長沢の驚愕4得点でG大阪が名古屋を下し連勝! 広島と浦和はゴールレスドロー《YBCルヴァンカップ》2018.04.04 21:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループC第3節の2試合が4日に行われた。

▽パロマ瑞穂スタジアムで行われた名古屋グランパスvsガンバ大阪は、4-1でG大阪が勝利した。

▽リーグ戦ではここ2試合連敗の名古屋と、ここまで1分け4敗とまさかの成績となっているG大阪が激突した試合は、ほぼ主力メンバーを揃えたG大阪が先制する。5分、マテウス起点の展開から、ファン・ウィジョが収めたボールを倉田がミドルシュート。相手GKが弾いたボールを長沢が押し込んで、幸先良くリードを奪った。

▽さらにG大阪は16分、左サイドの初瀬からクロスが送られると、長沢が強烈なヘディングシュートを突き刺し追加点を奪った。本気のG大阪はここで止まらない。29分にはファン・ウィジョのクロスに三度長沢。ダイビングヘッドを沈めて30分足らずでハットトリックを達成した。

▽長沢劇場は続く。41分には遠藤の見事なパスで抜け出した倉田のボックス右からのクロスを長沢が冷静に押し込んで4点目を奪う。

▽互いに選手交代をして迎えた後半、61分に名古屋は代わって入ったジョーがゴール右上を狙ったヘディングシュートを放つが、GK東口がファインセーブを見せる。その直後にもジョー、青木と繋がれたボールを最後は小林が狙いに行くがDFのブロックに遭う。

▽大量リードのG大阪は、長沢にボールを集めるがオフサイドに泣かされ追加点が奪えない。そんな中終了間際の89分、ボックス右でスルーパスを受けた宮原のダイレクトの折り返しを青木に押し込まれ1点返されてしまう。

▽それでも4点のリードは覆ることなくG大阪が4-1で快勝。長沢の4得点でルヴァンカップ2連勝を飾った。

▽グループCもう一試合、サンフレッチェ広島vs浦和レッズは、0-0の引き分けに終わった。

▽リーグ戦で首位に立つ絶好調の広島と、同じリーグ戦では開幕5試合未勝利の浦和。早くも明暗分かれている両チームの一戦だ。まずは10分、味方のスルーパスに反応した渡がボックス右に侵入。やや角度のないところだったが思い切りよくシュートを狙って広島がゴールに迫った。

▽12分には再び渡。敵陣でボールを奪うと、渡はパスの選択肢もあったがボックス手前からシュートを選択。レギュラー奪取を狙う新加入ストライカーがアピールを見せる。

▽対する浦和も17分、アンドリュー・ナバウトのパスでディフェンスラインの裏を取った李忠成がGKをかわすもシュートに持ち込めない。さらにその直後の18分、山田のクロスのクリアボールを森脇がシュート。しかしこれはGK中林に弾かれてしまう。

▽互いにチャンスが続く中、28分には広島が左サイドでカウンターを発動。最後は馬渡がボックス右からシュートを放つが相手のカットに遭う。ピンチを凌いだ浦和は直後にアンドリュー・ナバウトがボックス右からシュートを放つが、GK中林がここでも立ちはだかる。

▽ゴールレスで迎えた後半、広島は右サイドの馬渡のクロスをゴール前の渡が密集地帯の中ヒールで狙うトリッキーなプレーを見せる。

▽互いにペースを譲らない展開となる中、68分に相手のパスミスを奪ったマルティノスがゴールに迫るが、DFのチェックに遭う。70分にはアンドリュー・ナバウトが自ら持ち込みボックスの外からシュート。浦和が立て続けにチャンスを迎えた。

▽一進一退の攻防を見せる両者。浦和がチャンスを作れば広島もそれに対抗。77分、ゴール前でのパスワークから最後は渡のクロスをフィリペ・シウバがフリーで受けるが、シュートは大きく枠を越えてしまう。その直後には、味方のパスから渡がボックス右深くに侵攻すると、鋭い切り返しでチェックを外しシュートに持ち込む。

▽その後も互いにゴールに迫ったが、決定力を欠きゴールを奪えず。結局0-0のまま試合終了。広島は勝ち点1を得て、グループC首位を堅守した。

名古屋 1-4 G大阪
【名古屋】
青木亮太(後44)
【G大阪】
長沢駿(前5)
長沢駿(前17)
長沢駿(前29)
長沢駿(前41)

広島 0-0 浦和

コメント

関連ニュース

thumb

【ルヴァン杯出場停止情報】長崎MF前田悠佑やG大阪DF米倉恒貴らが出場停止

▽Jリーグは19日、YBCルヴァンカップ第5節の出場停止選手を発表した。 ▽ルヴァンカップでは、グループAの横浜F・マリノスMFイッペイ・シノヅカや、グループCのガンバ大阪DF米倉恒貴らが出場停止となる。 <span style="font-weight:700;">【YBCルヴァンカップ】</span> <span style="font-weight:700;">FW内村圭宏</span>(北海道コンサドーレ札幌) YBCルヴァンカップ 第5節 vs湘南ベルマーレ(5/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF白井康介</span>(北海道コンサドーレ札幌) YBCルヴァンカップ 第5節 vs湘南ベルマーレ(5/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MFイッペイ・シノヅカ</span>(横浜F・マリノス) YBCルヴァンカップ 第5節 vsベガルタ仙台(5/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF米倉恒貴</span>(ガンバ大阪) YBCルヴァンカップ 第5節 vsサンフレッチェ広島(5/9) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF前田悠佑</span>(V・ファーレン長崎) YBCルヴァンカップ 第5節 vsサガン鳥栖(5/9) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2018.04.19 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

プロ初ゴールの郷家が土壇場決勝弾…神戸が首位に! 鳥栖vs湘南はゴールレス《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループD第4節の2試合が18日に行われた。 ▽トランスコスモススタジアム長崎で行われたV・ファーレン長崎(2勝1分け/1位)vsヴィッセル神戸(2勝1分け/2位)は、アウェイの神戸が2-1で勝利した。 ▽勝ち点で並ぶ両者の一戦は、22分に動く。ボックス右外で相手からボールを取り返した名倉がドリブルで侵攻。ゴール前のファンマが名倉のパスを流し込み、長崎が先制した。 ▽だが、1点を追う神戸は67分、右サイドから那須がクロスを供給すると、これれにウェリントンが反応。ウェリントンの高い打点のヘディングシュートがゴール左に決まり、神戸が同点に追いつく。 ▽その後、長くこう着状態が続くが、後半アディショナルタイム5分に左サイドの敵陣中央で神戸にFKのチャンス。安井のクロスに中央の郷家が頭で合わせ、ゴールネットを揺らして勝ち越した。 ▽結局、高卒ルーキーのプロ初ゴールが決勝点となり、長崎との頂上決戦を制した神戸がグループ首位に浮上した。 ▽そして、グループDのもう1試合、ベストアメニティスタジアムで行われたサガン鳥栖(3敗/4位)vs湘南ベルマーレ(1勝2敗/3位)は、0-0で引き分けた。 ▽互いに先の明治安田生命J1リーグから大幅に先発メンバーを入れ替えた一戦は、拮抗した展開となる。その中で互いにスタイルを生かしてゴールに迫るシーンをつくり出すが、なかなかチャンスを生かせない。 ▽先制したい鳥栖は、後半の頭から攻勢を強めたいところだったが、対する湘南も運動量を生かしたらしい戦いで応戦。サイドのスペースを生かした攻撃を仕掛け合うが、局面の打開には至らず、こう着状態が続く。 ▽74分には鳥栖にチャンス。敵陣左サイドで得たFKから藤田がシュートに持ち込むが、惜しくもゴール右外に外れてしまう。続く82分にも敵陣左サイドで得たFKからゴール前の混戦を生むが、これも生かし切れない。 ▽すると、87分には湘南が猛攻が仕掛け、右サイドを攻略した流れから途中出場の野田が押し込んだものの、オフサイドの判定でノーゴール。89分には大野が決定機を迎えるが、ヘディングシュートはわずか枠の上に外れた。 ▽その後も湘南が主導権を握る展開に持ち込んだ一方で、鳥栖もカウンターで反撃。だが、互いに決定打を欠き、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。 V・ファーレン長崎 1-2 ヴィッセル神戸 【長崎】 ファンマ(前22) 【神戸】 ウェリントン(後22) 郷家友太(後45+5) サガン鳥栖 0-0 湘南ベルマーレ 2018.04.18 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

伊藤翔の2発で首位・横浜FMがFC東京とドロー、最下位・新潟は仙台に完勝《YBCルヴァンカップ》

▽18日、2018JリーグYBCルヴァンカップ グループAの第4節が行われた。現在勝ち点7でグループ首位の横浜F・マリノスと勝ち点3で3位のFC東京の一戦は、2-2のドローに終わった。 ▽試合はキックオフからいきなり動く。1分、キックオフのボールを最終ラインまで戻すと、そこからロングフィード。ワンバウンドしたボールをGK杉本がボックスを出て処理しようとするも、DF西山と激突。こぼれたボールを富樫が無人のゴールに流し込み、FC東京が相手にミスに乗じて先制する。 ▽幸先良く先制したFC東京は17分、ドリブルで持ち上がった梶山が、ボックスから大きく出ていたGK杉本の裏を狙って無人のゴールへシュート。しかし、これはわずかにゴール右へと外れて追加点とはならない。 ▽26分には、横浜FMがピンチ。GK杉本がボックス内でつなごうとするもパスミス。品田がダイレクトで狙うが、こちらもゴールには入らない。29分にはFC東京がカウンター。スルーパスを受けた富樫がドリブルでボックス内に侵入。ニアサイドを狙うも、シュートはサイドネットを揺らした。 ▽攻め込むFC東京は38分、太田が左サイド深くからクロス。ボックス中央に飛び込んだ梶山が足裏で押し込み、FC東京が追加点を奪う。 ▽FC東京が2点リードで迎えた後半、横浜FMはダビド・バブンスキー、西山に代えて、遠藤、吉尾を投入。選手交代で攻撃面の改善を図る。 ▽すると67分、横浜FMは左サイドの仲川から、中町、吉尾と繋ぎ、最後は伊藤がボックス中央から蹴り込み横浜FMが1点を返す。 ▽1点差に迫られたFC東京は、79分にボックス付近でFKを獲得。太田のクロスを吉本がヘッドで合わせ、ボールはラインを越えるも、オフサイドの判定でゴールとはならない。 ▽追いつきたい横浜FMは84分、中町のパスを受けた仲川がボックス右からグラウンダーのクロス。これを、ファーサイドに走り込んだ伊藤が合わせて、横浜FMが同点に追いつく。 ▽終盤、互いに攻め合う展開が続くとアディショナルタイム2分にFC東京がビッグチャンス。品田のスルーパスに反応した原がGKと一対一に。しかし、シュートは枠を外れ、勝ち越しとはならない。 ▽結局そのまま試合は終了。伊藤の2ゴールで横浜FMが2点差を追いつき、2-2の引き分けに終わった。 ▽また、2位のベガルタ仙台(勝ち点5)vs最下位のアルビレックス新潟(勝ち点1)の一戦は、3-1で新潟が勝利した。 ▽試合は22分、左サイドを仕掛けた渡邊がボックス左からクロス。これを中央で山下がクリアしようとするも、自らの足に当ててしまい、オウンゴールで新潟が先制する。 ▽1点リードの新潟は32分、伊藤が右サイドをドリブルで突破。中央へのクロスのこぼれ球を拾った田中が落ち着いて蹴り込み、新潟が追加点を奪って前半を終える。 ▽リードを得て後半を迎えた新潟は68分、ブルーノ・メネゲウが抜け出すとGKと一対一に。しかし、これは川浪がセーブする。 ▽反撃に出たい仙台は選手交代が奏功する。77分、右サイドを仕掛けた宮脇がドリブルでボックス右に侵入。そのままシュートを放つと、グラウンダーのシュートが決まり仙台が1点を返す。 ▽1点差に迫られた新潟は88、ボックス内左を渡邉がドリブルで仕掛けると、GK川浪が倒しPKを獲得。これをターレスが蹴るも、GK川浪がセーブ。しかし、こぼれ球の競り合いで再び仙台がファウルを犯しPKを献上。今度はターレスが左隅に決めて、新潟がリードを2点とする。 ▽仙台は宮脇、ジャーメイン良を起点に攻め込むも、ゴールが遠くそのまま試合終了。3-1で最下位の新潟が勝利を収めた。 FC東京 2-2 横浜F・マリノス 【FC東京】 富樫敬真(前1) 梶山陽平(前38) 【横浜FM】 伊藤翔(後22) 伊藤翔(後39) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 3</span>-1 ベガルタ仙台 【新潟】 オウンゴール(前22) 田中達也(前32) ターレス(後43) 【仙台】 宮脇健太(後32) 2018.04.18 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

札幌が磐田に逆転で今季ルヴァン杯初勝利! 清水は14秒弾も甲府とドロー《YBCルヴァンカップ》

▽18日、2018JリーグYBCルヴァンカップ グループBの第4節が行われた。現在勝ち点6でグループ首位タイのジュビロ磐田と勝ち点0で最下位の北海道コンサドーレ札幌の一戦は、2-3で札幌が勝利した。 ▽試合は16分、中盤でパスを繋ぐと右サイドから入ったジュリーニョがパスを受け、縦パス。これを受けた内村が、冷静にゴール左隅へと決めて、アウェイの札幌が先制する。 ▽先制を許した磐田は33分、右サイドから太田がパス。受けた松本がボックス内右で仕掛けると、太田が折り返しをダイレクトで合わせて磐田が同点に追いつく。 ▽追いついた磐田は前半終了間際の44分、相手のパスミスを奪うと、パスを受けた山田が絶妙なスルーパス。これを受けた中野が中央からゴール右に流し込み、磐田が逆転に成功する。 ▽磐田が逆転し迎えた後半。札幌は24分、左サイドからの白井のクロスをボックス中央でジュリーニョがヘッドで合わせると、これが決まり札幌が同点に追いつく。 ▽追いつかれた磐田は88分、左サイドを仕掛けると荒木のパスを松本が押し込みに行くが、ミートせずにシュートは枠を外れる。 ▽決定機を凌いだ札幌はアディショナルタイム1分、ジュリーニョが右に展開。パスを受けた早坂がドリブルでボックス内に侵入すると、クロスに宮吉が合わせて札幌が逆転に成功。そのまま試合は終了し、札幌がルヴァンカップ初勝利を飾った。 ▽また、勝ち点6で並ぶ清水エスパルスvsヴァンフォーレ甲府の一戦は、1-1の引き分けに終わった。 ▽試合はいきなり動く。開始14秒、相手クリアボールを拾った鄭大世が縦パス。右サイドから走り込んだ村田がそのまま流し込み、清水が早々に先制する。 ▽前半は清水が支配する展開が続き、清水の1点リードで迎えた50分、甲府が大きくサイドチェンジ。右サイドでパスを受けた道渕が仕掛けると、クロスが角田に当たりゴール。オウンゴールで、甲府が同点に追いつく。 ▽その後は互いに決定力を欠く展開に。甲府は72分、道渕がボックス内右からシュート。しかし、クロスバーに嫌われ、追加点とはならない。 ▽清水はアディショナルタイム3分、ロングフィードの競り合いに勝つと、こぼれ球を鄭大世がダイレクトボレー。しかし、枠の左に外れてしまう。結局互いにゴールを奪えず、1-1のドローに終わった。 ジュビロ磐田 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 北海道コンサドーレ札幌</span> 【磐田】 太田吉彰(前33) 中野誠也(前44) 【札幌】 内村圭宏(前16) ジュリーニョ(後24) 宮吉拓実(後45) 清水エスパルス 1-1 ヴァンフォーレ甲府 【清水】 村田和哉(前1) 【甲府】 オウンゴール(後5) 2018.04.18 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪下した浦和が大槻体制4連勝! 広島に初黒星つけた名古屋は公式戦連敗ストップ《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップのグループC第4節の2試合が18日に行われた。 ▽パナソニック スタジアム 吹田で行われたガンバ大阪(2勝1敗/2位)vs浦和レッズ(1勝1分け1敗/3位)は、アウェイの浦和が1-0で勝利した。 ▽互いに大幅なターンオーバーを用いた一戦は、立ち上がりから激しい攻防戦となる。その中で、21分にはG大阪にチャンス。オ・ジェソクの持ち上がりから井出が左足のミドルシュートを放つが、惜しくも右ポストを叩く。 ▽対する浦和は、37分に荻原がチャンスメーク。さらに、45分にはセットプレーの流れから荻原が左足の強烈なミドルシュートでG大阪のゴールマウスに迫るが、ここもGK林のファインセーブに阻まれてしまう。 ▽ゴールレスで後半を迎えた浦和は、立ち上がりからアンドリュー・ナバウトが積極的にミドルシュートを放っていくと、48分に浮き球パスから李に決定機。右足ダイレクトで合わせにかかるが、ミートし切れない。 ▽その後、ややこう着状態が続いた試合は71分に動く。ボックス中央でボールを受けた武富が西野のファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これを武富自らゴール右に決め切り、浦和がG大阪の牙城を打ち破った。 ▽何とか追いつきたいG大阪だったが、押せ押せムードの浦和に押し込まれる展開を強いられた末、後半アディショナルタイムに米倉が2枚目のイエローカードで退場。勝ち切った浦和が大槻体制4連勝を飾り、首位に浮上した。 ▽そして、グループCのもう1試合、パロマ瑞穂スタジアムで行われた名古屋グランパス(3敗/4位)vsサンフレッチェ広島(2勝1分け/1位)は、ホームの名古屋が2-1で勝利した。 ▽互いにフレッシュな面々を起用した試合は35分に動く。フェリペ・シウバのスルーパスに反応した川井がボックス左脇から左足で低い弾道のクロス。これにゴール前の渡が左足で合わせ、広島が均衡を破った。 ▽だが、公式戦7連敗中の悪い流れを断ち切りたい名古屋が反撃。61分、後ろからのロングボールに深堀が反応すると、肩トラップで相手GKとの一対一に持ち込む。右足シュートをゴール左に決め、名古屋が追いついた。 ▽続く78分には、途中出場のジョーが監督の起用に応える一発。長谷川アーリアジャスールの右足ボレーシュートはGK中林に弾かれたものの、こぼれ球をジョーが押し込み、名古屋がついに逆転に成功した。 ▽結局、ジョーのゴールが決勝点となり、広島に今シーズン初黒星をつけた名古屋が今大会初勝利。公式戦の連敗も7で止め、明治安田生命J1リーグの戦いに弾みをつけた。 ガンバ大阪 0-1 浦和レッズ 【浦和】 武富孝介(後26) 名古屋グランパス 2-1 サンフレッチェ広島 【名古屋】 深堀隼平(後16) ジョー(後33) 【広島】 渡大生(前35) 2018.04.18 21:00 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース