表として参戦中のロシア・ワールドカップ終了後にも契約締結の可能性があるとみられている。 ▽セルビア人として生まれ、幼少期にオーストラリアに移住したミロシュ・デゲネクは、シュツットガルトII、1860ミュンヘンを経て、2017年から横浜FMでプレー。初年度からレギュラーを張り、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ12試合2得点を記録している。 2018.06.22 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪、関学の攻撃的SB高尾瑠と仮契約! 先の天皇杯2回戦でもプレー

▽ガンバ大阪は22日、関西学院大学に在学するDF高尾瑠(21)と2019シーズン新加入選手として仮契約を結んだことを発表した。 ▽名古屋グランパスの下部組織で育った高尾は、全日本大学選抜歴を持つ身長181cm、体重67kgのDF。圧倒的なスピードと運動量だけでなく、技術を生かしたドリブルが得意な超攻撃的サイドバックとして、6日に行われた天皇杯2回戦でG大阪と対峙した。 ▽加入内定を受けて、高尾はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「この度、ガンバ大阪という歴史ある素晴らしいチームでプロ生活をスタートすることができ、とても嬉しく思います。これまで支えて下さった家族、スタッフ、チームメイトなど全ての人に感謝をし、今まで以上に強い気持ちを持って、ガンバ大阪の勝利に一日でも早く貢献できるように頑張ります。応援宜しくお願いします」 2018.06.22 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

広島、FW渡大生の手術を発表…全治4週間

▽サンフレッチェ広島は20日、FW渡大生の手術が実施されたことを発表した。全治は4週間と伝えられている。 ▽クラブの発表によると、手術名は左足関節内遊離体摘出手術。16日のトレーニング中に負傷し、20日に広島県内の病院で手術が行われた。 ▽広島県出身の渡は、2012年にギラヴァンツ北九州でプロキャリアをスタート。2016年からは徳島に加わり自身初の明治安田生命J2リーグ二桁得点となる41試合12ゴールをマークすると、昨シーズンも42試合23ゴールと飛躍し、今シーズンから出身地のクラブである広島に帰還していた。今シーズンは、ここまで公式戦15試合に出場し、3ゴールを記録している。 2018.06.20 21:20 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース