PSVが2季ぶり24度目のリーグ制覇…アヤックス戦快勝《エールディビジ》2018.04.16 07:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽PSVが2017-18シーズンのエールディビジを制覇した。

▽首位のPSVは15日、エールディビジ第31節で2位のアヤックスをホームに迎えた。試合は一方的な展開となる。23分にガストン・ペレイロのゴールで先制したPSVは、続く38分にルーク・デ・ヨングが追加点。54分にスティーブン・ベルフワインがダメ押しの3点目を決め、PSGがアヤックスに3-0の快勝を収めた。

▽これにより、アヤックスとの勝ち点差を10ポイントに広げたPSVは、3節を残してエールディビジを制覇。2シーズンぶり24度目のリーグ優勝となる。

PSV 3-0 アヤックス
【PSV】
ガストン・ペレイロ(前23)
ルーク・デ・ヨング(前38)
スティーブン・ベルフワイン(後9)

コメント

関連ニュース

thumb

快速アタッカーのベルグヴィン獲得にユナイテッド&リバプールが関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドとリバプールが、PSVに所属するオランダ代表FWステフェン・ベルグヴィン(21)の獲得を巡って争奪戦を繰り広げる可能性があるようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 ▽2011年にアヤックスユースからPSVユースに移ったベルグヴィンは、2014年にトップチームに昇格。ドリブルを武器に、2016-17シーズンから徐々に出場機会を増やすと、翌年のエールディヴィジでは、32試合で8ゴール11アシストとブレイクを果たした。今シーズンも、ここまでリーグ戦8試合で4ゴール4アシストマークしている。 ▽今夏もビッククラブがベルグヴィンの獲得に動いていたと報じられていたが、同選手は2022年までPSVとの契約延長をしている。そんな中、ユナイテッドとリバプールが関心を寄せているという。情報によれば契約解除金2000万ユーロ(約26億円)が設定されているが、来夏にサインする可能性があるようだ。 ▽また、ベルグヴィンに対しては以前からインテルも興味。その他、ミランやバルセロナも新たに関心を示していることが、伝えられている。 2018.10.09 14:42 Tue
twitterfacebook
thumb

幸運判定で守護神退場逃れたインテルがイカルディ弾でPSVに逆転勝利でGS連勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第2節、PSVvsインテルが3日にPSVスタディオンで行われ、アウェイのインテルが2-1で勝利した。 ▽開幕節でバルセロナに大敗したPSVと、トッテナム相手に劇的逆転勝利を挙げたインテルによるグループB第2戦。 ▽開幕から公式戦7連勝で迎えたバルセロナとの初戦で0-4の敗戦を喫したPSVだが、直後のデ・クラシケルで宿敵アヤックスを3-0で下しバウンスバックを図ると、直近のNACブレダ戦も快勝しリーグ戦の連勝を継続。グループ突破に向けて勝ち点3奪取が求められるインテル戦に向けて最高の状態で臨んだ。 ▽一方、開幕から低迷もトッテナム戦での劇的勝利で流れを掴んだインテルは以降のリーグ戦も3連勝で飾り、目下公式戦4連勝と絶好調だ。直近のカリアリ戦からは先発6人を変更。温存したイカルディ、アサモア、ペリシッチ、ブロゾビッチ、ヴェシーノ、シュクリニアルが揃って復帰した。 ▽アウェイのインテルがボールを保持する時間が長いものの、互いにフィニッシュまで持ち込み合うオープンな試合展開となる。インテルは最前線のイカルディへシンプルにボールを入れながら前向きのペリシッチやナインゴランがミドルシュートを狙っていく。 ▽前半半ばを過ぎても拮抗した状況が続く中、27分に先制点が生まれる。相手を自陣に押し込んだPSVはボックス手前左のロサーノが相手の視線を引き付けて中央のロサリオに横パス。ここでロサリオが豪快に右足を振り抜くと、GKハンダノビッチが全く反応できない強烈な弾道のシュートがゴール左隅に突き刺さった。 ▽相手のファインゴールで先手を許したインテルは一気に攻撃のギアを上げてナインゴラン、イカルディが枠を掠める際どいシュートを浴びせる。その一方で、41分には右サイドのスペースに不用意に飛び出したGKハンダノビッチが相手の突破を手を使って阻止。一発レッドで止むなしと思われたこのプレーだったが、主審はイエローカードに留める。 ▽すると、この判定で流れが変わったか、44分にはアサモアの強烈なミドルシュートから波状攻撃を仕掛け、GKの弾いたボールを回収したイカルディのシュートのこぼれ球をペナルティアーク付近のナインゴランが抑えの利いた右足のダイレクトシュートで右隅に流し込み、インテルが同点に追いついて前半を終えた。 ▽後半も拮抗した状況が続く中、相手のミスを突いたインテルが逆転に成功する。60分、ロングボールに反応したイカルディが相手DFシュワーブと競争する形でボックス内に侵入。すると、飛び出したGKズートが味方と交錯しルーズボールがイカルディの足元へこぼれると、やや角度はなかったもののアルゼンチン代表FWが冷静に無人のゴールへ流し込んだ。 ▽ミスから奪った逆転ゴールで完全に気持ちの面で優位に立ったインテルは前がかりになった相手の反撃を冷静に防ぎながらペリシッチやイカルディを起点とした鋭いカウンターで幾度も相手ゴールに迫る。だが、相手の粘りに遭いなかなか追加点を奪えない。 ▽すると、79分には途中出場のマレンにボックス中央から圧巻のバイシクルシュートを放たれるが、スーパーゴールで同点と思われたこの決定機をGKハンダノビッチが圧巻のワンハンドセーブで阻んだ。このピンチを凌いだインテルは試合終盤の選手交代でうまく時計を進めながら今度は決定的なチャンスを与えず試合をクローズ。幸運な判定とイカルディの2試合連続で勝ち切ったインテルがGS連勝で公式戦5連勝を達成した。そして、次節からは同じく連勝のバルセロナとの連戦に挑む。 2018.10.04 06:16 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ベルグヴィン獲得に興味か 名門PSVでブレイクの快速アタッカー

▽インテルがPSVに所属するオランダ代表FWステフェン・ベルグヴィン(20)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽2011年にアヤックスユースからPSVユースに移ったベルグヴィンは、2014年にトップチームに昇格。ドリブルを武器に、2016-17シーズンから徐々に出場機会を増やすと、翌年のエールディヴィジでは、32試合で8ゴール11アシストとブレイクを果たした。今シーズンも、ここまでリーグ戦7試合で4ゴール2アシストマークしている。 ▽今夏もビッククラブがベルグヴィンの獲得に動いていたと報じられていたが、同選手は2022年までPSVとの契約延長をしている。そんな中、インテルはベルグヴィン獲得に関心を示しているという。イタリア『トゥットスポルト』の報道によれば、既にスカウトがオランダで視察を行っており、「ウィングからのスタートが好ましいが、全ての攻撃的ポジションでプレー可能」という評価を下したそうだ。 ▽インテルは今夏に、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン、セネガル代表FWケイタ、オランダ代表DFデ・フライなどの積極補強に成功していた。開幕戦こそ敗れたものの、現在リーグ戦では4位に付けている。 2018.10.02 16:48 Tue
twitterfacebook
thumb

開幕節からいきなりハット…バルベルデ、メッシに脱帽「ルーティンかのように驚異的なことを成し遂げる」

▽バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、ハットトリックを達成したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに脱帽している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎えた。この日先発したメッシは、31分にボックス手前からのFKを直接決めて先制点を奪う。75分にデンベレが追加点を奪って迎えたその2分後、今度はラキティッチの浮き球のパスをボックス中央やや右から左足で流し込んでこの日2点目。88分にもスアレスのスルーパスに抜け出したメッシがGKズートとの一対一を制し、ハットトリックでバルセロナの4-0での勝利に貢献した。 ▽試合後、ハットトリックを達成したメッシに対して、指揮官のバルベルデ監督が称賛。同選手の偉大さを改めて主張している。 「メッシはそれがルーティンであるかのように驚異的なことを成し遂げる。彼の代わりを見つけることは難しいね。チームにいてくれて安心するよ。彼と対峙することは悪夢のようなことだ」 「今日彼は3ゴールを挙げた。我々は特別な時代の中にいることに気づかなくてはならない」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、メッシのハット&デンベレ弾でオランダ王者PSVに4発快勝! 《CL》

▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎え、4-0で勝利した。 ▽リーガエスパニョーラ王者のバルセロナが、エールディビジ王者のPSVをホームに迎えた一戦。 ▽バルセロナは、2-1で勝利した先週末のリーガ第4節レアル・ソシエダ戦からスタメンを2名変更。N・セメド、ラフィーニャに代えて、コウチーニョ、ブスケッツを起用した。また、PSVは7-0で大勝したエールディビジ第5節デンハーグ戦からスタメンを変更せず。イルビング・ロサーノら攻撃的な面子を並べ、ファン・ボメル新監督のCL初陣に臨んだ。 ▽試合は、序盤からバルセロナがボールを支配しつつ進行。PSVは中盤をコンパクトに保ち連動してプレスをかけていくが、なかなか奪うことができない。7分、バルセロナ陣内で得たFKの流れからボックス手前中央にボールがこぼれ、反応したG・ペレイロが左足を振り抜きこの試合のファーストシュートを放ったが、枠を捉えず。 ▽優位を保ちつつも低めのディフェンスラインを設定するPSVの守備に苦しむバルセロナは、デンベレの飛び出しをシンプル使う形やメッシ、コウチーニョらのコンビネーションで崩す形を織り交ぜつつ打開を図るが、決定的なシーンを作るには至らない。11分には、スアレスの左サイドからのクロスに飛び込んだコウチーニョがヘディングシュートを放ったが、枠を外れていく。 ▽逆に14分にはPSVのカウンターが発動し、ベルグヴィンのシュートが右ポストを掠めれば、17分にはボックス中央のルーク・デ・ヨングがクロスを収めてシュートを放つなど、度々バルセロナゴールが脅かされるシーンが訪れる。 ▽23分、PSV陣内中央でボールを持ったメッシが左サイドに展開し、左サイドのコウチーニョがクロスを供給。しかし、これに合わせたセルジ・ロベルトのヘディングシュートはGKズートにキャッチされ均衡を破ることはできず。ギアを上げたいバルセロナは鋭い縦パスからのリズムアップを幾度か試みるが、警戒するPSVにカットされカウンターを受ける場面が目立ち始める。 ▽それでも31分、一歩間違えば危うい展開となりかねない時間帯にスコアを動かしたのはやはりあの男。デンベレがボックス手前中央で絶好の位置でFKを獲得すると、キッカーのメッシが左足を一振り。ゴール右上隅を正確に射抜きリードを奪った。 ▽その後、バルセロナはあまりリスクをかけずに前半を進行。ジョルディ・アルバやラキティッチがやや遠めの位置からミドルシュートを放ちPSVをけん制しつつ、1-0のスコアで前半を終えた。 ▽後半に入ると、勝利を確実なものとしたいバルセロナがさらに攻勢を強めていく。58分、ボックス左でボールを持ったコウチーニョが細かいドリブルでタイミングをずらして右足でシュート。しかし、得意の角度からゴール右上隅を捉えたシュートはGKズートの好守に阻まれた。 ▽62分、1点を追うPSVも黙ってはいない。ボックス左のベルグヴィンが中央マイナス方向への折り返しを選択。すると、走り込んだアンジェリーノが左足で鋭いシュートを放ちバルセロナゴールを襲う。GKテア・シュテーゲンにセーブされたものの、惜しいシーンを生み出した。 ▽PSVが健闘を見せたのも束の間、75分にバルセロナが突き放す。PSV陣内中央付近左でボールを持ったデンベレがドリブルでボックス手前中央まで持ち込み、右足を一閃。チームの2点目を記録した。 ▽さらに77分、スアレスの仕掛けからボックス手前中央にボールがこぼれると、ラキティッチがダイレクトでディフェンスライン裏に浮き球のパスを送る。抜け出したメッシが左足で難なく沈め、リードを3点に広げた。 ▽勢いに乗るバルセロナだが、81分にアクシデントが発生。ユムティティがロサーノを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場に。10人となったバルセロナは直後にコウチーニョに変えてラングレを起用し、逃げ切りを図った。 ▽PSVがやや前がかりになった試合終了間際の88分、スアレスとの好連係からボックス右に侵攻したメッシが右足でGKズートとの一対一を制したところで試合が終了。メッシはハットトリックを記録し、CL開幕節を彩った。 ▽勝利したバルセロナは10月3日のグループB第2節でトッテナムとのアウェイ戦に臨み、敗北したPSVはインテルをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 03:50 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース