【会見全文】ハリル反論「最悪の悪夢」「豪州戦勝利後に選手2名がガッカリしていた」2018.04.27 18:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽9日に解任が発表されたヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が、27日に日本記者クラブにて会見を行った。

ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督
「お集りの皆さま、お越しいただいてありがとうございます。4月7日以来、初めてお話しさせていただきます。日本で3年間仕事をさせていただきましたので、この地でお話しさせていただきたいと思いました」

「この日本という素晴らしい国、家族とともに大好きな日本の伝統、歴史、文化、習慣や色々な仕事のやり方を評価し、敬いながらやっている」

「そして、私自身がこの素晴らしい地に来たのは、物見遊山ではなく、日本サッカーに何かをもたらすことができるのではないかと思ったからです」

「私自身、この日本という素晴らしい地をこのような形で去ることになるとは思っていませんでした」

「そして、私自身が考えつく限り、最悪の悪夢です。こんなことは考えたことがない。この日本でしっかりとした形で仕事を終えたいと考えていた。4月7日以来、人生で一番辛い時期を過ごした。深く失望している。私の志といたしましては、日本という国で素晴らしい仕事をと考えていました」

「なんて残念なんだろうと思います。私はこの日本でワールドカップの準備のために仕事をしていて、そして我が代表チームをしっかりと予選通過させました」

「そしてまた、協会トップの方から1人のスタッフとして言い渡されたこととして、日本のサッカーを考えた時に欠けているものがあると思いました」

「私はサッカーという仕事を45年間してきました。ハイレベルでの45年間です。監督は儚いもので、私自身もナイーブ。私がモノを知らなかったのかもしれません。ですが、今回は違います。チームを成功させるためにやってきたことばかりだからです」

「今回の通告にはとても失望しています。私に対するリスペクトがなかったように思えました」

「私自身、この3年間日本代表チームのためにいろいろな仕事をさせていただきました。しっかりと誇りを持ってやってきたと思います。責任者として説明させていただきたい」

「最初の日に日本サッカー協会に訪れた際、オフィスの場所を聞きました。『オフィスはありません』と言われたので、『是非設えてください。アシスタントにもお願いします』とお願いしました」

「代表監督やアシスタントにオフィスを設えたのは、日本サッカーの歴史で初めてだったそうです」

「それから毎日出勤しました。メディカルスタッフも含めてです。そういったものは皆さんに馴染みがなかったようです。それからどういう割り振りでやるかということを役割分けしていきました。監督、メディカル、アシスタントとして何をやるかということです」

「それから毎日、視察などを繰り返し、選手個人のレポートを作成していきました。メディカルとしても、どこを故障しているのかなどを」

「そして毎週月曜日には、全員のスタッフとミーティングを持ちました。実際にテクニカルスタッフと選手50人ほどの報告書を作りました、GKについては5,6人ほどの報告書を作りました。メディカルレポートがあれば、すぐに連絡を取りました。スタッフとは色々と連絡を取っていたということです」

「そして、代表チームの合宿ですが、いつスケジューリングをするのか、どのような形でやるのか、50人ほどのスタッフで行いました。一人一人が自分の仕事をやっていました。そういった方々に『ありがとう』と申し上げたいです」

「ありとあらゆる合宿、遠征のセッティングはほぼ完璧だった。公式戦、親善試合の準備も、私の人生でここまで規律正しくやってくれたのは見たことない。感謝したい」

「そして選手の集中度や質の高さも本当に素晴らしく、ビッグでブラボーだと申し上げたい」

「3年前から私には誰との問題もありませんでした。特に選手とは。選手とはコンスタントに連絡を取り合っていました。海外組だろうと国内組だろうと。海外組と何度電話したことでしょう。国内組もです」

「それぞれのコーチが、誰とどう話すのか、何を伝えるのかということをきっちりとやりました」

「私が代表と合宿、公式戦をやっている時もオフィスを作り、選手と話し合いができる場を作ってきました。私のアシスタントも選手と話して準備ができるようにしました」

「ですから、GKコーチはGKと、ほかのアシスタントは誰々といった形です。そして私は違った形で連絡を取りました。この3年間、人前で誰か1人の選手を批判したことは1度もありません。悪いのは私、悪いのは私と。『批判するなら私を』と言ってきました」

「選手と一対一で話す時はまた少し違っていました。選手に何かを言うときは面と向かって言うようにしていました。選手によってはストレートな物言いに慣れていなかったかも知れません」

「私としては、選手やチームに対する思い入れはそれは強いものでした。ですが、皆さんご存知の通り、23人で編成していても全員が出られるわけではありません。ある選手は出ることができて、ある選手は出られない。それが嬉しかったり嬉しくなかったりするわけですが」

「オーストラリアからの歴史的勝利でW杯出場を決めた、あの試合の後ですら、2人の選手ががっかりとしていました。試合に出られなかったということで。それ以前に何年も試合に出ていたわけですが、そこでがっかりしたことを残念に思いました。物凄く練習をしたわけです」

「私は何か月も休みを取らずに仕事をしました。休みを取ることはできましたが、日本を成長させるためにここに来ましたので。私が頼まれたことは、ワールドカップを通過するということであって、それが終わったら色々とやりましょうと言っていました」

「そしてグループを首位で通過。私たちのグループは大変なグループでした。『当然じゃないか』と仰る方も居るかと思いますがそれは違います」

「歴史的な勝利もありました。オーストラリアに初めて勝ったことです」

「『ハリル、若い選手を起用するじゃないか』という皆さんのパニックぶり。そして、勝ちました。皆さんが不安に思っていた選手たちが、抜きん出たパフォーマンスを披露していました」

「こんな若い選手で、と思っていた方々は納得できないようでした。そして、UAEとのアウェイ戦にも初めて勝ちました。ブルガリアにも7-2で勝ちました。ヨーロッパのチームにそれほどの差を付けることは今までありませんでした。本当に成功してきた3年間です」

「それでも皆さん満足できない。私自身は満足していました。本当に難しい仕事でこれだけできたと」

「やはりチーム、チームを率いる人物にとってもパフォーマンスとしては厳しいものがあった。あの選手に代わる人物がいないかと考えましたので、競争を取り入れました。ベテランを尻を叩いてこれまで以上のパフォーマンスを発揮できるように。そういったことに納得できなかった人もいたようですが」

「そしてワールドカップ。私が就任したのはワールドカップのためです。海外遠征を2回行いました。世界最高峰のチームとの試合を2回もセットしました。まずは去年11月、そして今年3月の海外遠征。私の中では、代表チームのワールドカップに向けての調整だと思っていましたので、中盤とフォワードの解決策を探していました」

「ワールドカップ本番で出せるものを求めていました。今まで以上に選手が幅広いことをできるように。ですから、結果のことは頭の中にありませんでした。対ブラジル戦、彼らは世界トップのチームで、良い結果を出せるとは思いませんでしたので、あくまで経験を積ませたかった」

「ですから、ブラジル、ベルギー、ウクライナとの試合の結果は満足のいくものではありませんでした。しかし、多くのものを引き出すことができました。ブラジル戦では後半に2回ゴールシーンがありました。ここ数年間の色々な試合を見てください。ブラジルに2ゴールを決められたチームがありましたか。特に前半の20分は酷い状態でした。ハーフタイムにロッカーでハイレベルな相手にどうするべきか語り、試合後には大いに褒めました」

「そしてベルギー戦は完璧な試合でした。もしかしたら勝てた試合です。そして、私といたしましては、代表チームが組織力を持って支配できていたことに満足していました。サッカーという意味でベルギー遠征はあまりよくなかったかもしれませんが、色々なデータを引き出すことができました」

「それも、本当だったらレギュラーの7、8人が入っていない状況です。以前のようにパフォーマンスが良くない選手がいるな、というのも頭にありました。なので、どうするか」

「11月の合宿時には18人の選手を呼んで、2回目には選手22人にGK2人。選手たちを試していました。中島を覚えていますよね。皆さんには心配だったかもしれませんが、非常に良かった」

「つまり、ワールドカップのための調整にあって、何をすべきかはしっかりと分かっていた。選手についても色々な情報をゲットしていました。そして次に来るのが、一番大事な23名の選考です」

「そこで、こういった問題が始まりました。いろいろな情報が私の耳には入ってきていましたが、自分の仕事だけに集中していました。その時にやるべきプレーをやっていなかったという人もいました」

「ですが、合宿をして1か月の時間をかけてなぜこんなにも問題が出るのか。なぜ会長や西野さんは『ハリル、問題あるぞ』と1度も言ってくれなかったのか。本当に1度として。誰も言ってくれなかった」

「西野さんは私に何か言おうとしていた。マリ戦のあと、私はパリでフランスvsコロンビアを見ました。そのあと午前4時、5時という遅い時間にベルギーのリエージュに戻りました」

「そこでお話が来ました。1人の選手があまり良い状態じゃないと。私は、『分かっています、後で解決できます』と応えました。それから問題が起こりました。会長が沢山の選手と連絡を取って、私とともに居たジャッキーやシリル、GKコーチ。何が起こったのかはコーチにも説明がなかった」

「私にとっても、ビックリとしたことであり、コーチにとってもビックリしたことです。4月7日のことです。会長からパリへのお呼びがかかり、ホテルに出向きました。『コンニチハ』と言って、ソファーに腰かけてから、『お別れすることになりました』と言われました」

「ジョークだと思いました。1分後、会長になぜか尋ねました。コミュニケーション不足だと。『どの選手か』と聞くと、『全般的に』と。そして、5分後にホテルを出ました。私は動転して何が起こっているか分かりませんでした」

「コーチに電話をしました。1人はイングランドで、もう1人はドイツに居て『もう終わったから帰りなよ』と言いました。コーチたちの反応はご想像ください」

「ありとあらゆるこの3年間やってきたことに対して、リスペクトがないのではないでしょうか。コーチ仲間も同じ思いです。韓国戦の後にも解任を考えたと聞きました。それなら私でも少しは理解できます。ワールドカップ以前に日韓戦がいかに重要か分かっているからです。1回、そういった経験はしています。24回試合に負けて解任ということがありました。それは会長ではなく、大統領がそういう決定を下したと」

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表と直前テストマッチのスイス代表が候補メンバー26名を発表!《ロシアW杯》

▽スイスサッカー協会(SFV)は25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むスイス代表候補メンバー26名を発表した。 ▽今回のメンバー発表でウラジミール・ペトコビッチ監督は、MFグラニト・ジャカ(アーセナル)やDFリカルド・ロドリゲス(ミラン)、DFステファン・リヒトシュタイナー(ユベントス)ら主力を選出。一方でFWアドミール・メーメディ(ヴォルフスブルク)、FWディミトリ・オベルリン(バーゼル)らが選外となった。 ▽スイスはロシアW杯でグループEに所属し、6月17日にブラジル代表との初戦に臨み、同22日にセルビア代表、同27日にコスタリカ代表と対戦。また、直前のテストマッチでは日本代表(6月8日開催)と対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆スイス代表候補メンバー26名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ヤン・ゾンマー</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ロマン・ビュルキ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">イヴォン・ムボゴ</span>(RBライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">グレゴール・コベル</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ミヒャエル・ラング</span>(バーゼル) <span style="font-weight:700;">ヨハン・ジュルー</span>(アンタルヤスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">フランソワ・ムバンジェ</span>(トゥールーズ/フランス) <span style="font-weight:700;">ニコ・エルベディ</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マヌエル・アカンジ</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ステファン・リヒトシュタイナー</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">リカルド・ロドリゲス</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">シルヴァン・ヴィドマー</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ファビアン・シェア</span>(デポルティボ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">デニス・ザカリア</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">シュテファン・ツバー</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ジェルソン・フェルナンデス</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">レモ・フロイラー</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ブレリム・ジェマイリ</span>(ボローニャ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ヴァロン・ベーラミ</span>(ウディネーゼ/イタリア) <span style="font-weight:700;">グラニト・ジャカ</span>(アーセナル/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェルダン・シャキリ</span>(ストーク・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">エジミウソン・フェルナンデス</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ブリール・エンボロ</span>(シャルケ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ドルミッチ</span>(ボルシアMG/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ハリス・セフェロビッチ</span>(ベンフィカ/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">マリオ・ガブラノビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ/クロアチア) 2018.05.26 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

レーブ「CR7は超一流。でも、メッシこそ完璧な選手」

▽ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督がレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて語った。 ▽C・ロナウドとメッシは、共に長らくフットボール界をリードするトッププレーヤー。互いに新進気鋭のゴールスコアラーとして他の追随を許さず、両者を巡った世界最高の選手論争も後を絶えない。 ▽ドイツ代表を率いてワールドカップ連覇を目指すレーブ監督。ドイツ『ビルト』で「ドイツにとって、どちらの選手が脅威か?」との問いに対して、次のように応えたという。 「クリスティアーノ・ロナウドは超一流で、驚異的なゴールマシーン。しかも、何年にもわたってね。だが、私が目にしてきた中で、メッシこそ最も完璧な選手だ」 2018.05.26 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

MF乾貴士、別メニューが続くも焦りなし「チームを盛り上げることはできる。その上で最後に残れたら」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF乾貴士(エイバル/スペイン)が取材に応対。足の状態は日に日に良くなっていることを明かし、ハイパフォーマンスを見せた今シーズンの良い状態への復活にも自信を覗かせた。それでもチームの状況を冷静に捉えている様子を見せている。 <span style="font-weight:700;">◆MF乾貴士</span>(エイバル/スペイン) <span style="font-weight:700;">──これまでの準備について</span> 「準備はすごく良かったと思います。ケガするまでは好調で良いパフォーマンスを見せれていたと思います。ケガは残念ですけど、またあの状態に戻せると思っています。焦りなくケガを治すことだけを考えてやっています。その中で、コンディションもしっかりと上げていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンについて</span> 「今シーズンは嬉しいことに1年間通して試合に出させてもらいました。もちろん自分自身で感じていない疲れはあったと思います。それを取るためと考えたら逆に良かったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──リーガエスパニョーラを振り返って</span> 「改めて難しいリーグだなと感じました。ただ、その中でやっていけるという部分もしっかりと見つけることができました。それは自信にもなったので、来年も続けていけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──W杯が近づいてきた感覚はあるか</span> 「まだ23人は決まっていないですし、競争の段階だと思っています。その中でもチームワークは今回の合宿から作っていかなくてはいけません。一人一人が自己中になるのは違うと思いますし、まずはチームのために考えなくてはいけません。今自分はケガをしている状況ですけど、チームを盛り上げたり明るくすることはできるので、そういうところを考えています。その上で最後残れたら良いなと思います」 <span style="font-weight:700;">──すごく冷静で落ち着いているように見えるが</span> 「この時期まで代表に残るということもこれまでなかったですし、変な感じはします。嬉しいことですし、光栄なことですけど、あとは西野朗監督が23人を決めるだけです。ガーナ戦で日本の国民の前で良い試合が見せられたらと思います。それは僕自身が良いプレーをというよりも、日本代表というチームが良いプレーをしてくれればと思います」 <span style="font-weight:700;">──足の状態は</span> 「日に日に良くなっています」 2018.05.25 23:59 Fri
twitterfacebook
thumb

GK川島永嗣、日本代表の最後方は「3人でレベルを上げて支えていきたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、GK川島永嗣(メス/フランス)が取材に応対。GKのレギュラー争いについて選ばれた3人で「日本のGKのレベルを上げて支えていきたい」とGK全体で支えていくことを誓った。 <span style="font-weight:700;">◆GK川島永嗣</span>(メス/フランス) <span style="font-weight:700;">──合流して</span> 「みんな何かをしたいという気持ちで今いると思います。今日来たばかりなので、自分たちがこれからどうやっていくかは監督から話があると思いますけど、一人一人が自覚を持っていく中でチームの状況を考えすぎるのではなく、一人一人が持っている能力を発揮することが大切なことだと思います」 <span style="font-weight:700;">──3バックシステムを考えているという話も西野朗監督からあったが</span> 「この状況の中で心配がない人は逆にいないと思います。ただ、この状況に立たされ、限られた時間の中で、自分たちは最大の結果を求めるために努力しなくてはいけません。コミュニケーションを取るだけではなく、自分たちが勝っていくために何が必要なのかを本音で言い合わなくてはいけないといけません。そういうことが大事になると思います」 <span style="font-weight:700;">──選手同士の話し合いも増やしていくということか</span> 「話し合えば解決する問題ではないと思います。話した上でどれだけピッチの上で表現できるかだと思います。コミュニケーションの意味はそこじゃないかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がやってきたことも生かすと西野朗監督は言っていたが</span> 「選手の視点からすると、監督それぞれのやり方がありますけど、自分たちがどういったレベルでプレーしなくてはいけないかという基準は変わりません。そういう基準を持って進んでいかなくてはいけない。そういった根本的なベースの中で、監督がどういったことをやるかということが付け加わっていくのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──GK組にはケガ人もいるが</span> 「ニュースは観てました。でも2人も元気そうですし、若いので大丈夫だと思います(笑)」 <span style="font-weight:700;">──GK中村航輔(柏レイソル)と話したか</span> 「話しました。こういうことが起きてもそこまで重症にならなくて良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">──GKの競争について</span> 「ケガとか関係なく、ここに3人が選ばれている以上は自分たちが後ろを支えていくという思いがなくてはいけません。誰が出る、出ないとかではなく、3人で日本のGKのレベルを上げて支えていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ大会のようにやっていくには</span> 「経験がある選手は多いと思いますけど、答えはないと思います。それを自分たちが探し求め続けなくては答えはありません。経験の中で自分たちがどうやってまとまっていくか、チームの方向性を持ってやっていくかは大切ですけど、高いレベルを求めて一人一人が成長することが勝っていくことにつながると思います。簡単にチームがまとまるという風に考える必要はありませんし、それぞれが自分たちの力を発揮してチームの力に変えていくということが強いグループになっていくということだと思います」 2018.05.25 23:58 Fri
twitterfacebook
thumb

DF酒井宏樹、甘かった4年前からの成長を示す…「90分通して良い選手だと思ってもらえるように」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)が取材に応対し、前回大会を振り返り、成長を実感。「90分通して良い選手だと思ってもらえるように頑張りたい」と今後に向けて意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井宏樹</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">──合流して</span> 「ボールを触れたので、まだまだコンディション調整の段階ですけど、明日から普通にやっていくと思うので、みんなで合わせていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ケガの具合について</span> 「試合では全く問題ありません。治療してゼロに戻せるようにやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──痛みはあるか</span> 「結構内側は痛みが取れにくいそうで、治療を重ねていきながらという感じですね」 <span style="font-weight:700;">──今日はランメニューでの調整だったが、練習では3バックを並べていた練習もあった中、どう見ていたか</span> 「そうなんですか。すいません見ていなかったです」 「明日は戦術をやると思うので。全公開ですよね? 隠すものもないと思います」 <span style="font-weight:700;">──3バックのシステムを使うという話があったが</span> 「マルセイユでも3バックはやりました。どちらでも対応できると思われるようにやりたいです。今シーズンはウイングバックもやりましたし、やってほしいと言われたところでやりたいです」 <span style="font-weight:700;">──改めてリーグ・アンの強度はどうか</span> 「今年はカップ戦もありましたし、僕も50試合以上出場しました。どの試合もすごく魅力ある試合で、自分にとっては大事なものでした。試合数を多くこなすということはサッカー選手にとって非常に重要なことです。もちろん疲れますけど、そういう意味では充実したシーズンでした」 <span style="font-weight:700;">──ブンデスリーガと違う部分は</span> 「サイドバックとしては、アタッカーがとても優秀だなと感じています。そういうところで良いファイトができていたのは良かったです」 <span style="font-weight:700;">──守備面で違う感覚が掴めたか</span> 「ドイツとフランスを比べてもいろいろな種類のアタッカーがいます。そういう選手と対峙したことで免疫ができました」 <span style="font-weight:700;">──4年前のW杯直前と何か違うか</span> 「4年前なので心境は全く覚えてないです。ただ、チームの一員であるという気持ちは前回大会よりも増しています。前回よりはチームのためにできるかなという気持ちがあるので、何ができるかは分からないですけど、できることを100パーセントやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──前回は若手という感覚だったか</span> 「若手という感じではないですけど、自分のレベルが全く足りてなかったです。今思うと甘かったです。厳しい環境に身を置いたことで、少しマシにはなったと思います」 <span style="font-weight:700;">──どういった部分でマシになったか</span> 「全てですね。ディフェンダーなので、数を踏まないと成長はありません。安定感も重要になってきます。90分通して良い選手だと思ってもらえるように頑張りたいです」 2018.05.25 23:57 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース