ヴィオラMFバデリがアストーリ葬儀で弔辞「僕たち全員にとって君こそ光だった」2018.03.09 00:54 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽4日に急逝したフィオレンティーナのイタリア代表DFダビデ・アストーリ(享年31)の告別式が8日にフィレンツェのサンタ・クローチェ大聖堂で行われた。同告別式の中でクロアチア代表MFミラン・バデリがフィオレンティーナの選手を代表してアストーリに別れのメッセージを送った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

▽アストーリは4日、遠征先のウディネにある宿泊先で就寝中に徐脈性不整脈による心停止により急逝。イタリア国内を始め、フットボール界に衝撃と悲しみを与えた。

▽そして、8日にフィレンツェのサンタ・クローチェ大聖堂で行われた告別式にはフィオレンティーナに関わる全クラブ関係者やかつて所属したクラブのチームメートやイタリア代表関係者ならび、多くのサポーターが参列し同選手の早すぎる死を悼んだ。

▽この告別式でバデリはフィオレンティーナの選手代表として愛するカピターノ(主将)に弔辞を捧げた。

「僕はこの場でチームメートや紫のファミリーを代表して話したいと思う」

「君の名前はヘブライ語で“最愛”という意味がある。今日ここに訪れた人たちのすべてが君への愛情を示すために来てくれた。だから、ダビデという名前は君にとって本当に相応しい名前だと思っているよ」

「君の深い眼差しは多くの人たちの瞼に焼き付いている。そして、ずっとそこに留まっていてほしい。君は他の誰とも同じ存在ではなかった」

「君は決して多くの言語をうまく使えたわけではなかったけど、チームの全員と対話を持とうとし、僕たちに道を示し団結させてくれた。君はいつも僕たちの心に話しかけ、若手やベテランに限らず、心の普遍的な言葉の贈り物を僕たちにプレゼントし、動機づけてくれた」

「君は僕たちにとって誰もが望む兄弟であり息子だった。きっと君の両親は君に対して、何の不満さえもなかったはずだ」

「君は誰もが夢見るような最高のチームメートだったよ。君のいるチームは君の存在によっていつも安心感を与えられていた。『ダビデが居てくれるから大丈夫』だってね。それに君の笑う姿やそのユーモアをどうやったって忘れることなんてできないよ」

「君は自分のことを定義づけることを好んでいたけど、まさにフットボールそのものであり、フットボールを純粋に愛する子供のような男だったよ」

「今、僕たちの想いは君のお母さん、お父さん、兄弟。そして、(パートナーの)フランセスカ、お姫様のヴィクトリア(2週間前に生まれた娘)と共にあるよ。君と親しかったすべての人には彼女(娘)にダビデがどんな人だったかを伝える義務があるんだ。彼女が成長していく中で父親がどれだけ偉大な男だったかを知らなければならないんだ」

「最後に君に関する逸話で終わらせたいと思う。練習があるときの午前中、フィジオルームの電気を付けるのはいつも君が最初だったね。そして、僕たち全員にとって君こそ光だったんだ。ありがとう、ダビデ」

▽ヘブライ語で“最愛”という名前の通り、多くの愛に包まれた中で天国へと旅立ったアストーリ。安らかな眠りを心から祈ると共に空の上から今後のフットボール界を見守ってほしい。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルトがウディネーゼMFデ・パウルの獲得に前進! フィオレンティーナは移籍金が準備できず脱落…

▽ポルトがウディネーゼのアルゼンチン人MFロドリゴ・デ・パウル(24)の獲得に迫っているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じている。 ▽ウディネーゼの絶対的主力として君臨するデ・パウルには、かねてよりポルトとフィオレンティーナが獲得レースを繰り広げていた。しかし、今回の報道によるとフィオレンティーナは、ウディネーゼが希望する800万ユーロ(約10億円)の移籍金を準備できず、獲得レースから脱落。ポルトがデ・パウル獲得のポールポジションに立ったと伝えた。 ▽母国アルゼンチンのラシン・クラブでプロキャリアをスタートさせたデ・パウルは、2014年にバレンシアに移籍。加入初年度はリーガエスパニョーラ25試合出場したが、徐々に出場機会を失うと、古巣ラシン・クラブへのレンタル移籍を経て、2016年の夏にウディネーゼへ移籍。 ▽ウディネーゼでは、クラブの英雄である元イタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレが着用していた背番号10を引き継ぐと、在籍2シーズンで公式戦74試合に出場。今シーズンもセリエAで37試合に出場し4ゴール8アシストを記録していた。 2018.06.18 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがU-21スロバキア代表DFを獲得!

▽フィオレンティーナは14日、スロバキアのジリナからU-21スロバキア代表DFダビド・ハンコ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。同選手は数日以内にメディカルチェックを受診後、2023年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。 ▽ジリナの下部組織出身のハンコは2016年にトップチームデビュー。188cmの恵まれたサイズと高精度の左足を武器に攻守両面で貢献できるモダンなセンターバックは、今季の公式戦32試合に出場し4ゴール4アシストの数字を残していた。 ▽なお、ジリナからセリエAへの移籍ではスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルがジリナからサンプドリアに移籍し、そこからインテルにステップアップを果たしており、ハンコも3歳上の同胞と同じキャリアを歩むことが期待される。 2018.06.14 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「アストーリを救えたかもしれない」元伊代表DFの死に新たな調査結果が判明

3月4日に急逝したフィオレンティーナの主将DFダビデ・アストーリの死について、新たな調査結果が発表された。イタリア紙『コリエレ・デラ・セーラ』が7日、報じている。<br><br>イタリア代表DFは3日夜から4日の明け方にかけて、遠征先のウディネのホテルで就寝中、心肺停止状態に陥り、帰らぬ人となった。当初は、睡眠中に脈が遅くなり停止に至ったため、徐脈性不整脈が死因とされていた。しかし地元当局から依頼を受けた専門家による新たな調査結果では、脈が徐々に速くなる頻脈性不整脈であったことが判明している。<br><br>この見解によると、アストーリは3日の夜、心肺停止に至る前に目を覚ましており、もし部屋が相部屋だった場合、居合わせた選手が異変を知らせることができたため、命を救えたのではないかと指摘されている。<br><br>だが当日、アストーリは個室を与えられており、23時まで同僚のGKマルコ・スポルティエッロとともにテレビゲームで遊んでいたが、スポルティエッロが自室に引き上げた後、悲運に見舞われた。スポルティエッロは当時について、「いつもと変わらず心穏やかで、明るく、親切だった」と涙ながらに語っており、異変すら感じることなく訪れた主将の突然死にショックを受けていた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.09 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

スポルティング・リスボンがヴィオラSBガスパールを獲得!

▽スポルティング・リスボンは7日、フィオレンティーナに所属するポルトガル人DFブルーノ・ガスパール(25)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2023年まで。契約解除金額は6000万ユーロ(約77億7000万円)となる。 ▽ベンフィカ下部組織出身でポルトガル代表の世代別代表歴を持つガスパール。2017年夏にヴィトーリア・ギマランイスからフィオレンティーナに加わり、右サイドバックとして公式戦17試合2アシストを記録した。 2018.06.08 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴィオラのキャプテン・バデリ、今夏ナポリ加入へ

▽フィオレンティーナのクロアチア代表MFミラン・バデリ(29)は、ナポリに加入することになりそうだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽先日、フィオレンティーナ退団を発表していたバデリ。2014年にハンブルガーSVから加入して以降、守備的MFの主力として4シーズンに渡って活躍してきたクロアチア代表MFは、今季はケガの影響もありながらもリーグ戦27試合に出場。ダビデ・アストーリの死後、彼の後を継いでキャプテンを務めていた。 ▽ステップアップを望んでヴィオラ退団を決意したバデリに対し、ローマとナポリが関心。記事によれば、同選手はカルロ・アンチェロッティ監督を新指揮官に据えたナポリに加入する意向を示しているとのこと。その他メディアもナポリがポールポジションに立っていることを伝えている。 ▽ナポリは、中盤の主力を担っているイタリア代表MFジョルジーニョのマンチェスター・シティ移籍が噂されており、バデリはその後釜なのではないかという見方もある。 2018.06.03 16:50 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース