【レジェンドチーム回顧】アーセン・ヴェンゲルの偉大な足跡…アーセナル “インビンシブルズ”〜2003-2004〜2018.04.20 20:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽20日、アーセナルはアーセン・ヴェンゲル監督の退任を発表。1996-97シーズンから指揮を執っていたヴェンゲル監督は、2017-18シーズンの終了を以って、22年間の歴史に幕を下ろす決断をした。▽ヴェンゲル監督は、アーセナル在籍期間中に3度のプレミアリーグ優勝、7度のFAカップ優勝を成し遂げた。中でも、魅力的な攻撃サッカーでプレミアリーグを席巻し無敗優勝を果たした2003-04シーズンの勇姿は語り草となっている。

▽そこで今回は、当時のアーセナル黄金期のチームを過去の特集から再掲して紹介。2003-2004シーズンにプレミアリーグ無敗優勝を成し遂げた“インビンシブルズ”を紹介する。

【2003-2004シーズン】〜インビンシブルズ〜

◆基本布陣◆
[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:イェンス・レーマン
DF:ラウレン、コロ・トゥーレ、ソル・キャンベル、アシュリー・コール
MF:フレデリク・リュングベリ、パトリック・ヴィエラ、ジウベウト・シウバ、ロベール・ピレス
FW:デニス・ベルカンプ、ティエリ・アンリ
監督:アーセン・ヴェンゲル(53)※当時
攻撃力8:★★★★★★★★☆☆
守備力9:★★★★★★★★★☆
タレント8:★★★★★★★★☆☆
連係10:★★★★★★★★★★
選手層8:★★★★★★★★☆☆
【シーズン実績】
◆プレミアリーグ史上初の無敗優勝
Getty Images
▽このシーズン、ヴェンゲル監督の下で、アンリやピレス、ヴィエラ、ヴィルトールなど多くのフランス人選手を擁したアーセナルは、26勝12分0敗という素晴らしい成績でプレミアリーグを制覇。勝ち点90を獲得し、2シーズンぶりとなる優勝を見事に無敗で達成した。その圧倒的な強さから、当時のチームは “インビンシブルズ”(=無敵の集団)と呼ばれた。

▽前シーズンから続けていたリーグ戦無敗記録は結局、翌2004-05シーズンまで継続。10月にマンチェスター・ユナイテッドに敗れるまで、実に49試合にわたる無敗記録を樹立した。なお、この記録は現在でもプレミアリーグレコードとして燦然と輝いている。ちなみに、無敗記録が途絶えた試合でゴールを奪われたルーニーはアーセナルにとって天敵。アーセナルは2002年にも、当時の記録だった30試合無敗をルーニーのプレミアリーグ初弾でストップさせられていた。

▽プレミアリーグでは2位チェルシーに勝ち点11差を付ける圧倒的な強さを披露したアーセナルだったが、FA杯とリーグ杯は惜しくも準決勝で敗退。また、CLでも準々決勝でチェルシーに2戦合計2-3で敗れ、ダブル達成とはならなかった。

【チーム紹介】
◆完璧な流動性
▽システムは一貫して、中盤がフラットなイングランド伝統の4-4-2を採用。特長は、何といっても攻撃陣の流動性だ。左サイドハーフを務めるピレスは右利きのテクニシャン。そのため、カットインしながらゲームメークを担当した。ピレスに縦の力がない分、左サイド深くのスペースを活用したのは、2トップの一角を務めるアンリだった。元々、左ウイングだったアンリはピレスがカットインすると左サイドに流れてボールを受け、縦突破からクロスを送るのが得意の形だった。

▽また、ゲームメークを担当するピレスとは対照的に、右サイドではリュングベリが激しいオフ・ザ・ボールの動きでアクセントを付けた。とりわけ、飛び出しの能力は秀逸で、巧みなラインブレイクから幾度もゴールに迫った。そして、アンリとコンビを組んだベルカンプも、熟練のボールコントロールで相手DFを翻弄。ポストプレーやダイレクトプレーでアンリやリュングベリを巧みに操った。

▽攻撃陣ばかりに注目がいくチームだったが、守備陣も安定していた。ヴィエラとジウベルト・シウバがコンビを組むセントラルMFは攻守のバランスが抜群で、フィジカルとテクニックを高いレベルで兼ね備えていた。また、キャンベルとコロ・トゥーレが組むセンターバックもソリッド。アシュリー・コールとラウレンを擁するサイドバックに関しても隙はなかった。シーマンの後継者となったドイツのレーマンは、ときおり見せる大胆なプレーが少し不安ではあったが、気迫のこもった好守が非常に目立っていた。

【ピックアップ・プレーヤー】
◆ティエリ・アンリ(25)
Getty Images
▽キャリア絶頂期に突入しつつあったアンリはこのシーズン、プレミアリーグで30ゴールを記録。公式戦では51試合に出場して39ゴール14アシストと、まさにチームの中心だった。また、2年連続でPFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞をダブル受賞。PFA年間最優秀選手賞を2シーズン連続で受賞した初めての選手となった。なお、アンリは2001シーズンから5シーズンにわたって、アーセナルで公式戦30ゴール以上を記録し続けた。
コメント
関連ニュース
thumb

ラムジーがユベントスと事前契約 英有力メディア報じる

イギリス『スカイ・スポーツ』は17日、アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)のユベントス移籍を報じた。 アーセナルとの延長交渉の決裂により、今シーズン終了後にフリーの身となるラムジー。パリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンがラムジーに目を光らせてきたが、ユベントス移籍が決定的な様相だ。 渦中のラムジーは先週末にシーズン終了後のユベントス加入に向け、メディカルチェックを受診。事前合意に達したとみられ、2月にも獲得の公式発表される見通しだという。 ラムジーは2008年夏、アーセナルに入団。3度のFAカップ制覇を誇り、プレミアリーグ通算253試合53得点を記録している。 2019.01.18 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーレジェンド・チェフ、引退後はスタンフォード・ブリッジ帰還か

アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフは、引退後はチェルシーに戻るのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 先日15日に、今シーズン限りで現役から身を引くことを発表したチェフ。今年でプロ20年目という節目での決断に、かつてチェルシーで師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ氏は「フットボール界の大きな損失」と表現した。 そのチェルシーでは、2004年にスタッド・レンヌから加入し2015年までプレー。公式戦出場は494試合を数え、チャンピオンズリーグ(CL)1度、プレミアリーグ4度を含む15度の戴冠を経験。個人としても、欧州最優秀GK賞を4度、プレミアリーグ・ゴールデングローブを4度獲得している。 そしてブルーズは、クラブのレジェンドを迎え入れる準備をしているようだ。アンバサダーやGKコーチなどのポジションを用意しており、チェフ自身もすでに将来的な監督業を見据えて、ライセンス取得に取り掛かっているという。 2019.01.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル退団目前のミスリンタート氏、原因はクラブとの軋轢か

イギリス『メトロ』は、アーセナルでリクルート部門のチーフを務めるスヴェン・ミスリンタート氏の退団は、クラブとの軋轢にあると報じている。 2017年11月にアーセナルのリクルート部門チーフに就任したミスリンタート氏。以前はドルトムントで10年間スカウトを任せられ、MF香川真司やFWロベルト・レヴァンドフスキ、DFマッツ・フンメルスらを含む多くの有能な若手を発掘し、ドルトムントの黄金期を作り上げた。 その卓越した先見力から、“ダイアモンド・アイ”と呼ばれ、一昨年に就任したアーセナルでも、MFルーカス・トレイラやMFマッテオ・グエンドウジ、さらにはドルトムントのツテを使って、FWピエール=エメリク・オーバメヤンや、DFソクラティス・パパスタソブーロスの獲得を成功させた。 ドイツ人敏腕スカウトはアーセナルでも順調にその能力を発揮していたかのように見られていたが、昨年9月に、イヴァン・ガジディス元最高経営責任者(CEO)がミランに移籍したことをきっかけに状況が一変。ミスリンタート氏と同じように、リクルート部門で腕を奮っていたラウール・サンレヒ氏が、フットボールに関する全権を握るようになったことで、方針の異なる両者の間に不和が生じ始めたという。 自身のヨーロッパ中に張り巡らされた選手や代理人とのコネクションを使って移籍を成功させるやり方を信条としているミスリンタート氏に対し、サンレヒ氏は統計やデータ、戦略に基づく、いわゆる“マネーボール”的なアプローチを好んでいるようだ。 ミスリンタート氏はまた、アーセナルが直面している財政難にも懸念を持っているという。クラブは今冬に、バルセロナからMFデニス・スアレス、バイエルンからMFハメス・ロドリゲスをレンタルで獲得しようとしているようだ。 アーセナル退団が目前に迫っているミスリンタート氏には、バイエルンが触手を伸ばしているという。 2019.01.16 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か

アーセナルが、バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。<br><br>ハメスは2017年の夏にレアル・マドリーから買い取りオプション付きの2年間レンタルでバイエルン入り。しかし、ニコ・コバチ監督が新たに就任した今シーズンは、負傷の影響もあってリーグ戦の先発出場が5試合にとどまっている。<br><br>そのハメス・ロドリゲスをアーセナルが注視しているようだ。アーセナルでは、チームを指揮するウナイ・エメリ監督がMFメスト・エジルを重要な戦力と考えておらず、直近のウェスト・ハム戦など、今季メンバー外とする試合もある状況だ。その代わりの選手として、ハメスに興味を持っているという。<br><br>報道によれば、バイエルンは&ldquo;レンタル料&rdquo;としてアーセナルに300万ポンド(約4億2000万円)を求めており、同クラブがこの料金を支払えば放出を認める意向だという。<br><br>なおバイエルンは、レアル・マドリーに対して1300万ユーロ(約16億1000万円)のレンタル料金を支払っており、今季終了時に4200万ユーロ(約52億円)を支払うことで完全移籍させるオプションを有していると伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 15:47 Wed
twitterfacebook
thumb

敏腕スカウトのミスリンタート氏がアーセナル退団へ…オーバやパパスタソプーロス獲得に尽力

アーセナルでリクルート部門のチーフを務めるスヴェン・ミスリンタート氏が退団に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 母国のドイツでは"ダイアモンド・アイ"と呼ばれるほど、若手発掘に定評のあるミスリンタート氏。ドルトムントで10年間スカウティングを務めていた頃は、FWロベルト・レヴァンドフスキやFWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWウスマーヌ・デンベレ、DFマッツ・フンメルスなど、その後にチームの中心選手として活躍を残すことになる有望な若手を先見の明で探し当てた。MF香川真司をドルトムントに連れて来たのもこの男だった。 アーセナルは2017年11月に、スカウトとしては異例の移籍金200万ユーロを払って同氏を引き抜き、そのツテを使ってオーバメヤンやムヒタリアン、DFソクラティス・パパスタソプーロスを獲得。オーバメヤンはリーグ戦はここまでで14ゴールを挙げ、得点ランクトップに位置している。 ミスリンタート氏は、アーセナルではここ数カ月、クラブのビジネス、フットボール、契約、データを管理するエグゼクティブチームの役員も任されており、同クラブで大きな影響力を持っていた。 2019.01.16 15:43 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース