開始10分で2点ビハインドもスパーズが敵地で価値あるドロー… 2Gのピピータ痛恨PK失敗のユーベは逃げ切りならず…《CL》2018.02.14 07:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。▽グループDでスポルティング・リスボンとの2位争いを制し、バルセロナに次ぐ2位でグループステージを突破したイタリア王者ユベントスは、セリエAではナポリと熾烈な優勝争いを展開中。直近のフィオレンティーナ戦を2-0で快勝し、リーグ戦8連勝中と好調を維持したまま今回の一戦を迎えた。フィオレンティーナ戦からのメンバー変更は2点。リヒトシュタイナーとマルキジオに代わってデ・シリオ、ドグラス・コスタが起用され、[4-3-3]から[4-2-3-1]に布陣を変更した。

▽一方、レアル・マドリーやドルトムントと同居した死のグループHを無敗の首位で通過したトッテナムは、プレミアリーグでは熾烈なCL出場権争いを展開中。3日前に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-0と勝利し、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールと続いたビッグマッチを2勝1分けで終え、ユベントス戦を迎えた。直近のアーセナル戦からはこちらも2選手を変更。トリッピアーとソン・フンミンに代わってオーリエと、決勝トーナメントから新たに登録された元ローマMFラメラが抜擢された。

▽互いにソリッドな守備を売りにするチーム同士の対戦だけに堅い入りが予想されたものの、試合は開始早々に動く。開始2分、ピャニッチがボックス手前でデンベレに倒されてユベントスがFKを獲得。この場面で左利きのベルナルデスキ、右利きのピャニッチという2人の名手がボールの近くに立つ。共に直接狙える距離だったものの、ここでサインプレーを選択。ピャニッチが浮き球のボールをゴール右のスペースへ落とすと、フリーのイグアインが後方からのボールを見事な右足ダイレクトボレーで合わせた。

▽最高の形で先制に成功したユベントスはバタ付くアウェイチームに圧力をかけて押し込んでいく。すると8分、左サイドのマンジュキッチからのクロスに対してDFベン・デイビスと競ったベルナルデスキがアフター気味に蹴られると、ここでブリッヒ主審はホームチームにPKを与える。ここでキッカーのイグアインが左を狙ったシュートはGKロリスに触られるも、ボールはそのままネットを揺らした。

▽いずれもセットプレーの流れから相手のエースストライカーに2ゴールを許す最悪な立ち上がりとなったトッテナムはすぐさま反撃を開始。デンベレの持ち上がりにエリクセンやラメラの仕掛けを軸に攻撃を展開していく。しかし、自陣で堅固なブロックを敷くユベントスの守備を前になかなか危険なエリアにボールを運べない。

▽それでも、26分にはボックス手前左のエリクセンから絶妙な浮き球クロスがゴール前のケインに通る。ここでケインは豪快に頭で合わすが、至近距離からのヘディングシュートはGKブッフォンのビッグセーブに遭う。続く29分にはボックス手前で得たFKの流れからこぼれ球を拾ったエリクセンがミドルシュートも、今度は枠の右へ外れた。

▽一方、最前線のイグアインまで自陣に入って守備に参加するなどリスク管理を優先するホームチームは、相手のハイラインの背後を狙ってロングカウンターを仕掛けていく。30分には狙い通りの形からイグアイン、ピャニッチの2人が最終ライン裏へ抜け出し、最後はボックス内でDFを切り返しでかわしたイグアインが左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の左へ外れた。

▽あわや3失点目というピンチを凌いだトッテナムは、デンベレとデレ・アリ、エリクセンの連係でチャンスを作り出す。さらに、ボールロスト時の素早い囲い込みが機能し出すと、頼れるエースがゴールをもたらす。35分、中盤でイグアインの縦パスをカットしたヴェルトンゲンからの縦パスをエリクセンが粘ってデレ・アリに繋ぐと、デレ・アリからのラストパスに反応したケインが飛び出したGKブッフォンを振り切って無人のゴールへ左足のシュートを流し込み、公式戦7戦連続クリーンシート中の堅守を破った。

▽未だビハインドも貴重なアウェイゴールを奪ったトッテナムがここから勢い付く。エリクセンの強烈なミドルシュートなど多彩な攻めで一気に同点を目指す。対して耐える時間が続くユベントスだが、セリエA6連覇中の王者は持ち味の試合巧者ぶりを発揮する。前半アディショナルタイムに左サイドで仕掛けたドグラス・コスタが圧巻の持ち上がりでDF2枚を振り切ると、ボックス内でDFオーリエに倒されてPKを獲得。しかし、ハットトリックが懸かるイグアインのこの試合2本目のPKはクロスバーを叩き3点目のチャンスを逸した。

▽1点リードもイグアインのPK失敗でやや嫌な流れで後半に臨んだユベントスは、前半とは打って変わって前からの圧力を強めて再び流れを引き寄せにかかる。57分にはイグアインを起点とした攻めからボックス右に切り込んだベルナルデスキが得意の左足を振るが、GKロリスの好守に阻まれる。さらにこのプレーで得た左CKをマンジュキッチがドンピシャのタイミングでヘディングシュートも、GK正面を突く。

▽一方、後半もボールを支配するトッテナムは相手の鋭い出足を前になかなかチャンスを作り出せない。それでも、70分には左サイドに流れたケインが強烈なミドルシュートでGKブッフォンを脅かす。

▽すると72分、ボックス付近での細かいパス交換からデレ・アリがDFキエッリーニに倒されてペナルティアーク付近でFKを獲得。ここでエリクセンがキッカーを務めると、2つの壁の間をグラウンダーのボールで抜く技ありのシュートでGKブッフォンとの駆け引きを制し、値千金の同点ゴールを奪った。

▽昨年11月中旬のサンプドリア戦以来となる複数失点を喫したユベントスは、失点前にケディラに代えて投入したベンタンクールに続き、負傷のマンジュキッチに代えてストゥラーロを投入。中盤に活力を入れて勝ち越しを目指す。だが、やや守備に重きを置き始めたアウェイチーム相手に守備に体力を使い過ぎたホームチームの攻撃は停滞する。

▽その後、試合終盤にかけてソン・フンミン、これがデビュー戦となるルーカス・モウラを投入したトッテナムが危なげなく試合を運び、白熱の初戦は2-2のドローでタイムアップ。序盤の2失点という逆境を見事に撥ね返したアウェイのトッテナムが、2つのアウェイゴールを持ち帰ることに成功。一方、最高の入りを見せながらもイグアインのPK失敗から流れを逸したユベントスは公式戦の連勝が「11」でストップした。なお、トッテナムホームの2ndレグは来月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

ブッフォン、CL決勝でのユーベとの対決に拒否反応「元同僚の涙と引き換えの優勝は嫌だ」

パリ・サンジェルマンに所属するGKジャンルイジ・ブッフォンが、19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じた。古巣ユベントスなどについて語っている。l<br><br>40歳のブッフォンは今夏、17年間にわたり所属したユベントスを退団し、PSGで新たなキャリアを築いていくことを決断した。「5年前よりも強くなったと感じている。1週間経って、衰え始めた選手が来たのではないことを理解してもらえた。自分の知識を活かし、チームの成長につなげていきたい」と意気込む。<br><br>一方、古巣のユベントスに別れを告げたことについて後悔はないと口にするものの、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での対戦は避けたいと考えている。<br><br>「後悔もなければ失望もない。かなり前から僕とユベントスとで一緒に計画してきたことであり、別れに至るまでのプロセスは完璧だった。CL決勝がPSG対ユベントスになったら? それは嫌だね。僕の喜びが、元同僚やユーベのサポーターの涙と引き換えになるなんてね。これまで何度も一緒に泣いてきたから、心置きなく喜べる状況になってほしいものだ。もしどうしてもユベントスと対戦しなければならないとしたら、決勝より前に当たりたい」<br><br>■イタリア代表復帰の可能性はゼロ?またブッフォンは、新生イタリア代表の指揮官ロベルト・マンチーニから招集の可能性を示唆されていたことを明かした。だが招集が実現する可能性はほぼないと断言している。<br><br>「マンチーニからは、『緊急事態が起きた場合、招集してもよいか』と連絡を受けたので、『シー(はい)』と答えた。だがその必要はないだろう。(ジャンルイジ)ドンナルンマの控えには、(マッティア)ペリン、(サルヴァトーレ)シリグがいる。それに(アレッシオ)クラーニョも成長しているし、(アレックス)メレットも復帰するだろう。アッズーリで僕の姿を見る可能性は低い?可能性はないだろう」<br>提供:goal.com 2018.10.20 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ハメス巡りナポリvsユーベ?

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)にナポリとユベントスが興味を深めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタル契約でバイエルン入りしたハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンは、ここまで8試合2得点2アシストをマークしているが、3回の先発機会しか与えられていない。その状況により、最近の報道によれば、ハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が移籍に向け、他クラブへの売り込みを開始したとも。ナポリとユベントスは、ハメスの移籍が熱を帯び次第、獲得交渉に乗り出すという。 ▽ナポリは現在、ハメスのレアル・マドリー時代の恩師であり、バイエルンに呼び寄せたカルロ・アンチェロッティ監督が指揮。ユベントスは、今夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍成立により、同選手を顧客に持つジュルジュ・メンデス氏と良好な関係にある。 2018.10.19 12:55 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアイン、ミラン移籍の真実…「ユーベが追い出した」

▽ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(30)がユベントス退団の真実を明かした。 ▽イグアインは2016年夏、ナポリからユベントスに移籍。だが、今夏にレアル・マドリーからユベントス入りしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに押し出される形でミランに活躍の場を移した。 ▽このユベントス退団を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるイグアイン。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対して、その当時の舞台裏について次のように語った。 「コッパ・イタリア決勝の日から何かが壊れてしまったように感じる」 「そして、彼らはロナウドを獲得した。移籍は僕じゃなく、彼らの決断だ。僕はユベントスに全てを注ぎ、たくさんのトロフィー獲得に貢献した」 「だが、クリスティアーノがやってきた。さらなる質の向上を望むクラブが僕に移籍を求めてきたから、ミラノを選んだ。それが最高の解決策だった」 「(ユベントスに復讐?) そんなことは全く考えていない。ファンやチームメートを含め、僕に良くしてくれたクラブだから愛情しかない」 「だから、僕から移籍を志願したわけじゃない。みんなが話しているように、彼らが僕を追い出した格好だよ」 2018.10.19 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜にマルセロorジョルディ・アルバ?

▽ユベントスが、レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)か、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『Tuttosport』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ユベントスは左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロとの契約延長が難航している。そのA・サンドロに代わる選手としてリストアップされているのが、スペインの二大巨頭に籍を置くマルセロとJ・アルバだという。 ▽トップターゲットと見られている前者は、今夏ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドを追ってビアンコネロ入りするのではないかとの憶測が出ている。しかし以前、マルセロは「多くの馬鹿げた話を耳にした。僕は引退するまでここにいる」として、マドリーに忠誠を誓っていた。 ▽一方、後者はバルセロナとの契約が2020年夏までとなっているものの、未だ契約延長の話は出ていない。本人は「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」とコメントしていたが、なかなか新契約を提示してこないクラブに少なからず不満を感じているようだ。 2018.10.18 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジル戦で負傷のディバラ、CLユナイテッド戦出場暗雲か

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがヒザを負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ディバラは16日に行われたブラジル代表との国際親善試合で先発し、57分にヒザを痛めてピッチを後にしていたとのことだ。負傷は軽いとの報道だが、トリノで検査を受けて今後の起用法が決められる模様だ。 ▽ディバラは今季、FWクリスティアーノ・ロナウドの加入に伴い、本来のパフォーマンスを発揮できずにいたが、2トップの後方でプレーし始めたここ数試合は本領を発揮し始めている。 ▽ユベントスは20日にセリエA第9節ジェノア戦を戦った後、23日にチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦に臨む。 2018.10.17 23:29 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース