驚愕エルボー見舞った広州恒大FWアランが8試合の出場停止2018.04.11 01:33 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽中国スーパーリーグに所属する広州恒大のブラジル人FWアランが8試合の長期出場停止処分を科された。リーグ公式サイトが伝えている。

▽アランは先月30日に行われた第4節の天津権健戦に先発出場。だが、ゴールレスで折り返した後半立ち上がりの51分に相手DFリュ・イーミンとポジション取りで小競り合いを起こす。一度は相手と離れた同選手だったが、再び近づくと右肘で相手の背中に強烈なエルボーを見舞い、間近で現場を見ていた審判にレッドカードを掲示されて退場となっていた。

▽アランの暴力行為を問題視したリーグ機構は同選手に8試合の出場停止を科すことを決断した。

◆驚愕エルボー!
https://www.youtube.com/watch?time_continue=24&v=CstZXCRV9TU
コメント
関連ニュース
thumb

物議醸し加入もメンバー外続くマウコム、広州恒大行きを選択か

バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)が、広州恒大行きを選ぶ可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 昨年夏に4100万ユーロ(約51億円)の移籍金でボルドーからバルセロナに加わったマウコム。その直前にはボルドーとのクラブ間合意がローマから発表されていたが急転直下のスペイン行きとなり、物議を醸した移籍オペレーションだ。 しかし、半ば“強奪”のような形でマウコムを獲得したバルセロナはその戦力を生かし切っていはいない。今シーズンここまでの成績は、公式戦10試合2ゴール。直近の2試合であるリーガエスパニョーラ第19節エイバル戦、コパ・デル・レイ5回戦2ndレグのレバンテ戦ではベンチメンバーにも入らなかった。特にレバンテ戦では移籍寸前と報じられているデニス・スアレスが出場機会を与えられており、マウコムに将来への不安を抱かせる出来事が続いている。 『マルカ』によると、マウコムは昨年末にエバートンからの関心が伝えられた際には残留を決断。しかし、現在では退団を検討するようになっており、昨年末にも関心が噂された広州恒大からの正式オファーを待っている状態だという。 とはいえ、バルセロナではFWルイス・スアレスのバックアッパーが不在になっており、これ以上のアタッカーの流出は避けたいところ。新戦力を獲得する資金を欠いているともみられており、マウコムの退団は困難かもしれない。もし移籍するとなれば、少なくとも3000万ユーロ(約37億円)の移籍金が求められるようだ。 2019.01.19 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アルナウトビッチ、広州恒大と交渉スタートか

イギリス『スカイ・スポーツ』は18日、ウェストハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(29)の中国行きに向けた動きを報じた。 アルナウトビッチを巡っては先日、上海上港が移籍金3500万ポンド(約49億4000万円)で獲得に乗り出していることが明らかに。選手自身も中国行きを希望しているとみられるが、ウェストハムが10日に売却を公式声明で否定した。 だが、そのアルナウトビッチに対して、新たに広州恒大が接触。交渉をスタートさせたという。ウェストハムのマヌエル・ペジェグリーニ監督は12日に行われた前節のアーセナル戦後、アルナウトビッチについて次のようにコメントしている。 「私が『残れ』と言えば、選手はそうするだろう。私自身にクラブに対する不満はない。クラブも私にアルナウトビッチを手放すよう強制してきているわけじゃない」 「監督として、選手とクラブに最適な解決策を講じることがベストだと思っている。彼らが合意に達したのであれば、何の問題もない。私はマルコ抜きで戦う準備をするだけさ。クラブは売却を望んでいないがね」 なお、ウェストハムは19日に敵地で行われるプレミアリーグ第23節でボーンマスと対戦。渦中のアルナウトビッチは遠征メンバーから外れたものとみられる。 2019.01.19 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、パウリ―ニョの広州恒大への完全移籍を発表!

バルセロナは15日、広州恒大がブラジル代表MFパウリーニョ(30)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 パウリ―ニョは2015年にトッテナムから広州恒大に移籍。2年間過ごした後、2017年に4年契約でバルセロナに移籍しリーグ優勝に貢献した。ところが、昨夏に再び広州恒大にレンタル。昨季は途中加入ながらリーグ戦19試合に出場し13ゴール7アシストを記録。加入後は全試合でフル出場を果たし、2位フィニッシュの原動力となっていた。 そしてこの度、既報通り広州恒大は買い取りオプションを行使し、ブラジル代表MFは2度目の完全移籍を果たすことになった。 買い取り額は推定4200万ユーロ(約52億円)。バルセロナが2017年夏にパウリーニョを獲得する際に広州恒大に支払った移籍金4000万ユーロよりも若干高めに設定されていた。 2019.01.16 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

パウリーニョ、広州恒大に完全移籍へ! 移籍金は52億円

バルセロナから中国の広州恒大にレンタルしているブラジル代表MFパウリーニョ(30)が完全移籍するようだ。スペイン『マルカ』など複数メディアが報じている。 パウリーニョは昨年夏に広州恒大にレンタル移籍。2017年夏にその広州恒大からバルセロナに4年契約で完全移籍したが、1年で古巣に戻っていた。 これまでにコリンチャンスなどのブラジルのクラブやトッテナムでプレーしたブラジル代表MFは、バルセロナではリーグ戦34試合に出場し優勝に貢献。 一方、広州恒大では途中加入からリーグ戦19試合に出場し13ゴール7アシストを記録。加入後は全試合でフル出場を果たし、2位フィニッシュの原動力となった。 今回伝えられるところによると、買い取りオプションを行使した広州恒大はバルセロナに4200万ユーロ(約51億8000万円)の移籍金を支払うとのこと。当初、買い取り移籍金は5000万ユーロ(約61億7000万円)と推定されていたが、それよりも低い金額での移籍となるようだ。 なお、バルセロナが2017年夏にパウリーニョを獲得する際に広州恒大に支払った移籍金は4000万ユーロ(約49億4000万円)だった。 2019.01.05 01:17 Sat
twitterfacebook
thumb

驚異のチャイナマネー! マウコムに83億円用意か

▽バルセロナが、クラブに所属するブラジル代表FWマウコム(21)の売却を検討しているようだ。スペイン『アス』の情報を引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽今夏に推定移籍金4000万ユーロ(現在のレートで約51億円)でボルドーからバルセロナに加入したマウコム。しかし、選手層の厚いバルセロナでスタメンを奪うことはできておらず、リーグ戦での先発出場はわずか1試合のみであり、公式戦全てを含めてもプレー時間は296分と不遇の時を過ごしている。 ▽今回の報道によると、そんなマウコムに中国から6500万ユーロ(約83億円)のオファーがあったという。マウコムはファーストチームでより多くのプレーを望んでおり、現在以上の給与を得られることから移籍に傾く可能性があるという。また、バルセロナ側も熟考していることが伝えられている。 ▽もし、中国に移籍した場合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で日本勢と戦うことになれば、さらに嫌な相手になりそうだ。 2018.12.18 20:21 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース