「私がプレミアの監督ならば、サンチェスよりソン・フンミンを起用する」 元イングランド代表FWが韓国代表FWを絶賛2018.03.14 02:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてチェルシーやセルティックでプレーした元イングランド代表FWクリス・サットン氏が、トッテナムで躍動する韓国代表FWソン・フンミンを絶賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。▽直近の公式戦4試合で7ゴールを挙げるなど、今季の公式戦43試合で18ゴール9アシストと昨季以上の輝きを放っているソン・フンミン。

▽現在、サッカー界で最も過小評価されている選手の1人とも評される韓国代表FWについて、ブラックバーン時代の1997-98シーズンにプレミアリーグ得点王に輝いた経験もある名ストライカーのサットン氏は、マンチェスター・ユナイテッドで不振にあえぐチリ代表FWアレクシス・サンチェスを引き合いに出しながら、そのパフォーマンスを絶賛している。

「私がプレミアリーグの監督ならば、毎週末アレクシス・サンチェスではなくソン・フンミンを起用すると思う」

「これまで我々はトッテナムにおけるハリー・ケインの存在の大きさについて語ってきたが、彼らにとってソンはその次に重要な存在だ。彼はマウリシオ・ポチェッティーノのチームにエネルギーを与えている」

▽さらに、元イングランド代表FWは個人、チームの不調時に周囲への不満を露わにするサンチェスに対して、常に笑顔を絶やさずに周囲と良好な関係を築くソン・フンミンのパーソナルな面も高く評価している。

「彼は常に素晴らしい笑顔を浮かべながらプレーしている。それとは対照的にサンチェスは思い通りにいかないときに、その不満を露わにしている」

「とりわけ、マンチェスター・ユナイテッドに移籍する前にはアーセナルの周囲に対して、多くの悪影響を及ぼしていた。しかし、ソンにはそういった騒ぎとは全く縁がない」

「ソンはあらゆる点でプロフェッショナルの見本のような存在だ。トッテナムはボーンマス戦でビハインドを背負い、ケインまでケガで失った。しかし、ソンは彼に代わるセンターフォワードとして見事なパフォーマンスを見せていた」
コメント
関連ニュース
thumb

エメリ監督、EFL杯トッテナム戦に闘志「相手は非常に強大」

▽アーセナルのウナイ・エメリ監督が、EFLカップ準々決勝のトッテナム戦に意気込んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽アーセナルは昨シーズン、プレミアリーグを6位で終えてチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。対して、同じロンドンに本拠地を置くトッテナムは3位でフィニッシュ。さらに、一昨年もアーセナルは5位で終えトッテナムが2位と、ライバルチームを下回ることが増えている。 ▽今シーズンも、プレミアリーグ第17節終了時点でトッテナムが3位に付けているのに対してアーセナルは5位。プレミア第14節の直接対決では4-2で勝利したものの、エメリ監督の溜飲はそれだけでは下がっていないようだ。 ▽19日のEFLカップ準々決勝トッテナム戦を前にして、エメリ監督は以下のように闘志をたぎらせている。 「私たちの第一のアイデアは、より良い選手を起用するということだ」 「このダービーで(多くの若手を)使うことはできない。相手は非常に強大な敵であり、明日は素晴らしいパフォーマンスが求められるからだ」 「数人ならば若手を使うことはできる。明日の勝利のために素晴らしいパフォーマンスを披露することが可能だと思うからね」 2018.12.19 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ヴェルトンゲンとの契約延長OPを行使! 2020年までプレー

▽トッテナムは18日、ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲン(31)との契約において契約延長オプションを行使することを発表した。これにより、同選手は2020年6月30日まで同クラブでプレーすることになる。 ▽2012年にアヤックスから加入以降、公式戦264試合以上に出場しているヴェルトンゲン。トッテナムとの現行契約は今季限りとなっていたが、クラブはディフェンスリーダーとして信頼が厚い同選手との契約を延長するオプションを行使する決断をした。 ▽なお、ベルギー代表として歴代最多の110試合キャップを誇るヴェルトンゲンは、今季の公式戦12試合に出場し1ゴールを記録していた。 2018.12.19 01:52 Wed
twitterfacebook
thumb

エリック・ダイアー、虫垂炎の手術で年内欠場が決定

▽トッテナムは16日、イングランド代表DFエリック・ダイアーが虫垂炎の手術を受けたことを発表した。 ▽15日に行われたプレミアリーグ第17節のバーンリー戦の試合前に腹痛を訴えたE・ダイアーは、同試合を欠場し検査を受けた結果、虫垂炎と診断され、手術を受けることになった。 ▽トッテナムによると、E・ダイアーのトレーニング復帰は来年の1月になると明かしている。 2018.12.16 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

トリノ・ダービーで逮捕者…中にはフランス人警察も

▽トリノとユベントスによるトリノ・ダービーで数名の逮捕者が出ていたようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』の記事をもとに伝えている。 ▽15日に行われたセリエA第16節のトリノ・ダービー。この試合の前にユベントスサポーター9人の逮捕者が出ていたようだ。伝えられるところによると、そのうち5人は罰金が与えられたのちに釈放されているというが、逮捕者の中には警察官もいたという。 ▽フランス人のその人物は休日で同じフランス人のサポーター7人と今回の一戦に駆けつけていた。しかし彼らは有名なウルトラスの一員のようで、花火やガス爆弾を投げつける行為に及んだ模様。さらに彼らは現地の警察と衝突。トリノサポーターも巻き込んだ小競り合いを起こしていたようだ。 2018.12.16 15:46 Sun
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ監督がトッテナムでプレミア通算100勝達成!ヴェンゲルより10試合早く

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督がプレミアリーグ通算100勝目を達成した。 ▽トッテナムは15日にプレミアリーグ第17節でバーンリーと対戦。最後まで堅い守備に苦しんだものの、後半アディショナルタイムに途中出場のMFクリスティアン・エリクセンがゴールを決めて1-0で勝利した。 ▽この勝利で、ポチェッティーノ監督はトッテナムでプレミアリーグ通算100勝目を達成。169試合目での到達は、アーセナル前監督のアーセン・ヴェンゲル氏の記録より10試合早い記録だ。 ▽なお、イギリス『テレグラフ』によると、プレミアリーグで最も早く100勝目を達成したのは、ジョゼ・モウリーニョ監督(チェルシー)で142試合、次いでアレックス・ファーガソン氏(マンチェスター・ユナイテッド)で162試合で、その下にポチェッティーノ監督とヴェンゲル氏が続く。さらにその下には、ラファエル・ベニテス監督(リバプール)が181試合。また、デイビッド・モイーズ監督(エバートン)は248試合目で100勝を達成しているようだ。 2018.12.16 15:25 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース