イブラの年俸、意外と少ない? 他のMLS選手たちと比較2018.05.11 17:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。世界のトッププレーヤーの1人に数えられる同選手だが、その年俸は意外と少ないようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽今年3月に、マンチェスター・ユナイテッドからLAギャラクシーに移籍したイブラヒモビッチ。長らくサッカー界のトップに君臨し続けた36歳のストライカーはキャリアの晩年をアメリカで過ごすことを決意した。

▽今回伝えられたのはその年俸。これまでユベントスやインテル、パリ・サンジェルマンなど数々のビッグクラブで莫大な年俸を貰ってきたであろうイブラヒモビッチだが、『デイリー・メール』によれば、現在クラブから受け取っているのは125万ポンド(約1億8000万円)程度だという。

▽一方、MLSで最も高給取りとなっているのが2015年にトロントに加入した元イタリア代表MFセバスティアン・ジョビンコだ。MLS選手協会(MLS Players Association)の発表によれば、総額で526万ポンド(約7億7000万円)の報酬を受け取っているようだ。これは昨季までオークランド・シティに所属していた元ブラジル代表MFカカの530万(約7億8000万円)ポンドに近いものだという。

▽2番目に多いのは、トロントのアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーで、480万ポンド(約7億円)。3番目はロサンゼルスFCのメキシコ代表FWカルロス・ベラで、465万ポンド(約6億8000万円)を受け取っているようだ。そのほか、シカゴ・ファイアーの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーの450万ポンド(約6億6000万円)、ニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャが410万ポンド(約6億円)で続く。

▽このように、MLSで活躍するスター選手らと比較してもその年俸はやや低いように思えるイブラヒモビッチ。これまでと比べれば大幅な減俸だろうが、満足しているのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン右SBアバーテ、LAギャラクシーへ?

▽ミランに所属するイタリア代表DFイグナツィオ・アバーテ(31)にアメリカ行きの可能性があるようだ。 ▽イタリア『トゥットメルカート』によれば、ロサンゼルス・ギャラクシーがアバーテの獲得を希望している模様。そのアバーテとミランの契約は今シーズン限りで失効する。 ▽ミランのアカデミーで育ったアバーテは、2003年にトップチームデビュー。その後、ナポリなどイタリア複数クラブを渡り歩き、2009年から再びミランに戻ってきた。 ▽なお、ロサンゼルス・ギャラクシーには現在、かつてミランでチームメートだった今冬加入の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが在籍している。 2018.05.01 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチの代表復帰はなし! スウェーデンサッカー協会がW杯欠場を明言

▽スウェーデンサッカー協会(SvFF)は26日、ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するFWズラタン・イブラヒモビッチ(36)がロシア・ワールドカップ(W杯)に出場しないことを明言した。 ▽SvFFは26日、「ズラタンはワールドカップに出場しない」とのタイトルでラルス・リヒト会長のイブラヒモビッチに関する以下のような声明を発表した。 「私は今週の火曜日にズラタンと話した。その場で彼は代表チームに関して復帰する意思がないという考えを変えていないと語った。つまり彼は(復帰に)“ノー”ということだ」 「彼は5月15日に発表されるワールドカップのメンバーに含まれないということだ」 ▽2001年から2016年までスウェーデン代表として116試合に出場し、歴代最多の62得点を記録したイブラヒモビッチ。先日には「俺のいないW杯はW杯ではない」と公の場で語り、代表復帰の可能性を示唆していた。その一方で、イブラヒモビッチ不在の中でW杯予選を勝ち抜いた代表チームの選手やヤン・アンデション監督は、同選手の復帰に異を唱えていた。 2018.04.26 22:21 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラに触発? モドリッチ、将来MLSでプレーする可能性も?

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、将来メジャーリーグサッカー(MLS)でプレーする日が訪れるかもしれない。イギリス『Four Four Two』がスウェーデン『SVT Sport』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽マドリーの絶対的プレーメーカーとして抜群の存在感を示し続けているモドリッチ。2012年にレアル・マドリーに加入し、これまで1度のリーガエスパニョーラ優勝に加え、チャンピオンズリーグとクラブ・ワールドカップを3度制覇するなどマドリーの数々のタイトル獲得に貢献してきた。 ▽そんなモドリッチは昨年12月に「マドリーで引退したい」と明言していたが、それが困難な場合、MLSでプレーする可能性があるかもしれないと明かしている。今冬にロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍し、アメリカで活躍し続ける元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて語りながらコメントした。 「時差の関係でなかなか難しいけど、早い時間帯に試合が行われている時には時々ヨーロッパでMLSを観るよ」 「イブラヒモビッチはここ10年、20年ヨーロッパで偉大な選手だった。もう少し長くプレーをして欲しいし、その姿を観ていたいね」 「決して何が起こるか分からない」 「僕はまだレアル・マドリーと2年間の契約があり、すごく幸せだよ。可能ならこのクラブでキャリアを終えたいと言い続けてきた」 「でももしそれができないのであれば、アメリカに身を置くかもしれないね」 2018.04.22 15:35 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラ、C・ロナウドのゴラッソにさすがのリアクション!

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントス戦で決めたバイシクルシュートへのリアクションを見せた。 ▽マドリーは3日、チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグでユベントスと対戦して3-0で先勝。イタリア王者を相手にアウェイゴール3発という結果もさることながら、チームの2点目となったC・ロナウドのバイシクルシュートが大きな反響を呼んでいる。 ▽多くのフットボーラーや識者、ファンが圧巻のゴラッソを称賛している一方、これまでのキャリアを通じて多くの驚愕ゴールを決めてきたイブラヒモビッチは、C・ロナウドのゴールに対して、なんともらしい反応を示した。同選手が『ESPN』でコメントした。 「あれは素晴らしいゴールだった。ただ、彼はあれを40メートルほど離れた位置で試みるべきだ」 ▽実は、イブラヒモビッチは2012年11月に行われたスウェーデンvsイングランドで、ボックス外25メートルの位置からC・ロナウドと同様にバイシクルシュートを決めており、これが2013年の年間最優秀ゴール賞にあたるプスカシュ賞に輝いていた。 ▽誰もがC・ロナウドのゴラッソを称える中で張り合う姿勢を見せるイブラヒモビッチの負けず嫌いな性格は健在。今後、MLSを舞台にC・ロナウド超えのゴラッソを画策しているようだ。 ◆イブラヒモビッチのゴラッソ! https://www.youtube.com/watch?v=RDsxKXa0PbA 2018.04.05 02:14 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラの衝撃デビュー弾についてアンリ「それがズラタン」

▽フランス代表やアーセナル、バルセロナでプレーし、MLS(メジャーリーグ・サッカー)でもプレー経験があるティエリ・アンリ氏が、鮮烈デビューを飾ったロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチについて語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽マンチェスター・ユナイテッドを退団したイブラヒモビッチは、3月24日にロサンゼルス・ギャラクシーに入団。同31日に行われたロサンゼルスFCとのダービーマッチで、MLSデビューを果たした。 ▽ベンチスタートとなったイブラヒモビッチは、2-0のビハインドで迎えた71分に途中出場。すると2-1で迎えた77分に衝撃のゴールを記録する。 ▽味方DFがクリアしたボールがイブラヒモビッチの下へ。すると、前に出ているGKのポジションを確認し右足でハーフボレー。すると、ロングシュートがネットに突き刺さり、ロサンゼルス・ギャラクシーが同点に追いつく。さらには、後半アディショナルタイムにクロスをヘディングで合わせて逆転ゴールを記録。一気にファン・サポーターのハートを鷲掴みにした。 ▽驚くべきゴールを記録したイブラヒモビッチについて、アンリ氏はゴールを振り返りコメント。衝撃的なゴールながら、「それがズラタン」と冷静にコメントし、イブラヒモビッチの持つ特殊能力を称賛した。 「ズラタンはズラタンだ。彼は、自分が成し遂げた事で自分を惹きつける。彼は本当に穏やかではない。彼はテクニックと自信で、自分自身を裏付けるんだ」 「誰かがすぐに私にテキストを送ってきたんだ。私はゴールをチェックしたけど、“まさにズラタンだ”と思ったね。私はそのようなプレーをしようとしないし、傑出しており、とても素晴らしいものだった。でも、それがズラタンだ。それは彼だけ、彼はそれらを生み出すためにいる」 「最初のダービーマッチは、ベンチからだった。あのゴールは、彼がそのような能力を持っているタイプだからだ。どんなボールであれ、彼はゴールを決めるだろう」 「私たちは何度もそういったものを見てきた。イングランド代表戦でのバイシクルシュートもそう。何度も彼が空を飛び、足の裏でゴールを決めるシーンを見ている。彼はそういった能力の持ち主なんだ」 2018.04.02 21:25 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース