イブラの年俸、意外と少ない? 他のMLS選手たちと比較2018.05.11 17:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。世界のトッププレーヤーの1人に数えられる同選手だが、その年俸は意外と少ないようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽今年3月に、マンチェスター・ユナイテッドからLAギャラクシーに移籍したイブラヒモビッチ。長らくサッカー界のトップに君臨し続けた36歳のストライカーはキャリアの晩年をアメリカで過ごすことを決意した。

▽今回伝えられたのはその年俸。これまでユベントスやインテル、パリ・サンジェルマンなど数々のビッグクラブで莫大な年俸を貰ってきたであろうイブラヒモビッチだが、『デイリー・メール』によれば、現在クラブから受け取っているのは125万ポンド(約1億8000万円)程度だという。

▽一方、MLSで最も高給取りとなっているのが2015年にトロントに加入した元イタリア代表MFセバスティアン・ジョビンコだ。MLS選手協会(MLS Players Association)の発表によれば、総額で526万ポンド(約7億7000万円)の報酬を受け取っているようだ。これは昨季までオークランド・シティに所属していた元ブラジル代表MFカカの530万(約7億8000万円)ポンドに近いものだという。

▽2番目に多いのは、トロントのアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーで、480万ポンド(約7億円)。3番目はロサンゼルスFCのメキシコ代表FWカルロス・ベラで、465万ポンド(約6億8000万円)を受け取っているようだ。そのほか、シカゴ・ファイアーの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーの450万ポンド(約6億6000万円)、ニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャが410万ポンド(約6億円)で続く。

▽このように、MLSで活躍するスター選手らと比較してもその年俸はやや低いように思えるイブラヒモビッチ。これまでと比べれば大幅な減俸だろうが、満足しているのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

風刺がききすぎ! イブラの代理人イジリが秀逸過ぎる

▽サッカー界屈指のユーモアの持ち主であるロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが自身の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏を絶妙にイジった。 ▽イブラヒモビッチの代理人を務めるライオラ氏は、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバやベルギー代表FWロメル・ルカク、パリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティ、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマら錚々たるビッグネームを顧客に抱える世界屈指の敏腕代理人だ。 ▽その一方で、歯に衣着せぬ物言いや強引すぎる手法で各クラブの首脳陣やフットボールファンを敵に回すなど、灰汁の強い性格で知られている。 ▽以前から得意の毒舌でライオラ氏を維持ってイジってきたイブラヒモビッチは5日、自身の公式『ツイッター(@Ibra_official)』でまたしても絶妙なイジりを見せた。 ▽今回投稿されたツイートではジム内でマットを敷いてうつぶせになって寝るイブラヒモビッチの背中付近に肥満体系のライオラ氏が立って乗っかっている写真と共に、「ミーノ・ライオラという代理人がオレから最後の1ペニー(お金)まで搾り取ろうとする姿」というコメントを載せた。 ▽恐らく、今回のライオラ氏の行動はトレーニングの一環か腰のマッサージだったと思われるが、イブラヒモビッチはときに“銭ゲバ”と揶揄される同氏の世間評を巧みに用いたコメントでイジって見せた。 ▽なお、実家がオランダでピッツェリア(ピザ屋)を営んでいるライオラ氏がイブラヒモビッチを踏む姿はピザ生地をこねるようにも見えるところが、さらにシュールだ。 ◆あの肥満体系では案外良いトレーニングに? https://twitter.com/Ibra_official/status/1026210935222853634 2018.08.06 19:20 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラがMLSで初のハット達成! ヘッド2発に決勝点は胸トラップからの強烈な右足

▽メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)vsオーランド・シティが現地時間29日に行われ、ホームのLAギャラクシーが4-3で勝利した。そして、この試合ではLAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが移籍後初のハットトリックを達成した。 ▽打ち合いとなった試合はアウェイのオーランドが2-1のスコアで前半を終える。だが、後半に絶好調のイブラヒモビッチが目を覚ます。47分、左サイドでFWジョバニ・ドス・サントスからのクロスをゴール前に入り込んだイブラヒモビッチが頭で豪快に流し込み、同点に追いつく。 ▽54分にはオーランドに勝ち越しゴールを許すも、67分にはカウンターからMFオラ・カマラの低いクロスをゴール左に走り込んだイブラヒモビッチがダイビングヘッドで合わせ、再びヘディングで貴重な同点ゴールを奪った。この2ゴールで完全に乗ったエースFWは71分、左サイドからのクロスをゴール前で相手DFがクリアしたボールにファーで反応。得意の胸トラップから一度バウンドさせたボールを強烈な右足のハーフボレーで叩き込み、自身移籍後初のハットトリックでチームを勝利に導く決勝点を記録した。 ▽なお、今季ここまで17試合出場で15ゴールを大爆発中のイブラヒモビッチは得点ランキングの2位に浮上したものの、得点ランキング1位のアタランタ・ユナイテッドのベネズエラ代表FWホセフ・マルティネスはここまで24ゴールと驚異的なペースでゴールを量産中だ。 ロサンゼルス・ギャラクシー 4-3 オーランド・シティ 【LAギャラクシー】 ジョバニ・ドス・サントス(前39) イブラヒモビッチ(後2) イブラヒモビッチ(後22) イブラヒモビッチ(後26) 【オーランド】 イギータ(前18) OG(前44) ドワイヤー(後9) ◆ズラタンの移籍後初のハットトリック! https://www.youtube.com/watch?v=rX8TtPDlSQI 2018.07.30 15:01 Mon
twitterfacebook
thumb

15戦12発絶好調イブラ「俺が10年前に来てたら今ごろ大統領」

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがアメリカの地で絶好調であり、舌好調だ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽今シーズンからメジャーリーグ・サッカー(MLS)に活躍の場を移したイブラヒモビッチ。3月31日に行われたロサンゼルスFC戦でいきなり2得点を挙げる鮮烈デビューを飾ると、その後も勢いが止まらず、出場した15試合で12得点とゴールを量産し続ける。さらに、直近8試合で9得点。試合を追うごとに凄みを増すばかりだ。 ▽そのイブラヒモビッチは、21日に行われたフィラデルフィア戦でも1得点をマーク。その試合後、「アメリカのサッカー文化に変革をもたらせるか?」の質問に対して、アメリカのドナルド・トランプ大統領を意識した軽快なジョークを飛ばした。 「俺にアメリカのサッカー文化を変える力があるかどうかはわからない。ただ、俺は俺の仕事をやり続けるだけ。彼ら(アメリカ政府)はラッキーだな。俺が10年前に来てたら、今の大統領は俺だ」 2018.07.23 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

イブラ、母国を絶賛「俺みたいに世界を征服」

▽ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、ロシア・ワールドカップで戦うスウェーデン代表を称えた。スペイン『アス』がコメントを伝えている。 ▽2001年から2016年までスウェーデン代表として116試合に出場し、歴代最多の62得点を記録したイブラヒモビッチ。スウェーデンサッカー協会(SvFF)による5月中旬のロシア・ワールドカップ(W杯)招集メンバー発表直前には“待望論”も噴出したが、結局呼ばれることはなかった。 ▽しかし、ロシアW杯が開幕すると、スウェーデン代表は上々の戦いぶりを披露。王者ドイツ代表、メキシコ代表、韓国代表と同居したグループFを2勝1分けで切り抜け、堂々の首位突破を果たした。 ▽“神”と称されるような選手はいないものの、チームとしての高さや規律を生かして結果を残す母国代表を、イブラヒモビッチは以下のように賞賛している。 「ワールドカップが始まる前から俺は『彼ら(スウェーデン代表)は遠くまで行くだろうし、恐らくあれを勝ち取る』と言っていた」 「凄く幸せだし、スウェーデン人であることを誇りに思う。国旗も掲げるよ」 「俺も世界を征服したが、今ではスウェーデンが世界を征服している」 ▽心強い人物からの声援を受けるスウェーデンは、7月3日の23:00にスイス代表との決勝トーナメント1回戦を迎える。 2018.06.30 21:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン右SBアバーテ、LAギャラクシーへ?

▽ミランに所属するイタリア代表DFイグナツィオ・アバーテ(31)にアメリカ行きの可能性があるようだ。 ▽イタリア『トゥットメルカート』によれば、ロサンゼルス・ギャラクシーがアバーテの獲得を希望している模様。そのアバーテとミランの契約は今シーズン限りで失効する。 ▽ミランのアカデミーで育ったアバーテは、2003年にトップチームデビュー。その後、ナポリなどイタリア複数クラブを渡り歩き、2009年から再びミランに戻ってきた。 ▽なお、ロサンゼルス・ギャラクシーには現在、かつてミランでチームメートだった今冬加入の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが在籍している。 2018.05.01 10:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース