超ワールドサッカー

SPAL、チームトップの8ゴールをマークするFWアンテヌッチと2020年まで契約延長2018.03.14 04:29 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽SPALは13日、イタリア人FWミルコ・アンテヌッチ(33)との契約を2020年まで延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。

▽2016年にリーズ・ユナイテッドからフリーでSPALに加入したアンテヌッチは、昨季のセリエBで37試合に出場すると、チームトップとなる18ゴールを記録し、セリエA昇格に大きく貢献。

▽1968年以来のセリエA挑戦となったSPALで、今季もここまでセリエAで22試合に出場しチームトップの8ゴールをマークしている。

コメント

関連ニュース

thumb

インモービレのドッピエッタなど4発のラツィオが快勝《セリエA》

▽ラツィオは4日、セリエA第11節でSPALをホームに迎え、4-1で快勝した。 ▽前節インテル戦を0-3と完敗した4位ラツィオ(勝ち点18)が、14位SPAL(勝ち点12)をホームに迎えた一戦。 ▽立ち上がりから地力に勝るラツィオが押し込む展開で推移すると、9分にカイセドが決定機を迎える。これは枠を外して先制のチャンスを逸したラツィオだったが、26分に先制した。 ▽右CKからファーサイドのインモービレが完璧なボレーシュートで枠の右に突き刺した。その2分後、自陣左サイドを突破された流れからアンテヌッチのゴールを許してSPALに同点とされたラツィオだったが、気落ちすることなく攻勢をかけると、35分に再びインモービレがゴールを挙げる。 ▽カイセドの粘りからペナルティアーク中央のインモービレがミドルシュート。DFにディフレクトしたシュートがネットを揺らした。ハーフタイムにかけては慎重に試合を進めたラツィオが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もラツィオが主導権を握ると、59分に3点目を奪った。敵陣でボールを奪ったカタルディがボックス手前左から強烈なシュートをゴール左に突き刺した。 ▽さらに70分にもパローロのミドルシュートが決まったラツィオが4-1で快勝。インモービレのドッピエッタなど4ゴールを挙げたラツィオが勝利を取り戻している。 2018.11.04 22:31 Sun
twitterfacebook
thumb

セットプレー2発に決定力不足響いたローマの公式戦連勝がストップ! 4連敗中のSPALにホームで痛恨の白星献上《セリエA》

▽セリエA第9節、ローマvsSPALが20日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのSPALが2-0で勝利した。 ▽前節、エンポリに辛勝したローマは公式戦4連勝という最高の形で代表ウィークに突入。そして、来週ミッドウィークからのチャンピオンズリーグ(CL)再開に伴い、過密日程がスタートする今節では4連敗中のSPALをホームで迎え撃った。ディ・フランチェスコ監督は来週のCSKAモスクワ戦を睨み、軽傷を抱えるデ・ロッシとコラロフら一部主力を温存。引き続き[4-2-3-1]の布陣を採用し、前線は1トップにジェコ、2列目にジェンギズ・ユンデル、ロレンツォ・ペッレグリーニ、エル・シャーラウィが起用された。 ▽立ち上がりから中盤に下りてくるジェコへのクサビを起点に両サイドをバランス良く使って相手を押し込むローマ。サイドバックとウイングの連係で効果的にサイドで数的優位を作り出すと、そこから中央のジェコが積極的にフィニッシュに持ち込んでいく。 ▽17分にジェコの鋭い反転シュートから決定機を作ると、その後もエル・シャーラウィやフロレンツィのシュートで相手ゴールを脅かすが、GKミリンコビッチ=サビッチの好守に阻まれてなかなか先制点を奪えない。 ▽すると38分、カウンターからボックス右に持ち込んだラッザーリをDFルカ・ペッレグリーニがやや軽率に後ろから手を使って倒してしまうと、このプレーが痛恨のPKに。これをキッカーのペターニャにきっちり決められ相手のワンチャンスで先制点を奪われる。 ▽格下相手のホームゲームで1点ビハインドで試合を折り返したローマは、後半も同じ11人で臨んだ。立ち上がりから攻勢に転じると、54分にはエル・シャーラウィのパスに反応したゴール前のジェコが飛び出したGKより先にボールをプッシュ。だが、このシュートはわずかに枠の右へ外れる。 ▽すると直後の56分、SPALの右CKの場面でキッカーのヴァルディフィオーリにニアサイドに精度の高いボールを入れられると、これをDFファシオの前に入ったボニファツィに頭で合わせられ、前半に続きセットプレーから失点を喫した。 ▽ホームでまさかの2点ビハインドとなったローマは失点直後にクリスタンテを下げてクライファートを投入。この交代でロレンツォ・ペッレグリーニをボランチに下げてジェンギズをトップ下、クライファートを右ウイングに配置。よりサイドからの仕掛けを増やして局面の打開を図る中、67分にはバイタルエリアで前を向いたロレンツォ・ペッレグリーニが左足の強烈なシュートを放つが、GKが指先で触ったボールは惜しくもクロスバーを叩く。 ▽その後、71分にジェンギズを下げてローマデビューとなるチョリッチを投入したローマは攻勢を強めると、75分にはSPALにアクシデントが発生。遅延行為で警告を受けたGKミリンコビッチ=サビッチがピッチ内に2つのボールが入っていた中、やや高圧的な態度でボールを思い切りピッチ外へ投げると、これが判定への抗議と判断されてすぐさま2枚目の警告が出されて退場に。1枚交代枠を残していたSPALは慌ててGKゴミスを緊急投入した。 ▽数的優位を生かして畳みかけたいローマは最終ラインを1枚削ってパストーレをピッチに送り込み、ここから猛攻に打って出る。だが、焦りからかイージーミスが目立つチームはセットプレー以外に攻め手がない。結局、1点も奪えないまま試合はタイムアップ。ホームで格下相手に痛恨の敗戦を喫したローマは公式戦の連勝が「4」でストップ。悪い流れの中でCSKAモスクワとの重要なCLの一戦に臨むことになった。 2018.10.20 23:56 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディの2ゴールでSPALに勝利したインテル、公式戦6連勝!《セリエA》

▽インテルは7日、セリエA第8節でSPALとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 ▽第7節を終えた時点で4勝1分け2敗のインテル。直近ではリーグ戦3連勝に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でも開幕から2連勝で、公式戦5連勝と波に乗っている。今節はCKのPSV戦からスタメンを4選手変更。ヴルサリコにミランダ、ケイタ、ボルハ・バレロが先発に名を連ねた。 ▽試合開始からペースを掴んだインテルが先制する。14分、ゴール前の混戦から一度外に出してやり直したインテル。右サイドのヴルサリコに預けると、クロスの先にいたのはイカルディ。ヘディングで地面に叩きつけたシュートはGKのタイミングをずらし、ゴールに吸い込まれた。 ▽先制したことにより、このままインテルが主導権を握る展開になるかと思いきや、16分に右サイドから攻撃の形を作ると、17分にボックスで仕掛けたフェリペがミランダに倒され、SPALにPKが与えられる。しかし、このPKをアンテヌッチが左に外してしまい、同点に追いつくことが出来なかった。 ▽その後は再びインテルのペースに。30分にボックス右のケイタからゴール前にパスが送られるが、一歩手前でGKのA・ゴミスが弾き出し、味方には届かなかった。 ▽後半も大勢は変わらずイニシアチブはインテル。それでもチャンスが訪れたのはSPALだった。63分、CKをインテルがクリアし損ねたところをペターニャが狙っていく。その2分後にはラッザーリがボックス右からシュートを放ったが、枠に飛ばすことはできなかった。 ▽後半も20分を過ぎたころ、SPALはアンテヌッチを下げてパロスキ、インテルはケイタを下げてポリターノを投入。この交代が功を奏したのはホームチームだった。 ▽72分、ピッチ中央付近からのFKでプレーを再開したSPAKは左サイドのファレスに展開。ファレスは深くまで上がらず敵陣左サイド中央付近から低めのクロスを供給すると、これがヴルサリコに当たってコースが変わったことで、丁度よくDFとGKの間に入る。そこに飛び込んでいたパロスキが押し込んでSPALが同点に追いついた。 ▽だが、インテルがすぐに取り返す。78分、相手のラインコントロールが乱れた隙を突いたイカルディは、ボックス左でペリシッチからの縦パスを受け、すぐさま反転。GKとの一対一を制し、勝ち越しゴールを決めた。 ▽試合はそのまま終了を迎え、インテルがイカルディの2得点でSPALに勝利。公式戦6連勝とした。 2018.10.08 05:24 Mon
twitterfacebook
thumb

SPALがスイス代表DFジュルーをフリーで獲得!

▽SPALは21日、スイス代表DFヨハン・ジュルー(31)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間で、1年間の契約延長オプションが付いている。 ▽アーセナルでプロデビューを飾ったジュルーだが、トップチームでは思うように出場機会を伸ばせず、2014年には前年にレンタルで加入していたHSVに完全移籍。同クラブではレンタル期間を含めて、公式戦104試合に出場し、2ゴールを記録していた。 ▽昨夏に加入したアンタヤシュポルでは、リーグ戦18試合に出場で1ゴールをマーク。また、2006年3月にデビューしたスイス代表では、これまで75キャップを誇り、今夏に行われたロシア・ワールドカップにもスイス代表の一員として参戦していた。 2018.07.22 03:25 Sun
twitterfacebook
thumb

SPALがアタランタからイタリア代表FWペターニャを買取義務付きレンタルで獲得

▽SPALは19日、アタランタからイタリア代表FWアンドレア・ペターニャ(23)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽SPALの発表によると、具体的な条件に関しては明かされていないものの、ペターニャの出場試合数やゴール数などに応じて買い取り義務が発生するようだ。 ▽ミランのプリマヴェーラ出身の190cmの大型ストライカーのペターニャは、サンプドリアやラティーナ、ヴィチェンツァ、アスコリなどへの武者修行を経て2016年にアタランタに加入した。 ▽加入初年度はジャンピエロ・ガスペリーニ監督の下でレギュラーを掴み、リーグ戦34試合5ゴールを記録。また、この活躍が評価されて2017年3月に行われたオランダ代表とのフレンドリーマッチではイタリア代表デビューも飾っていた。 ▽しかし、昨シーズンは公式戦39試合に出場し6ゴール9アシストの数字を残したものの、ムラのあるパフォーマンスが影響してか徐々に出場機会を失った。また、今夏アタランタがサンプドリアからコロンビア代表FWドゥヴァン・サパタ(27)を獲得したことで、SPALに放出されることになった。 2018.07.19 19:34 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース