本田圭佑の新天地にオーストラリアも浮上? イニエスタとともにAリーグがオファーか2018.05.12 13:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑が、来シーズンはオーストラリアでプレーするかもしれない。オーストラリア『ニューカッスル・ヘラルド』が報じた。

▽セリエAのミランからメキシコのパチューカに挑戦の場を移した本田。今シーズンのリーガMXでは、前後期合わせて25試合に出場し7ゴール6アシストを記録。しかし、シーズン終了後にパチューカを去ることを明かした。

▽新天地を探す本田だが、手を上げたのがオーストラリアのAリーグだった。バルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタも招き入れたいと明かしているAリーグ。その他にも、世界的なプレーヤーを呼び込もうと、声を掛けているようだ。

▽Aリーグでは、サラリーキャップ制度を導入。チーム年俸の合計が定められているものの、制限を受けないマーキープレーヤーを各クラブが1人まで保有できる制度がある。過去には元日本代表MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)やオーストラリア代表FWティム・ケイヒル(現ミルウォール)元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏、元イングランド代表FWのエミール・ヘスキー氏らが迎えられていた。

▽複数クラブがこのマーキープレーヤー制度を利用する考えがあり、本田がAリーグ挑戦となればマーキープレーヤーの枠で迎え入れられることになる。イニエスタの去就も気になるところだが、本田も含めオーストラリアに再びスター選手が集まることになるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

クラブが売却を進める森岡亮太はトルコ行きか

▽去就が不透明な状態が続いているアンデルレヒトのMF森岡亮太だが、クラブは今夏の移籍市場で売却したい意向のようだ。ベルギー『Het Nieuwsblad』が報じた。 ▽2017-18シーズンの途中にベベレンからアンデルレヒトへと加入した森岡。ベベレンでは、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し7ゴール11アシストと大活躍。そのプレーぶりが認められ、2018年1月にアンデルレヒトへと加入した。 ▽アンデルレヒトでもリーグ戦6試合に出場し3ゴール3アシストを記録。プレーオフに進んだチームでも10試合に出場し3ゴール1アシストと結果を残していた。 ▽しかし、今シーズンに入り森岡のチームでの立場に変化が。ポジションを失うと、プレシーズンマッチでも出場機会が与えられず、チームの構想外に。開幕から2試合はメンバー外となると、第4節のムスクロン戦で途中出場を果たしていた。 ▽それでも、チームは森岡を売却したい意向で、トルコのブルサシュポルが獲得に動いているとのこと。完全移籍での獲得も望んでおり、レンタル移籍での獲得を望むベルギーのアントワープやズルテ・ワレヘム、オーステンデよりも良いオファーだとクラブは考えているようだ。 ▽結果を残しながらも監督の信頼を得られなかった森岡。クラブに残る選択肢は余り残されておらず、ベルギー国内へのレンタル移籍か、トルコ行きが濃厚のようだ。 2018.08.21 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ファブレ初陣のドルトムント、新戦力ヴィツェルと新主将ロイスの2つの土壇場弾で2部フュルト相手に劇的な延長戦勝利《DFBポカール》

▽DFBポカール1回戦が20日に行われた。MF香川真司が所属するドルトムントはブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトと対戦し、延長戦の末に2-1で勝利した。なお、香川は招集メンバー外となっている。 ▽今夏、前ニース指揮官のファブレ新体制のドルトムントは今夏の移籍市場でGKヒッツやDFアクラフ・ハキミ、MFヴィツェル、MFヴォルフ、MFデラネイといった新戦力を獲得。そして、新体制の初陣となる今季の公式戦初戦ではフュルト対戦。ファブレ監督はこの一戦に向けてヴォルフ、ディアロ、デラネイの新戦力3人を先発起用。また、最前線にロイス、2列目にプリシッチ、ゲッツェ、ヴォルフを置くストライカータイプ不在の[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むドルトムントは開始8分にボックス左でルーズボールに反応したシュメルツァー、ゲッツェ、ダフードと続けてシュートを浴びせかけるが、ここは相手GKとDFの決死のブロックに阻まれ、早々のゴールとはならず。その後は相手の反撃に遭い、なかなか決定機を作れないドルトムントは32分にボックス手前で得たFKをロイスが枠に飛ばすが、相手GKのワンハンドセーブに遭う。 ▽結局、前半を0-0のスコアで終えたドルトムントは後半もボールを保持して試合の主導権を握るが、前半同様にアタッキングサードでのプレーの質を欠く。75分にはダフードのスルーパスに抜け出したロイスに決定機もGKとの一対一をモノにできない。すると、直後の77分には左サイドのエルンストからのクロスをファーのケイタ=ルーエルにダイレクトで折り返すと、これが長いワンツーのような形になってゴール左に走り込んだエルンストに決められてしまい、まさかの先制点を献上する。 ▽格下相手に敗戦が許されないドルトムントはフィリップに続き新戦力のヴィツェル、サンチョと続けて交代カードを切っていくが、完全に守りに入ったフュルトの守備を崩し切れず、試合は後半アディショナルタイムに突入。直前のプレーでシュメルツァーの決定機を相手DFにブロックされて万事休すと思われたが、最後の最後に劇的ゴールが生まれる。95分、セットプレーの二次攻撃からGKビュルキのパスをボックス手前左のロイスがダイレクトでゴール前に上げると、これをヴィツェルが右足のボレーで流し込み、土壇場で延長戦に持ち込んだ。 ▽追いついた勢いで延長戦ではドルトムントが完全にペースを握るかに思われたが、驚異の粘りを見せるフュルトが逆に再三の決定機を作り出していく。延長後半の113分には裏へ完璧に抜け出したリッセがボックス右から決定的なシュートを放つが、ここは守護神ビュルキが圧巻のセーブで阻止。すると、このままPK戦突入と思われた120分にまたしても劇的ゴールが生まれる。 ▽右サイドのスペースで縦に仕掛けたサンチョがボックス内に切り込んでマイナスのクロスを入れると、これをゴール前に走り込んだロイスが丁寧なダイレクトシュートで決め切った。そして、新戦力ヴィツェルと新キャプテンのロイスの2つの土壇場弾で勝ち切ったドルトムントがファブレ体制初戦を劇的な勝利で飾った。なお、DFBポカール1回戦全試合の結果は以下の通り。 ◆DFBポカール1回戦 ▼8/17(金) シュバウンフルト 0-2 シャルケ マクデブルク 0-1 ダルムシュタット ヴェーエン 3-2 ザンクトパウリ ▼8/18(土) CfRプフォルツハイム 0-1 レバークーゼン エルフェアスベルク 0-1 ヴォルフスブルク カイザースラウテルン 1-6 ホッフェンハイム ドロホターゼン/アッセル 0-1 バイエルン リンクス 1-2 ニュルンベルク レーディングハウゼン 3-2 ディナモ・ドレスデン ダッセンドルフ 0-1 デュイスブルク ウルム 2-1 フランクフルト ヴォルマティア・ヴォルムス 1-6 ブレーメン エルツゲビルゲ・アウエ 1-3 マインツ ロートヴァイス・オーバーハウゼン 0-6 ザントハウゼン エルンテブリュック 3-5 ハンブルガーSV ハンザ・ロストック 2-0 シュツットガルト ▼8/19(日) シュテンダール 0-5 ビーレフェルト カールスルーエ 0-6 ハノーファー フレンスブルク 1-0 ボーフム イェッデロー 2-5 ハイデンハイム シュタインバッハ 1-2 アウグスブルク ロートヴァイス・コブレンツ 0-5 フォルトゥナ・デュッセルドルフ ヴィクトリア・ケルン 1-3 RBライプツィヒ BFCディナモ 1-9 1. FCケルン BSGライプツィヒ 2-1 ヤーン・レーゲンスブルク 1860ミュンヘン 1-3 ホルシュタイン・キール ハシュテット 1-11 ボルシアMG カールツァイス・イェーナ 2-4 ウニオン・ベルリン ▼8/20(月) ブラウンシュヴァイク 1-2 ヘルタ・ベルリン エネルギー・コットブス 2-3 フライブルク パーダーボルン 2-1 インゴルシュタット グロイター・フェルト 1-2 ドルトムント 2018.08.21 06:32 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木大輔がヒムナスティック・タラゴナ退団を発表「タラゴナは第2の故郷」

▽ヒムナスティック・タラゴナのDF鈴木大輔が、自身のインスタグラム(4daisuke4)を更新。クラブを退団したことを報告し、別れの挨拶を綴った。 ▽鈴木は、星稜高校から2008年1月にアルビレックス新潟へ入団。徐々に頭角を表すと、U-23日本代表として2012年のロンドン・オリンピックに出場。その後、2013年1月に柏レイソルへと移籍すると、2016年2月にヒムナスティック・タラゴナへと移籍した。 ▽鈴木は、2年半過ごしたヒムナスティック・タラゴナを離れることについて、難しい決断だったと明かし、クラブ関係者やサポーターへの感謝の気持ちを綴った。 「まず、挨拶が遅くなってごめんなさい。僕は迎えてくれた人々に別れの挨拶をします」 「僕にとって、この特別なクラブを離れる決断をすることは、とても難しいものでした。僕に日本以外でプレーする機会をくれました」 「僕はナスティックのシャツを着れたことを誇りに思います。サッカー選手として、人間として成長できたことに感謝します。一緒に戦った仲間、テクニカルチーム、クラブの人々、困難な時期に支えてくれたふぁん、ナスティックに関わる全ての人に感謝します」 「僕はタラゴナに到着してから今日まで、とても親切にしてくれた人々のことを忘れることはありません」 「日本から着いて最初の頃、僕は不安を感じた時期がありました。毎日僕は、あなた方のサポートのお陰で、良い時間を過ごしていました」 「この「タラゴナ」の地から学んだことを生かし、これからの人生を歩みます。僕にとってタラゴナは第2の故郷であり、ナスティックは心のクラブです」 「僕は魂の底から、ナスティックの将来の成功を祈っています。ありがとうございました」 ▽鈴木は、スペイン2部で67試合に出場し1ゴール1アシストを記録。コパ・デル・レイで3試合に出場していたが、2018年7月でチームとの契約が満了を迎えていた。 2018.08.20 19:44 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の21日デビューは…メルボルン指揮官「良い練習はしていたが、先発はない」

メルボルン・ビクトリーを率いるケビン・マスカット監督は、本田圭佑ら新加入選手の先発には否定的な見方を示している。『デイリー・フットボール・ショー』が報じた。<br><br>メルボルンは21日、FFAカップラウンド16でAPIAライカート・タイガースと対戦する。本田やニック・アンセル、ゲオルグ・ニーダーマイヤーといった新戦力を今夏に加えたメルボルン。一方で、デビューさせるかどうかはまだわからないとの見方をマスカット監督は示している。<br><br>「まだ判断できていない。彼らは先週良いトレーニングをしていたけどね。どのように状態を上げたかを評価し、最終的な決断を下すだろう」<br><br>「現時点で、3人とも先発することはないだろう。トレーニングで負荷をかけているからね。しかし、帯同することに全力を注いでいる。良い練習をしており、感触も良さそうだ」<br><br>メルボルンにとってAPIAは格下となる相手。マスカット監督は「相手をリスペクトする必要がある。こういった試合では我々の態度がテストされる。だから、APIAにとって素晴らしい夜になるという幻想を抱かせないようにしないとね」と気を引き締めた。<br><br>提供:goal.com 2018.08.20 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、レアル戦フル出場は移籍への“ショーケース”か…ヘタフェ番記者「奇妙なこと」

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳は開幕戦にフル出場したものの、移籍へ突き進むと見られているようだ。<br><br>今夏、ヘタフェは柴崎の売却に前向きと報じられ、ワールドカップで活躍を見せた柴崎本人もチャンピオンズリーグに出場できるクラブに移籍する意向を示唆していた。そのため、構想外と見られていた開幕節のレアル・マドリー戦はベンチ外となるとも伝えられていた。<br><br>しかし迎えた19日、柴崎は中盤の高い位置で先発するとフル出場。周囲の予想を覆し、新シーズンのスタートを切った。すると、スペイン紙『アス』でヘタフェの番記者を務めるホセ・アントニオ ・デ・ラ・ロサ氏は「先発フル出場は奇妙なこと」とし、このように述べている。<br><br>「今日のレアル・マドリー戦は世界中から注目を浴びる試合だった、ということではないだろうか。柴崎に開かれている扉は、現時点ではドイツの市場となっている。ただし誰もヘタフェが求めるようなオファーを提示していない。これから動きがあるだろう」<br><br>ヘタフェはレアル・マドリーとのビッグマッチを移籍への&ldquo;ショーケース&rdquo;として利用。今回の試合を見たドイツ方面からの入札を待つことになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.08.20 11:35 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース