「私がプレミアの監督ならば、サンチェスよりソン・フンミンを起用する」 元イングランド代表FWが韓国代表FWを絶賛2018.03.14 02:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてチェルシーやセルティックでプレーした元イングランド代表FWクリス・サットン氏が、トッテナムで躍動する韓国代表FWソン・フンミンを絶賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。▽直近の公式戦4試合で7ゴールを挙げるなど、今季の公式戦43試合で18ゴール9アシストと昨季以上の輝きを放っているソン・フンミン。

▽現在、サッカー界で最も過小評価されている選手の1人とも評される韓国代表FWについて、ブラックバーン時代の1997-98シーズンにプレミアリーグ得点王に輝いた経験もある名ストライカーのサットン氏は、マンチェスター・ユナイテッドで不振にあえぐチリ代表FWアレクシス・サンチェスを引き合いに出しながら、そのパフォーマンスを絶賛している。

「私がプレミアリーグの監督ならば、毎週末アレクシス・サンチェスではなくソン・フンミンを起用すると思う」

「これまで我々はトッテナムにおけるハリー・ケインの存在の大きさについて語ってきたが、彼らにとってソンはその次に重要な存在だ。彼はマウリシオ・ポチェッティーノのチームにエネルギーを与えている」

▽さらに、元イングランド代表FWは個人、チームの不調時に周囲への不満を露わにするサンチェスに対して、常に笑顔を絶やさずに周囲と良好な関係を築くソン・フンミンのパーソナルな面も高く評価している。

「彼は常に素晴らしい笑顔を浮かべながらプレーしている。それとは対照的にサンチェスは思い通りにいかないときに、その不満を露わにしている」

「とりわけ、マンチェスター・ユナイテッドに移籍する前にはアーセナルの周囲に対して、多くの悪影響を及ぼしていた。しかし、ソンにはそういった騒ぎとは全く縁がない」

「ソンはあらゆる点でプロフェッショナルの見本のような存在だ。トッテナムはボーンマス戦でビハインドを背負い、ケインまでケガで失った。しかし、ソンは彼に代わるセンターフォワードとして見事なパフォーマンスを見せていた」

コメント

関連ニュース

thumb

多くの偶然で“生まれ故郷”でホームゲームに臨むデレ・アリ、「特別な経験になる」

▽トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリは26日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)3回戦、ワトフォード戦で特別な感情を抱えてプレーすることになる。 ▽今季から新本拠地トッテナム・ホットスパー・スタジアムでプレーする予定だったトッテナムだが、度重なる工期の遅れによって未だに新本拠地でプレーすることができず、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)は昨季に続いてウェンブリー・スタジアムを間借りしている状況だ。 ▽しかし、26日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)3回戦ではそのウェンブリーで別のイベントが入っており、使用不可に。この状況を受けてクラブは代替会場探しに奔走した結果、ロンドンの北西約80キロに位置するミルトン・キーンズのスタジアム:mkを借用することになった。 ▽このスタジアム変更を最も歓迎したのが、同地で生まれ育ちMKドンズでプロデビューを飾ったデレ・アリだ。同選手は2007年にMKドンズのアカデミーに加入し、2012-13シーズンに16歳でプロデビュー。そして、2015年夏にトッテナムに移籍するまで同スタジアムでプレーしてきた。 ▽そして、多くの偶然で“生まれ故郷”でホームゲームを戦うことになったデレ・アリはトッテナムの公式サイトで「夢のような出来事」と今回の思わぬアクシデントを喜んでいる。 「今回の噂(会場変更の可能性)を聞いた時にもしかしてここで(スタジアム:mk)でプレーできる可能性があるかもしれないと考えていたんだ。そして、できる限りそれが実現するように働きかけていたんだ」 「今回のことにとても興奮しているし、故郷に戻れることは特別な経験になると思うよ」 「今回の経験は仲間たちにも良い経験になると思う。僕がスパーズに来た時からみんなにこのスタジアムの素晴らしさを語ってきたから、みんなも喜ぶと思うよ。僕が生まれ育った本当に素晴らしいスタジアムと場所なんだ」 ▽また、デレ・アリはMKドンズ時代の思い出についても語っている。 「当時僕はサンデーリーグでプレーしていたんだけど、その時にドンズのスカウトから声をかけられてアカデミーに入ったんだ。確か10歳の時だったと思う」 「まずドンズのトップチームでプレーすることが目標だったけど、それが叶ったときは少し不思議な気分だったよ。僕はまだミルトン・キーンズで育った子供だったけど、トップチームの一員だったからね」 「あそこで自分の夢を叶えることができたけど、僕はクラブに対して十分な感謝を伝えることができていなかった。あそこは若いプレーヤーが成長するのに最高の場所だと思うし、彼らは本当によく助けてくれたんだ」 「クラブを去るときは本当に悲しかったけど、それは自分にとって必要な決断だったんだ。僕はトッテナムに行き、プレミアリーグでプレーする必要があったんだ。僕はそれ以来、過去を振り返っていないよ」 ▽最後にデレ・アリは今後に向けた意気込みを語っている。 「今まで話してきたように、ここまで最高の旅をしているよ。これ以上、良い場所でプレーすることはできなかったと思っているんだ。同時に感謝すべき多くの人たちがいるんだ。時間は本当に早く過ぎるね。自分が今、22歳だというのは信じられないよ。まだ17歳のときのような感覚だよ。何かを当然のように受け入れることはできないし、もっと成長し続ける必要があると理解している」 2018.09.26 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、スアレスの後継者は誰に?

▽バルセロナはイングランド代表FWハリー・ケイン(25)かブラジル代表FWロベルト・フィルミノ(26)どちらかの獲得に動くようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』の情報をもとに、スペイン『PasionFutbol』が伝えた。 ▽2014年に夏にリバプールから加入して以来、最前線に君臨し続けているウルグアイ代表FWルイス・スアレス。昨シーズンも公式戦51試合31ゴール18アシストを記録するなど、好パフォーマンスを維持しているが、31歳という年齢に差し掛かっておりバルセロナも後継者探しに動き出している。 ▽そこで、バルセロナが白羽の矢を立てたのが、ケインとフィルミノだ。しかし、両者共に、クラブでの地位を確立しているため獲得は難しいと『スカイ・スポーツ』は指摘している。 ▽ケインは、ロシア・ワールドカップ(W杯)前にトッテナムとの契約を2024年まで延長。また、フィルミノもリバプールとの契約を2023年まで延長しているため、どちらを獲得する際にも、高額な移籍金が必要となるだろう。 ▽どちらの獲得にも失敗した場合には、ライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(22)や、インテルのアルゼンチン代表マウロ・イカルディ(25)が候補に挙られている。 2018.09.25 20:11 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏スパーズ行きが噂されていたグリーリッシュがアストン・ビラと2023年まで契約延長

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは24日、イングランド人MFジャック・グリーリッシュ(23)との契約を2023年まで延長したことを発表した。 ▽アストン・ビラのアカデミー出身である攻撃的MFのグリーリッシュは、16歳でトップチーム昇格を果たした将来を嘱望されるタレント。ピッチ外での問題行為が目立つ一方、ピッチ内では卓越したテクニックと創造性を発揮するイングランドでは珍しいファンタジスタタイプのチャンスメーカーだ。 ▽昨季は腎臓の問題でシーズン序盤戦を棒に振るも、チャンピオンシップ(イングランド2部)で27試合に出場し3ゴール5アシストを記録。今季はここまでリーグ戦9試合に出場している。 ▽なお、今夏の移籍市場でグリーリッシュにはトッテナム行きの噂が伝えられていた。 2018.09.25 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

兵役免除のソン・フンミン、バイエルン関心に見向きせず「トッテナムで幸せだよ」

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)が、トッテナムへの忠誠を誓っている。『BeIN Sport』が伝えた。 ▽2015年8月にレバークーゼンからトッテナムに加入したソン・フンミンは、昨シーズンは公式戦53試合18ゴール11アシストを記録。プレミアリーグでは2016-17シーズンから2年連続二桁得点をマークし、トッテナムで存在感を放ち続けている。 ▽そんなソン・フンミンは、先日U-23韓国代表のオーバーエイジとして参戦したアジア競技大会で兵役免除となる金メダルを獲得。すると、ドイツの名門バイエルンが獲得リストの上位に同選手の名がリストアップされているという報道が浮上した。 ▽しかし、今年7月に2023年までトッテナムと契約を延長したソン・フンミンに退団の考えはないようだ。 「僕は最近トッテナムとの契約を更新したばかりだ。チームのために貢献するということに集中する必要があると思っている。それに僕はトッテナムで幸せだよ」 2018.09.23 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ケイン&ラメラ弾で辛勝のスパーズが連敗ストップ! 第3GKのガッサニーガが奮闘《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsトッテナムが22日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で勝利した。 ▽ワトフォード、リバプール戦でのリーグ戦の連敗に続きミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)初戦のインテル戦でも終盤の連続失点によって敗れ、公式戦3連敗中のトッテナム。ポチェッティーノ就任以降、最大の危機とも指摘される中、ブライトンとのアウェイゲームでは是が非でも白星が必要となった。 ▽ポチェッティーノ監督は今回の一戦に向けて先発5人を変更。前日練習で負傷したGKフォルムに代わって今季初出場の第3GKのガッサニーガ、サイドバックをトリッピアー、ローズに入れ替えたほか、ダビンソン・サンチェスとラメラに代わってアルデルヴァイレルト、ルーカス・モウラを起用した。 ▽互いに様子見の入りとなった中、すぐさまボールを握ったトッテナムが最初の決定機を作る。10分、トリッピアーの右CKをニアに飛び込んだアルデルヴァイレルトがドンピシャのタイミングでヘディングシュート。だが、これは相手GKライアンの好守に阻まれる。このこぼれ球にヴェルトンゲンが反応もここは相手DFが先にクリアした。 ▽ファーストチャンスをゴールに結び付けられなかったトッテナムはその後も70パーセントを超えるボールポゼッションで相手を押し込む。だが、ボールを持たされている印象が強く肝心のケインまで良い形で運べない。対するブライトンは20分にスティーブンスが負傷しカヤルの投入を余儀なくされるが、粘り強い守備とノッカールのスピードを生かしたカウンターで反撃を試みる。 ▽徐々に攻めあぐねるトッテナムだったが、42分にボックス手前の好位置でFKを獲得。ここでキッカーのトリッピアーが直接狙うと、壁に入ったマーレイが腕を顔付近に上げてブロックしてしまい、トッテナムにPKが与えられる。これをキッカーのケインが際どいコースに突き刺し、苦しみながらもエースのゴールで先手を奪った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半もホームチームが極端にやり方を変えてこなかったことで前半同様に堅い展開が続く。53分にはルーカスの長いドリブルからボックス手前でパスを受けたエリクセンが右足を振り抜くが、これは枠の右に。さらにセットプレー、カウンターからエリクセンとローズに決定機も最後がうまくいかない。 ▽この後半立ち上がりの攻勢を追加点に結び付けられないトッテナムはここから防戦を強いられる。66分には相手の鋭い縦への攻撃を受けてカヤルのラストパスを受けたゴール左のノッカールに切り返しからシュートを許すが、ここはDFアルデルヴァイレルトの粘りとGKガッサニーガの冷静な対応で事なきを得る。 ▽流れを引き戻したいポチェッティーノ監督は68分にソン・フンミンを下げてラメラを投入すると、この交代が追加点をもたらす。77分、ロングカウンターから中央突破したラメラが左サイドのローズに預けてゴール前に走り込むと、ローズからの丁寧な折り返しを左足ダイレクトで右隅に流し込み、リーグ戦2試合連続ゴールとした。 ▽この2点目で大きく勝利へ近づいたアウェイチームは負傷明けのデレ・アリをルーカスに代えて投入し試合を締めにかかる。相手が前がかりとなった終盤にはカウンターからケインに続けて惜しいシュートチャンスが訪れる。だが、ここで決め切れないトッテナムは後半アディショナルタイムの93分にカウンターからノッカールにゴールを許し、点差を縮められる。さらに直後にもボックス内でノッカールにシュートを許すが、ここはGKガッサニーガが冷静にキャッチし事なきを得た。ブライトン相手に苦戦を強いられながらも勝ち切ったトッテナムが公式戦の連敗を「3」でストップした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 03:54 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース