Jリーグアウォーズのゲストプレゼンター決定、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー村田諒太が登場2017.11.22 21:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽Jリーグは22日、12月5日に横浜アリーナで開催される年間表彰式『2017Jリーグアウォーズ』のゲストプレゼンターを発表した。▽今回のプレゼンターは、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督のほか、WBA世界ミドル級王者のプロボクサー・村田諒太ら各界で日々活躍する6名に決定した。

▽総合司会は、スポーツコメンテーターの西岡明彦氏と、フリーアナウンサーの加藤綾子さん。ステージMCは、平畠啓史氏が務める。

◆総合司会
西岡明彦(スポーツコメンテーター)
加藤綾子(フリーアナウンサー)

◆ステージMC
平畠啓史(タレント)

◆プレゼンター
ヴァイッド・ハリルホジッチ(日本代表監督)
加茂周(元日本代表監督/サッカー指導者・解説者)
今井恭司(サッカーカメラマン)
村田諒太(プロボクサー/WBA世界ミドル級王者)
佐藤美希(タレント/2017Jリーグ女子マネージャー)
髙橋ひかる(女優/第96回全国高校サッカー選手権大会応援マネ―ジャー)

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMのGK杉本大地が手術…全治2カ月の見込み

▽横浜F・マリノスは22日、GK杉本大地が左示指脱臼及び腱損傷と診断され、手術をしたことを発表した。全治は2カ月の見込み。 ▽クラブの発表によると、杉本は17日の練習中に負傷。 ▽杉本は2017年に京都サンガF.C.から横浜FMに加入。今シーズンはここまでYBCルヴァンカップに3試合出場している。 2018.10.22 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】イニエスタ、チームの残留争いについて「僕は一人では何も出来ない」《ASICS契約発表会》

▽ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、1日から『株式会社アシックス』とのアドバイザリースタッフ契約を締結。同選手は、22日の契約記者発表会に出席し、質疑に応じた。 —―日本に来て印象に残っている試合やプレーは? 「まず、本当にメディアの方、そしてファンの方々から頂いている応援には凄く感謝をしたいです。日本に来て大きな一歩を踏み出したわけですが、変化の時というのは難しいといいますか、適応には時間がかかったりもします。ですが、本当に日本で過ごしたこの3か月、短いようで長い時間は素晴らしいものですし、ヴィッセルの皆さんにも感謝をしたいなと思っています」 「チームとしては今難しい状況にありますが、それをこれからも改善していけるように、みんなで歩んで行くところです。何か1つ印象に残った部分を挙げるとすれば、自分がヴィッセルのホームであげたファーストゴールになるのかなという風に思います。そのように特別な経験がこれからも多く残るように楽しんでいきたいと思います」 —―プライベートについて、思い出に残っている日本の場所は? 「本当に日本は素晴らしい国だなと思っていて、まだまだ時間をかけて見に行かなければならないところが沢山あるな、と感じています。今は神戸という街を出来るだけ良く知ろうと色々なレストランに行ったり、後は大阪や奈良といった街にも行きました。これからも色々素晴らしいところを訪れたいと思っています。この日本での時間は僕個人にとっても家族にとっても素晴らしい時間になっていますので、今まで食べてきたものとは違いますけどこれからも日本食を試してみたり、文化に出来るだけ適応してこの時間を皆で楽しんでいきたいと思っています」 —―日本のファンに見せたいプレーは? 「個人としていつも目標に掲げているのは、自分のベストのプレーを見せるということです。もちろんそれが難しい時もありますが、出来るだけ自分のベストの状態をファンの皆さんにお見せできるように日々努力しています」 「先ほど言ったように、今チームは難しい状況にあります。ですが、残りの4つの決勝戦を勝ち抜いて、今この道を進んでいければチームとして必ず改善をして良くなっていくことを確信しています。この道を皆で歩み続けて、ヴィッセルの選手一人一人ももっと向上していきたいなと。僕は一人では何も出来ないので、チームが僕を必要としているように、僕もチームを必要としているので皆でより改善して向上していって良いチームを作っていきたいと考えています」<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_22_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽明治安田生命J1リーグ第30節終了時点で、神戸は勝ち点37の12位。入れ替えプレーオフの16位・サガン鳥栖(勝ち点33)まで勝ち点差4、同じく自動降格圏の17位・柏レイソル(勝ち点33)までも勝ち点差4とギリギリの状態だ。残す試合は4試合、少しでも早く残留を確定させるべく、神戸は11月3日に行われる次節に名古屋グランパスの本拠地に乗り込む。 2018.10.22 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2018年ニューヒーロー賞は横浜FMのMF遠藤渓太に! 27日湘南との決勝戦へ《YBCルヴァンカップ》

▽Jリーグは22日、2018 JリーグYBCルヴァンカップの『ニューヒーロー賞』に横浜F・マリノスのMF遠藤渓太(20)が選出されたことを発表した。横浜F・マリノスからはMF齋藤学(現・川崎フロンターレ)が受賞した2013年以来の受賞者となる。 ▽ニューヒーロー賞受賞者は、今大会から各試合において活躍が顕著であった21歳以下の選手が対象(昨年度までは23歳以下)。グループステージから準決勝まで、各試合会場で実施される報道関係者の投票結果が選考方法となる。リーグ公式サイトでは、Jリーグ選考委員会による総評を以下のように伝えられている。 「グループステージ5試合、プライムステージ4試合に出場しコンスタントに活躍。味方を活かすプレーで得点に絡む活躍を見せ、メディア投票で1位を獲得した横浜F・マリノス 遠藤渓太選手を選出した」 「周囲との連携によってプレーの選択肢が広がり、大会を通じて成長。持ち前のスピードに乗ったドリブルに磨きがかかり、スペースを生かした動きで味方攻撃陣の得点機会創出に貢献した。試合を重ねるごとにキレが増し、自身の勢いに乗ったプレーとチームの上り調子が同調。チームにとって17年ぶりの決勝進出に貢献した活躍に加え、大会を通じて成長する姿に今後の可能性が秘められていることも評価を受けて、ニューヒーロー賞受賞となった」 ▽また、同賞を受賞した遠藤は、喜びをあらわにするも、満足せず。27日に迎える決勝戦を含め、残りのシーズンへ意気込んだ。 「2018JリーグYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞を受賞できたことを本当に嬉しく思います。この賞は自分の力だけで勝ち得た賞ではなく、チームメイト、監督やスタッフ、すべての方々のおかげで受賞することができたと思っています。ただ、自分としては、受賞に値するだけのプレーを披露できたとはまだ思っていません。その分、週末の決勝と残りのリーグ戦で自分の価値を証明できるように頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」 ▽横浜FM下部組織出身の遠藤は、2016年にトップチームデビュー。2017年4月のYBCルヴァンカップ第3節のアルビレックス新潟戦でプロ初ゴールを記録した。今シーズンはYBCルヴァンカップでここまで9試合2アシストを記録するほか、明治安田生命J1リーグでは24試合2ゴール4アシストの活躍を披露している。 ▽なお、遠藤が所属する横浜FMvs湘南ベルマーレの決勝戦は27日13時5分に埼玉スタジアム2002でキックオフを迎える。 ◆過去の受賞者 1996年 名波浩(ジュビロ磐田) 斉藤俊秀(清水エスパルス) 1997年 三浦淳宏(横浜フリューゲルス) 1998年 高原直泰(ジュビロ磐田) 1999年 佐藤由紀彦(FC東京) 2000年 鈴木隆行(鹿島アントラーズ) 2001年 曽ケ端準(鹿島アントラーズ) 2002年 坪井慶介(浦和レッズ) 2003年 田中達也(浦和レッズ) 2004年 長谷部誠(浦和レッズ) 2005年 阿部勇樹(ジェフユナイテッド千葉) 2006年 谷口博之(川崎フロンターレ) 2007年 安田理大(ガンバ大阪) 2008年 金崎夢生(大分トリニータ) 2009年 米本拓司(FC東京) 2010年 高萩洋次郎(サンフレッチェ広島) 2011年 原口元気(浦和レッズ) 2012年 石毛秀樹(清水エスパルス) 2013年 齋藤学(横浜F・マリノス) 2014年 宇佐美貴史(ガンバ大阪) 2015年 赤崎秀平(鹿島アントラーズ) 2016年 井手口陽介(ガンバ大阪) 2017年 西村拓真(ベガルタ仙台) 2018年 遠藤渓太(横浜F・マリノス) 2018.10.22 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第30節】赤い悪魔のアタッカーがACLに近づける殊勲の2発

▽明治安田生命J1リーグ第30節の9試合が19日から21日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKランゲラック(名古屋グランパス/4回目) ▽ビッグセーブ連発。降格圏転落危機からチームを救った。 DF岩波拓也(浦和レッズ/2回目) ▽逆転勝利のきっかけとなる同点弾。守備でも好判断な寄せで鹿島のチャンスを摘み続けた。 DFジョアン・オマリ(サガン鳥栖/初選出) ▽闘志溢れるプレーで攻守に強さを発揮。セットプレーから決勝ゴールを決めて金明輝監督初陣で白星をもたらした。 DF丸山祐市(名古屋グランパス/初選出) ▽守護神と共に最後まで集中切らさず。71分には気迫溢れるスライディングタックルで決定機阻止。 MF家長昭博(川崎フロンターレ/5回目) ▽嫌な雰囲気が漂う中で追撃の狼煙。ボックス付近でも見事な落ち着きと創造性で翻弄。 MF長澤和輝(浦和レッズ/初選出) ▽セカンドボールへの高い意識で攻撃を後押し。ゴール前での崩しにも加わり効果的なプレーで支えた。 MF大島僚太(川崎フロンターレ/3回目) ▽見事な連携から逆転ゴール。名手アンドレス・イニエスタの前でパスワークの中心となり、1ゴール2アシスト。 MF石毛秀樹(清水エスパルス/2回目) ▽パスセンスを発揮して2得点に絡む活躍。北川との連係で広島ディフェンスを切り裂いた。 FWアデミウソン(ガンバ大阪/3回目) ▽途中出場から6分後に同点弾をアシスト。逆転ゴールにも絡み、主砲ファン・ウィジョと共に攻撃を活性化させた。 FW武藤雄樹(浦和レッズ/2回目) ▽豪快ミドルでの逆転弾に加え、後半ATには鹿島守備陣を手玉にとるトドメの一撃。文句なしの選出。 FW北川航也(清水エスパルス/4回目) ▽乗りに乗るオレンジ軍団の若きエースが4戦連発。5カ月ぶりリーグ戦出場の先輩・鄭大世のゴールもお膳立て。 2018.10.22 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

残留へ両者譲らずドロー! 最下位・長崎、ライバルとの勝ち点差縮められず…磐田は降格圏脱出《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節のV・ファーレン長崎vsジュビロ磐田が、21日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽現時点で8勝4分け17敗で最下位に沈む長崎(勝ち点28)と、8勝9分け11敗で17位に位置する磐田が激突した。前節のヴィッセル神戸戦を1-1で引き分けた長崎は、その一戦から先発メンバーを2人変更。大本に代えて中村慶太を起用した。また、試合前に発表されたスタメンではGK徳重が先発だったが、アクシデントにより急遽GK増田が先発に名を連ねた。 ▽一方、前節清水エスパルスとの静岡ダービーで1-5の大敗を喫した磐田は、その一戦から先発メンバーを2人変更。森下と大久保に代えて山田と松浦を起用した。 ▽残留への希望を見出したい長崎と、迫る降格危機から一歩脱出したい磐田の残留争い直接対決。試合は両者立ち上がりから積極的に敵陣へと攻め込もうとするが、うまくフィニッシュまではつなげられず。そんな中、長崎は14分に、飯尾のクロスに田上がボレーで合わせるも、大井の体を張ったブロックに阻まれる。こぼれ球に澤田が反応したが、今度は高橋に防がれた。 ▽前半終盤に差し掛かると、最下位・長崎に決定機。35分、後方からのロングボールにファンマが反応する。ボックス右手前で収め、飛び出したGKカミンスキーと一対一を迎えたが、右足のシュートはカミンスキーに阻まれ、先制のチャンスを逃してしまう。 ▽後半に入ると、残留へポイントロスが避けられない長崎がセットプレーからチャンスを迎える。54分、中村慶太の右CKにゴール前で黒木がヘディング。しかし、シュートは枠を捉えきれず。 ▽対する磐田も反撃。55分、左サイドでボールを持った松浦がドリブルで切れ込み、田口とのワンツーでゴール前左へ。GK増田を引き付けて中央へ折り返したが、味方と合わず決めきることができない。 ▽後半立ち上がりが経過すると、両者徐々にゴール前への侵攻回数が増加。磐田は75分、右サイドでパスを受けた山田が左足でゴール前にクロスを送る。川又が頭で合わせるも、ボールはゴールの上へ。 ▽なかなかゴールが奪えない磐田は終盤攻勢を強めて長崎ゴールに襲い掛かる。86分、山田の右CKから小川航基がオーバヘッド、さらに大井健太郎がヘディングでゴールを狙うが、GK増田の好守もあり、ゴールネットを揺らすことができない。後半アディショナルタイムには長崎がパワープレーを仕掛けたが、最後まで両者にゴールは生まれず。 ▽結局試合はゴールレスで試合終了。最下位・長崎は勝ち点1を積み上げたが、残留争いのライバルである磐田との勝ち点差を縮められず。一方の磐田は、15位に浮上して降格圏内を脱出している。 2018.10.21 18:04 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース